Zoomとは?テレワークに役立つWeb会議システムの基礎知識と設定方法を解説

テレワークの普及とともに、急速な広がりを見せているのがWeb会議システムです。

遠隔地とのミーティングや会議が可能なため、社員とのコミュニケーションツールとして活用している企業も少なくありません。

今回は、世界中から多くの参加者を集めている「Zoom」の基礎知識や設定方法などについて解説します。

Zoomとは

Zoom(ズーム)とは、場所や端末を選ばず、誰でも手軽に音声通話やビデオ通話が行えるクラウドサービスです。

元シスコのエンジニアであるエリック・ヤン氏が、2011年にズームビデオコミュニケーションズを設立し、クラウド型Web会議サービスとして提供を開始しました。

Zoom内にホストとなる主催者がミーティングを設定し、ゲストへリンクを送付することでWeb会議が実現できます。

必要な機能に合わせて、有料版と無料版を選択することができます。

Zoomとは
引用:zoom

音が聞こえない!画像が映らない!ZOOMでよくあるトラブルの原因と対処法を解説!

Web会議とは

Web会議とはインターネットやイントラネットを介して、遠隔地と音声・映像通話や資料の共有などが行えるクラウドコンピューティングを利用したシステムを指します。

パソコンに専用のWeb会議ソフトウエアをインストール、またはブラウザから専用のアドレスにアクセスすることで利用できます。

ネットワークに接続できる端末さえ用意していれば、どこからでも通話やチャット、ファイルの送受信が行えるため、わざわざ高価な機器を用意する必要がありません。

Web会議システムの利用率

MM総研が実施した「SaaS・コラボレーションツール利用動向調査」によると、Web会議システムの利用率は2019年12月末時点で44%でしたが、2020年4月末には63%と急速な上昇を見せています。

Web会議システムの導入目的

導入目的の上位は「テレワーク環境の整備」「社内ミーティング・コミュニケーションの向上」「対面でのミーティング数の削減」と続いており、すべてテレワークに関連する結果となっています。

Web会議中に音声や映像が切断!オンラインMTGのトラブルを解消する方法とは?

Web会議システムのシェア率

Web会議システムの中で、もっともシェア率の高い製品が「Zoom」です。
利用率が35%と、ほかの製品と比べても群を抜いており、今後もさらに増加の一途をたどるのではと予想されます。

Zoomの特長

Zoomの代表的な特長は、以下のとおりです。

Zoomの特徴
  • 誰でも無料で簡単に参加可能
  • ミーティング参加者はアカウント登録が不要
  • 無料版でも最大40分のグループ会議が可能
  • 会議の通話内容や映像を保存可能
  • バーチャル背景など多彩な機能が搭載
  • WindowsやMacOS、AndroidやiOSなどあらゆるOSに対応
  • Microsoft TeamsやSlack、Googleなど各種サービスとの高い親和性

有料版と無料版とで違いはありますが、画面共有やバーチャルバックグラウンド、遠隔機能や注釈機能など、共通して利用できる便利な機能が多い点がZoomの特長といえるでしょう。

有料版と無料版の違い

Zoomは有料版と無料版の大きな違いは、それぞれ参加できる人数や機能が異なる点です。

無料版は最大100人までミーティングに参加できますが、3人以上参加するグループ会議は40分の時間制限が適用されます。

また、録画機能は有料版・無料版それぞれに搭載されていますが、有料版はローカル・クラウド保存できるのに対し、無料版はローカル保存しか行えません。

主な機能の違いは、以下の表のとおりです。

※詳しい機能の違いについては、「Zoom×日商エレクトロニクスの無料版と有料版の機能差について」を参照ください。

Zoomを始める前の注意事項

Zoomを利用する前に、以下の注意事項を確認してください。

  • 主催者はアカウントの登録が必要
  • なるべくWebクライアントを利用する
Zoomを始める前の注意事項

主催者はアカウントの登録が必要

Zoomはアカウントを保有していなくても、メールなどで送付されてきたリンクをクリックすればWeb会議に参加できますが、自分で会議を主催するにはアカウントの作成が必要です。

主催者はアカウントの登録が必要
引用:zoom V-CUBE

なるべくWebクライアントを利用する

Zoomは専用アプリ、もしくはブラウザを使用してWeb会議を行えます。

Zoomアプリをインストールすると映像もクリアで安定した操作が可能ですが、セキュリティ面でさまざまな問題も発生しています。

Zoomではブラウザを利用してミーティングを行える「Webクライアント」サービスが提供されています。

Webクライアントを利用すれば、ミーティングの際にわざわざZoomアプリを入手する必要はありません。

ただし、Webクライアントはモバイル端末のブラウザはサポートしておらず、推奨されるブラウザ以外では機能が制限されているため、利用したい機能がある場合は注意が必要です。

なるべくWebクライアントを利用する

※セキュリティソフトを提供しているカスペルスキーでは、Zoomアプリの脆弱性を指摘し、Webクライアントを利用するよう推奨しています。

Zoomの会議中に第三者が主催者の同意なく侵入し、会議の進行を妨害する「Zoom Bombing(ズームボミング)」と呼ばれる荒らし行為が世界中で多発しました。

現在では問題点を修復していますが、脆弱性が残っている可能性が高いと、次のようにカスペルスキーは警鐘を鳴らしています。

さまざまなZoomクライアントでさまざまな不具合が生じています。一部のバージョンは、デバイスのカメラとマイクに不正アクセスを許すタイプの不具合があり、別のバージョンでは、Webサイトが利用者を同意なく通話に追加できるようになる不具合がありました(リンク先はいずれも英語)。Zoomは、これらを含む各種問題の解決に迅速に対応し、同じく外部から指摘されていたFacebookやLinkedInへの利用者データ共有を停止しました。しかし、適切なセキュリティ評価が行われていない以上、Zoomクライアントに脆弱性が残っている可能性は高く、第三者とのデータ共有のようなグレーなことがまだ行われているかもしれません。

したがって、Zoomのクライアントをデバイスにインストールするのではなく、WebブラウザーからZoomを利用することをお勧めします。Webクライアントはブラウザーのサンドボックス内にとどまり、デバイスにインストールされたクライアントのようにさまざまな権限を持つことがないので、起きるかもしれない問題は比較的抑えられます。

引用:カスペルスキー

セキュリティ面やZoomの使用頻度、使用する端末の状況に合わせて、専用アプリをダウンロードするかどうかを決めてください。

Zoomの基本設定

ここからはZoomの基本的な利用方法の設定について、解説します。

  1. Zoomのアカウント取得方法
  2. Zoomアプリのダウンロード方法
  3. Zoomミーティング(Web会議)の新規設定方法
  4. Zoomミーティング(Web会議)の参加方法
Zoomの基本設定

Zoomのアカウント取得方法

まずは、以下の手順でZoomのアカウントを取得しましょう。

  1. Zoom公式サイトにアクセスします。
  2. Zoomの公式サイト画面が表示されたら、右上部の「サインアップは無料です」をクリックします。
    Zoomのアカウント取得方法-1
  3. 「検証のために、誕生日を確認してください」と表示されたら生年月日を選択し、「続ける」をクリックします。
    Zoomのアカウント取得方法-2
  4. 「無料サインアップ」画面が表示されたら任意のメールアドレスを入力し、「サインアップ」をクリックします。
    Zoomのアカウント取得方法-3
  5. 登録したメールアドレス宛に、確認メールが届きます。
    Zoomのアカウント取得方法-4
  6. メール本文内の「アカウントをアクティベート」をクリックします。
    ブラウザが開かない場合は、下部の「ボタンが機能していませんか?このURLをブラウザに貼り付けてみてください」と記載されたメッセージ下のURLをクリック、またはコピーしてブラウザのアドレスバーに直接貼り付けて検索します。
    Zoomのアカウント取得方法-5
  7. アカウント情報登録画面が表示されたら任意の氏名とパスワードを入力し、「続ける」をクリックします。
    Zoomのアカウント取得方法-6
  8. 「仲間を増やしましょう」と表示されたら、「手順をスキップする」をクリックします。
    Zoomのアカウント取得方法-7
  9. 「テストミーティングを開始」と表示されたら、登録完了です。
    ※Zoomアプリをダウンロードしたい場合は、そのまま「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックしてください。
    Zoomのアカウント取得方法-8

Zoomアプリのダウンロード方法

アカウントを作成した際にZoomアプリをダウンロードできますが、Zoom公式サイトからダウンロードすることも可能です。

ここでは公式サイトからダウンロードする方法について、説明します。

  1. Zoom公式サイトにアクセスします。
  2. Zoomの公式サイト画面が表示されたら最下部までスクロールし、「ダウンロード」の「ミーティングクライアント」をクリックします。
    Zoomアプリのダウンロード方法-1
  3. 「ダウンロードセンター」画面が表示されたら、「ミーティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」をクリックします。
    Zoomアプリのダウンロード方法-2
  4. 画面下部にダウンロードファイルが表示されるので、クリックするとインストールを開始します。
    Zoomアプリのダウンロード方法-3
  5. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されたら「はい」をクリックします。
  6. Zoomアプリが起動すれば完了です。

Zoomミーティング(Web会議)の新規設定方法

Zoomでミーティングを開催する場合、以下のいずれかの方法で設定することができます。

  • ブラウザからミーティングを新規設定する
  • Zoomアプリでミーティングを新規設定する

ブラウザからミーティングを新規設定する

主催者が事前に設定しておくことで、参加者はブラウザからミーティングに参加できます。

  1. Zoom公式サイトにアクセスします。
  2. Zoomの公式サイト画面が表示されたら、右上部の「サインイン」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-1
  3. 「サインイン」画面が表示されたら、登録済のメールアドレスとパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-2
  4. 個人欄の「プロフィール」画面が表示されたら、左側メニューの中から「設定」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-3
  5. 「設定」画面が表示されたら下部にスクロールし、「”ブラウザから参加する”リンクを表示します」をオンに設定します。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-4
  6. 上部メニューの「ミーティングをスケジュールする」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-5
  7. 「ミーティングをスケジュールする」画面が表示されたら各項目を入力し、「保存」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-6
  8. 登録されたミーティングのスケジュール内容が表示されたら内容を確認し、「招待状のコピー」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-7
  9. 「ミーティングの招待状をコピー」画面が表示されたら、「ミーティングの招待状をコピー」をクリックします。
    ブラウザからミーティングを新規設定する-8
  10. メールソフトを起動し、ミーティング参加者に送る本文へ招待状のコピーを貼り付けて送信すれば完了です。

Zoomアプリでミーティングを新規設定する

  1. インストールしたZoomアプリを起動し、「サインイン」をクリックします。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-1
  2. 登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-2
  3. Zoomの「ホーム」画面が表示されたら、「スケジュール」をクリックします。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-3
  4. 「ミーティングをスケジューリング」画面が表示されたら各項目を入力し、「保存」をクリックします。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-4
  5. 「ホーム」画面に戻ったら、設定したミーティングが表示されているか確認します。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-5
  6. ミーティングのスケジュール、または上部メニューの「ミーティング」をクリックします。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-6
  7. ミーティングのスケジュール画面が表示されたら、「招待のコピー」をクリックし、招待したい相手のメール本文に貼り付けて送信したら完了です。
    ※招待文の内容を確認したい場合、「ミーティングへの招待を表示」をクリックしてください。
    Zoomアプリでミーティングを新規設定する-7

Zoomミーティング(Web会議)の参加方法

Zoomのミーティングに招待された場合、Zoomアプリをインストールしていなくても参加できます。

  1. Zoomのミーティング主催者から招待メールが届きます。
  2. メール本文内の招待URLをクリックします。
    Zoomミーティング(Web会議)の参加方法-1
  3. Zoomの招待ページが開いたら、下部の「ブラウザから参加してください」をクリックします。
    Zoomミーティング(Web会議)の参加方法-2
    ※Zoomアプリをインストールしている場合、ブラウザがアプリを開く許可を求めてきます。
    「Zoom Meetingsを開く」または「ミーティングを起動」をクリックすると、Zoomアプリが起動し、ミーティングに参加できます。
    Zoomミーティング(Web会議)の参加方法-3
  4. 「ミーティングに参加」画面が表示されたら名前を入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「参加」をクリックすればミーティングに参加できます。
    Zoomミーティング(Web会議)の参加方法-5

Zoomの設定方法が分からない場合はビデオで確認を

Zoomの公式サイトでは、主催者や参加者がスムーズにミーティングへ参加できるよう、ハウツービデオを紹介しています。

ミーティングの設定方法や参加方法、音声や映像の記録、画面共有の方法など、Zoomの疑問点を解消できます。

詳しい内容については、Zoom公式サイトをご覧ください。

Zoomの設定方法が分からない場合はビデオで確認を

Zoom:まとめ

かない@パソコン博士

Zoomの基礎知識や基本的な設定方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

Zoomは初心者でも比較的簡単に利用できるWeb会議システムですが、Webカメラやマイクなどの周辺機器に不具合が生じると利用できません。

パソコンはカメラやマイクが内蔵されている場合が多いため、トラブルが起きた際は一度パソコン修理業者に相談してみましょう。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれもすぐの対応が可能です。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。