Windows 11 アップデートへの事前準備を解説!PCスペック確認ツールや販売店一覧も

かない@パソコン博士

Windows 11 へのアップデートを検討している方も多いと思います。

本記事では、Windows 11 にアップデートするために必要なシステム要件や、無償アップデートなどについて解説します。

システム要件を満たせていない場合の対処方法や、Windows 11 にアップデートする際の事前準備についても説明するため、ぜひ参考にしてください。

2021年9月6日の最新情報を更新しております。

Windows 11 とは

Windows11とは
【引用】Microsoft

Windows11とはMicrosoftが発表した新しいOSであり、2021年10月5日(火)から提供が開始されます。

Windows 11 ではさまざまな機能の追加・強化に加えて、デスクトップ画面のデザインなども変更されます。

追加される機能には「スナップ機能」や「ウィジェット機能」などがあり、ゲーム向けの機能も強化されます。

また、Androidアプリの使用が可能となり、Microsoft Teamsも標準で搭載されるようになるため、パソコンの活用の幅が広がるでしょう。

2021年10月5日(火)の提供開始には、Androidアプリの使用は開始されません。

主に機能面やデザイン面において、Windows10よりも強化されている部分が多いものの、その分Windows 11 に必要となるパソコンスペックもやや上がっています。

Windows 11 の概要については、以下の記事にて詳しく解説しています。

Windows 11 が登場!新機能や無償アップグレードの情報を解説【2021年最新】

Windows 10 のサポートについて

Windows 10 のサポートは2025年10月14日まで継続されるため、Windows 11 のリリース後も今まで通り使い続けることが可能です。

2021年10月5日(火)に提供が開始されたあと、すぐにWindows 11 へアップデートする必要はないため、落ち着いて準備を進めましょう。

Windows 11 への無償アップデートは可能?

Windows11への無償アップデートは可能?

Windows 11 をインストールするためには、Microsoftが定めるシステム要件を満たしている必要があります。

ご自身のパソコンがWindows 11 に必要なシステム要件を満たしていれば、無償でのアップデートが可能です。

Windows 11 へのアップデートに必要なシステム要件は、以下の通りです。

対象必要な最小要件
プロセッサ1ギガヘルツ (GHz) 以上で 2コア以上の64ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ4GB
ストレージ64GB以上
システムファームウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMトラステッドプラットフォームモジュール (TPM)バージョン 2.0
グラフィックスカードDirectX 12 以上(WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
【参考】Microsoft

上記以外にも、使用する機能によって固有の要件が設けられているため、公式サイトもあわせて確認しましょう。
【参考】Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件について

Windows 11 へのアップデートができるかを確認する方法

Microsoftが提供している互換性チェックアプリ、「PC Health Check」を使用することで、ご自身のパソコンがWindows 11 に必要な要件を満たしているかを確認できます。

9月上旬時点は「準備中」とされています

Windows11へのアップデートができるかを確認する方法
【引用】Microsoft

Windowsの公式ブログによると「準備が十分に整っていなかった」とされており、チェックアプリを一時的に削除しているとの記載があります。

2021年10月5日(火)の提供日に合わせて、リニューアルされ、再び公開されるのは2021年9月と予想されています。それまではご自身でパソコンスペックのチェックを行い、アップデートへの準備を進めておくと良いでしょう。

システム要件を満たせていない場合の対処方法

ご自身のパソコンがWindows 11 に必要な要件を満たせていない場合の対処方法は、以下の2つです。

  • Windows 10 のパソコンを使い続ける
  • Windows 11 に対応しているパソコンに買い替える

Windows11のリリース後もWindows10のサポートは継続されるため、そのまま使い続けることもできます

どうしてもWindows 11 を使用したい場合は、システム要件を満たせるパソコンや、Windows 11 が搭載されているパソコンを購入する必要があります。

Windows 11 に対応したパソコンを購入できる販売店の一例
  • Amazon
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機 など

Windows 11 を搭載したパソコンについては、2021年後半から発売予定とされています。

Windows 11 アップデートが可能な機種15選

2021年10月5日にWindows 11 にアップデートが可能なパソコン機種が発表されています。

Windows 11 アップデート可能な15機種
  • Acer Swift 5
  • Acer Swift X
  • Asus Zenbook Flip 13 OLED
  • Asus Zenbook 14
  • Alienware X15
  • Alienware X17
  • Dell XPS 13
  • HP Spectre x360 14
  • HP Envy x360 15
  • Lenovo Yoga 7
  • Lenovo Yoga Slim 7i Pro
  • Samsung Galaxy Book Pro
  • Samsung Galaxy Book Pro 360
  • Surface Pro 7
  • Surface Laptop 4

【参考】Windows 11 available on October 5

Windows 11 にアップデートする際の事前準備

Windows11にアップデートする際の事前準備

Windows 11 へのアップデートを行う前には、以下のような準備を行っておくと良いでしょう。

Windows 11 にアップデートする際の事前準備
  • Microsoftアカウントを取得しておく
  • データのバックアップを取る
  • ログイン情報(IDやパスワード)をひかえる
  • 作業時間を確保する
  • ストレージの空き容量を確保する
  • ウイルス対策ソフトを無効にする

Microsoftアカウントを取得しておく

Windows 11 にアップデートする前には、可能であればMicrosoftアカウントを取得しておきましょう。

Windows 11 の一部機能を利用するためには、Microsoftアカウントが必要となる場合があるためです。

また、「Windows 11 Home Edition」というエディションをセットアップするためには、Microsoftアカウントが必須となります。

Windows 11 をスムーズに使用するためにも、Microsoftアカウントは事前に取得しておくと良いでしょう。

データのバックアップを取る

Windows 11 へのアップデートが必ずしも成功するとは限らないため、アップデートする前にはデータのバックアップを取っておきましょう。

アップデートに失敗すると、一部もしくはすべてのデータが消えてしまう可能性があります。

バックアップの方法として、外付けHDDやSSDを使用する方法が主流ではありますが、Googleドライブなどのクラウドストレージサービスを利用する方法もあります。

バックアップする方法については、以下の記事にて詳しく解説しています。

パソコンでバックアップをとる方法とは?データのバックアップに必要な機器等まとめ【Windows10版】

パソコンのバックアップをクラウドに保存する方法は?クラウドの意味や種類も解説!

ログイン情報(IDやパスワード)をひかえる

Windows 11 へのアップデートにより、ブラウザやアプリなどのログイン情報がリセットされる可能性もあるため、IDやパスワードをひかえておくようにしましょう

特に、普段Webアプリやインターネットショッピングサイトなどを利用する際に自動ログインを行っている場合は、パスワードを忘れてしまっている可能性が高いため注意が必要です。

作業時間を確保する

Windows 11 へのアップデートには長時間かかる場合もあるため、作業時間を確保して行うことをおすすめします。

アップデートにかかる時間はパソコンのスペックによっても異なりますが、過去にWindows 10 へのアップデートでは、12時間以上かかったというケースもあります

また、アップデート中には画面上での操作を求められることもあるため、可能であれば外出中ではなくパソコンを操作できる時に行うと良いでしょう。

ストレージの空き容量を確保する

内部ストレージの空き容量が少ないとアップデートに失敗していまう可能性があるため、事前にストレージの空き容量を確保する必要があります。

さらに、空き容量が少ないとパソコンの動作が遅くなることもあるため、アップデート完了までに長い時間がかかる可能性もあります。

Windows 11 のインストールに必要な要件にも、「64GB以上のストレージが必要」とあるように最低でも64GB以上の空きは確保しておきましょう。

ウイルス対策ソフトを無効にする

Windows 11 にアップデートする際は、可能であればウイルス対策ソフトを無効にしておきましょう。

ウイルス対策ソフトが有効な状態だと、ソフトがアップデートファイルを有害なシステムだと認識し、アップデートを妨げてしまう可能性があります。

そのためアップデート時にはソフトを無効にし、アップデート完了後に再度インストールし直すことをおすすめします。

Windows 11 へのアップデート:まとめ

Windows10からWindows 11 には、必要なシステム要件を満たしていれば無償でアップデートできます。

ご自身のパソコンが必要な要件を満たせていない場合は、Windows10をそのまま使い続けるか、新しくパソコンを買い替える必要があります。

Windows 11 へのアップデートを行う前には、データのバックアップやストレージの空き容量の確保などの事前準備を行っておきましょう。

Windows 11 へのアップデートに失敗した場合や、パソコンに不具合を感じる場合は、パソコン修理業者に相談することをおすすめします。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。