「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

Surfaceの画面真っ暗に…!Windowsが起動しない場合の対処法

かない@パソコン博士

タッチパネルに対応しており便利なSurfaceですが、「急に画面が真っ暗になった」「画面の表示がおかしい」というトラブルにお悩みの方も多いと思います。

「Surfaceの画面が真っ暗」という不具合にはさまざまな種類があり、その種類によって対処方法も異なります

今回は、Surfaceの画面が真っ暗な場合にみられる症状や対処法、よくある質問について解説します。

本記事はこんな方におすすめ
  • Surfaceの画面が真っ暗でつかない
  • Surfaceの画面の表示がおかしい
  • Surfaceの画面が真っ暗な場合の対処法が知りたい

Surfaceの画面が真っ暗な場合にみられる症状

Surfaceの画面が真っ暗な場合にみられる症状

「Surfaceの画面が真っ暗」というトラブルには、主に以下4つの症状があります。

Surfaceの画面が真っ暗な場合にみられる症状
  • Surfaceの画面がつかない
  • バックライトのみ点灯している
  • 画面は真っ暗だがカーソルは反応する
  • ロゴが一瞬のみ表示される

Surfaceの画面がつかない

かない@パソコン博士

画面が真っ暗なトラブルで多いのが、「電源ボタンを押しても画面やバックライトがつかない」という症状です。

画面がつかいない場合には、以下のような原因が考えられます。

Surfaceの画面がつかない原因
  • 電力不足
  • 内部パーツや電源ボタンの故障
  • OSやシステムファイルの破損

画面がつかないだけでなく、起動音やファンの音がしない場合は、電力不足や電源ボタンの故障である可能性が高いです。

Surfaceの使用状況も確認

Surfaceを長時間放置していた場合や、ACアダプターを長い間接続していなかった場合はバッテリー残量の低下が考えられるため、電力不足を疑いましょう

バックライトのみ点灯している

画面が真っ暗であるものの、うっすらと画面が光っていたり画面の周囲だけ点灯している場合もあります。

かない@パソコン博士

バックライトのみ点灯している場合は、OSのプログラムが更新中である可能性があります。

OSの更新には30分ほどかかるケースもあるため、しばらく放置して症状が改善するかを確認してみましょう。

画面は真っ暗だがカーソルは反応する

Surfaceの起動後や使用中に画面が真っ暗になるものの、カーソルは表示されており反応するというパターンもあります。

カーソルが反応する場合は、OSやシステムファイルの故障である可能性が高いです。

かない@パソコン博士

Surfaceの強制終了やOSアップデートなどをおこなうと、稀にシステムファイルが破損してしまうことがあります。

ロゴが一瞬のみ表示される

画面が真っ暗で「一瞬だけロゴが表示される」「ロゴが点滅する」という症状が出るケースもあります

ロゴが一瞬のみ表示される場合は、Surfaceが正常に起動できていない可能性があります。

かない@パソコン博士

特に、Surfaceを強制終了した後にトラブルが発生したのであれば、OSが破損しており起動プロセスに異常が起こっていることが考えられます。

Surfaceが正常に起動しない場合の対処方法は、以下の記事で解説しています。

Surfaceの画面が真っ暗な場合の対処法

Surfaceの画面が真っ暗な場合の対処法

Surfaceの画面が真っ暗になった場合は、以下5つの対処法をお試しください。

Surfaceの画面が真っ暗な場合の対処法
  • Surfaceの充電
  • 強制シャットダウン
  • 放電
  • Surfaceのリセット
  • パソコン修理業者に相談する
かない@パソコン博士

ただし、「画面真っ暗」というトラブルは時間経過により直ることもあります。30分ほど放置しても改善しないようであれば、対処法をおこないましょう。

Surfaceの充電

「電源ボタンを押しても画面がつかない」など、Surfaceの電力不足が疑われる場合は、十分に充電しましょう。

かない@パソコン博士

Surfaceのバッテリー残量が空である場合、完全に充電されるまでには2~3時間かかるとされているため、時間に余裕をもっておこなうことをおすすめします。

ACアダプターを接続しても充電されない場合は、コードの抜き差しACアダプターの交換も検討しましょう。

外部モニターへの接続

液晶パネルの故障により画面が真っ暗になっている可能性もあるため、外部モニターへの接続もお試しください。

かない@パソコン博士

外部モニターで問題なく表示されるのであれば、液晶パネルが故障している可能性が高いため、パソコン修理業者やメーカーに相談する必要があります。

一方で、外部モニターに接続しても画面が真っ暗な場合は、マザーボードなどのパーツが故障している恐れがあります

こちらも部品交換の修理が必要となるため、専門の業者などに相談しましょう。

マザーボードの交換・修理におすすめなパソコン修理業者比較3選

強制シャットダウン

一時的な不具合により画面が真っ暗になっている場合は、Surfaceを強制終了・再起動することで解決できる可能性があります

強制シャットダウンの手順は、以下の通りです。

電源ボタンを30秒間長押しする
電源ボタンと音量アップボタンを、同時に15秒以上押し続ける

※画面にロゴが表示されても、手を放さないように注意しましょう

15秒以上経ったらボタンから手を放し、10秒ほど放置する
電源ボタンを押し、電源を入れる
かない@パソコン博士

強制終了はSurfaceに負担をかけます。何度も繰り返すとデータ消失などのトラブルにつながるため、注意しましょう。

放電

Surfaceを長時間使用し続けると内部に電気が溜まり、「画面が真っ暗」「カーソルのみ反応する」という症状が出やすくなります。

かない@パソコン博士

Surfaceの帯電を解消するには、以下の手順で放電をおこないましょう。

Surfaceから、周辺機器やACアダプターなどをすべて取り外す
Surfaceの電源を入れ、半日~1日ほど放置する
放置した後、ACアダプターを接続し充電をおこなう(1時間~2時間)
充電した後、電源ボタンを数回押して正常な画面で起動できるかを確認する

Surfaceのリセット

強制シャットダウンや放電などをおこなっても解決できない場合は、Surfaceをリセット(初期化)する方法もあります

かない@パソコン博士

ただし、Surfaceをリセットすると基本的に内部のデータが削除されてしまいます。

「Surfaceのデータは消したくない」という方は、こちらの方法もご覧ください。

Surfaceをリセットする手順や注意については、以下の記事で解説しています。

パソコン修理業者に相談

さまざまな対処法を試してもトラブルが解消されず、初期化(リセット)もおこないたくない場合は、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン修理業者なら、Surfaceの画面が真っ暗になっている原因を突き止めたうえで、適切な修理をおこなってくれます

さらにドクター・ホームネットなどの業者なら、データを保護しながら修理してくれるため、初期化(リセット)のようにデータが消える心配もありません。

かない@パソコン博士

安全かつ確実にトラブルを解消したいなら、パソコン修理業者に依頼すべきでしょう。

ドクター・ホームネット 評判・口コミ

Surfaceの画面トラブルに関するよくある質問

Surfaceの画面トラブルに関するよくある質問

最後に、Surfaceの画面トラブルに関してよくある質問について解説します。

Surfaceの画面が突然暗くなる

Surfaceのモデルによっては、画面の明るさを自動で調整する機能が備わっているため、稀に「使用中に画面が突然暗くなる」という現象が起こります。

かない@パソコン博士

「突然暗くなるのを防ぎたい」という場合は、以下の手順で設定変更をおこないましょう。

デスクトップ画面の左下にある「Windowsのロゴ」をクリック
表示されたメニューから「設定(歯車のようなアイコン)」をクリック
「システム」を選択し、左メニューの「ディスプレイ」をクリック
「照明が変化した場合に明るさを調整する」をオフにする

画面の明るさが変わらない

「Surfaceの画面が突然暗くなる」という症状とは異なり、キーボードや画面の操作で明るさ(輝度)の調整ができなくなるケースもあります

かない@パソコン博士

画面の明るさが変わらないは、こちらで紹介しているSurfaceの強制シャットダウンをおこなうことで解決できる可能性があります

使用中にSurfaceの画面が消える

Surfaceの使用中に突然画面が消えてしまう場合は、以下の手順で強制再起動をおこなうことで、解消できる場合があります。

ACアダプター以外の周辺機器をすべて取り外す
電源ボタンを25秒間押し続ける
Windowsのロゴが表示されたら、手を放す
かない@パソコン博士

強制再起動をおこなっても症状が改善しない場合は、内部パーツの故障が疑われるため、パソコン修理業者への依頼も検討しましょう。

トラブルにはWindows 11へのアップグレードも影響している?

かない@パソコン博士

「画面が真っ暗」というトラブルは、Windows 11へのアップグレードによる不具合である可能性があります。

Windows 11ではさまざまな機能が追加・強化されているものの、不具合もいくつか報告されています

実際に、Windows 11にアップグレードした後に以下のような症状が出た事例もあるため、アップグレードによる故障も疑いましょう

Windows 11へのアップグレードによる不具合(一例)
  • アップグレードした後、画面にカーソルのみ表示され正常に起動しない
  • パソコンは立ち上がるものの、画面が真っ暗になる
  • アップグレードし、風景の画面が出た後にパスワードを入力すると、画面が真っ暗になる

まとめ

Surfaceの画面が真っ暗になった場合は、まず十分な充電ができているか外部モニターに接続して表示されるかを確認しましょう。

症状が改善されないのであれば、強制シャットダウン放電初期化(リセット)などの手段が有効です。

かない@パソコン博士

今回紹介した対処法を試してもトラブルが解決しない場合や、Windows 11へのアップグレード後に症状が出た場合は、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。