「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

Chromebookが重い!症状パターンと対処法を徹底解説!

かない@パソコン博士

高速起動が売りのChromebookですが、「動作が重い、遅い!」とお困りではありませんか?

Chromebookに限らずパソコンは使い続けるうちに動作が重くなってくるものですが、Chromebookが重い症状は設定の見直しなど使用方法の最適化で改善する場合があります。

今回はChromebookが重い症状について、5つの症状パターンと8つの対処法を解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • Chromebookの動作が重く、遅くなってきて困っている
  • Chromebookの動作が重い場合の症状パターンを知りたい
  • Chromebookの動作が重い場合の対処法を知りたい

Chromebookが重い場合の症状パターン

Chromebookが重い場合の症状パターン

Chromebookの動作が重くなった場合の症状パターンとしては、主に以下の5つが考えられます。

Chromebookが重い場合の5つの症状パターン
  • Chromebookの動作が全体的に重い
  • Chromebookのインターネットが遅い
  • Chromebookで動画の再生が重い
  • 特定のアプリの動作が重い
  • 「端末の空き容量が少なくなっています」と表示される
かない@パソコン博士

症状パターンに応じて有効な対処方法が大きく異なります。
まずは当てはまる症状がないかしっかりと確認しましょう。

Chromebookの動作が全体的に重い

起動時やインターネット閲覧時など特定の状況ではなく、起動している間中ずっとChromebookの動作が重いケースです。

症状の範囲が広いため最適の対処法を見つけることが難しいですが、まずは特定の動作やアプリケーションなど何かトリガー(原因)がないかどうかを改めて確認しましょう。

かない@パソコン博士

ほかの症状パターンに該当しないかどうかを改めて確認し、やはり全体的に重い場合は「Chromebookが重い場合の対処法」に記載の方法を1つずつ試して原因を探る必要があります。

Chromebookのインターネットが遅い

オフラインでの作業は問題ないものの、GoogleChromeの閲覧などインターネットが遅いケースです。

この場合GoogleChromeに不要なタブや拡張機能、閲覧データなどが溜まっていることが原因となっていることが多いため、「不要なタブ・アプリを閉じる」や「空き容量を確保する」などの対処法が有効です。

Chromebookで動画の再生が重い

動画を再生する際に動作が重くなるケースですが、以下のようにさらに2つのパターンでそれぞれ考えられる原因や必要な対処法が異なります。

Chromebookで動画の再生が重い場合の2つのパターン

特定のアプリの動作が重い

通常動作は問題ないものの、特定のアプリケーションの起動時・使用時のみ動作が重くなるケースです。

高度な処理が必要となるアプリなどスペックが不足している場合は対処できませんが、そうでない場合は「Chromebookを最新の状態にする」や「パフォーマンス設定を最適化する」が有効です。

「端末の空き容量が少なくなっています」と表示される

以下のような空き容量に関するエラーメッセージが表示され、動作が重くなるケースです。

端末の空き容量が少なくなっています。ディスクの空き領域を確保してください。

十分な空き領域がない場合、一部のデータが自動的に削除される可能性があります。

エラーメッセージのとおり空き容量が不足しているため、「空き容量を確保する」の方法で不要なデータなどを削除する必要があります。

Chromebookが重い場合の 8つの対処法

Chromebookが重い場合の対処法

Chromebookの動作が重くなった場合の対処法としては、主に以下の8つがあげられます。

Chromebookが重い場合の8つの対処法
  • 再起動してみる
  • 不要なタブ・アプリを閉じる
  • Chromebookを最新の状態にする(OS・アプリの更新)
  • パフォーマンス設定を最適化する
  • 空き容量を確保する
  • ハードリセットを実行する
  • リカバリを実行する
  • Powerwashを実行する

再起動してみる

長時間使用により動作が重くなるケースもあるため、まずはChromebookを再起動してみましょう。

Chromebookはスマートフォンのようにスリープ運用が基本のパソコンですが、「ステータス領域」または「電源ボタン」から完全にシャットダウンできます。

ステータス領域からシャットダウンする方法

右下の時刻をクリックし、ステータス領域を表示させます。
電源マークをクリックします。
電源が落ちてしばらくしたら、電源ボタンを押して再度電源を入れます。

電源ボタンを押してシャットダウンする方法

電源ボタンを3秒間長押しします。
電源が落ちてしばらくしたら、電源ボタンを押して再度電源を入れます。

不要なタブ・アプリを閉じる

閲覧していないGoogleChromeのタブや使用していないアプリなど、不要なもの開きっぱなしにしている場合はすべて閉じましょう

つい一度に多く開いてしまいがちですが、CPUやメモリを圧迫して動作が重くなる原因となります。

CPUやメモリの消費状況はタスクマネージャーでチェック!

ChromebookもWindowsと同様、各アプリの稼働状況やCPU、メモリの消費量をタスクマネージャーで確認できます。

ただし、タスクマネージャーの開き方が「検索+Esc」キーである点には注意しましょう。

Chromebookを最新の状態にする

OSやアプリのバージョンが古いことが動作遅延の原因となる場合もあるため、Chromebookは常に最新版にアップデートするようにしましょう。

ChromebookのOSは自動で更新されますが、バグ修正のアップデートなどいち早く更新したい場合は「設定」>「Chrome OSについて」からアップデートの確認や手動更新が可能です。

パフォーマンス設定を最適化する

ハイパースレッディングの設定を有効にすることも、Chromebookの動作を軽くするための方法の1つです。

かない@パソコン博士

ハイパースレッディングの有効化は、特にアプリの動作が重い場合に効果が期待できます

GoogleChromeを開きます。
アドレスバーに「chrome://flags#scheduler-configuration」と入力します。
[Scheduler Configuration] で [Enables Hyper-Threading on relevant CPUs] を選択します。
[Restart] を選択します。

【参考】Chromebookヘルプ Chromebook のパフォーマンス設定を変更する

空き容量を確保する

Chromebookに不要なデータが残っていることで動作が重くなっている場合は、以下の方法で空き容量を確保すると改善できる可能性があります。

Chromebookの空き容量を確保する3つの方法
  • 不要なアプリをアンインストールする
  • 不要な拡張機能をアンインストールする、無効にする
  • GoogleChromeの閲覧履歴や閲覧データを削除する

不要なアプリをアンインストールする

Chromebookでは、ランチャーから不要なアプリのアンインストールをおこなえます

ランチャーマーク(〇のマーク)をクリックします。
上矢印(^のマーク)をクリックし、不要なアプリを探します。
不要なアプリを右クリックし、「アンインストール」または「Chromeから削除」を選択します。
「削除」を選択します。

不要な拡張機能をアンインストールする、無効にする

かない@パソコン博士

非常に便利なGoogleChromeの拡張機能ですが、入れ過ぎによって容量を圧迫したり競合によって動作を重くしたりする可能性があります。

不要なものは以下の手順でアンインストールするか無効にしましょう。

GoogleChromeを開きます。
右上の「…」をクリックし、「その他のツール」から「拡張機能」を選択します。
不要な拡張機能を探し、削除するかオフにします。

GoogleChromeの閲覧履歴や閲覧データを削除する

GoogleChromeの閲覧履歴や閲覧データも知らず知らずのうちに溜まって容量を圧迫している可能性があるため、定期的に削除して整理しましょう。

GoogleChromeを開きます。
右上の「…」をクリックし、「その他のツール」から「閲覧履歴を消去…」を選択します。
削除したいデータにチェックを入れ、「データを削除」をクリックします。

Chromebookを復活させる3つの方法

これまでご紹介してきた方法のほかにも、Chromebookには不具合全般に有効な3つの手段が存在します。

Chromebookを復活させる3つの方法
かない@パソコン博士

それぞれの実行方法については以下の記事で詳しく紹介しているため、ぜひあわせてご確認ください。

Chromebookが重い:まとめ

今回はChromebookが重い症状について、5つの症状パターンと8つの対処法を解説しました。

ChromebookはほかのOSに比べてインターネット上の情報も少ないため、軽度の動作不良でも改善が難しい場合があります。

設定方法なども含め分からないことがある場合は、一度パソコン専門の修理業者へ相談してみることをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。