パソコンがフリーズして電源が切れない!動かない原因と対処法を解説

パソコンのトラブルで多いのが、画面が固まる「フリーズ」です。
再起動しようとパソコンをシャットダウンしてみても電源が切れないこともあり、対処に困る人も多いのではないでしょうか。

アプリケーションやパソコンがフリーズしてしまったときは、通常通りの電源の切り方では終了できないため、いつもと違う方法で電源を切らなくてはなりません。
この記事では、パソコンがフリーズして電源が切れないときの原因と対処法について解説します。

パソコンがフリーズ・動かない原因と対処法

まずは、そもそもなぜパソコンがフリーズするのか、原因と対処法について、簡単に説明します。

パソコンがフリーズする原因

使用中のアプリケーションやパソコンが固まってしまい、何をしても反応しなくなったとき、いくら終了ボタンをクリックしても動作を止めないことがあります。
このような現象を「フリーズ」と呼びます。

フリーズしてしまう原因はさまざまですが、次のような要因で起きてしまうことがあります。

  • 熱暴走
  • ハードウェアの障害
  • メモリ不足
  • システムファイルの破損
  • Windows Updateの更新
  • 周辺機器の不具合
  • ドライバやアプリケーションの影響

フリーズしたときの対処法

フリーズした場合の対処法は数多くありますが、基本的には次のような対処をしてみてください。

  • マウスやキーボードを確認する
  • 起動中のアプリケーションを終了させる
  • 周辺機器を取り外す
  • 問題のアプリをアンインストールする
  • スクリーンセーバーをオフにする
  • スリープをオフにする

これらの対処をしてもフリーズが解決しない場合、最終手段として強制終了を行いますが、まれに電源が切れないこともあります。
フリーズして電源が切れなくなった原因と対処法については、以下の項で説明します。

パソコンでフリーズが頻発する原因とは?対処法や強制終了の手順まとめ

2019年10月21日

フリーズしたパソコンの電源が切れない原因

パソコンがフリーズしたときに電源が切れなくなるのは、以下のような原因が考えられます。

  • システムのトラブル
  • セキュリティソフトのトラブル
  • 周辺機器のトラブル
  • ハードディスクのトラブル
  • スペック不足によるトラブル
  • マルウェアによるトラブル

それぞれどのような現象が起きているのか、解説していきます。

システムのトラブル

アプリケーションのインストール失敗やWindows Updateの失敗、追加したアプリケーションがWindows10に対応していないなど、さまざまなシステム不具合によりフリーズして電源が切れなくなることがあります。

また、Windowsシステムに影響のあるアプリケーションをアンインストールしてしまうと、それが原因でシャットダウンできなくなることもあります。

セキュリティソフトのトラブル

他のアプリケーションをインストールするときに、セキュリティソフトが同時にインストールされていることがあり、ユーザーのしらない間に複数のセキュリティソフトが起動していることがあります。
セキュリティソフトは常時動作する常駐プログラムであるため、パソコンに負荷がかかる原因の一つとされています。
複数のセキュリティソフトが同時に動作すると、それぞれの機能が干渉しあい、フリーズしてシャットダウンできなくなる原因となります。

周辺機器のトラブル

電源が切れないのは、モデムやルーター、ドライブ、プリンタ、キーボード、マウスなど、パソコンに接続している周辺機器などが原因となっていることもあります。
コネクタが接触不良を起こしていたり、デバイスドライバが不具合を起こしてしまうと、パソコンへ影響を与えてしまいます。
互換性のある周辺機器でも、相性によってさまざまな不具合を起こすことがあります。

ハードディスクのトラブル

ハードディスクに障害が生じると、パソコンの電源が切れなくなることがあります。
ハードディスクは長期間使用すると劣化してくるため、処理能力が遅くなったり、故障が発生することでフリーズを引き起こします。

古くなったハードディスクをそのまま使用していると、ファイルを破損する恐れがあります。
最終的にはOSにも影響を与え、起動しなくなる可能性があります。

ハードディスクの寿命は約5年ほどであるため、パソコンがフリーズしたり電源が切れなくなったときは、新しいハードディスクに交換してみてください。

スペック不足によるトラブル

パソコンのスペックが低すぎると、実行しているプログラムの処理が追い付かなくなり、フリーズする可能性が高くなります。
メモリの容量やCPUの性能が低すぎると、メールやブラウジングだけでも処理待ちになり、フリーズを引き起こします。

また、アプリケーションやOSのアップデートが自動的に行われることによりパソコンに高い負荷がかかり、フリーズが頻発し、シャットダウンできない状態になる場合もあります。

マルウェアによるトラブル

パソコンが急にフリーズしたり、動作がおかしくなったときは、マルウェアに感染している可能性があります。
マルウェアとは悪意のあるソフトウェアのことで、アプリケーションのインストール時などに一緒に侵入してくることがほとんどです。
マルウェアに感染するとパソコンに常駐して動作し続けますので、パソコンが動作異常を起こし、シャットダウンできないこともあります。

フリーズしたパソコンの電源が切れないときの対処法

パソコンがフリーズして電源が切れなくなったとき、マウスが操作できるなら通常どおりアプリケーションを終了させれば良いです。
マウスが動かない場合は、キーボード操作または、推奨できる方法ではありませんが強制終了するしかありません。

キーボード操作ができる場合

マウスが動かせずキーボードしか操作できない場合は、次の方法で終了させてください。

まずはアプリケーションを終了させる

  1. 「Windowsロゴ」キーを押しながら「X」キー押すとメニューが表示されます。矢印キーで「タスクマネージャー」を選択し、「Enter」キーを押します。
  2. タスクマネージャーが表示されたら、起動しているアプリケーションを選択し、「タスクの終了」をクリックして終了させます。
    (詳細表示画面が表示した場合、左下の「簡易表示」をクリックすると表示が切り替わります。)

アプリケーションがフリーズして終了しない場合は、下記の「シャットダウンする」から実行してください。

シャットダウンする

  1. 「Ctrl」キーを押しながら「Alt」キーと「Delete」キーを押します。
  2. ブルーバックの画面が表示されたら「Tab」キーで右下の電源マークを選択し、「Enter」キーを押します。
  3. 「シャットダウン」を選択して「Enter」キーを押せば完了です。

【引用】FUJITSU FMVサポート

何も操作できない場合

パソコンが停止し、デバイスからの操作や外部通信に応答しなくなった状態をハングアップといいますが、ハングアップが発生すると正常にシャットダウンすることができないため、強制終了するしかありません。

しばらくしてもハングアップが改善しない場合、以下の手順で強制終了してください。

強制終了の手順

  1. パソコンにセットしているDVDやCDがあれば、すべて取り出します。
  2. パソコン本体の電源ボタンを電源が切れるまで押し続けます。
    電源が切れても終了していないことがあるため、電源ランプが消えるまで押し続けてください。

電源ボタンでも終了しない場合

通常は電源ボタンの長押しでシャットダウンできますが、それでも電源が切れない場合は、以下の手順で終了してください。

デスクトップパソコンの場合

  1. パソコンのACアダプタをコンセントから抜きます。
  2. 90秒以上放置してコンセントに入れ直し、電源を入れて正常にシャットダウンできるか確認してください。

ノートパソコンの場合

  1. パソコンのACアダプタをコンセントから抜きます。
  2. バッテリパックを外します。
    バッテリパックの外し方は機種によって異なるため、メーカーサイトなどを参考にしてください。
  3. 90秒以上放置してACアダプタとバッテリを入れなおし、電源を入れて正常にシャットダウンできるか確認してください。

フリーズしているときに強制終了すると、作業中のデータが消えてしまうだけでなく、ハードディスクに悪影響を与えることも考えられます。
電源が切れなくてもすぐに強制終了するのではなく、しばらく様子を見てから実行するようにしましょう。
ちなみに、アプリケーションによってはバックアップ機能が働いていることもあり、再起動したときにデータが復元される場合もあります。
自動保存した最終時刻のバックアップまで復元されます。

再起動しても症状が改善されないときの対処法

強制終了後は10秒以上待ってから、電源を入れ直します。
通常どおり起動しても同じような現象が起きる場合は、以下のことを確認してみてください。

ネットワークを切断する

Windosw Updateは自動的に行われるため、OSとネットワークが通信している間はシャットダウンできないこともあります。
LANの設定を無効にし、シャットダウンできるか確認します。

周辺機器や増設機器を取り外す

マウスやメモリ、ハードディスクなど、接続している周辺機器や増設機器があれば、すべて取り外します。
取り外した状態でシャットダウンできる場合は、周辺機器や増設機器のドライバに問題がある可能性があるため、使用環境に合わせたドライバをインストールするようにしてください。

放電させる

電源が切れた状態でACアダプタと電源ケーブル、バッテリーなど、すべての接続をパソコンから取り外します。
5分以上放置して、再度ケーブルやバッテリーなどを取り付けます。
パソコンを起動し、シャットダウンできるか確認します。

デフラグを行う

ハードディスクに保存されているデータが断片化すると、データの読み込みに時間がかかり、フリーズすることもあります。
データの断片化は、パソコンのデフラグという機能を使うことで解消されます。
データを最適化することで改善される場合もあるため、ハードディスクのデフラグを実行してみてください。

動作の重いパソコンを最適化!初心者でも簡単にできるメンテナンス方法を解説!

2019年11月21日

まとめ

パソコンがフリーズしたときに電源が切れなくなるのは、さまざまな原因が考えられます。
ここで紹介した対処法でも問題が解決しない場合は、パソコン専門の修理店に相談することをおすすめします。

例えば修理業者のひとつである「ドクター・ホームネット」は全国で修理対応を行っています。
通話料無料の相談ダイヤルもあるので、電源が切れないトラブルでお悩みのときは、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

2019年11月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。