dynabookが起動しない時の症状別対処法を解説

かない@パソコン博士

画質や音質などの品質に定評があるdynabookですが、起動しなくなって困った経験はありませんか?

今回はdynabookが起動しない場合の症状や原因、対処方法について解説します。

パソコンが起動しない場合の主な原因は3つ

パソコンがさまざまなパーツを搭載する精密機器のため起動しない場合の原因も多岐にわたりますが、dynabookに限らずパソコンが起動しなくなった場合の原因は主に以下3つに分けられます。

パソコンが起動しない場合の主な原因は3つ
  • OSに問題がある場合
  • 外部デバイスに問題がある場合
  • 内部デバイスに問題がある場合

OSに問題がある場合

パソコンが起動しない場合のよくあるパターンの1つに、OSに問題がある場合があげられます。

OSはWindowsやMacなどパソコン操作やアプリ起動などのパソコンの基本的な制御を行うシステムのため、OSに問題がある場合は各アプリやシステムが起動できずパソコンが利用できません

dynabookのロゴが表示された後画面が進まない場合や自動修復画面から進まない場合はOSに問題が発生している可能性が高いと考えられます。

外部デバイスに問題がある場合

外部デバイスとはパソコンに外部から接続している機器を指しますが、起動しないケースで確認すべきものはディスプレイ関連のデバイスです。

パソコンが起動できない場合の代表的な症状として「黒画面(画面が真っ暗)で何も表示されない」ケースがありますが、たとえパソコン自体が起動できていてもディスプレイ本体やケーブルの問題によって映像が出力されず、結果として起動していないと判断している可能性があります

ただしディスプレイ以外にも、マウスやキーボードなどが原因となって実際に起動できなくなっているケースもあります。

内部デバイスに問題がある場合

OSや外部デバイスに問題がない場合に考えられる原因は、内部デバイスの問題です。

内部デバイスとはハードディスクやメモリ、電源やマザーボードなどパソコン内部に接続されたあらゆる機器を指しますが、そのすべてが起動を妨げる原因となる可能性があるため原因は多岐にわたります

これらに対処する場合はエラーメッセージを解読したりパーツを1つずつ交換してみたりと、地道な作業が必要となります。

dynabookが起動しない場合の症状と対処方法

dynabookが起動しない場合の症状としては、以下の5つがあげられます。

dynabookが起動しない場合の症状
  • dynabookのロゴが出ない、画面が真っ暗のまま何も表示されない
  • dynabookのロゴが表示されたまま進まない
  • 黒い画面に白い文字でメッセージが表示される
  • 青い画面(ブルースクリーン)が表示される
  • 「自動修復を開始しています」と表示される

dynabookのロゴが出ない、画面が真っ暗のまま何も表示されない

dynabookのロゴが出ずに画面が真っ暗のまま何も表示されない場合は、以下2つの原因が考えられます。

ロゴが表示されない、画面に何も表示されない場合に考えられる原因
  • 電源やマザーボードに問題がある
  • ディスプレイ関連のデバイスまたは設定に問題がある

このような症状に直面した際は、まずLEDランプの状態を確認しましょう。

LEDランプが消灯しており音もしない場合は通電できていないため、電源やマザーボードの障害の可能性が考えられます。またバッテリーが放電している可能性もあります。

かない@パソコン博士

【対処法】この場合は、電源ケーブルやバッテリーなどを外した状態で放電を行い、再起動してみましょう。

もしLEDランプが点灯または点滅しているにもかかわらず画面が真っ暗な状態であれば、ディスプレイ関連のデバイスや設定に問題があり映像を正しく出力できていない可能性があります。

かない@パソコン博士

【対処法】症状によってはデバイス自体を交換しなければなりませんが、単純に映像の出力先が変わってしまっているだけなら「Fn+F5」キーを何度か押すことで解決する場合もあります。

dynabookのロゴが表示されたまま進まない

dynabookのロゴから画面が進まない場合は、起動ディスクや起動設定に問題がありWindowsが起動できていない可能性があります。
また周辺機器や増設機器に問題がある、あるいは一時的な問題に直面しているだけの可能性もあります。

かない@パソコン博士

【対処法】まず周辺機器や増設機器を取り外した状態で時間を置いて再起動してみましょう。またセーフモード起動やスタートアップ修復も有効です。

この場合メモリが原因となっていることが多く、単純にメモリを抜き差しするだけで改善する場合もあります。

黒い画面に白い文字でメッセージが表示される

黒い画面に白い文字でメッセージが表示される場合は、メッセージによって原因が異なります。

代表的なエラーメッセージの例
  • 「Boot Failure」「Boot Device not found」「No Bootable Device」
  • 「Operating system not found」「Missing operating system」
  • 「PCI Parity Error」「Memory Parity Error」
  • 「Fan Error」「Fan error has occurred」
  • 「Press F1 to Resume」「Strike the F1 Key to continue」

上記はエラーメッセージの一例ですが、「Boot Device」や「Operating system」「Memory」などのパーツ名・システム名が見られるように原因がわかるようになっています

かない@パソコン博士

【対処法】まずはこれらのメッセージに記載されている箇所の確認や取り付け直しを行ってみましょう。
また「Press F1」などと記載がある場合はその通りに操作してみると解決する場合もあります。

一時的な問題が原因となっている場合もあるため、数分間置いて放電してから再起動すると改善する場合もあります。

青い画面(ブルースクリーン)が表示される

青い画面(ブルースクリーン)が表示される場合の原因は、ハードウェア・ソフトウェア、外部メディアや一時的な問題など多岐に渡ります。

かない@パソコン博士

【対処法】原因特定が難しいブルースクリーンですが、まずは外部メディアや周辺機器を取り外した状態で再起動してみましょう。

「自動修復を開始しています」と表示される

「自動修復を開始しています」という画面が表示される場合は、文字通りWindowsの自己修復機能が働いているだけであるため表示自体に問題はありません。

ただしいつまで経っても修復できない場合や自動修復を繰り返す場合は、ソフトウェア・ハードウェアに問題がある、または一時的なエラーに直面している可能性があります。

かない@パソコン博士

【対処法】この場合はセーフモード起動かシステムの復元を実行することで起動できる可能性があります。

東芝ファイルレスキューやトラブルシューティングで解決

起動しない問題への対処方法はさまざま存在しますが、復旧のための手段が実行できないなど解決が難しい場合があります

そのような場合には、以下の2つの方法によって解決できる可能性があります。

それでも解決が難しい場合の対処方法
  • 東芝ファイルレスキューを活用する
  • 強制再起動でWindowsのトラブルシューティングを実行する

東芝ファイルレスキューを活用する

起動しなくなった場合に心配になるのが保存されているデータですが、dynabookには「東芝ファイルレスキュー」と呼ばれるデータ救済ツールが搭載されています

東芝ファイルレスキューの起動手順は以下の通りです。

東芝ファイルレスキューの起動手順
  1. 「トラブルシューティング」を開きます。
  2. 「TOSHIBA Maintenance Utility」を選択します。
  3. 「TOSHIBA File Rescue」を選択します。

強制再起動でWindowsのトラブルシューティングを実行する

dynabookでは以下の手順によって、そのような状況下でもトラブルシューティングを実行することが可能です。

起動しない場合に有効な「セーフモード起動」や「システムの復元」を実行できるWindowsのトラブルシューティングですが、症状によってはトラブルシューティングの起動も難しい場合があります。

dynabookのセーフモード起動手順
  1. 電源を長押しして強制的に電源を落とします。
  2. 電源を押した後、dynabookのロゴが表示される前に「0」キーを数回押します。
    (テンキーの「0」ではなくキーボード上の「0」)
  3. 「HDDリカバリーをスタートします。」などの表示が出るため、[はい]を選択します。
  4. 「キーボードレイアウトの選択」画面が表示される場合は、「Microsoft IME」を選択します。
  5. 「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」が選択できます。

dynabookが起動しない対処法:まとめ

今回はdynabookが起動しない問題について、症状や原因、対処方法まで解説しました。

Windowsが起動できない場合は復旧・解決のためのツールなども利用できなくなってしまうことがありますが、dynabookはそのような状況にも対応できるような機能が搭載されています。

それらの機能によって対応手段は増えますが、それでも解決が難しい場合はパソコン修理業者に依頼することをおすすめします。

パソコン博士のおすすめは
ドクター・ホームネットです!
ドクター・ホームネットは
全国訪問サポートシェアNo.1

年中無休・全都道府県対応!
年間サポート実績16万件突破!

パソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネットログインができないWindows・Macのロゴから進めない英文字が表示されるなどの起動トラブルを迅速に解決してくれます。

起動しない主な原因
パソコン修理の特徴
  • 内部部品の故障
  • システムの故障
  • モニターの故障
  • アップデートの失敗
  • データを保護した安心修理
  • 全機種・全メーカー対応
  • Macの起動トラブルも対応可
  • 日本全国・即日駆けつけ

ドクター・ホームネット事前見積もりを徹底し、大切なデータを保護(復元も可能)した上で「起動しない」トラブルをしっかりと解決してくれます。

ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。