Macの使い方とは?ショートカットキーやトラックパッド操作方法、Windowsとの違いを解説

かない@パソコン博士

新しくMacを買ったものの、使い方や操作方法にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

本記事ではMacの使い方について、基本操作やショートカットキー、アプリなどさまざまな角度から解説します。

MacとWindowsの違いや、Macが故障した場合の対処法も紹介するため、WindowsからMacに乗り換えた方や、Macの操作にお悩みの方はぜひご覧ください。

MacとWindowsの違い

MacとWindowsの違い

MacとWindowsには、大まかに以下のような違いがあります。

MacとWindowsの違い
  • ボタン配置やエリアなどの名称
  • マウス・キーボードなどの操作性

ボタン配置やエリアなどの名称

MacとWindowsとでは、以下のようにボタンの配置やエリアの名称が異なります。

WindowsMac
シャットダウンなどを行う
メニューボタンの位置
デスクトップ画面の左下
(Windowsのロゴ)
デスクトップ画面の左上
(Appleのロゴ)
よく使用するアプリなどが
表示されているエリアの名称
タスクバーDock
ファイルマネージャーの名称エクスプローラーFinder

Windowsの場合は、画面左下にあるWindowsロゴのスタートボタンからシャットダウンや環境設定などを行いますが、Macの場合は左上にあるアップルメニュー(Appleロゴのボタン)から行います。

そしてWindowsでは「タスクバー」や「エクスプローラー」と呼ばれていたものが、Macでは「Dock」や「Finder」となっています

マウス・キーボードなどの操作性

MacとWindowsでは、マウスの操作性や・キーボードの配列も異なります。

Macの場合、使用するマウスによっては右クリック用のボタンがなく、右クリックの操作を行うためにはキーボードの「control」を押しながらクリックしなければなりません。

またマウスでスクロール操作を行う際も、Windowsの場合はホイールを手前に回転させることで下へスクロールしますが、Macの場合はホイールを手前に回すと上へスクロールします。

そしてキーボードについて、Windowsには「Back Space」や「Ctrl」「Alt」といったキーがありますが、Macにはありません。

「Back Space」や「Ctrl」などの操作を行いたい場合は、それぞれ以下のキーを使用しましょう。

Windowsの場合Macの場合
Back Spacedelete
Ctrlcommand
Altoption

Macの使い方【基本操作編】

Macの使い方【基本操作編】

ここでは、Macの基本的な使い方や操作方法を紹介します。

Macの使い方【基本操作編】
  • 各種設定
  • トラックパッド
  • バックアップ

各種設定

Macにおけるさまざまな設定は、アップルメニューから変更できます。

アップルメニューを開くためには、デスクトップ画面の左上にあるAppleのロゴボタンをクリックします。

アップルメニューからは、システム環境設定やネットワーク環境の確認、再起動、強制終了などの操作が可能です。

システム環境設定からは、デスクトップ画面の設定やトラックパッド・マウスなどの設定も変更できるため、使いやすいようにカスタマイズしましょう。

トラックパッド

トラックパッドとは主にMacBookに搭載されているものであり、マウスの代わりに使用します。

標準搭載されているもの以外にも、無線接続できる「マジックトラックパッド」という製品もあります。

トラックパッドの主な使い方は、以下の通りです。

トラックパッドでの操作Mac上での動作
1本指でタップクリック
2本指でタップ右クリック
2本指でダブルタップWebページなどを拡大
2本指を上下にスライド画面のスクロール
2本指で右端から左にスワイプ通知センターを開く
2本指で広げたり狭めたりする画面の拡大・縮小
3本指と親指を広げるデスクトップを表示
3本指と親指を狭めるLaunchpadを表示

トラックパッドの操作設定はカスタマイズできるため、必要に応じて設定画面から変更しましょう。

トラックパッドの設定画面を開く手順は、以下の通りです。

トラックパッド設定画面の開き方
  1. アップルメニュー(Appleのロゴボタン)をクリックし「システム環境設定」を選択
  2. システム環境設定画面にて「トラックパッド」をクリック

バックアップ

Macのデータをバックアップするための方法は、主に以下の3つです。

  • Time Machineを使用する
  • iCloudにバックアップする
  • クラウドストレージにデータを保管する

Time Machineとは、Macに標準で搭載されているバックアップ機能であり、画像や音楽、システムファイルなどすべてのデータをバックアップできます。

詳しいバックアップ手順は、以下の記事にて解説しています。

Macのデータが消えた?データ復元とバックアップ方法を解説!

Macの使い方【ショートカットキー編】

Macの使い方【ショートカットキー編】

Macに用意されている、主なショートカットキーを紹介します。

活用することで作業の効率化が期待できるため、ぜひ参考にしてください。

ショートカットキーMac上の動作
command + A全選択
command + Cコピー
command + X切り取り(カット)
command + V貼り付け(ペースト)
command + Z直前の操作の取り消し
command + Y取り消した操作を復元
command + Wウインドウを閉じる
command + QAppの終了
command + S操作中のファイルを保存
command + F検索
command + M最前面のウインドウを最小化
command + T新規タブを開く
command + Tabアプリやウインドウの切り替え
command + Deleteファイルの削除
shift + command + N新規フォルダの作成
control + command + Q画面をロック
shift + command + 3スクリーンショット
option + command + escAppの強制終了
option + command + 電源ボタンMacをスリープ状態にする

Macの使い方【アプリ・機能編】

Macの使い方【アプリ・機能編】

ここではMac特有のアプリ・機能である、FinderとDockの使い方について解説します。

  • Finderの使い方・ショートカットキー
  • Dockの使い方

Finderの使い方

Finderの使い方
【引用】Apple

FinderとはMacに標準で搭載されているアプリであり、ファイルやフォルダの操作・削除・管理などができます。

Macの起動と同時にFinderも起動され、基本的にはDock(デスクトップ画面の下にあるバー)の一番左にアイコンが表示されています。

基本的な使い方としては、ファイルやフォルダをダブルクリックをすることで項目を開くことができます。

ファイルやフォルダを右クリックするとメニューを表示でき、そこからコピーや削除、ファイル名の変更などもできます。

そして画面の左上にある「<」や「>」をクリックすると前後の階層への移動が可能です。

Finderで使用できるショートカットキー

Finderでは以下のようなショートカットキーが使用できるため、必要に応じて活用しましょう。

ショートカットキーMac上の動作
command + D選択したファイルの複製
command + FFinder内を検索
command + I選択したファイルの情報を表示
shift + command + D「デスクトップ」フォルダを表示
option + command + L「ダウンロード」フォルダを表示
command + ↓選択したファイル・フォルダを開く
command + delete選択したファイル・フォルダを削除
shift + command + deleteゴミ箱を空にする
option + ドラッグドラッグした項目をコピー

Dockの使い方

Dockの使い方
【引用】Apple

DockはWindowsにおけるタスクバーのような機能で、起動中のアプリやよく使用するアプリとして登録しているアプリなどが表示されています。

Dock内の項目をカスタマイズする際の操作方法は、以下の通りです。

  • 追加:Dock内にアプリをドラッグ
  • 並べ替え:アプリをDock内でドラッグ&ドロップ
  • 削除:削除したいアプリをDockの外にドラッグし、「削除」と表示されたら放す

また以下の手順によりDockの設定画面を表示できるため、必要に応じてDockのサイズ変更や表示位置の変更などを行いましょう

Dock設定画面の開き方
  1. アップルメニュー(Appleのロゴボタン)をクリックし「システム環境設定」を選択
  2. システム環境設定画面にて「Dock」をクリック

Macに不具合・故障が発生した場合の対処法

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット

Macを使用していて故障や不具合が出ていると感じた場合は、ドクター・ホームネットなどのパソコン修理業者に相談することをおすすめします。

不具合を放置しておくと、Macが起動しなくなったりデータが消えたりする可能性があるためです。

特にMacを中古で購入している場合は、経年劣化による故障が発生しやすいため注意が必要です。

「Macが重い」「フリーズした」「起動しない」などのトラブルは自力で解決できる可能性もあるため、以下の記事も参考にしてください。

Macがフリーズした時の対処方法とは?強制終了や再起動の操作方法も解説

【Mac版】起動しなくなった時のデータ取出方法を解説

Macのブル―スクリーン

Macが重い!原因や対処方法を画像付きで解説

まとめ

Macには独自のアプリや機能、ショートカットキー、操作方法があります。

アップルメニューやシステム環境設定からは、Macのさまざまな設定を変更できるため、ご自身が使いやすいようにカスタマイズしましょう。

Macを使用していて故障や不具合が疑われる場合は、パソコン修理業者への相談をおすすめします。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。