自作でゲーミングPCを組み立てる方法は?手順と必要なアイテムをあわせて簡単解説!

オンラインゲームは通常のパソコンよりも高いスペックが必要です。
一般的な家庭用のパソコンでプレイすると、画像や映像が固まったり、動作がカクカクするなどの現象が表れやすくなります。

一般的なパソコンであっても、ハイスペックなパーツにカスタマイズすればオンラインゲームを楽しむことができますが、メーカー製のカタログモデルはカスタマイズを受け付けていない場合が多いため、高額なパソコンに買い替えるしかありません。
しかし、自作パソコンであれば、ゲームに特化したパーツで構成することも可能で、ゲームに合わせてパーツの増設や交換なども行えます。

今回は、自作でゲーミングpcを組み立てる方法について、簡単に分かりやすく解説します。

オンラインゲームで使用できるパソコンの種類

オンラインゲームで使用できるパソコンは、以下のとおりです。

  • メーカー製パソコン
  • 自作パソコン
  • BTOパソコン
オンラインゲームで使用できるパソコンの種類-1

メーカー製パソコン

メーカーが仕様を決めて量産し、販売しているパソコンです。
ゲーム用の仕様ではないため、ゲームで使用できるメーカー製パソコンを求めた場合、かなり高スペックな仕様のパソコンを探さなくてはなりません。
高スペックのパソコンは、ゲームで使用しないあらゆる性能が高スペックとなりやすく、その分だけ価格も高額になります。

メーカー製パソコンは汎用タイプとなるため、誰でも簡単に使えるよう、メーカー独自でさまざまなソフトウェアがインストールされている点も特徴です。
電源を入れるだけで動く状態となるため、初心者でも簡単に使用できます。
パソコンに故障が起きた場合、保証期間内であればメーカーのサポートが受けることが可能です。

自作パソコン

CPUやメモリ、グラフィックボードやハードディスクなど、パソコンの構成で必要なパーツを別々に購入し、自分で組み立てるパソコンを自作パソコンといいます。
自分の好みで作成できるため、ゲームに特化させるパーツを集めて構成すれば、ゲーム専用機とすることも可能です。

しかし、自作パソコンは組み立て後に電源を入れて動かないなどのトラブルが多いため、自分で問題を発見し解消できるほどの知識が必要になります。
以前はメーカー製パソコンと同程度のスペックであれば、格安で組み立てることが可能でしたが、最近はメーカー製パソコンが低価格となっているため、費用面では逆転するケースも多くなりました。

オンラインゲームで使用できるパソコンの種類-2

BTOパソコン

BTOは「Build To Order」の頭文字を略した言葉で、受注生産のパソコンを指します。
BTOパソコンはメーカー製パソコンと自作パソコンのメリットを併せ持っており、完成品でありながら、ユーザーの必要な性能に合わせたパソコンを作ることが可能です。

注文時に、CPUやメモリなどのパーツのスペックを決められるため、自作パソコンに近いイメージで組み立てることができます。
また、メーカーやショップでゲーミングpcとしてBTOパソコンが販売されており、トラブル発生時は保証期間内であればサポートを受けられます。

ゲームを中心にパソコンの購入を検討するのであれば、BTOパソコンもしくは自作パソコンがベストな選択といえるでしょう。

オンラインゲームで使用できるパソコンの種類-3

【引用】mouse GTUNE

ゲーミングPCはデスクトップ型がおすすめ

オンラインゲームの中でも低スペックのパソコンで遊べるゲームは、ほとんどのパソコンで楽しめます。
オンラインゲームを楽しむためのゲーミングpcはデスクトップ型が良いとされていますが、最近のモデルであればノートパソコンでも十分に遊べます。
しかし、負荷の高いゲームを本来の画質で楽しむとなると、ノートパソコンでもそれなりのスペックが要求されます。

冷却面や静音面、拡張性の高さを比較した場合、ゲーミングpcを選ぶならやはりデスクトップ型がおすすめです。
高負荷のかかるゲームを長時間行うと、パソコン内部に高温の熱が発生し、熱暴走を起こす原因になるため、ゲーミングpcには高い冷却機能が求められます。
デスクトップパソコンは構造上、排熱性に優れており、より強力なファンへとアップグレードすることも可能です。

ノートパソコンは省スペースと軽量であることを優先して作られているため、デスクトップ型に比べると排熱性があまり高くありません。
また、ノートパソコンは自分でカスタマイズを行うのが難しく、カタログモデルの場合はメーカーに依頼しなければパーツの交換や増設などができないこともあります。

同じスペックであれば、ノートパソコンより安価に入手しやすい点もデスクトップパソコンの魅力のひとつといえるでしょう。

ゲーミングPCはデスクトップ型がおすすめ

ゲーミングPCを自作する際に必要なアイテム・機器

ゲーミングpcに限らず、パソコンを自作するためには複数のアイテムが必要です。
大きく分類すると、以下3種類に分けられます。

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • 周辺機器

ハードウェア

ハードウェアはパソコン本体を構成するパーツの総称で、CPUやメモリをはじめとする、多くのパーツが含まれます。

  • グラフィックボード
  • マザーボード
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • 電源
  • ケース
  • ファン

グラフィックボード

ディスプレイに映像や画像を表示するためのパーツです。
ゲームをするためには高性能なグラフィックボードが必要となるため、グラフィックボードの性能には特に注意が必要です。

マザーボード本体にグラフィック機能が搭載されている場合もありますが、性能が劣るため、ゲーミングpcを自作する場合は高性能のグラフィックボードが求められます。

ゲーミングPCを自作する際に必要なアイテム・機器-1

【引用】ASUS ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING

マザーボード

マザーボードはパソコンパーツの中で最も主要となる電子回路基板で、メインボードやシステムボードとも呼ばれています。
すべてのパーツの土台となる基盤で、各種パーツを装着してパーツ間の橋渡しを行います。

パーツの取り付けには専用のスロットやコネクタを使用するため、規格の合わないパーツは取り付けられません。

CPU

CPUは中央処理装置である「Centoral Processing Unit」を略した言葉で、パソコンにおける頭脳の役割を行います。
演算などすべての処理を行うため、同じ処理でもCPUが高性能になるほど、高速で処理を行えます。

規格によってスロットが異なるため、CPUの規格とマザーボードの規格を一致させる必要があります。

メモリ

メモリはCPUが処理を行うための作業机のようなもので、大きいほど作業がはかどります。
ストレージからプログラムやデータをメモリ上に呼び出して処理を行うため、容量の大きなメモリのほうが読み書きの回数が減り、より高速な処理が可能になります。

ゲーミングPCを自作する際に必要なアイテム・機器-2

パソコンのメモリを解放する方法とは?メモリや解放の意味も解説【Windows10版】

ストレージ(SSD・HDD)

プログラムやデータを保存するための記憶装置です。
SSDは半導体素子メモリを使用して読み書きを行い、HDDは磁気ディスクでデータの読み書きを行います。
読み書きの速度はSSDのほうが早いですが、容量の大きさはHDDが勝ります。

電源

マザーボードを始め、パソコン内のパーツに電力を供給するための装置です。
サイズが小さいと電力不足に陥ることがあるため、使用するパーツに合わせて余裕のある容量の電源を用意する必要があります。

ケース

パソコンの各種パーツを格納する本体ケースのことで、小型のミニタワー、中型のミドルタワー、大型のフルタワーなどに分けられます。
ケースの大きさによって、HDDベイ(ケース内のHDDの設置場所)やUSB端子の数などが異なります。

ゲーミングPCを自作する際に必要なアイテム・機器-3

ファン

パソコン本体内の熱を外に放熱するためのファンと、CPUの放熱のために使用されるCPUクーラーと呼ばれる2種類のファンがあります。
ゲーム用に使用する場合、かなりの負荷がかかり熱の発生も多くなるため、高性能なファンを選ばなくてはなりません。

ソフトウェア

インストールできるソフトウェアにはさまざまな種類がありますが、最低限必要となるソフトウェアはオペレーティングシステムです。

オペレーティングシステム

WindowsやMacOSなど、パソコンを稼働させるために基本となるソフトウェアを指します。
オンラインゲームではWindowsが適している場合が多いようです。

周辺機器

ゲーミングpcに必要となる周辺機器は、以下のとおりです。

  • 液晶モニタ
  • ゲーミング用キーボード
  • ゲーミング用マウス
  • ゲーミング用ヘッドセット

液晶モニタ

パソコンで処理した内容を表示させる画面です。
いろいろな大きさがあるため、必要に応じてサイズを選びます。

ゲーミングPCを自作する際に必要なアイテム・機器-4

ゲーミング用キーボード

一般的なキーボードでも問題はありませんが、より効率よくゲームをするためには、専用に設計されたゲーミング用キーボードがおすすめです。
長時間の使用でも疲れにくい設計になっていますが、その分だけ高額になります。

ゲーミング用マウス

一般的なマウスと異なり、多くの機能が搭載されたマウスです。
ボタンにコマンドを割り当てることができ、キーボードでコマンドを入力せずにマウスのクリック一つで実行できます。

ゲーミング用ヘッドセット

ヘッドホンにマイクが付いているため、ボイスチャットを行う際に役立ちます。
あらゆる方向から音が聞こえるサラウンド機能が搭載されており、クリアな音声をやり取りできます。

ゲーミングPCを自作する際に必要なアイテム・機器-5

ゲーミングPCの自作方法・手順

ここからはゲーミングpcを自作する一般的な方法について、わかりやすく解説します。

  1. パーツと付属品を確認する
  2. マザーボードにCPUを取り付ける
  3. CPUクーラーを取り付ける
  4. メモリを取り付ける
  5. 動作確認を行う
  6. PCケースを用意する
  7. PCケースにマザーボードを取り付ける
  8. PCケースに電源ユニットを取り付ける
  9. ストレージを取り付ける
  10. ケーブル配線を行う
  11. グラフィックボードを取り付ける
ゲーミングPCの自作方法・手順

パーツと付属品を確認する

最初にパーツや付属品の確認を行います。
不足があると組み立てが途中で中断するため、一番最初に確認しておきましょう。

マザーボードにCPUを取り付ける

CPUソケットの蓋を開け、CPUをソケットに乗せます。
CPUの側面には切り欠きがあるため、向きに注意します。
ソケット内部のピンはとても細いので慎重に作業を行うようにしましょう。

CPUクーラーを取り付ける

CPUクーラーの取り付け方法は種類によって異なりますが、基本的な方法としては、まずCPUクーラーの土台をマザーボードに取り付けます。
ヒートシンクにファンを取り付け、CPUに熱伝導を高めるためのシリコングリスを塗布してから組付けを行い、ファン用クリップで固定します。

メモリを取り付ける

メモリのスロットのラッチを開き、メモリをスロットに差し込みます。
奥まで差し込むと自然にラッチが閉じ、メモリがロックされる仕組みです。
CPUクーラーによっては、メモリの取り付けに干渉する場合もあるため、その場合は先にメモリを取り付けます。

動作確認を行う

メモリの取り付けまで終わったら、電源やモニタ、キーボードやマウスを一度接続し、動作確認を行います。
組み立てに問題がなければ、画面が遷移するので、BIOSの設定画面でCPUやメモリを確認しておきましょう。

PCケースを用意する

PCケースを準備し、サイドパネルを外します。
最初に両サイドのパネルを外しておくと、配線の取り回しなどを行いやすくなります。
また、マザーボードの取り付け用スペーサーを設置しておきましょう。

PCケースにマザーボードを取り付ける

バックパネルを先に取り付け、その後にマザーボードを取り付けます。
最初は緩めにねじ止めをしておき、最後に増し締めを行うとよいです。
最初に中央をとめるとずれにくく、ねじ止めがしやすくなります。

PCケースに電源ユニットを取り付ける

必要なケーブルを電源ユニットに接続し、PCケースに電源ユニットを入れて、ねじで固定します。
※ねじはケースの外部から取り付けます。

ストレージを取り付ける

マウンターを引き出し、HDDやSSDをマウンターにねじで固定します。
マウンターを奥まで差し込むことにより、爪で固定されます。

ケーブル配線を行う

自作パソコンで最も大変な工程がケーブル配線です。
電源やオーディオ、USBやSerial ATA信号ケーブルなど数多くのケーブルがあるため、マニュアルを確認しながら接続します。

グラフィックボードを取り付ける

グラフィックボードを拡張スロットに取り付けます。
取り付ける箇所のブラケットを外し、留め具を外して差し込みましょう。
奥まで押し込んだらねじで固定し、ケーブルを接続します。

高性能のグラフィックボードは、2箇所のブラケットを使用することも多いようです。

まとめ

今回はゲーミングpcの自作方法などについて、簡単にまとめてみました。
上記では一般的な自作方法を紹介しましたが、パソコンの組み立て方法はパーツによって異なるため、実際は説明書をよく読んで確認してから行ってください。
また、自作パソコンはパーツによって相性問題が発生することもあるため、パーツ選びはお店のスタッフに相談しながら選んでみてくださいね。

パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。