マザーボード修理のコンデンサ交換の方法や交換費用を解説

かない@パソコン博士

マザーボードの主な修理箇所である「コンデンサ」の交換方法をお探しではありませんか?

電流の安定化など重要な役割を持つコンデンサですが、寿命や容量抜けなどの劣化などマザーボードで最もトラブルが起きるパーツでもあります。

今回はマザーボードのコンデンサについて、具体的な交換方法や交換時に必要な道具、またタイミングや危険性などコンデンサ交換のよくある質問を解説・回答します。

本記事はこんな方におすすめです
  • コンデンサを交換する方法を知りたい
  • 自分でコンデンサを交換する際の手順や必要な道具を知りたい
  • コンデンサ交換のタイミングや危険性を知りたい

コンデンサを交換する3つの方法

コンデンサを交換する3つの方法

コンデンサの交換方法としては、以下3つの方法があげられます。

かない@パソコン博士

コンデンサを自分で交換する具体的な方法については、後ほど「自分でコンデンサ交換をおこなう方法」で解説します。

自分でコンデンサ交換をおこなう

1つ目の方法は、自分でコンデンサを交換する方法です。

コンデンサを自分で交換する方法には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
デメリット
  • 修理費用を抑えられる
  • 専門知識や技術・道具が必要
  • 失敗時のリスクが大きい

コンデンサは非常に安価であり、1個数十円~100円程度で購入できます。

ただし一方で、はんだごてなどの道具やはんだづけの知識が必要である点には注意しましょう。

コンデンサ交換の失敗時リスクとは?

失敗時の具体的なリスクとしては、他のパーツを破損させてしまうことが考えられます。

データ消失や起動不良、最悪の場合はパソコンを買い替えなければならなくなる可能性もあるため注意しましょう。

メーカーに交換を依頼する

2つ目の方法は、メーカーに交換を依頼する方法です。

メーカーに交換を依頼する方法には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
デメリット
  • プロの技術で安全・安心
  • 純正パーツで修理してもらえる
  • 作業料金がかかる
  • データの保証がない

メーカーの場合は純正パーツを使用して、確実に修理してもらえます。

ただし保証が適用されない場合は交換費用が高くなるほか、一般的に修理時にデータは消去される点には注意が必要です。

メーカーにコンデンサ交換を依頼した場合の相場は?

メーカーに依頼した場合、修理料金は50,000~60,000円程度です。

一般的にコンデンサ交換のみのサービスはなく、マザーボードの交換となります。

パソコン修理業者に交換を依頼する

3つ目の方法は、パソコン修理業者に交換依頼する方法です。

パソコン修理業者に交換を依頼する方法には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
デメリット
  • プロの技術で安全・安心
  • 修理できる範囲が広い
  • 作業料金がかかる

実績の豊富な修理業者であればメーカーと変わらない技術力で修理してもらえるほか、保障切れの古いパソコンや自作パソコンにも対応してもらえます。

自分で交換する際と比べるとどうしても修理料金はかかってしまいますが、基本料金やパーツ代を含めて一般的に30,000円~程度となっておりメーカー修理よりは安価です。

マザーボードの交換・修理におすすめなパソコン修理業者比較3選

自分でコンデンサ交換をおこなう方法

自分でコンデンサ交換をおこなう方法

自分でコンデンサ交換をおこなう場合のために、以下の2点を解説します。

自分でコンデンサ交換をおこなう方法

コンデンサ交換に必要な道具

コンデンサ交換をおこなう際は、主に以下の道具が必要です。

コンデンサ交換に必要な道具
  • はんだごて(40~50W程度のもの)
    コンデンサの取り外し/取り付けに使用します。
  • はんだ吸い取り線(またははんだ吸取器)
    不要なはんだの除去に使用します。
  • はんだ
    新しいコンデンサの取り付けに使用します。
  • ニッパー
    コンデンサの不要な端子をカットする際に使用します。
  • ブレーキクリーナー
    コンデンサ交換後に周りの汚れを除去するために使用します。
  • 交換用の電解コンデンサ
かない@パソコン博士

ほとんどの道具はホームセンターなどで入手できますが、交換用の電解コンデンサは電気店などで購入する必要があります。

コンデンサの交換手順

かない@パソコン博士

コンデンサの具体的な交換手順は以下のとおりです。

ニッパーを使って古いコンデンサの端子をカットします。

除去した端子が飛んで目に入らないように注意しましょう。

古いコンデンサの端子上にはんだ吸取り線を置き、はんだごてではんだを吸い取りながらコンデンサを取り外します。

はんだを持つ手と反対の手(またはプライヤーなど)で、コンデンサを引っ張るように持ちます。
またコンデンサには正しい向きがあるため、外す前に写真を撮るなどしてはんだが取り付けてある向きを確認しておきましょう。

スルーホール(コンデンサが刺さっていた穴)の中に残っているはんだを除去します。
②で確認した向きと同じ向きで、交換用の新しいコンデンサをはんだ付けします。

はんだに過不足があると動作不良の原因となるため注意しましょう。

①でおこなったように、ニッパーを使って新しいコンデンサの端子をカットします。

端子を十分にカットしないとショートの原因となるため、かならずカットが必要です。

ブレーキクリーナーを使って、コンデンサの周りの汚れを除去します。

人体への影響も考慮し、ブレーキクリーナーは火気のない風通しの良い場所で使用しましょう。

コンデンサ交換を自分でおこなう際はあくまでも自己責任で!

コンデンサ交換は専門的な技術や道具が求められる作業であり、それらが不十分な状態でおこなうことはパソコンの破損や人体への悪影響などのリスクがあります。

コンデンサ交換を自分でおこなう場合は、それらの知識や技術、道具を身にけた上であくまでも自己責任でおこないましょう。

マザーボードのコンデンサ修理に関するよくある質問

マザーボードのコンデンサ修理に関するよくある質問

最後にマザーボードのコンデンサ修理に関するよくある質問として、以下4つに回答します。

コンデンサ交換のタイミングは?

パソコンを空けて確認できるコンデンサ交換のタイミングとしては、以下のものがあげられます。

外観上確認できるコンデンサ交換のタイミング
  • コンデンサが膨張している
  • コンデンサ上部の切り込みが開いている
  • コンデンサの中身(電解液)が漏れ出している
かない@パソコン博士

これらのほかに、容量抜け(静電容量の低下)が起きている場合もコンデンサ交換のタイミングです。

容量抜けは、テスターと呼ばれる計測器があれば確認できます。

コンデンサの寿命はどれくらい?

コンデンサの寿命は、一般的に3~10年程度といわれています。

3~10年というと幅がありますが、コンデンサ自体の質やパソコンの使用環境・使用時間によって寿命は変動します

コンデンサを長く使うコツは?

コンデンサは使用時間が限られているため、24時間パソコンをつけっぱなしにするなどハードな使い方をしないことが寿命を延ばすコツの1つです。

ま温度変化にも弱いため、パソコンの温度が極端に高温や低温にならないように注意しましょう。

コンデンサ交換・マザーボード修理を自分でおこなうことは危険?

これまでもお話してきた通り、コンデンサ交換やマザーボード修理を自分でおこなうことはリスクが大きいです。

十分な知識や技術がないままおこなってしまうとパーツ破損など更なるパソコン故障につながるリスクがあるだけでなく、ケガなどの人体への影響リスクも考えられるためです。

パソコン知識があることに加えてはんだの知識や技術がない限りは、パソコン修理業者などに交換を依頼することをおすすめします。

おすすめのコンデンサ交換サービスは?

今回3つの交換方法についてお話しましたが、最もおすすめは「パソコン修理業者に交換を依頼する」方法です。

コンデンサ交換は自分でおこなうことは難しくリスクがありメーカー修理は非常に高額になる上データ保証などサービスが柔軟でないためです。

パソコン修理業者の中でもおすすめの業者は、技術力や実績に定評のある業界大手のドクター・ホームネットです。

マザーボードの修理実績も豊富であり、16,500円という作業料金でマザーボード交換修理を提供しています。

ドクター・ホームネットの特徴
  • データを消さずに修理する技術力
  • 最短即日・年中無休の対応力
  • ユーザーからの口コミや評判が多い安心感
  • 有料訪問サポート利用率No,1、年間14万件の豊富な実績
かない@パソコン博士

24時間いつでもウェブ受付をおこなっているため、マザーボード故障でお困りの方は一度相談してみましょう。

ドクター・ホームネット
どっちがおすすめ?「パソコン修理業者」VS「はんだ付け代行サービス」

メーカーやパソコン修理業者以外に、はんだ付け代行を専門とした業者も存在します。

場合によってはパソコン修理業者よりも安いこともありますが、パソコントラブルは診断時にパソコンのほかの故障箇所が見つかることもあります

上記を踏まえると、パソコン修理の一環としてコンデンサ交換をおこなう場合はパソコン修理業者に依頼した方が良いでしょう。

コンデンサの交換方法:まとめ

今回はマザーボードのコンデンサについて、具体的な交換方法や交換時に必要な道具、またタイミングや危険性などコンデンサ交換のよくある質問を解説・回答しました。

コンデンサ交換は自分でおこなうと非常に安価に済ませられますが、難しさやリスクを考慮するとパソコン修理業者へ依頼する方法がおすすめです。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。