「インターネットアクセスなし」の表示が出る原因とは?パソコン・ルーター・回線の各対処法を解説

パソコンをインターネットに接続している際に、突然インターネットに繋がらなくなったことはありませんか?
原因を探るためにネットワーク接続アイコンをクリック、またはポイントすると、「インターネットアクセスなし」や「インターネットなし」、「未接続」と表示されることがあります。
このようなメッセージが表示されている場合、問題を解決するまでインターネットに接続することができません。

今回は、パソコンで「インターネットアクセスなし」などのメッセージが表示される原因と、その対処法について解説します。

「インターネットアクセスなし」と表示される原因

パソコンで「インターネットアクセスなし」の表示が出た場合、対処する前にまずは問題となる箇所を特定する必要があります。
問題箇所別の「インターネットアクセスなし」の原因は次のとおりです。

パソコンの問題
  • 帯電
  • 物理的な損傷
  • ウイルス感染
  • ネットワーク設定のミス
  • セキュリティソフトの問題
ルーターの問題
  • ルーターの不具合
  • LANケーブルの問題(有線LAN)
インターネット回線の問題
  • 通信障害の発生
  • サービスの停止

以下、それぞれの原因を詳しく説明します。

「インターネットアクセスなし」と表示される原因

帯電

パソコン本体に電気が溜まっていると、正常にインターネットに接続できなくなる場合があります。
パソコン内部は埃が溜まりやすく、溜まった埃が静電気を発生させてしまいます。
静電気は数千ボルトの高い電圧に達することもあるため、パソコン内部に静電気を溜めないよう注意が必要です。

物理的な損傷

水没や落下などの物理的損傷がパソコンに大きな障害を与え、インターネット接続ができなくなる場合があります。

ウイルス感染

迷惑メールの添付ファイルの開封時やインターネットの閲覧時などに、ウイルスに感染する場合があります。
ウイルスに感染すると、インターネット接続のみならず、パソコンにあらゆるトラブルを引き起こします。

ネットワーク設定のミス

パソコンのネットワーク設定自体を間違えていると、インターネットに接続できません。
ネットワーク接続を無効にしている、無線LANで接続している場合はWi-Fiの接続先(SSIDの選択)を間違えているなどの可能性があります。

セキュリティソフトの問題

セキュリティソフトが不具合を起こしている場合も、インターネット接続に影響を与えることがあります。

セキュリティソフトの問題

ルーターの不具合

ルーター(複数の機器をネットに繋ぐ装置)そのものが故障すると、インターネットに繋がらなくなります。
また、ファームウェアやネットワークアダプタのドライバの不具合などにより未接続となることもあります。

ルーターの不具合

LANケーブルの問題(有線LAN)

有線LANでインターネットに接続するには、ルーターやモデムとのケーブル接続が必要です。
ケーブルがきちんとポートに挿し込まれていない、接触不良や断線を起こしているなどの問題があると、インターネットに繋がりません。
LANケーブルが不具合を起こしている場合は、ほかのケーブルに交換してみて接続が改善されるか確認してみましょう。

LANケーブルの問題(有線LAN)

通信障害の発生

インターネットに接続するには、回線事業者とプロバイダーが提供するサービスの契約が必要です。

回線事業者やプロバイダで障害が起きたり、工事を行ったりしている場合は、インターネットに接続できない現象が発生します。
「インターネットアクセスなし」と表示されたら、復旧するまで待つ必要があります。

サービスの停止

インターネット接続の利用料の滞納や、利用規約違反などを起こすと、回線事業者やプロバイダ側からサービスの利用を停止されます。
当然、インターネットに接続できなくなります。

「インターネットアクセスなし」表示の対処法【パソコン】

パソコンで「インターネットアクセスなし」と表示された場合は、状況に合わせて以下の対処法を試してみてください。
まずは、原因がパソコンの問題である場合の解決法をお伝えします。

  • パソコンの放電
  • セキュリティソフトの一時停止
  • ウイルススキャンの実行
  • ネットワーク設定の確認
  • ドライバの更新
  • パソコンの再起動
「インターネットアクセスなし」表示の対処法【パソコン】

パソコンの放電

パソコンに溜まった電気を放出することで、インターネット接続の問題が改善される場合があります。

  1. 電源が切れた状態でACアダプタと電源ケーブル、バッテリーや周辺機器など、すべての接続をパソコンから取り外します。
  2. 5分以上放置して、再度ケーブルやバッテリーなどを取り付けます。
  3. パソコンを起動し、インターネットに接続できれば完了です。

セキュリティソフトの一時停止

セキュリティソフトには、危険な通信を遮断して情報漏洩を防ぐために、常にインターネット通信を監視しているファイアウォール機能が付いています。
このファイアウォールの設定が原因で、インターネットに繋がらなくなることがあるようです。

セキュリティソフトの管理画面を開き、ファイアウォール機能を一時的に無効に設定して、状況が改善されるか確認してみましょう。

セキュリティソフトの操作方法は、使用しているセキュリティソフトのメーカーの公式サイトなどで確認できます。

ウイルススキャンの実行

パソコンがウイルスに感染すると、インターネット回線の切断などの動作異常を引き起こします。
ウイルス感染が疑われる場合は、使用しているセキュリティソフトですぐにウイルススキャンを実行してみましょう。ウイルスに感染していた場合は、画面に表示される指示に従ってウイルス駆除を実行してください。

ネットワーク設定の確認

インターネット接続が無効になっていることから、「インターネットアクセスなし」と表示されるのかもしれません。
以下の手順で設定を確認してみてください。

  1. Windowsロゴをクリックし、設定をクリックします。
    ネットワーク設定の確認-1
  2. 設定画面が表示されたら、「ネットワークとインターネット」をクリックします。
    ネットワーク設定の確認-2
  3. 「ネットワークとインターネット」画面が表示されたら、左のメニューの中から「Wi-Fi」をクリックし、右側の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
    ネットワーク設定の確認-3
  4. 「ネットワーク接続」画面が表示されたら、繋がらないネットワークを確認します。
    ※ここでは「Wi-Fi」で説明していますが、有線接続の場合は「イーサネット」アイコンを選んで手順を実行してください。
    ネットワーク設定の確認-4
  5. 接続したいネットワークを右クリックし、一覧の中から「有効にする」をクリックします。
    ネットワーク設定の確認-5
  6. 「Wi-Fi」の下にネットワーク名が表示され、ネットワークアイコンの下の「×」が消えていれば完了です。
    ネットワーク設定の確認-6

ネットワーク接続画面でインターネットに繋がっていないと判断できるケース

・「Wi-Fi」の下に「無効」または「接続されていません」と表示されている場合
・ネットワークアイコンの下に「×」印が表示されている場合

ドライバの更新

ネットワークアダプタのドライバを更新することで、問題が改善される場合があります。

  1. Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「デバイスマネージャー」をクリックします。
    ドライバの更新-1
  2. デバイスマネージャー画面が表示されたら、「ネットワークアダプター」横の「>」をクリックすると、ドライバーの一覧が表示します。
    ドライバの更新-2
  3. 更新するドライバーを選択し、右クリックすると表示される一覧から「ドライバーの更新」をクリックします。
    ドライバの更新-3
  4. 「ドライバーの更新」画面が表示されたら、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。
    ドライバの更新-4
  5. メッセージが表示されたら、そのまましばらく待ちます。
    ドライバの更新-5
  6. 「ドライバーが正常に更新されました」と表示されたら、「閉じる」をクリックすれば終了です。
    ドライバの更新-6

パソコンの再起動

「インターネットアクセスなし」と表示される原因が分からない場合、一度パソコンを再起動してみましょう。
パソコンを再起動することで、インターネットに接続できるようになる場合があります。

  1. Windowsロゴキーをクリックし、電源マークを右クリックします。
  2. 一覧の中から再起動をクリックすれば終了です。
    パソコンの再起動

「インターネットアクセスなし」の対処法【ルーター】

ルーターに問題が発生して「インターネットアクセスなし」と表示されている場合、以下の対処法を試してみてください。

  • ルーターの再起動
  • ルーターの設定確認
「インターネットアクセスなし」の対処法【ルーター】

ルーターの再起動

ルーターを再起動することで、「インターネットアクセスなし」の表示が消えることもあります。

  1. ルーターの電源を切ります。
  2. そのまま10秒ほど放置し、再度電源を入れます。

電源ボタンが付いていないモデルのルーターを使用している場合や、ルーターに搭載されているリセットボタンを押しても問題が改善されない場合は、電源プラグの抜き差しを行うことで再起動を実行しましょう。
電源プラグを抜いたあと30秒ほど放置し、再度電源プラグを差し込めば完了です。

ルーターの再起動
引用:BUFFALO

ルーターの設定確認

「インターネットアクセスなし」の表示が現れた場合は、ルーターの設定画面にアクセスすることで、正常に接続されているか確認できます。
ルーターのランプの点灯でも判断できますが、設定画面でより詳しい内容を確認できます。

ブラウザのアドレスバーにメーカーが公開しているIPアドレス(※)を入力すると、設定画面が表示されます。
ルーターの設定画面が表示されると、ルーターとパソコン間は接続されていることが分かるため、ONUとルーター間、もしくはONUに問題が生じていると判断できます。
ONUに問題が生じている場合は、回線事業者の対応が必要です。

IPアドレスとは

「192.168.XX.1」のように、4つに区切られた数字の塊を「IPアドレス」といいます。
ルーターのIPアドレスは、メーカーの公式サイトや説明書などに記載されています。

「インターネットアクセスなし」の対処法【インターネット回線】

インターネット回線に問題がある場合、以下の対処法を試してみてください。

  • 通信障害の発生有無の確認
  • 利用停止の有無の確認

通信障害の発生有無の確認

回線事業者やプロバイダで通信障害が発生すると、インターネット回線に接続できず、「インターネットアクセスなし」と表示されます。
障害が起きた場合やメンテナンスを行う場合、メールなどで案内が送られてくるか、ホームページ上で告知されるため、確認してみましょう。

利用停止の有無の確認

回線事業者やプロバイダの利用料を払い忘れていると、インターネット回線の利用を止められてしまいます。
また、利用規約に違反した場合も同様です。

「インターネットアクセスなし」と表示された場合は、まずサービス料金を滞納していないか、利用規約に違反していないか確認し、該当する場合はすぐに支払いや連絡などの対処を行いましょう。

まとめ

パソコンで「インターネットアクセスなし」と表示された場合の対処法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
インターネットに接続できない場合、まずは上記の対処法を試してみてください。
それでも解消しない場合は、一度パソコン修理業者に診てもらったほうが良いかもしれません。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれもすぐの対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。