安くて高性能なBTOパソコンとは?普通のパソコンとの違いやBTOパソコンのメリットも解説

パソコンを購入するなら、少しでもハイスペックなモデルを手に入れたいと思うもの。
しかし、メーカー製パソコンは高額なため、予算との折り合いがつかず、仕方なしにロースペックモデルを購入する人も少なくありません。
そこで今回は、低価格で高性能なパソコンを購入したい方向けに、「BTOパソコン」を紹介します。
BTOパソコンのメリット・デメリットも合わせて解説するので、購入するパソコンを検討される際に参考にしてみてください。

販売されているパソコンの種類

まずは、私たちが購入できるパソコンの種類について、簡単に説明します。
市販されているパソコンは大きく分けると、以下のように分類できます。

  • メーカー製パソコン
  • 自作パソコン
  • ショップ系パソコン

メーカー製パソコン

メーカー製パソコンとは、富士通やNEC、Lenovoなどのメーカーが製造販売しているパソコンのことで、家電量販店やメーカーの公式サイトなどで購入することができます。

パソコン本体からキーボード、マウスなどの周辺機器に至るまでメーカーで製造しており、保証やサポートの充実度の高さも魅力のひとつです。
初心者でもすぐに使用できるよう、便利な機能やサービスがたくさん搭載されており、丁寧なマニュアルが添付されています。

知名度の高い大手メーカーが製造しているため、ユーザーがもっとも安心して購入できるパソコンといえますが、一方で販売価格が高額になりやすい傾向にあります。

自作パソコン

ユーザー自身がCPUやメモリ、マザーボードやハードディスク、グラフィックボードなどのパソコンパーツを用意し、それぞれを組み合わせて自分で作成したパソコンのことを、自作パソコンと呼びます。
ユーザーの好みでパソコンのスペックを決めることができ、使い始めたあとでもパーツをさらにハイスペックなものへとアップグレードさせることが可能ですが、自作でパソコンを組み立てるには、ある程度のパソコン知識が必要です。

自作パソコンの最大のメリットは、メーカー製パソコンよりもリーズナブルに組み立てられる点だと考えられていました。
しかし、ユーザーがネットから直接パソコンを割安で購入できるダイレクトショップをメーカーが始めたことや、安価なBTOパソコンの普及により、現在では自作パソコンの価格面におけるメリットは少ないと言えるでしょう。

ショップ系パソコン

パソコン販売店独自で展開しているブランドのパソコンや、カスタマイズ可能なパソコンをショップ系パソコンと呼びます。
ショップ系という名のとおり、「パソコン工房」や「ドスパラ」など、いわゆるパソコン専門ショップと呼ばれる店舗で販売されているオリジナルパソコンです。
「ビックカメラ」や「ヤマダ電機」などの大手家電量販店も同様のパソコンを販売し始めたことから、パソコン専門店や家電量販店に関わらず、店舗独自で販売されているパソコンそのものを「ショップ系パソコン」と呼ぶようになりました。

以前はショップで厳選されたパーツのオリジナルパソコンを販売している店舗が多く見られましたが、最近はカスタマイズが可能なBTOパソコンを販売している店舗がほとんどです。

店舗で選び抜かれたパーツでパソコンが構成されており、販売価格もメーカー製パソコンより大幅に下回っています。

BTOパソコンとは

BTOパソコンの「BTO」は「Build To Order」を略した言葉で、直訳すると「受注生産」を意味します。
その名称のとおり、ユーザーから注文を受け、初めて店舗が組み立てを行うパソコンのことを指します。

最初から組み立てられているメーカー製パソコンは、ある程度のスペックごとに製造されており、購入時にカスタマイズすることはできません。
一方、BTOパソコンはメモリやCPU、ハードディスクなど詳細にパーツを選択・構成し、自由にカスタマイズできます。
そのため、ユーザーの予算や用途に合わせて、自分だけのオリジナルパソコンを作ることが可能です。

自分でパーツを選択できる点は自作パソコンと同じですが、組み立ては店舗で行ってくれるため、ユーザーが手を煩わすことなく手軽に購入できます。
厳選されたパーツの品質や、パーツの相性を確認したうえで販売されており、各店舗やメーカーの保証やサポートが受けられるため、万が一の際も安心です。

標準化されてきたBTOパソコン

もともとBTOパソコンは、カスタマイズ可能な受注生産パソコン全般を指していましたが、取り扱っている店舗の多くがパソコン販売専門店や家電量販店だったため、「BTOパソコン=ショップ系パソコン」のイメージが強くありました。
しかし、メーカーの直販サイトなどでカスタマイズしたメーカー製のBTOパソコンを購入できるようになったことから、現在ではメーカー製・ショップ系問わず、注文できる「カスタマイズパソコン」として広く認知されています。

最近はメーカーやパソコン専門店でも、同じモデルのパソコンが、カスタム可能なモデルやカタログモデルなどと分別して販売されているため、BTOパソコンそのものが標準化してきたといえるでしょう。


引用:富士通

カスタム範囲は店舗ごとで異なる

BTOパソコンは販売している店舗やモデルによって、カスタマイズできる範囲が異なります。
メモリやハードディスクなどの主要パーツのみカスタマイズが可能なBTOパソコンや、決められた選択肢の中から選ぶスタイルのBTOパソコン、ケースからパーツをすべて選択できるBTOパソコンもあります。

また、店舗によっては取り付け可能であれば、どのようなパーツでもカスタマイズしてくれる場合もあるようです。
最近は店舗側があらかじめベースモデルを用意し、好みに合わせてパーツ構成を変更するスタイルが主流となっています。

BTOパソコンのメリット・デメリット

何かとメリットの多いように思えるBTOパソコンですが、もちろんデメリットもあります。
ここからは、BTOパソコンのメリット・デメリットについて解説します。

BTOパソコンのメリット

  • コストが抑えられる
  • 組み合わせの自由度が高い
  • パーツの選択ミスや組み立てミスがない
  • パーツのアップグレードができる
  • 不要なソフトやサービスが入っていない

コストが抑えられる

BTOパソコンの最大のメリットともいえるのが、最初から完成されているメーカー製パソコンより、大幅に購入費用を抑えられる点です。
メーカー製のBTOパソコンであっても、通常のパソコンより数万円単位で安く価格設定されています。

ショップ側がパーツを一括仕入れしており、市販されているパーツよりも割安になるため、自作でパソコンを組み立てるよりコストを抑えることが可能です。
また、不要なパーツは構成から外したり、スペックを下げることができるため、ユーザーが自分で購入価格をコントロールすることができます。

組み合わせの自由度が高い

BTOパソコンはユーザーの好みに合わせてカスタマイズが可能なため、「グラフィックの性能を高めたい」「光学ドライブはいらない」「内蔵ハードディスクの容量は抑えたい」など、自分の用途に合わせてパーツを選び、自由に組み立てることができます。

ただし、メーカー製BTOパソコンはメーカーや型番などの指定ができないなど、何かと制限があります。
パーツの選択肢が豊富な点がBTOパソコンのメリットのひとつですが、ショップ系BTOパソコンはさまざまなパーツを選択できるのに対し、メーカー製BTOパソコンはメーカーや型番などの指定ができないなど、何かと制限があるので注意が必要です。

パーツの選択ミスや組み立てミスがない

自作パソコンの場合、自由にパーツを選んで組み立てることができますが、規格の異なるパーツを選んでしまうと接続することができません。

また、正しい規格のパーツを選んでも、原因不明のトラブルで動作しない「相性問題」が発生する場合もあります。
パソコンの相性問題は、長年経験を積んだ技術者であっても避けることが難しいため、個人で組み立てを行っている中で発生した場合、解消することは難しいとされています。

BTOパソコンであれば、これまで培ってきた経験と知識をもとにパーツを組み合わせてもらえ、さらに各パーツは事前に相性チェックも行われているため、自作パソコンのようにパーツの選択や組み合わせで失敗することはありません。

パーツのアップグレードができる

自作パソコンのメリットのひとつとして、古くなったパーツを新しく交換できる点がありますが、BTOパソコンも同様に最新のパーツに交換することが可能です。
また、購入後にドライブを追加したり、メモリを増設したりなど、自分でカスタマイズを行うこともできます。

不要なソフトやサービスが入っていない

メーカー製パソコンは一般的なユーザー向けに製造されているため、標準仕様としてメーカーが推奨する多数のソフトウェアが最初からインストールされています。
起動とともにバックグラウンドで動作するソフトも多く、パソコンを重くさせる原因となる場合があります。

BTOパソコンはインストールするソフトウェアも自分で選べるため、不要なソフトのためにハードディスクの容量を取られることもありません。

BTOパソコンのデメリット

  • 最低限の知識が必要
  • 返品できない
  • 機能が限られている
  • デザイン性は期待できない
  • 納品まで時間がかかる

最低限の知識が必要

BTOパソコンはユーザーが自由にパーツを選択できる点が大きなメリットですが、パーツを選べるだけの最低限の知識が必要になります。
CPUやメモリ、ハードディスクやグラフィックボードなど、パソコンの組み立てに欠かせないパーツについて知識がないと、自分の用途に合わせたパソコンを選べない可能性もあります。

BTOパソコンはそのままのスペックで購入することも可能ですが、知識がなければ必要のないカスタマイズをしてしまう可能性もあるため、事前にパソコンについての知識を深めておく必要があります。

返品できない

BTOパソコンは受注生産となるため、その性質上、申し込み後のキャンセルや購入後の返品が不可になっています。
店舗によってはキャンセルや返品に対応してくれる場合もあるようですが、高額なキャンセル料金を求められるケースもあるため、購入前にパーツの構成について二重三重のチェックが必要です。

機能が限られている

メーカー製パソコンはオリジナルのハードウェアが採用されていることが多く、デスクトップ一体型や指紋認証センサーなど、ユーザーにとって使い勝手の良い機能が組み込まれています。

しかし、BTOパソコンは汎用性重視のため、メーカー製パソコンのような独自のパーツが用意されておらず、特殊な機能を求める場合は外付けのデバイスを使用しなくてはならないデメリットがあります。

デザイン性は期待できない

BTOパソコンはコストパフォーマンスを重視しているため、シンプルなデザインのものがほとんどです。
そのため、パソコンにデザイン性を求める場合は、あまりBTOパソコンはおすすめできません。
BTOパソコンの中にはデザイン性にこだわったモデルも販売されていますが、その分だけ価格が割高になっています。

納品まで時間がかかる

メーカー製パソコンの場合は、在庫があればすぐに購入することができますが、BTOパソコンは注文を受けてから組み立てを行うため、納品までに時間がかかります。
販売されているモデルをそのまま購入する場合はすぐに入手することも可能ですが、カスタマイズを行う場合、納品まで1週間から2週間ほどの時間がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

まとめ

費用を抑え、自分だけのカスタマイズパソコンを手に入れる方法として、BTOパソコン=受注生産型のパソコンを紹介しました。

BTOパソコンにトラブルが発生した場合、保証期間内は購入した店舗で割安な価格でサポートを受けることができますが、保証期間を過ぎてしまうと、通常のパソコンと同じように高額なサポート料金を請求されることになります。
BTOパソコンの修理やサポートはパソコン修理業者でも行っているため、もしもの場合は相談してみてはいかがでしょう。

ドクター・ホームネットはあらゆるパソコンのサポートを行っているパソコン修理業者で、出張修理や宅配修理にも対応しています。
パソコンの専門知識に長けているスタッフが対応してくれるため、修理の際にパソコンのカスタマイズについて相談することも可能です。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。