BIOSとは?起動・操作方法(使い方)やハードウェア診断について解説

かな@パソコン博士

BIOS」とは、パソコンを使用する上で不可欠な存在であり、また不具合が発生した場合などにも利用できる便利なプログラムです。

しかし、「どういうものなのか?」「OSとの違いは?」など疑問を持たれている方も少なくないかと思います。

今回はBIOSについての役割や種類、設定画面や操作方法、「できること」から「よく使う機能」を中心を解説します。

BIOSとは

BIOSとは

BIOS(Basic Input Output System)とはパソコンにとって最も基本的で重要なプログラムで、ハードウェアの管理や制御を主に行っています

マザーボードのメモリに組み込まれておりパソコンの電源を入れた際に最初に起動されるプログラムです。

BIOSの役割

BIOSの役割はCPUやハードディスクをはじめ、キーボードやマウスなどのハードウェアの管理・制御です。

ハードウェアの管理の印象が強いOSやドライバ、はあくまでHDDなどが起動した後に初めて動作できます。

パソコン起動後に各種ハードウェアを起動し、OSやドライバなどに動作制御の橋渡しをするのがBIOSの役割になります。

ハードウェアの起動だけでなく起動順位の変更やハードウェアアクセスのパスワード設定などもBIOSで行うことが可能です。

BIOSの種類

現在使用されているBIOSとしては、米Phoenix Technologies社の「Phoenix Award BIOS」と米American Megatrends社の「AMI BIOS」の2つが主流となります。

BIOSの種類によって設定項目や表示言語などの画面表示が異なりますが、ほとんどの場合マザーボードメーカーによって独自にカスタマイズされています。

そのためどちらかというとBIOSの種類というよりは、マザーボードメーカーによって表示の特色が出る傾向があります。

いずれのBIOSも基本的に操作はキーボードによる入力ですが、インテルの NUC モデルに搭載されている「Intel Visual BIOS」などマウスでの直感的な操作が可能なものも存在します。

BIOS設定画面の起動方法や操作方法

BIOS設定画面の起動方法や操作方法
【引用】ami

BIOS設定画面の起動方法やメニュー画面構成、操作方法について解説します。

BIOSの種類やパソコンメーカーによって微妙な違いはありますが、基本的な操作方法をご紹介します。

BIOS設定画面の起動方法

BIOSの設定画面へは、基本的にパソコンの電源を入れた直後(メーカーロゴなどが表示されている間)に特定のキーを連打することでアクセスできます。

入力するキーはメーカーによって異なりますが、主流のものとしては「F2」キー、それ以外に「F1」や「F10」キー、「delete」キーなどの場合もあります。

取扱説明書に記載があるはずですので、BIOS設定画面に入るキーが分からない場合は確認しましょう。

起動時のキー入力の他に、以下の方法でパソコン(OS)起動後にもBIOS画面に入ることが可能です

  1. 「スタート」(Windowsマーク)から「電源」をクリック
  2. 「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリック
  3. 「トラブルシューティング」をクリック
  4. 「詳細オプション」 をクリック
  5. 「UEFI フォームウェアの設定」をクリック
  6. [再起動]をクリック

※再起動を行うため、実施される際は進行中のものなどあれば保存するように注意してください

BIOSのメニュー画面

BIOSの種類やメーカーによって異なりますが、基本的にBIOSは以下のような画面構成となっています。

Main製品情報や日時設定などの基本情報の表示、設定を行うことができます。
AdvancedCPUやメモリ、USBなどのシステムの詳細情報や構成情報の表示、設定を行うことができます。
Security管理者およびユーザーのパスワードを設定できます。
Bootストレージやドライブといったデバイスの起動順位設定など、起動時の設定を行うことができます。
Exit「変更を保存して終了」「変更を破棄して終了」「デフォルト値を設定」などの選択肢からBIOSを終了することができます。

BIOS設定画面の操作方法

BIOSは基本的にキーボード入力によって操作します。

Main画面に操作方法が記載されていることが多いですが、よく使うキーとしては以下のものがあげられます。

  • 項目の移動:「↑」「→」「↓」「←」および「Tab」
  • 選択:「Enter」
  • 数値の変更:「+」「-」
  • ヘルプの表示:「F1」
  • 初期値に戻す:「F9」
  • 設定を保存して終了:「F10」
  • 終了:「Esc」

BIOSでできること・よく使う機能

BIOSでできること・よく使う機能

BIOSの基本機能のうち、よく使う項目としては以下の6つがあげられます。

BIOSでできること・よく使う機能
  1. デバイスの初期設定
  2. ストレージデバイスの起動順位設定
  3. BIOSのパスワード設定
  4. ハードウェアモニタリング・ハードウェア診断
  5. オーバークロックの設定
  6. BIOSアップデート

デバイスの初期設定/ストレージデバイスの起動順位設定

BIOS設定の基本として、CPUやHDD、メモリやドライブなどのデバイスの設定を行えます。

任意のデバイスを無効化して起動するデバイスを制限する、デバイスの動作モードを変更してアクセス速度の向上などができます。

中でもHDDやSSDなどの起動順位を変更できる機能は重要であり、また使用する機会も多いです。

不具合が発生してOSの再インストールをしなければならない場合などに起動順位を変更することで、CD/DVDドライブやUSBなど通常使用しているHDDやSSD以外からOSの起動を行うことができます。

BIOSで各デバイスの設定や起動順位変更を行うことで、パソコンの構成を最適化したり不具合に対処したりすることが可能です。

HDDとSSDの違いとは?機能・価格・容量のほか、おすすめしたい人の特徴を解説

BIOSのパスワード設定

Security画面からBIOS自体にパスワードを設定することも可能です。

BIOSのパスワードとしては全ての設定を行うことのできる「管理者パスワード」と、それ以外の「ユーザーパスワード」が存在します。

普段見るOSのパスワードとは別に更にもう一段階BIOSのパスワードをかけることで、セキュリティを強固にすることが可能になります。

ハードウェアモニタリング・ハードウェア診断

BIOSはメモリやHDDなどのハードウェアを管理・制御する役割を担っているため、パソコンのシステム情報を確認することも可能です。

CPUの電圧や温度、ファンの回転速度を確認することができ、機器によっては各ファンの回転速度を制御して静穏化を図ることもできます。

またそれらのハードウェアに異常がないかの診断を行うこともでき、不具合発生時の原因特定としても利用できます

オーバークロックの設定

少し高度な設定となりますが、オーバークロックの設定を行えます。

ただし消費電力や発熱の増加に繋がったり安定性が低下したりといったデメリットもあるため、オーバークロックを行う際には注意が必要です。

オーバークロックとは

CPUなどのクロック(動作周波数)を定格のものよりも上回る設定にすることで、これにより性能を高めてパフォーマンスを向上させることが期待できます。

BIOSアップデート

マザーボードの種類によってはBIOSのアップデートを行えるものもあります。

BIOSアップデートは新CPUなどの新たなデバイスに対応するために必要なもので、不具合の修正や機能追加などが行われる場合があります。

ただしアップデートに失敗すると最悪パソコンが起動しなくなるといった不具合にも繋がるリスクがあるため、BIOSのアップデートを行う際にも注意が必要です。

BIOSとは:まとめ

今回はBIOSについて、その役割から起動方法、そして具体的な使用例まで解説しました。

パソコンを使用する上で欠かせないプログラムであるBIOSについて理解することで、最適な状態でパソコンを利用できるだけでなくトラブル発生時の対処の幅も広げることができます。

ただしBIOSはパソコンの根幹に関わる部分となるプログラムであるため、扱いを誤ってしまうとパソコン自体が使えなくなるような大きな不具合に繋がるリスクもあります。

そのようなリスクを避けるためにも、BIOSの設定変更が必要な場合はできるだけパソコン修理業者に依頼することをオススメします。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。