パソコンが水没!水濡れ防止対策と対処法、絶対にしてはいけない事とは?

suibotsu

自宅やオフィスのデスクで、うっかりパソコンに飲み物をこぼしてしまった経験はありませんか?また、その対処法で大丈夫なのでしょうか。
精密機器であるパソコンは、水濡れ・水没によるダメージを受けやすく、間違った対処によって被害が拡大してしまうことがあります。
水が少量なら大丈夫かもしれませんが、写真や音楽、アドレス帳、アプリケーションの設定ファイルなど、大切なデータを守るためには、正しい対処が必要不可欠です。

この記事では、パソコンが水濡れしないための対策や水没したときの正しい対処法、絶対にしてはいけないことを詳しく解説します。

パソコンが水没したらどうなる?

パソコンを水没させると、以下のような症状が現れます。

  • キーボードの一部が反応しない
  • 電源が入らない
  • 電源は入るが画面に何も映らない
  • 液晶画面にシミのような模様が現れる
  • 途中で電源が落ちてしまう
  • フリーズする

水没時のダメージを最小限に食い止めるには、正しい方法で対処しなければなりません。
また、部品の腐食やマザーボードの不具合が悪化が進む前に、パソコン修理店への相談・依頼をおすすめします。

パソコンの水濡れを防ぐための対策

そもそもパソコンの水濡れを防ぐために、以下のことに留意しましょう。

suibotsu

飲み物の蓋を閉める

蓋のついているペットボトル容器やマイボトルで飲み物を飲んでいる場合、席を立つ際には蓋を閉めるようにしましょう。
蓋のないグラスやマグカップは、飲み終えたらすぐにデスク周りから片付ける習慣をつけてください。
簡単なことですが、水濡れ予防には欠かせない対処法の1つです。

防水シートや防水ケースを使用する

日常的にパソコンの周りで飲み物を飲む場合、パソコンのキーボード部分に貼る防水シートの利用をおすすめします。
また、パソコンを収納する際は、防水ケースに入れて持ち歩きましょう。
飲み物と一緒に持ち歩いた時のカバンの中でのうっかり漏れなど、思わぬ水没事故から、通勤バッグやリュックの中に収納したパソコンを守ってくれます。

防水対応の機種を選ぶ

雨の日の使用や水気のある場所での使用など、悪条件でパソコンを使う機会のある場合、防水・防滴仕様のパソコンを選ぶとよいでしょう。
水濡れや水没の心配をすることなく、パソコンを使うことができます。

水濡れ・水没の保証保険に加入する

パソコンの水濡れや水没は、ほとんどの場合、メーカー保証の対象外です。
通常保証ではなく、有料保証に追加加入する必要があります。
特に、外出時にノートパソコンを持ち歩く機会の多い方は、万が一のときの備えて、水濡れや水没を保証してくれる保険に入っておくとよいでしょう。

パソコンが水没したときの正しい対処法

パソコンを水没させてしまった場合、以下の手順に従って対処しましょう。
適切な処置を怠ると、パソコンの状態を悪化させてしまうことがあるので注意してください。

suibotsu

シャットダウンして電源を切る

パソコン本体に水をこぼしてしまった場合、水没してしまった場合は、すぐにパソコンの電源を切ることが大切です。
水に濡れた状態のパソコンに電気が通ってしまうと、回路のショートによる故障の原因となります。
パソコンの電源をオフにしたら、電源コードも取り外しておきましょう。

背面についているバッテリーを外す

パソコンを完全に放電するためには、バッテリーを外さなければなりません。
ノートパソコンの場合は、裏返しにすることで簡単にバッテリーを外すことができます。
このとき、USBやマウスなど、接続している周辺機器がある場合は外しておきましょう。

マザーボードに水分が侵入するのを防ぐ

キーボードの上に飲み物などをこぼしてしまったときは、パソコン本体を裏返しにして、マザーボードに水分が侵入するのを防ぎましょう。
マザーボードは、CPUやメモリー、ハードディスク、光学ドライブ、電源、LANやモデムのコネクタ、USBコネクタ、拡張ボードなど、パソコン部品のすべてがつながっている大切な部分です。
故障すると、パソコン全体の動作がおかしくなります。

パソコン本体を裏返すときは、液晶画面に液体が垂れないように、雑巾やタオルを画面側に敷いて水分を吸収させるようにしましょう。

タオルを挟む

表面上の水分を拭きとっても、パソコン内部に水分が残っていることがあります。
そのまま放置していると金属部分が腐食する恐れがあるため、十分に乾燥させましょう。
液晶画面とキーボードの間に雑巾やタオルを挟んだ状態で、蓋を閉めて、キーボード側を下にして置きます。
この際、勢いよくひっくり返すと過度の圧力がかかって液晶が割れてしまうことがあるので、十分注意しましょう。

バックアップをとる

パソコン内部を十分乾燥させることができたら、電源を入れてパソコンが起動するかどうかチェックしてください。
パソコンが正常に起動した場合、起動後すぐにバックアップをとりましょう。
いつもと変わらず起動できたとしても、徐々に不具合が出ることがあります。

また、乾燥が不十分な状態で電源を入れると、故障の原因となります。
最低でも3日程度乾燥させてから電源を入れるようにしましょう。

パソコン修理店に相談する

水没させてしまってたパソコンの修復を上記のような対処法で試みても、素人では復元できないことも多いです。
特にコーヒーやお茶、糖分が入っているような液体は、不純物によりパーツが錆びてしまうなどの事態も発生する可能性があります。

水をこぼして対処法がわからない、水以外のものをこぼして不安…といった場合には、パソコン修理店に相談・依頼するのがベストです。

例えば、修理業者のひとつである「ドクター・ホームネット」への問い合わせをおすすめします。
出張修理や持ち込み修理、宅配修理など、ユーザーの都合に応じて、365日サポートしてくれ、大手企業が運営しているため安心です。
パソコンの修理はもちろん、キーボードやタッチパッドの交換、内部洗浄など、必要に応じた作業を依頼できます。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコン水没・水濡れ時に絶対にやってはいけないこと

パソコンを水没させてしまったとき、間違った対処法によって修理不能になってしまうことがあります。
ここでは、水没時に絶対にやってはいけないことをご紹介します。

suibotsu

通電する

パソコンの中に水分が残っている状態で電源を入れると、電気がショートして基盤に大きなダメージを与えてしまうことがあります。
ハードディスク周辺でショートした場合、データを復旧できる可能性はグッと下がってしまいます。
「試しに電源を入れてみよう」「今のうちにデータのバックアップを取っておこう」と焦り、パソコンが乾ききらないうちに通電しないよう注意しましょう。

ドライヤーの温風をあてる

パソコン内部に残った水分を早く乾かそうと、ドライヤーの温風を当てる行為は危険です。
精密機械であるパソコン内部には、熱に弱い部品がたくさんあるため、さらなる故障を招いてしまう可能性が考えられます。
例えば温風の熱によって、キーボードなどのパーツが溶けて変形する恐れもあります。

また、ジュースやコーヒーなどをこぼしてしまった場合、急速に乾燥させることにより、基盤に糖分や塩分などがこびりついて除去できなくなることがあります。

パソコンを分解する

バッテリーや周辺機器だけでなく、パソコンを分解して水分を拭きとろうとする行為は絶対にやめましょう。
素人が下手に触ると、感電して怪我をするリスクや部品を傷つけてしまうリスクが高まります。
ハードディスクにダメージを与えてしまうと、データ復旧も難しくなります。
分解をお願いしたい場合、パソコン専門業者にお願いしましょう。

冷蔵庫に入れる

水没したパソコンを乾燥させるため、冷蔵庫に入れるのはNGです。
パソコンは温度変化に弱い精密機械です。
冷蔵庫から取り出したあとに発生した結露によって、水没被害が拡大してしまいます。

まとめ

パソコンが水に濡れてしまった際は、正しい対処方法で対応しなければなりません。
間違った対処をすると、思わぬ故障やさらなる悪化を招いてしまうことがあるため注意が必要です。
乾燥して一見元通りになったようにみえても、こぼした液体の水分がパーツにこびりついて錆びや腐食を発生させてしまうことがあります。
特に、純粋な水以外の液体に水没させてしまった際は、パソコン修理店へ相談することをおすすめします。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。