パソコンのブルーライトとは?体に与える影響やカット方法を解説!

パソコンやスマートフォンが発する青い光は「ブルーライト」と呼ばれ、長時間浴び続けると目に悪影響を及ぼすとされています。
なるべくブルーライトを直視しないように心がけたいものですが、パソコンやスマートフォンが欠かせない現代社会では完全に避けることは難しいかもしれません。
そこで今回は、ブルーライトの基礎知識や浴びることによる体への影響、ブルーライトを軽減する方法を解説します。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、可視光線の波長が380nm~500nm(ナノメートル)の青色光です。
私たちが普段目にしている「光」は、電磁波の一種の可視光線と呼ばれるもので、波長の範囲は約400nm~800nm。
波長が400nmより短くなると紫外線、700nmより長くなると赤外線と呼ばれます。
引用:Zoff

ブルーライトは可視光線の中で波長がもっとも短く、紫外線に近い光です。
可視光線の中でも特にエネルギーが強く、角膜や水晶体で吸収されないまま網膜まで達します。
パソコンやスマートフォンに使用されているLEDには、このブルーライトが含まれていることが多く、人間の目や体に大きな負担をかけるとされています。
省エネ化が進むことによりLEDが使用される機器が増えており、日常生活でブルーライトを浴びる機会が増えているため、注意が必要です。
引用:ブルーライト研究会

体内時計に影響を与えるブルーライト

ブルーライトには、サーカディアンリズムをコントロールするパワーがあります。
サーカディアンリズムとは、ラテン語で約1日のリズムを意味する言葉です。
人間にはもともと、目覚ましなどがなくとも朝になると目が覚め、夜になると眠くなる体内時計が備わっています。
自らの意思で同じリズムの生活をしているわけではなく、体内時計の存在により自然と同じリズムになる仕組みです。

人間の網膜は光を感知する錐体と、明暗を感知する桿体の2つの視細胞があります。
近年、この2種類以外にも第3の視細胞である「光受容体」が確認され、サーカディアンリズムをコントロールしていることが分かってきました。
この光受容体は460nmの波長をもつ光にのみ反応することが判明しており、ブルーライトが体内リズムを整えるうえで重要な影響を与えていることが明らかになっています。

網膜が強いブルーライトを浴びると、脳が朝であると判断し、睡眠をコントロールするメラトニンの分泌を抑えて目が覚めます。
逆にブルーライトを浴びる量が減ると脳は夜と判断し、メラトニンを分泌して眠りにつこうとします。
時差ボケを解消するには朝の太陽を浴びたほうが良いといわれているのは、太陽光にブルーライトが含まれているからで、強いブルーライトを浴びることで体内時計(サーカディアンリズム)がリセットされるのです。

夕方以降にブルーライトを見続けるとサーカディアンリズムが乱れ、目の疲れや睡眠障害を起こし、健康に大きな影響を与えるとされています。
寝る前のスマホがよくないと言われているのはこのためです。

ブルーライトが人体に与える悪影響

ブルーライトを浴び続けると、身体にどのような影響を与えてしまうのでしょう。

  • 網膜へのダメージ
  • 目の疲れや痛み
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣病の発症


引用:ブルーライト研究会

網膜へのダメージ

ブルーライトや紫外線のような強いエネルギーをもつ光は、角膜や水晶体で吸収されることなく、そのまま網膜に達します。
直接太陽のような強烈な光を見ると網膜がダメージを受けるように、わずかなブルーライトや紫外線でも網膜にダメージを与えるのです。

ブルーライトを浴び続けると、網膜の中心にある黄斑にダメージを与え、加齢とともに発症しやすい「加齢黄斑変性」の原因になる可能性があります。
加齢黄斑変性は失明を引き起こす危険性があり、アメリカにおける失明原因ではもっとも多いです。
日本でも急速に増えている病気で、LED照明の暴露によるブルーライトを浴びている時間の増加が影響を与えていると指摘されています。

目の疲れや痛み

長時間パソコンやスマートフォンを使用すると、ドライアイや眼精疲労を引き起こします。
以前は姿勢の悪さやまばたきの少なさが目の疲れや痛みの原因とされていましたが、最近ではブルーライトが原因になると指摘されています。

ブルーライトは波長が短く散乱しやすいため、脳はフル回転で目のピントを合わせようとし、これが目のチラつきまぶしさを感じる原因となります。
また、ブルーライトを浴びると瞳孔を縮めようとして目の筋肉を使うので、首や肩こりなども引き起こします。

睡眠不足

人間は、食事のタイミングや網膜に到達する光の量で体内時計がコントロールされており、日の出や日没にあわせて活動や休息を行うことで、効率よく健康を維持できます。
しかし、現代社会のように昼夜問わず明るい環境で、就寝直前までパソコンやスマートフォンからブルーライトを浴びていると、サーカディアンリズムを乱れさせてしまうのです。

夜にブルーライトの刺激を受けると、脳を朝と誤解させて睡眠をつかさどるメラトニンを抑制し、睡眠不足を引き起こします。
自律神経の乱れにより免疫力が低下し、熟睡できない、寝つきが悪いなど睡眠の質を低下させてしまう原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

ブルーライトの強い光は網膜から直接脳に届くため、メンタルに影響するアドレナリンやセロトニン、コルチゾールなどのホルモンに影響し、バランスを乱します。
ホルモンバランスが乱れることにより睡眠不足を引き起こし、血流を悪くさせることから、体調にさまざまな変化を与えます。
睡眠障害のストレスで、鬱やイライラなど心理的な影響を与えると考えられています。

生活習慣病の発症

サーカディアンリズムが崩れると生活習慣が狂い、糖尿病のリスクが高まるとされています。
人間は、太陽の光を浴びると副交感神経の働きで血圧が上がり、暗くなると血圧が低下するように血圧のリズムを整えていますが、サーカディアンリズムの乱れにより血圧のリズムも乱れ、睡眠障害を起こすこともあるようです。

また、睡眠不足が続くと食生活のバランスも崩れ、肥満になるリスクが高まります。
食生活の乱れはさらに血行不良を促進し、皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まりやすくなり、肌荒れや抜け毛、高血圧や心筋梗塞などさまざまな健康トラブルを引き起こします。

パソコンのブルーライトをカットする方法

現代社会では、パソコンの使用を控えることは難しいと思われます。
ここで紹介する方法を参考に、少しでもブルーライトをカットすることで、人体におよぼす影響を避けましょう。

ブルーライトカット用の保護フィルムを使用する

スマートフォンやタブレットには液晶保護フィルムを使用しているけれども、パソコンには使用していないという人は多いようです。
持ち歩く頻度が少ない分、パソコンのディスプレイに保護は必要ないように思われますが、液晶保護フィルムの中にはブルーライトカット機能を持ち合わせているものもあります。
目の疲れや痛みを軽減し、傷や破損からもパソコンを守ってくれます。
ブルーライトカット機能だけでなく、紫外線カット機能やプライバシー保護機能が備わっているタイプなどもそろっているため、用途に合わせて選びましょう。

ブルーライトカット用の眼鏡を使用する

ブルーライトをカットする目的であれば、専用の眼鏡・レンズを使用する方法もあります。
必要に応じて着脱でき、安価な眼鏡も多いため、気軽に試すことができます。
ちなみに高額なブルーライトカット用の眼鏡はカラーレンズとなっている場合が多く、サングラスのように見えてしまうことがあります。

レンズによってブルーライトのカット率が異なりますが、必要以上に高すぎると逆に疲れ目や痛みの原因になるため、注意が必要です。
また眼鏡のサイズが合っていないと、体調不良を引き起こすことがあるので、長時間使用する場合は眼鏡屋さんで相談してみたほうが良いでしょう。

パソコンの設定でブルーライトをカットする

パソコンの初期設定では画面が明るいままですが、明るさの調整を行うことで、ブルーライトをカットすることができます。
画面の色合いは個人によって好みが異なるため、以下のいずれかの方法で自分に合った明るさに調整し、ブルーライトをカットしましょう。
※ここではWindows10を参考に、説明します。

夜間モードの設定をする

Windows10 Creators Update以降は、ブルーライトを抑える「夜間モード」が搭載されています。

  1. Windowsロゴをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら「システム」をクリックします。
  3. ディスプレイ画面が表示されたら、「夜間モードの設定」をクリックします。
  4. 夜間モードの設定画面が表示されたら「強さ」のスライダーを動かして調整し、「今すぐ有効にする」をクリックすれば完了です。

    ※一定の時間帯に夜間モードを実行させる場合、「夜間モードのスケジュール」を「オン」に設定し、任意のスケジュールを設定します。

ディスプレイの明るさを調整する

  1. Windowsロゴをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら「システム」をクリックします。
  3. ディスプレイ設定画面が表示されたら、「明るさと色」の下のスライダーで画面の明るさを調整すれば完了です。

パソコンの画面が暗い!その原因と対処法について解説【Windows10版】

色の管理で調整する

  1. Windowsロゴをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら、「システム」をクリックします。
  3. システム画面が表示されたら、左側のメニューから「ディスプレイ」をクリックし、「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。
  4. ディスプレイの詳細設定画面が表示されたら、「アダプターのプロパティを表示します」をクリックします。
  5. プロパティ画面が表示されたら「色の管理」タブを選択し、「色の管理」をクリックします。
  6. 色の管理画面の「詳細設定」タブを選択し、「ディスプレイの調整」をクリックします。
  7. 画面の色調整画面が表示されます。
    説明に従い「次へ」ボタンを押しながら設定すれば完了です。

ディスプレイドライバーで調整する

  1. デスクトップの何もない箇所で右クリックし、一覧から「インテル グラフィックスの設定」をクリックします。
  2. インテルHDグラフィックス・コントロール・パネルが起動したら、「ディスプレイ」をクリックします。
  3. ディスプレイ画面が表示されたら、「色設定」をクリックします。
  4. 各項目のバーを動かして色調整を行い、「適用」をクリックすれば完了です。

まとめ

パソコンのディスプレイが発するブルーライトを長時間浴び続けると、体にさまざまな影響を与えてしまいます。
健康への影響も考慮し、パソコンのブルーライトをカットするよう調整しましょう。

上記でパソコンの設定方法を紹介していますが、うまく設定できない場合はパソコン修理業者に依頼することも可能です。
ドクター・ホームネットはパソコンの修理を行う業者ですが、パソコンの設定やさまざまなサポートを依頼することが可能です。
ブルーライト以外の悩みも相談することができるため、パソコンのトラブルが発生した際はドクター・ホームネットへ気軽に相談してみてください。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。