Macもウイルス感染する?ウイルスの種類や対処方法を解説!

かない@パソコン博士

「Macはウイルスに強い」とよく言われますが、Macユーザーの皆さんはウイルス対策を実施していますか?

今回はMacのウイルス対策について、「Macはウイルスに強い」説に関する真偽から感染リスクのあるウイルス、セキュリティ対策まで解説します。

Macもウイルス感染する

「Macはウイルスに感染しない」「Macはウイルスに強い」と言われてきましたが、もはや昔の話でありMacもウイルスに感染します
2012年には当時のMacユーザーの1%にあたる60万台ものMacがマルウェアに感染したこともあり、現在もMacの脅威となるマルウェアは多数確認されています。

とはいえ、Macのセキュリティ機能が優れていないというわけではありません。
はじめに現在のMacのセキュリティ機能やウイルス感染の状況について確認しましょう。

Macの現在のセキュリティ機能は?

冒頭ウイルス感染のリスクについて述べましたが、Macのセキュリティ機能に関していえば決して弱いわけではなく、むしろハードウェア、ソフトウェアの両面で安全性が確保されています

データの暗号化やセキュアブート、生体認証など優れたセキュリティ機能を備えたMacのApple M1 Chipを搭載しているほか、OSのセキュリティアップデートも長期間サポートがあります。

またApp Storeのアプリは厳格に審査されており、悪意のあるコードが組み込まれたアプリなどはそもそもダウンロードができない安全な環境作りがなされているといえるでしょう。

MacBookのサポート期間やサポート切れの解決方法や使い道を解説

なぜ「Macはウイルス感染しない」と言われていたか

優れたセキュリティ機能を持つMacですが、Macがウイルス感染しないといわれていた理由は堅牢性というよりそのシェアの低さにありました

現在も依然としてWindowsのシェアが圧倒的ですが、以前はさらにMacのシェアが低くハッカーにとってはMacをターゲットとすることが非効率だったということです。

Macがウイルスに堅牢な設計であることは間違いないですが、シェアの低さからそもそもウイルスに狙われていなかったといえます。

Macは狙われている

ウイルスのターゲットとなっていなかったMacですが、近年では利用者が増えてきたこともありMacを狙ったウイルスも増えています

有名なものとしては2012年の「Flashback」があげられ、この時は冒頭触れたように当時のMacユーザーの1%にあたる60万台ものMacが感染してパスワード盗難などの被害に遭いました。

また近年でも「Silver Sparrow」「Pirri/GoSearch22」「ThiefQuest(別名EvilQuest)」など多数のマルウェアが確認されており、もはやMacの安全神話は崩壊しているといえます。

かない@パソコン博士

Macが狙われ始めた理由として、利用者増加のほかにユーザーのセキュリティリテラシーの低さも指摘されています。

本記事でMacのウイルス・セキュリティ事情について確認し、Macのセキュリティ対策を今一度見直しましょう!

Macを狙うウイルスの種類

Macを狙うウイルスの種類としては、大きくわけて以下の3種類があげられます。

Macを狙う4つのウイルス
  • マルウェア
  • 遠隔操作ウイルス
  • その他の脅威

ウイルス対策(セキュリティ対策)の方法とは?ウイルスの種類や目的も解説!

マルウェア

マルウェアとは「Malicious Software」の略で、悪意あるソフトウェアやプログラムの総称です。
先ほどご紹介した「Flashback」や「Silver Sparrow」もマルウェアであり、Macは多くのマルウェアから狙われています。

悪意あるソフトウェアやプログラムとしては、以下のようなものがあげられます。

マルウェアの種類
  • ワーム
  • トロイの木馬
  • スパイウェア
  • ランサムウェア

ワーム

ワームは自己増殖を行いながら感染を拡大するマルウェアです。

ワームに感染すると大量にメールを送信して感染を拡大させるほか、IDやパスワードなど個人情報を盗む、別のマルウェアをダウンロードするといった被害を発生させます。

トロイの木馬

トロイの木馬はワームと異なり増殖しない一方、一見悪意のないプログラムであるかのように装うマルウェアです。

有用なアプリケーションやプログラムを装ってパソコンに入り込み、個人情報の流出や不正攻撃の踏み台にするなどの被害を発生させます。

スパイウェア

スパイウェアもトロイの木馬のように、ユーザーに気付かれないうちに不正侵入するマルウェアです。

一見有用なプログラムなどにこっそりユーザーデータを収集する機能を搭載し、個人情報の収集や特定のウェブサイトへの誘導などの被害を発生させます。

ランサムウェア

ランサムウェアは「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて作られた名称のマルウェアです。

ランサムウェアに感染するとパソコン内のデータや機能が暗号化されて利用できなくなり、暗号を解除するための身代金を要求されます。

遠隔操作ウイルス

遠隔操作ウイルスは、その名の通り感染したパソコンを遠隔操作するウイルスです。

遠隔操作ウイルスに感染するとパソコンを乗っ取られた状態になり、個人情報の流出やファイル破壊のほか、迷惑メール送信や掲示板への書き込み(犯罪予告など)などの被害に遭います。

その他の脅威

上記以外にも、オンライン銀行詐欺ツールやフィッシング詐欺のような脅威があげられます
オンライン銀行詐欺ツールもフィッシング詐欺ツールも実在の金融機関や企業をなりすまし、ユーザーの情報を盗み取ります。

また、画面上に身に覚えのない会員登録画面と高額な登録料の請求を表示するワンクリック詐欺も脅威としてあげられるでしょう。

Macのセキュリティ対策

Macのセキュリティ対策としては、以下の6つがあげられます。

Macでできる6つのセキュリティ対策
  • 感染の兆候を見逃さない
  • OS、ブラウザを最新の状態に保つ
  • ファイアウォールを設定する
  • FileVault2を有効にする
  • 堅牢なパスワード設定を行う
  • セキュリティソフトを導入する

感染の兆候を見逃さない

ウイルス対策において、感染の兆候を見逃さず早期に対応することは非常に重要です。

Macがウイルスに感染した兆候としては、以下のようなものがあげられます。

Macがウイルス感染した際の兆候
  • 動作が遅い
  • 予期しない動作を行う
  • 心当たりのない広告・ポップアップが出る
  • 心当たりのないアプリケーションがある
  • アプリから管理者パスワードを要求される

OS、ブラウザを最新の状態に保つ

ウイルスの脅威に対抗するためには、OSやブラウザは常に最新の状態に保つようにしましょう

セキュリティ対策は常に脆弱性を狙ったウイルスの発生とその攻撃への対応の繰り返しです。
このためどれだけ早くセキュリティパッチなどを適用してウイルスへ対応できるかが重要となります。

OSやブラウザ、利用しているソフトウェアは自動アップデートに設定するかアップデート情報をこまめにチェックし、常に最新の状態を保ちましょう。

ファイアウォールを設定する

ファイアウォールを設定することで、不正アクセスや不正アプリケーションのダウンロードをブロックできます

ファイアウォールは以下の手順で有効にできます。

ファイアウォールの設定手順
  1. アップルメニューから「システム環境設定」を選択する
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックする
  3. 「ファイアウォール」タブをクリックする
  4. 「ファイアウォールをオンにする」をクリックする

FileVault2を有効にする

FileVault2とは、SSDやHDD内のデータを暗号化するMacの機能です。
FileVault2を有効にすることで起動ディスクへの不正アクセスを防止できるため、盗難や紛失の際にデータが流出するリスクを抑えられます。

FileVault2は以下の手順で有効にできます。

FileVault2の設定手順
  1. アップルメニューから「システム環境設定」を選択する
  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックする
  3. 「FileVault」タブをクリックする
  4. 鍵のマークをクリックし、管理者の名前とパスワードを入力する
  5. 「FileVaultをオンにする」をクリックする

堅牢なパスワード設定を行う

基本的な対策ですが、パスワードの堅牢性はセキュリティ対策において重要です。

パスワードの使い回しを避けることはもちろん、英数字や記号、大文字小文字を織り交ぜるなど複雑なパターンを作成することでパスワードを強化できます。
またログイン時パスワードを設定しておくことで、紛失や盗難の際に中身を見られるリスクを抑えられるでしょう。

セキュリティソフトを導入する

Macにはセキュリティソフト不要論もありますが、ここまで見てきたように今日ではMac多くの脅威に晒されているため、やはりセキュリティソフトの導入は重要です。

セキュリティソフトはセキュリティ対策の要となるため、導入の際は信頼できるものを選ぶようにしましょう。

【2021年最新版】ウイルス対策ソフト5選を徹底比較!価格・機能のほか、選び方や必要性を併せて解説

Macがウイルス感染した時の対応:まとめ

今回はMacのウイルス対策について、「Macはウイルスに強い」説の概要や真偽から脅威となるウイルスの種類やセキュリティ対策まで解説しました。

今日ではMacを狙う多くの脅威が存在するため、Macにもセキュリティ対策は必須といえます。

今回ご紹介したセキュリティ対策である程度堅牢な環境を構築することは可能ですが、より強固なセキュリティを求める場合や自身で対策を行うことが不安な場合はパソコン修理業者のセキュリティサービスを利用することをおすすめします。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。