テレワーク・在宅勤務にオススメのWi-Fiルーター&ポケットWi-Fi5選!

テレワーク・在宅勤務にオススメのWiFiルーター&ポケットWi-Fi

ケーブルなしで端末同士をネットワークに接続する無線LAN方式(無線接続機能)のことを『Wi-Fi(ワイファイ)』と言います。

そして、光回線やADSLなどの外部ネットワークとパソコンなどの各端末を繋ぐ機器が『Wi-Fiルーター』なのですが、この通信速度が遅いと、テレワーク・在宅ワークでの作業に支障をきたしてしまうため注意が必要です。

本記事では、Wi-Fiルーターの種類と選び方、テレワーク・在宅勤務におすすめのWi-Fiルーターを紹介します。

Wi-Fiルーターの種類

自宅で使用するWi-Fiルーターは、ホームルーターとモバイルルーターに分かれます。
まずはそれぞれの特徴を説明します。

ホームルーター

ホームルーター

ホームルーターは、コンセントに繋ぐだけでWi-Fi環境を作ることができる据え置き型のWi-Fiルーターです。
通信契約あるいはSIMカード挿入済みのホームルーターがあれば、固定回線と違って開通工事不要でインターネットに接続できます。

モバイルルーターと違いバッテリーは搭載されておらず、固定型であるため持ち運びはできませんが、通信容量制限を気にせずに利用でき、安定・高速の通信環境で作業するのに適しています。

モバイルルーター(ポケットWi-Fi)

モバイルルーター(ポケットWi-Fi)

モバイルルーターは、持ち運びできる小型(スマホほどの大きさ)のWi-Fiルーターです。

『ポケットWi-Fi』は『モバイルルーター』と同義で使われることが多いですが、正確にはワイモバイルの商品『Pocket WiFi』を指します。

開通工事不要でインターネット接続環境を作れる点はホームルーターと同じですが、持ち運べることから、通信エリア内であれば自宅だけでなく外出先でもインターネットを使用することができます。

ただし、環境によっては通信速度が不安定になったり、複数端末の同時接続により通信速度が低下する場合もあります。

注意:公衆無線LAN(フリーWi-Fi)

注意:公衆無線LAN(フリーWi-Fi)

公衆無線LAN(フリーWi-Fi)とは、駅や空港など公共の場所、観光地、カフェやコンビニ店内などで無料提供されている誰でも利用可能なWi-Fiスポットです。

「Wi-Fiが利用できます」「無料Wi-Fiあります」などの表示を街中で見かけることが増えましたが、公衆無線LANを利用する際にはセキュリティ面で特に注意しなければなりません。

パスワード入力の必要がなく、誰でも簡単に接続ができるセキュリティ保護なしの公衆無線LANは、データが暗号化されず、通信を傍受される恐れがあります。

具体的には、通信の盗聴や閲覧内容ののぞき見、ウイルス感染やパスワードの盗難、端末の乗っ取りなどが挙げられます。

公衆無線LAN(フリーWi-Fi)を利用する場合は、最低限以下のようなセキュリティ対策を行いましょう。

セキュリティ対策の例
  • セキュリティ保護のある(暗号化されている)アクセスポイントを利用する
  • ログインなど重要なやりとりを行う場合はSSL通信(HTTPSサイト)を利用する
  • ファイアウォールやネットワーク共有制限など高セキュリティの設定を行う
  • VPN(仮想専用線)によって通信経路を暗号化して情報のやりとりを行う
  • Wi-Fiの自動接続設定はオフにする

外出先で安全にインターネットを利用するためには、スマホなどのデータ通信を利用する『テザリング』で接続するか、『モバイルルーター』を所持されることをオススメします。

テレワーク・在宅勤務に適したWi-Fiルーターの選び方

テレワーク・在宅勤務で使うWi-Fiルーターを選ぶ際には、費用・料金だけでなく、以下のポイントでも比較してみてください。

  • 通信速度や安定性
  • 通信データ容量
  • セキュリティ
  • 契約期間
  • 利用可能な対応エリア

それぞれ説明します。

通信速度や安定性

テレワーク・在宅勤務でZoomやSkypeでのテレビ会議、メールの送受信、資料のダウンロードやアップロードなどの仕事を快適に行うためには、インターネット通信の品質を保つ必要があります。

例えば、パソコンでのZOOM利用の際に推奨されている通信速度は以下のとおりです。

内容通信速度
1対1ビデオ通話
(高品質ビデオ)
600kbps
1対1ビデオ通話
(HDビデオ)
1.2Mbps
1対1ビデオ通話
(1080pHDビデオ)
1.8Mbps
グループビデオ
(高品質ビデオ)
800kbps/1.0Mbps
(上り/下り)
グループビデオ
(ギャラリービュー/720pHD)
1.5Mbps
グループビデオ
(1080pHDビデオ)
受信2.5Mbps
発信3.0Mbps
 画面共有のみ
(ビデオサムネイルなし)
50-75kbps
 画面共有
(ビデオサムネイルあり)
50-150kbps
画面共有(オーディオVoIP)60-80kbps
【引用】Zoom-Support

その他、インターネットを利用して行うことが多い操作の通信速度の目安は、以下のとおりです。

内容通信速度の目安
メール受信1Mbps
YouTube視聴(720p)3Mbps
YouTube視聴(1080p)5Mbps
ウェブサイトの閲覧5Mbps
4K動画の視聴25Mbps

テレワーク・在宅勤務においてはそこまで高速である必要はありませんが、最低限の速度が出ないと仕事の効率が低下してしまいます。

常時10~30Mbpsほどの速度が出るWi-Fiルーターを選ぶことをオススメします。

注意点として、モバイルルーターに記載されている最大通信速度は理論上可能な最大速度を意味します。
日常的に出る通信速度として判断する際は、『実測値』を確認するようにしましょう。

容量の大きいファイルの送受信が必須など、仕事内容によっては、Wi-Fiルーターでは速度が足りないこともあります。

その場合、通信速度の速い光回線を検討した方がよいかもしれません。
ただし、導入に工事が必要な光回線は、開通までに2週間〜1ヶ月ほどかかります。

また、利用者が急増した場合や集中する時間帯に利用する場合、回線が混雑して、通信速度が落ちる場合もあります。

口コミなども参考にしつつ、通信が安定しているかどうかも確認しておきましょう。

通信データ容量

現在は通信データ容量無制限のWiFiルーターが主流ですが、7GB・20GB・30GBなど月あたりの利用可能な通信データ容量が決まっている安いプランもあります。

契約しているデータ容量の上限に達した場合、それ以降の利用において通信速度が制限されます。

一般的にはスマホの通信制限と同じく128Kbpsの低速モードに切り替わるため、テレワーク・在宅勤務での作業に支障をきたすでしょう。

プラン変更やデータ容量の追加購入によって通信制限を解除するほかありません。

テレワーク・在宅勤務の機会が多い方はデータ容量無制限・使い放題のプランを選択されることをオススメします。

以下、利用用途ごとの通信データ容量の目安です。

利用用途通信データ容量の目安
メール送受信1通約500KB
ニュースサイトの閲覧1ページ約300KB
動画(中画質)の視聴1分約4MB
音楽(約4分間の楽曲)のダウンロード1曲約4MB
SkypeやLINEでの音声通話1時間約18MB
※1MB=約1000KB、1GB=約1000MB
【参考】Y!mobileソフトバンク

容量制限や速度制限にかからないためにも、各サービスでどれぐらいのデータ量を消費しているかを把握しておきましょう。

セキュリティ

テレワーク・在宅勤務では、会社の大切な情報をオフィス以外の場所で扱うため、情報漏洩のリスクが高まります。

そのため、セキュリティへの十分な配慮が必要です。

  1. 会社から貸与されているWi-Fiルーターがある場合は、それを利用する
  2. ホームネットワークの使用が会社から許可されている場合は、『WPA2(AES)』の暗号化に対応しているWi-Fiルーターを選ぶ

暗号化方式は、セキュリティ強度の低い順にWEP、WPA(TKIP)、WPA2(AES)の主に3種類です。

暗号化方式

WEP:簡易な暗号化方式でセキュリティ強度が低い/パスワードが盗まれるリスクが高い/主にゲーム機などに使用される/テレワーク・在宅勤務には適していない

WPA(TKIP):WEPの強化版/解析ツールによりセキュリティが突破されるリスクあり

WPA2(AES):WPAの改良版/暗号解読が難しくセキュリティ強度が高い

テレワーク・在宅勤務のWi-Fiルーターを選ぶ際は、WPA2(AES)以上を選択することをオススメします。

契約期間

Wi-Fiルーターの契約には、契約期間が設けられていることがあります。

何年縛りなのか、途中契約で違約金がいくら発生するのかなどを確認しましょう。

契約期間の縛りがなく、いつでも解約できるプランもありますが、このプランの場合は月額費用が割高になってしまうことも。

ご自身のテレワーク・在宅勤務がどのくらい続くのかによって選択してくださいね。

利用可能な対応エリア

Wi-Fiルーターは利用可能なエリアが定められています。

端末によって対応ネットワークが異なるため、自宅や作業場所が通信可能な地域かどうかを確認してください。

サービスエリア外では、通信端末があってもインターネットが利用できないため、注意が必要です。

テレワーク・在宅勤務にオススメのWi-Fiホームルーター2選

ここからは、テレワーク・在宅勤務において人気のWi-Fiルーターを紹介していきます。
まずは据え置き型のホームルーターを2つ見ていきましょう。

モバレコAir

モバレコAir

通信データ容量が完全無制限で利用できるモバレコAir。
通信容量を気にせず使いたい方や、仕事以外にも動画を見るなどして使いたい方にオススメです。

同時接続台数はなんと64台!
自宅のインターネット接続機器や家族のスマホ・タブレットなど、家中どこでも何台でもさくさく利用できます。

また、ソフトバンクやY!mobileのスマホ・ケータイを使っている方なら、セット割引を受けることもできますよ。

月額料金(税込)990円(最大割引適用時)〜
最大通信速度(下り)962Mbps
データ容量無制限
契約期間2年(自動更新)
【参考】モバレコAir

とくとくBB WiMAX2+

とくとくBB WiMAX2+

機種代0円で20日以内ならキャンセルできることから、顧客満足度の高いとくとくBB WiMAX2+。
最短即日発送で、急いでいるときでも頼めばすぐ届く&利用開始できます。

3,000円のキャッシュバックをはじめとした各種お得な特典が用意されているのも嬉しいポイント。
また、auスマホユーザーやUQmobileユーザーなら、月額料金がさらにお得になります。

安く&すぐにインターネットを使いたい方にオススメです。

月額料金(税込)2,849円〜
最大通信速度440Mbps
データ容量無制限・7GB/月
契約期間3年(自動更新)
【参考】とくとくBB

テレワーク・在宅勤務にオススメのWi-Fiモバイルルーター3選

続いて、持ち運べるモバイルルーターを3つ紹介します。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

業界最安級で、WiMAX業界初の最短当日利用が可能なBroad WiMAX。
急ぎでインターネットを使えるようにしたい方や、費用を押さえて利用したい方におすすめです。

通信制限を解除するための追加データ購入などの追加請求は発生せず、安心して定額プランを利用できます。

同時接続機器数は16台※となっており、自宅にテレワーク・在宅勤務者やインターネットを使用する人が複数いる場合でも利用できます。※端末により異なります。
郵送だけでなく、全国5箇所の店舗にて受け取ることも可能です(渋谷・秋葉原・大宮・名古屋・梅田)。

お得なキャンペーンも随時実施されているので、要チェックです!

月額料金(税込)2,998円(最大割引適用時)〜
最大通信速度(下り/上り)1.2Gbps/75Mbps
データ容量ギガ放題プラン 無制限
ライトプラン 7GB/月
セキュリティ端末により異なる
WEP(128bit)、WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
契約期間3年
【参考】Broad WiMAX

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

自由度の高さが魅力の縛りなしWiFi。
中でも、契約期間の縛りのない1ヵ月単位での利用プランが人気です。
お試しでモバイルルーターを利用したい方や、テレワーク・在宅勤務が一時的である方に適しています。

契約期間の縛りありプランの方が月額利用料金はお得になりますが、使ってみてからプラン変更することも可能です。

対応エリアが広くいろんな場所で利用できるSoftbank回線と、安定しておりストレスフリーで利用できるWiMAX回線が用意されているため、自分の生活圏に合わせて回線を選択できますよ。

月額料金(税込)3,300円〜
※契約期間縛りありの場合は2,860円〜
最大通信速度(下り)端末により異なる
112.5Mbps〜1.2Gbps
データ容量20GB/月・50GB/月・2GB/日
セキュリティ端末により異なる
契約期間なし
※解約は前月申請で翌月末解約/最短1ケ月の契約
【参考】縛りなしWiFi

ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)

ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)

持ち運びできるモバイルルーターながら、月間の通信データ容量が完全無制限で、速度制限もないことが特長のZEUS WiFi。
データ容量を気にせずインターネットを利用したい方や、パソコンを利用しての作業時間が長い方、大容量のデータをやり取りする必要がある方にオススメです。

docomo回線、ソフトバンク回線、au回線がそれぞれ用意されており、1番繋がりやすい回線に自動接続できる安心クラウドSIMになっています。

国内だけでなく、海外106カ国で使えるので、海外出張や仕事以外の海外旅行でも便利ですよ。

月額料金(税込)6ヶ月目まで 2,970円
7ヶ月目以降 3,280円
最大通信速度(下り/上り)150Mbps/50Mbps
データ容量無制限
セキュリティ端末により異なる
契約期間2年(自動更新)
【参考】ZEUS WiFi

まとめ:Wi-Fiでテレワーク環境を整えよう

テレワーク・在宅勤務において通信環境の整備は最優先課題ですよね。

通信環境によって作業効率が変わってくるため、ご自身の作業内容や作業量によって最適なWi-Fiルーターやプランを選ばれることをオススメします。

Wi-Fiの導入方法や接続できない場合の対処法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Wi-Fiを自宅に導入する方法・繋ぎ方とは?設置済のWi-Fiが接続できない場合の対処法も解説!

パソコンをWi-Fiでネットに繋げたい!接続方法と接続できない場合の対処法【Windows10版】

パソコンがWi-Fiに繋がらないのにスマホは繋がる?原因と対処法を解説!

パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。