パソコンがフリーズする!?キーボードで強制終了する方法を解説【Windows10版】

かない@パソコン博士

パソコンを操作している際にマウスもキーボードも操作を受け付けなくなり、画面が何も反応しなくなる状態をフリーズといいます

アプリケーション単体がフリーズすることもあるため、システム全体が構ってしまい、強制終了を余儀なくされることも珍しくありません。

今回はWindows10をはじめ、パソコンがフリーズしてしまう原因と解決方法について、解説します。

Windows10でパソコンがフリーズする原因

Windows10でパソコンがフリーズするのは、主に以下の原因が考えられます。

Windows10でフリーズする主な原因

原因原因の詳細説明
熱暴走CPUやメモリ、ハードディスクが一定温度を超え、フリーズが発生
メモリ不足メモリの容量不足で、動画や画像編集を実行し、フリーズが発生
複数のプログラムの実行も原因となりやすい
アプリケーションの不具合特定のアプリケーションのみ操作を行っている
アプリケーションやドライバの不具合、Windows10非対応など
システムファイルの破損複数のアプリケーションを起動しているとフリーズが起きる
Windows10の構成ファイルの破損もフリーズが発生しやすい
HDDの破損ハードディスクの長期間使用は物理損傷が生じ、動作異常を起こす
周辺機器の不具合マウスやキーボード、外付けハードディスクが原因
※パソコンを制御するドライバの不安定化を招く
常駐プログラムの影響Windows10による複数のプログラムを自動起動
機能追加や不具合のある機能を修正中に失敗する
Windows Updateの失敗・更新プロクラムを溜めている
ウイルス感染(マルウェア)ウイルスがパソコンに常駐して動作を続ける

パソコンのフリーズを解消するためには、まずは基本的な解決方法を試してみましょう。

パソコンがフリーズする!?キーボードで強制終了する方法を解説【Windows10版】

Windows10でパソコンがフリーズする場合の確認ポイント

パソコンがフリーズした場合、処理に時間がかかっているだけなのか、それとも本当にフリーズしているのか、現状を把握することが大切です。

まずは以下のポイントを確認し、フリーズが原因でパソコンが反応していないのか確認しましょう。

  1. マウスやキーボードを確認する
  2. アクセスランプを確認する
  3. スリープ状態に移行するか確認する
  4. ドライブに反応するか確認する
Windows10でパソコンがフリーズする場合の確認ポイント

マウスやキーボードを確認する

パソコンがフリーズした場合、まずはマウスやキーボード操作ができるか確認しましょう。

パソコンの画面は動かなくともマウスやキーボードは操作できる場合、Windows10がフリーズしているのではなく、ソフトウエアの競合で発生している可能性があります。

特定のデータや機能を取り合ってフリーズが発生していると考えられるため、不要なソフトウエアを終了させると改善される場合もあります。

また、マウスやキーボードの電池切れや、ケーブルの接続が外れかかっているなどのトラブルが起きていることも考えられます。

新しい電池に交換したり、ケーブルが接触不良や断線を起こしていないか確認してみましょう。

アクセスランプを確認する

パソコン本体に「電源ランプ」や「バッテリーランプ」などと並んで刻印されている、円柱型のマークのアクセスランプを確認してみましょう。

ハードディスクにアクセスしているときにアクセスランプは点滅するため、プログラムを実行している最中は点滅や点灯したままになります。

パソコンがフリーズ状態になった場合、ほかの操作を受け付けなくなりますが、アクセスランプが点滅・点灯している場合は、処理に時間がかかっているだけと考えられます。

処理が完了するとフリーズも解消されるため、アクセスランプが点滅・点灯中はしばらくそのまま待ってみましょう。

▼アクセスランプの一例

スリープ状態に移行するか確認する

マウスやキーボード操作もできない場合は、スリープ状態に移行するか確認してみましょう。

初期状態のWindows10では、一定時間パソコンを操作しなければ自動的にスリープモードに移行するよう、設定されています。

また、ノートパソコンの機種によっては、電源ボタンを押したり画面を閉じることで、スリープ状態に移行します。

スリープ状態になる場合は、復帰後にマウスやキーボード操作が可能になることも多いため、何らかの対処が可能になります。

ドライブに反応するか確認する

Windows10がフリーズしてすべての操作ができない場合は、外部から動作を与えてみて反応するか確認しましょう。

光学ドライブを開いてみたり、USBポートにデータの入っていないUSBメモリを挿し込んでみると、改善される場合もあります。

かない@パソコン博士

事前確認し、強制終了による対処をする前にフリーズを解決しやすい対処方法をお試しください。

パソコンがフリーズして電源が切れない!動かない原因と対処法を解説

パソコンがフリーズして電源が切れない!動かない原因と対処法を解説

Windows10を強制終了し、フリーズを解決!

Windows10でパソコンが完全にフリーズしている場合、アプリケーションやパソコンそのものを強制的に終了させる必要があります。

マウスやキーボードの操作ができるかどうかで、対処法は異なってきます。

また、処理中のデータを失う可能性があるため、最終的な方法として対処するようにしてください

Windows10でパソコンがフリーズする場合の対処法

キーボードやマウスが反応する場合

キーボードやマウスが反応する場合は、大きなファイルを開こうとしたり、ソフトウエアの競合などが原因でフリーズしていると考えられます。

原因となっているアプリや不要なアプリを、次の方法で強制終了させてください。

  • タスクマネージャーで終了させる
  • パソコンを再起動する

タスクマネージャーで終了させる

  1. Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「タスクマネージャー」をクリックします。
    ※タスクバーの何も表示していない部分を右クリックしても、一覧の中から「タスクマネージャー」を選べます。
    タスクマネージャーで終了させる-1
    ※マウスが反応しない場合は、キーボードの「Ctrl」キーと「Shift」キー、「Esc」キーを同時に押すとタスクマネージャーが起動します。
    タスクマネージャーで終了させる-2
  2. タスクマネージャーが表示されたら、フリーズの原因となっているアプリケーションや、負荷の高いアプリケーションを選択し、「タスクの終了」をクリックすれば完了です。
    タスクマネージャーで終了させる-3

パソコンがフリーズした場合の対処方法【タスクマネージャー編】

パソコンを再起動する

タスクマネージャーでアプリを終了してもフリーズが改善されない場合は、パソコンの再起動を実行してみてください。

Windows10の初期設定では、前回シャットダウンした情報を一時保存する「高速スタートアップ」機能が有効に設定されています。

再起動を実行すると高速スタートアップ機能が無効になり、完全にシャットダウンした状態から起動するため、フリーズの問題が解消されることもあります。

  1. キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「Alt」キーと「Delete」キーを押します。
    パソコンを再起動する-1
  2. ブルーバックの画面が表示されたら、キーボードの「Tab」キー、またはマウスで右下の電源マークを選択し、「Enter」キーを押します。
  3. マウスで「再起動」を選択、またはキーボードで再起動を選択して「Enter」キーを押せば完了です。
    パソコンを再起動する-2
かない@パソコン博士

パソコンが頻繁にフリーズする場合、再起動ができないなどの不具合が発生しやすくなります。フリーズ以外の症状がないか、確認してから、再起動を行いましょう。

パソコンの再起動が終わらない原因は?すぐできる対処法をわかりやすく解説

パソコンの再起動が終わらない・再起動できない時の【対処方法15選】:Windows10版

パソコンがまったく反応しない場合

キーボードやマウスがまったく反応せず、何も対処できない場合は、物理的にパソコンを終了させましょう。

強制終了は、以下のいずれかの方法で実行できます。

  • 電源ボタンを長押しする
  • コンセントからACアダプタを抜く

電源切断後後は、しばらく時間をおいてパソコンを起動してください。

強制終了はデータを失うだけでなく、パソコンにも大きな負荷をかけてしまうため、最終手段として実行してください

かない@パソコン博士

ご紹介した方法でもフリーズが解消されない場合、パソコン内部で深刻なエラーが起きている可能性があります。持込修理が可能なパソコン修理業者に相談してみましょう。

パソコンの持ち込み修理の流れは?おすすめ業者5つを比較!

パソコンの持ち込み修理の流れは?おすすめ業者5つを比較!

Windows10のフリーズ対処方法:まとめ

Windows10でパソコンがフリーズする場合、実行中のファイル容量が大きすぎたり、パソコンの空き容量が不足していることが考えられます。

ただし、それほど負荷のかからない処理を実行しているのに関わらず、毎回フリーズが発生する場合は、ハードウエアに不具合が生じているかもしれません。

原因不明のフリーズが頻繁に発生する場合は、一度パソコン修理業者に相談してみることをおすすめします。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれもすぐの対応が可能です。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。