Surface(サーフェイス)をシャットダウンする5つの方法を解説

かない@パソコン博士

Surfaceを使用していて「電源ボタンを使ったシャットダウンはどうやるんだろう」「完全シャットダウンのやり方がわからない」と思ったことはありませんか?

Surfaceは基本的な手法だけではなく、複数の方法でシャットダウンできます

今回は、Surfaceをシャットダウンする方法を網羅的に紹介するとともに、Surfaceのシャットダウンで起こりがちなトラブルや対処法も解説します。

本記事はこんな方におすすめ
  • Surfaceのシャットダウン方法が知りたい
  • Surfaceのシャットダウンにまつわるトラブルを解決したい
  • スリープモードの方法も知りたい

Surfaceをシャットダウンする方法

Surfaceをシャットダウンする方法
かない@パソコン博士

Surfaceは以下5つの方法でシャットダウンできます。まずはそれぞれの特徴や、具体的な手順を解説します。

Surfaceをシャットダウンする5つの方法
  • 通常のシャットダウン
  • 電源ボタン
  • ショートカットキー
  • 完全シャットダウン
  • 強制終了によるシャットダウン

通常のシャットダウン

一般的なシャットダウン方法としても知られている、通常のシャットダウン方法は以下の通りです。

画面左下の「スタート(Windowsのロゴ)」をクリック
「電源」をクリックし、「シャットダウン」を選択
かない@パソコン博士

基本的に、Surfaceの電源を切る際はこの方法を利用します。ただ、「マウスが動かない」「画面がフリーズしている」といった場合はショートカットキー強制終了によるシャットダウンをおこないましょう。

電源ボタン

Surfaceは、電源ボタンを長押しした後に画面をスライドすることでシャットダウンすることも可能です。

▼電源ボタンを使ったシャットダウン方法

電源ボタンを約4秒長押しする
「スライドしてPCをシャットダウンします」という画面が表示されたら、下にスワイプする

ショートカットキー

Surfaceがマウス操作を受け付けない場合は、ショートカットキーを活用してシャットダウンできます。

かない@パソコン博士

ショートカットキーからシャットダウンする方法は、以下の通りです。

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを押す
画面が切り替わったら、電源のアイコンを選択しシャットダウンをおこなう
キーボード操作のみで「電源のアイコン」を選択するには?

「tab」キーでカーソルを移動でき、「enter」キーを使うことで決定ができます。

完全シャットダウン

SurfaceおよびWindowsのパソコンでは、「完全シャットダウン」という操作もできます。

通常のシャットダウンと完全シャットダウンの違いは、以下の通りです。

完全シャットダウン
通常のシャットダウン
  • システム情報や操作状況を保持しない
  • 接続している周辺機器なども含めて、完全に電源を切る
  • Surfaceの不具合を解消できる場合がある
  • 一部のシステム情報や操作状況を保持
  • 次回の起動速度が比較的早い
かない@パソコン博士

完全シャットダウンをおこなうことで、次回の起動時にやや時間がかかることがありますが、Surfaceの不具合を解消できる可能性があります。

そのため、「シャットダウンしてもSurfaceの動きがおかしい」といった場合には、以下の手順で完全シャットダウンもお試しください

画面左下にある「スタート(Windowsのロゴ)」ボタンをクリック
電源のアイコンをクリック
メニューが表示されたら「Shift」キーを押しながら「シャットダウン」をクリック

強制終了によるシャットダウン

「Surfaceがフリーズして動かない」「画面が暗いまま」などの症状が出ている場合は、強制終了によるシャットダウンをおこなうことで、解決できる可能性があります。

ただし、Surfaceを強制終了するとハードディスクなどに負担がかかり、データ消失トラブルの原因となるため、何度もおこなわないよう注意しましょう。

かない@パソコン博士

Surfaceの場合はモデルによって強制終了の方法が異なりますモデルごとの強制シャットダウン方法は、以下の記事で解説していますので、ご覧ください。

Surfaceのシャットダウンで起こりがちなトラブル・対処法

Surfaceのシャットダウンで起こりがちなトラブル・対処法
かない@パソコン博士

Surfaceはさまざまな方法でシャットダウンできますが、稀にトラブルが発生して正常にシャットダウンできなくなる場合があります

ここでは、Surfaceのシャットダウンで起こりがちなトラブルとその対処法を紹介します。

正常にシャットダウンできない

Surfaceをシャットダウンしたにもかかわらず、なかなか電源がオフにならないことがあります。

かない@パソコン博士

シャットダウンが始まらない場合は、使用していたアプリ・ソフトが閉じられていない可能性があります。

以下の手順でタスクマネージャーを開き、アプリを終了させましょう。

画面左下にある「スタート(Windowsのロゴ)」を右クリック
一覧から「タスクマネージャー」を選択
タスクマネージャーが表示されたら、開いているアプリをクリックし「タスクの終了」をクリック

アプリを閉じてもシャットダウンが進まないのであれば、以下の記事で紹介している対処法もお試しください。

使用中に突然シャットダウンする

Surfaceを使用中に、突然シャットダウンしてしまうケースもあります。

かない@パソコン博士

意図せず急にシャットダウンしてしまう場合は、OSにトラブルが起こっている可能性があるため、以下の手順でWindows Updateをお試しください

画面左下にある「スタート(Windowsのロゴ)」をクリック
「設定(歯車のアイコン)」をクリック
設定画面の一覧にて「更新とセキュリティ」を選択
左メニューにある「Windows Update」を選択
利用可能なアップデートが表示されている場合は、画面の案内に従いアップデートをおこなう

Windows Updateをおこなっても勝手にシャットダウンしてしまう場合は、Surfaceの故障が考えられます。

症状を放置するとまったく起動しなくなる可能性があるため、早めにドクター・ホームネットなどの業者に相談しましょう。

Surface更新後の再起動が終わらない

Surfaceの電源を切る際に「更新してシャットダウン」を選択したものの、更新後の再起動が終わらないというケースもあります。

「再起動しています」などのメッセージが表示されており、そこから長時間進まない場合は、まずはショートカットキーでのシャットダウンをお試しください

ショートカットの操作を受け付けない場合は、強制終了によるシャットダウンをおこないましょう。

パソコンの再起動が終わらない原因は?すぐできる対処法をわかりやすく解説

再起動がループしてしまう

「再起動が終わらない」に似た症状として、「再起動がループする」という症状を引き起こす場合もあります。

再起動がループする場合に考えられる原因は、ハードウェアのトラブルやOSの破損などさまざまです。

かない@パソコン博士

また、Surfaceに電気が溜まっていることが原因でループしている可能性もあるため、以下の手順で放電をおこなってみましょう

▼Surfaceの放電方法

Surfaceを強制終了する
Surfaceから、周辺機器をすべて取り外す(ACアダプターも含む)
ACアダプターなどに接続していない状態で、5分~10分ほど放置する
再度Surfaceの電源を入れる

シャットダウン後に電源が入らない・起動しない

Surfaceを正常にシャットダウンできたものの、再度電源を入れようとした際に起動しなくなることもあります。

かない@パソコン博士

電源が入らない場合起動しない場合、それぞれの対処法は以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

Surfaceのシャットダウンに関するよくある質問

Surfaceのシャットダウンに関するよくある質問
かない@パソコン博士

さいごに、Surfaceのシャットダウンに関するよくある質問にお答えします。

スリープの設定方法・解除方法は?

Surfaceを省電力状態のまま待機させておきたい場合は、シャットダウンよりもスリープモードが便利です。

数分~数時間ほど放置することで自動的にスリープモードに入る場合もありますが、任意のタイミングでスリープモードにしたい場合は以下の手順をおこないましょう。

Surfaceをスリープモードにする3つの方法
  • タイプカバー・キーボードを閉じる
  • 電源ボタンを1回押す
  • 「スタート(Windowsのロゴ)」→「電源」の順にクリックし、「スリープ」を選択
かない@パソコン博士

再度電源ボタンを押すことで、スリープモードを解除できます。

「スライドしてPCをシャットダウンします」が動かない場合は?

電源ボタンを使ってシャットダウンする場合、「スライドしてPCをシャットダウンします」という画面が表示されますが、その画面から動かなくなる場合があります

かない@パソコン博士

スライドができない場合は、電源ボタンを10秒~20秒ほど長押しすることで、シャットダウンできる可能性があります。

まとめ

Surfaceは、マウスでの操作だけではなく、電源ボタンショートカットキーなどを使ってシャットダウンすることも可能です。

ただ、シャットダウンにおいては「正常にシャットダウンできない」「シャットダウン後に電源が入らない」などのトラブルが発生することがあります。

Surfaceのシャットダウン時・起動時などにトラブルが起きたら、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。