Chromebookがフリーズする原因と症状別対処法を解説

かない@パソコン博士

サクサク動作が評判のChromebookですが、フリーズしてしまった経験はありませんか?

ChromebookもWindowsやMacと同じく、使い続けているうちにフリーズが起こりやすくなります。

今回はChromebookのフリーズについて、症状や原因から対処方法まで解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • Chromebookがフリーズする原因を知りたい
  • Chromebookがフリーズした際の対処方法を知りたい
  • Chromebookが頻繁にフリーズするようになった

Chromebookがフリーズする症状と原因

Chromebookがフリーズする症状と原因

一口にフリーズといっても症状としての現れ方はさまざまありそれぞれ原因や対処方法が異なります

Chromebookがフリーズする際の主な症状には、以下があげられます。

Chromebookがフリーズする際の主な症状
  • 画面が固まる
  • 画面が真っ暗になる
  • 「Chrome OS が欠損または破損している」と表示される
  • アプリがフリーズする
  • 頻繁にフリーズする・固まることが多い
パソコンでフリーズが頻発する原因とは?対処法や強制終了の手順まとめ

画面が固まる

Chromebookがフリーズする際の最も一般的な症状として、マウスやキーボードを操作しても反応がなく画面が固まってしまうケースがあげられます。

特定の場面や状況で発生するわけではない場合原因を特定することは困難ですが、一般的にフリーズの原因は以下が考えられます。

一般的なフリーズの原因
  • 熱暴走
  • ハードディスク、メモリなどのスペック不足
  • マザーボードやCPUなどハードウェアの故障
  • マウスやキーボードなど外部デバイスの故障、電池切れ
  • アプリケーションの不具合
  • ウイルスの感染
かない@パソコン博士

全く手掛かりがない状態で原因を特定することは難しいですが、フリーズのタイミングなどからある程度原因を予測できる場合があります。

今回紹介する個別の症状を参考に原因を絞り込みしょう。

画面が真っ暗になる

Chromebookがフリーズする際の症状に、電源ランプは点灯しているものの画面が真っ暗になってしまうケースも考えられます。

かない@パソコン博士

強制終了と近い症状ですが、電源ランプがついている場合などはフリーズしているといってよいでしょう。

一時的なフリーズであれば、しばらく待っていると画面がついて復旧する場合もあります。

この場合も熱暴走などの一般的な原因が考えられますが、ディスプレイやGPU(グラフィックボード)などのグラフィック関連機器、またはそれらへの接続や電源供給に問題がある可能性があります。

Chromebookが画面真っ暗になったときの対処法を解説

「Chrome OS が欠損または破損している」と表示される

Chromebookの動作が停止し、「Chrome OS が欠損または破損している」という画面が表示されるケースがあります。

記載の通りOSに問題が発生している可能性が考えられますが、電源ボタンを押して問題なく再起動するようであれば一時的な不具合の場合もあります。

かない@パソコン博士

この画面が頻発する場合は、リカバリ(初期化)などによるOSの入れ直しが必要です。

アプリがフリーズする

デスクトップなど画面全体ではなく、特定のアプリケーションのみがフリーズするケースもあります。

この場合はまず該当のアプリケーションの破損や動作不良が原因として考えられるため、アプリケーションの再インストールで解決する可能性があります。

かない@パソコン博士

ゲームや高負荷がかかるアプリケーションの場合、スペック不足によりフリーズが起こっている可能性もあります。

また、セキュリティソフトとの競合によりアプリケーションが固まってしまう可能性も考えられます。

頻繁にフリーズする・固まることが多い

フリーズには再起動で復旧する一時的な不具合もありますが、何度再起動をおこなっても頻繁に発生するケースもあります。

この場合も熱暴走などの一般的な原因が考えられますが、いつも同じタイミングでフリーズが発生していないか注意深くチェックしましょう

「特定の作業時」や「長時間使用時」など、フリーズのタイミングに規則性があれば原因が特定できる可能性があります。

Chromebookがフリーズする場合の対処方法

Chromebookがフリーズする場合の対処方法は、以下があげられます。

Chromebookがフリーズする場合の対処方法
  • タスクマネージャーを起動する
  • リカバリモードから再起動する
  • ハードリセットを実行する
  • リカバリを実行する
  • Powerwashを実行する

タスクマネージャーを起動する

Windowsパソコンがフリーズした場合と同じように、Chromebookでもフリーズ時にはタスクマネージャーの起動が有効です。

特に特定のアプリケーションがフリーズする場合は、タスクマネージャーで一旦終了させることができます。

Chromebookのタスクマネージャー起動方法は以下の通りです。

Chromebookのタスクマネージャー起動方法
  • 「Esc」キー+「検索」キー(虫眼鏡マーク)の同時押し
  • Chromeブラウザ右上の「…」から「その他ツール」内の「タスクマネージャー」を起動
かない@パソコン博士

起動方法がWindowsの「Ctrl + Alt + Delete」とは異なる点に注意しましょう。

リカバリモードから再起動する

Chromebookがフリーズしてキー操作ができず電源ボタンを押しても反応がない場合は、一旦リカバリモードから再起動しましょう。

Chromebookでは、以下の手順でリカバリモードから再起動を実行できます。

「Esc」キーと「更新」キーを押しながら「電源」ボタンを押した後、「電源」ボタンを放します。
かない@パソコン博士

「更新」キーは時計周りに矢印がぐるっと回っているようなマークで、一般的なキーボードの「F3」キーの位置にあります

「ChromeOSが見つからないか破損しています」「Chrome OS is missing or damaged」などと書かれた画面が表示されたら、「Esc」キーと「更新」キーも放します。
再度「電源」ボタンを押すと、再起動が始まります。

ハードリセットを実行する

フリーズが頻発する場合などには、ハードリセットによってハードウェアを再起動すると状況が改善する可能性があります。

ハードリセットの実行手順は以下の通りです。

Chromebookの電源を切ります。
「更新」キーを押しながら「電源」ボタンを押します。
Chromebookが起動したら「更新」キーから指を放します。

ハードリセットでは初期化のようにデータが消去されることはありませんが、「ダウンロードフォルダ」内のファイルが一部削除される可能性があります。

リカバリを実行する

上記の方法をおこなってもフリーズが改善しない場合や「Chrome OS が欠損または破損している」と表示される場合は、リカバリによってOSの再インストールをおこなうことで改善する可能性があります

Chromebookでリカバリを実行する手順は以下の通りです。

リカバリを実行するとハードディスク内のデータがすべて消去されます。
可能な限り実行前にデータのバックアップをとるようにしましょう。

「Esc」キーと「更新」キーを押しながら「電源」ボタンを押した後、「電源」ボタンを放します。
「ChromeOSが見つからないか破損しています」「Chrome OS is missing or damaged」などと書かれた画面が表示されたら、「Esc」キーと「更新」キーも放します。
リカバリメディアを挿入し、画面の指示に従ってリカバリをおこないます。
かない@パソコン博士

リカバリの実行にはリカバリメディア(初期化用のOSが入ったUSBメモリやSDカード)が必要です。

リカバリメディアの作成方法についてはGoogleサポートページをご確認下さい。

Powerwashを実行する

リカバリをおこなってもフリーズが改善しない場合は、Powerwashを実行することで改善する可能性があります

PowerwashとはChromebookを初期状態にリセットする機能で、以下の手順で実行できます。

Powerwashもリカバリと同じくハードディスク内のデータがすべて消去されます。
可能な限り実行前にデータのバックアップを取りましょう。

Chromebook からログアウトします。
「Ctrl+Alt+Shift+R 」キーを長押しします。
「このChromeデバイスをリセットします」という画面が表示されたら、「再起動」を選択します。
「Powerwash」を選択します。
「『Powerwash』の実行を確認」という画面が表示されたら、「続行」を選択します。
「ようこそ!」という画面が表示されたら、「続行」を選択します。
画面の指示に従い、ネットワーク設定やGoogleアカウントでのログインをおこないます。

まとめ

今回はChromebookのフリーズについて、症状や原因から対処方法まで解説しました。

フリーズはWindowsやMacでも発生する不具合ですが、ChromebookにはハードリセットやPowerwashなど独自の対処方法がある点がポイントです。

ただしフリーズの原因は多岐に渡るため、今回の対処方法で改善がない場合や原因の特定が難しい場合はパソコン修理業者へ相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。