テレワーク導入サポートが可能なパソコン修理業者3選!利用できる助成金や料金比較表も解説

テレワークの導入を検討しているものの、「何から始めていいかわからない」「設定がうまくいかない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

かない@パソコン博士

テレワークに関する不安やトラブルを解消したいなら、テレワーク導入サポートを利用するのがおすすめです。

本記事では、テレワーク導入サポートを利用するメリットや選び方、おすすめの業者などについて解説します。

テレワーク導入サポートとは

テレワーク導入サポートとは、企業や個人が抱えている、テレワークに関する悩みを解決するための支援を行ってくれるサービスのことです。

パソコン・インターネットの環境構築や、周辺機器の設定に関するアドバイスなどを行い、テレワークをスムーズに導入できるようサポートしてくれます。

主に通信事業を展開する企業やパソコン修理業者、民間企業などが導入サポートを実施しており、業者によってサポート内容が異なります

テレワーク初心者必見!テレワークや在宅勤務のやり方を分かりやすく解説!

テレワーク導入サポートとは

テレワーク導入サポートのサービス例

テレワーク導入サポートでは、以下のサポートが受けられます。

テレワーク導入サポートのサービス例
  • パソコンの初期設定
  • インターネット環境の構築
  • オンライン会議ツール(Zoom・Teams)のインストール・設定
  • パソコン動作やインターネット回線の高速化
  • 周辺機器の設定(Webカメラ、ヘッドセットなど)
  • ツールの導入や設定
  • セキュリティ対策の実施
  • パソコンや無線ルーターのレンタル

ほかにも企業向けのサポートとして、「VPN設定」や「社内サーバーの速度改善」などがあり、個人と企業のどちらにも導入サポートの利用がおすすめです。

企業におけるテレワークの実施率

近年は新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入する企業が増えています

厚生労働省が2020年5月以降に行った調査によると、67.3%の企業がテレワークを実施しているという結果が出ています。

前回調査時(2020年3月)と比較すると、実施率が41.3%上昇していることがわかります。

テレワークを実施する企業が増加した一方で、実施を検討している企業の割合が減っていることから、テレワーク導入の計画を実行に移した企業が増えたと考えられます。

テレワーク導入により助成金を受け取れる?

テレワークの実施やツールの導入などを行うことで、以下の助成金や補助金を受けられる可能性があります。

「働き方改革推進支援助成金」制度は、厚生労働省が実施している助成金制度で、2種類のコースが用意されています。

「IT導入補助金2021」は、「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」が経済産業省監督のもと運営している補助金制度です。

制度にはさまざまな条件はありますが、「テレワーク導入にかかる費用を抑えたい」という場合は、申請を検討されてみてはいかがでしょうか。

テレワーク導入サポートを利用するメリット

テレワーク導入サポートを利用するメリットは、「専門知識がなくても安定したテレワーク環境を用意できる」ことです。

テレワークを実施するためにはパソコンやネットワーク、周辺機器などの設定を行うための知識が必要になります。

しかしテレワーク導入サポートを利用することで、豊富な専門知識を持ったスタッフが環境構築や設定を支援してくれるため、自分で知識を身につける手間が省けます

また、テレワークで起こりがちなトラブルにも対応してくれるため、もしもの場合も安心です。

テレワークで起こりがちなトラブル
  • Zoomやメッセージツールの設定方法がわからない
  • パソコンの動作やインターネットの速度が遅い
  • Webカメラやマイクが反応しない
  • インターネットが切断される
  • 社内サーバーや無線LANに接続できない

専門知識がない状態でトラブルが発生すると、原因の特定や対処法の調査に時間を取られてしまい、業務効率が落ちてしまいます。

テレワークに関して少しでも不安があるなら、テレワーク導入サポートの利用を検討してみてください。

テレワーク導入サポートを利用するメリット

【在宅ワークのトラブル:まとめ】インターネット接続や起動しない、画面がおかしいなどの対処法を解説

テレワーク導入サポートを選ぶ際のポイント

テレワーク導入サポートを選ぶ際は、3つのポイントをチェックしましょう。

テレワーク導入サポートを選ぶ際の3つのポイント
  • 料金・価格
  • サポート内容の充実度
  • 出張サービスの対応エリア
テレワーク導入サポートを選ぶ際のポイント

料金・価格

テレワーク導入サポートの価格は、サービス内容や業者によって異なるため、自身の予算に合った業者を選びましょう。

大企業向けのサポートを展開している業者の場合、数十万円を超えるケースもありますので、価格を抑えたいなら中小企業や個人向けの業者を選ぶと良いでしょう。

ただし、価格の安さだけで選んでしまうと「サービスが物足りない」「トラブルが解決できなかった」と後悔するため、注意が必要です。

サポート内容の充実度

価格だけではなく、どのようなサポートを提供しているかにも注目しましょう。

費用をかけてテレワーク導入サポートを利用しても、安定したテレワーク環境を構築できなければ意味がありません。

またテレワーク導入における課題やトラブルを抱えているなら、それらを解決できるサポートを行っている業者を選びましょう。

たとえば「Zoomの設定方法がわからない」「インターネットが遅い」といった課題がある場合、ツール設定や速度改善のサポートを実施している業者がおすすめです。

出張サービスの対応エリア

テレワーク導入サポートを選ぶ際には、出張サービスの可否や対応エリアも重要なポイントです。

自宅が出張サービスの対象外だと、トラブルが発生した場合は店舗に持ち込むか、宅配でのサポートを依頼するしかありません。

また出張サービスの対応エリア内であったとしても、業者の拠点が近所にないと、到着するまでに時間がかかってしまいます。

そのため、出張サービスの対応エリアや業者の拠点数は、事前に確認しておきましょう。

パソコン修理の出張サービスを徹底比較!申込の流れや業者の選び方は?

パソコン修理の出張サービスを徹底比較!申込の流れや業者の選び方は?

テレワーク導入サポートを行っているパソコン修理業者おすすめ3選

ここでは、テレワーク導入サポートを行っているパソコン修理業者を紹介するとともに、サポート内容や料金についても触れていきます。

テレワーク導入サポートを行っているおすすめのパソコン修理業者
  • ドクター・ホームネット
  • PC DEPOT
  • パソコン工房

ドクター・ホームネット

ドクター・ホームネットは、年間16万件以上のサポート実績を誇るパソコン修理業者です。

持ち込みだけではなく、宅配や出張でのテレワーク導入サポートにも対応しており、全国訪問サポートサービスシェアNo.1の実績を持ちます

北海道から九州まで全国に300以上もの拠点があり、最短即日の出張サポートも可能なため、急なトラブルにも対応してくれます。

また、訪問時に女性スタッフが同行するサービスも行っていますので「男性スタッフの訪問に不安がある」という方は、ぜひご利用ください。

実績や訪問サポートの充実度で選びたいなら、ドクター・ホームネットがおすすめです。

サポート内容料金(税込)
基本料金5,500円
環境・トラブル診断料金3,300円
インターネット接続設定6,600円
インターネット・メールトラブル解決16,500円
周辺機器の接続設定3,300円
無線LANアクセスポイント設定6,600円
クライアント側の接続設定(3台まで)3,300円
システムのクリーンアップ6,600円
ウイルス駆除8,800円
ウイルス対策設定3,300円
HDD/SSD交換(環境そのままセット)
※320GB未満
39,600円
HDD/SSD交換(環境そのままセット)
※320GB以上
50,600円
サポート内容・料金一覧
対応エリア/時間帯

対応エリア :全国(300拠点以上)
対応可能時間:9:00~21:00(年中無休・時間外も可)

※対応可能時間は店舗により異なります。

ドクター・ホームネット 評判・口コミ

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

PC DEPOT

PC DEPOT
引用:PC DEPOT

PC DEPOTは、修理やサポートだけではなく、パソコンや周辺機器などの販売も行うパソコン修理業者です。

テレワークに必要なアプリのインストールやオンライン会議の設定、インターネット回線の申込みなど、幅広いサポートを展開しています。

また、PC DEPOTのプレミアムメンバーであれば、特別価格にてサポートを受けることが可能です。

「パソコンの初期設定」や「インターネット安全対策設定」といったサポートは、プレミアムメンバーなら0円でサポートが受けられます。

サポート内容一般料金(税込)
オンライン会議設定
(ZOOM導入・設定)
5,500円
パソコン・タブレット基本操作レクチャー3,300円
パソコン初期設定3,300円
インターネット安全対策設定(1年版)6,600円
Google Chrome設定5,500円
メールアカウント設定
(MSアカウント作成含む)
5,500円
オンライン会議設定
(Teams導入・設定)
5,500円
オンライン会議設定(MEETS導入・設定)5,500円
プリンタ印刷 有線設定5,500円
ソフトウェアインストール5,500円
サポート内容・料金一覧
対応エリア/時間帯

対応エリア :全国(関東圏を中心に135拠点)
対応可能時間:10:30~19:00(年中無休)

※対応可能時間は店舗により異なります。

PCデポ 評判

【PCデポ(PC DEPOT)編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコン工房

パソコン工房は、パソコンの中古買取や周辺機器の販売なども行っているパソコン修理業者です。

Microsoft製品に関するサポートが充実しており、OfficeソフトやTeamsのインストール・設定にも対応しています。

出張設置サービスでは、パソコンの開梱や設置、インターネットやメールの設定までを全て専門スタッフに任せることができます。

そのため、テレワークでMicrosoft製品を使う方や、パソコンを一から設定する予定の方におすすめです。

サポート内容料金(税込)
パソコン初期設定3,300円
Microsoftアカウント作成3,300円
ウイルス対策ソフトのインストール3,300円
インターネット設定5,500円/1台
無線LAN接続/基本設定5,500円
Microsoft Office初期設定2,200円
Microsoft Teamsインストールサービス3,850円
Zoom 設定サービス
(クライアントとして参加する人向け)
1,100円
Zoom 設定サービス
(ホスト向け)
3,850円
パソコンデータ移行サービス11,000円~
出張設置サービス10,978円
サポート内容・料金一覧
対応エリア/時間帯

対応エリア :全国(71拠点)
対応可能時間:10:00~19:00(年中無休)

パソコン工房 評判

【パソコン工房編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

テレワーク導入サポート3選の比較表

最後に、今回紹介したテレワーク導入サポートを行っているパソコン修理業者を、表にまとめました。

業者名料金目安
(税込)
対応エリアサポート例
ドクター・ホームネット3,300円~16,500円全国(300拠点以上)・インターネット・メールトラブル解決
・オンラインツール導入(ビデオ会議、チャットなど)
・システムのクリーンアップ(動作速度の改善)
・周辺機器の接続設定(Webカメラなど)
・無線LANアクセスポイント設定
・ウイルス対策設定
PC DEPOT3,300円~6,600円全国(関東圏を中心に135拠点)・オンライン会議設定
・パソコン初期設定
・インターネット安全対策設定
・メールアカウント設定
・ソフトウェアインストール
パソコン工房1,100円~10,978円全国(71拠点)・パソコン初期設定
・Microsoft Office初期設定
・Microsoft Teamsインストールサービス
・ウイルス対策ソフトのインストール
・無線LAN接続/基本設定
テレワーク導入サポート比較表
かない@パソコン博士

出張・訪問でのサポートを希望しているなら、拠点数が多く、訪問サポートに定評があるドクター・ホームネットがおすすめです。

テレワーク導入サポート:まとめ

テレワーク導入サポートを利用すれば、専門知識がなくても、安定したテレワーク環境の構築が可能になります。

テレワークでは「Webカメラやマイクが反応しない」「インターネットの速度が遅い」などのトラブルが起こりがちなため、パソコン修理業者に依頼するのがおすすめです。

パソコン修理業者なら、パソコンやアプリの初期設定だけではなく、テレワーク中の急なトラブルにも出張・訪問サポートで対応してくれます。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれもすぐの対応が可能です。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。