パソコンから異音が発生!種類や原因、効果的な対処法をわかりやすく解説

「これまで耳にしたことがない音がパソコンから聞こえる・・・」と不安になった経験はありませんか?

異音がパソコンから聞こえてきた時、どのように対処すればいいでしょうか。

ここでは、パソコンから異音が聞こえた場合の原因と、原因に応じた対処法を紹介します。

パソコンの異音が発生する主な場所

パソコンから異音が発生する場所はそれほど多くなく、いくつかの場所に限られています。

パソコンから異音が発生する代表的な場所を以下にまとめました。

ハードディスクの異音

パソコンの頭脳ともいえるハードディスクは精密機器であり、頻繁にデータの書き込み作業を行っている場所です。
そのため、不具合が生じる可能性も高くなります。

ハードディスクはデータを保存してある大切な場所です。異音を感じたら早急に対応する必要があります。

ファンの異音

ファン自体は通常の稼働時にも音が鳴りますが、明らかに異音がする場合は、故障や不具合の可能性があります。

CD・DVDドライブの異音

通常、CD・DVDドライブにディスクを入れて読み込む際に音が発生します。

これらの音がいつもと違ったり、鳴りやまなり場合は、不具合を起こしている可能性が極めて高いです。

パソコンから聞こえる異音の種類と原因

パソコンから発する異音はさまざまで、パソコンの故障でない異音もあれば明らかに故障だとわかる異音もあります。

ここでは、故障でない異音と故障だとわかる異音に分けて、異音の具体例をあげながら紹介します。

故障ではない異音

パソコンの異音といってもいくつかの種類があり、故障とはいえないケースもあります。

カリカリ・ジジジ

パソコン使用時に聞こえてくる「カリカリ」「ジジジ」という音は、パソコンの中にあるハードディスクを読み取ったり検索を行っている最中に発生する音です。

一般的に「シーク音」と呼ばれており、パソコンの故障に該当する音ではありません。

パソコン自体の静音性が高まったことにより、この音が目立つようになったといわれています。

キーン・チー

ゲームなどを行っている際に聞こえる「キーン」や「チー」といった高周波音は、パソコン内のマザーボードや電源ユニット、ビデオカードに搭載されている「チョークコイル」という部品の振動が原因です。

決してパソコンが故障しているわけではないため、対策が難しいと言われています。

ブーン

DVDやCDをプレイヤーに入れ、パソコンに読み込ませている時に発する「ブーン」という音は、ディスクが回転している際に発生する音です。

パソコンの不具合による音ではありません。

ビリビリ・ビビビビ

パソコンのパネルがきちんと固定されていない場合やケースが正しく閉じられてない場合、「ビリビリ」「ビビビビ」といった音が発生します。

故障ではありませんが、ケースやパネルのねじが緩んでいる可能性があるため、確認しましょう。

故障の可能性がある異音

パソコン内部にあるファンやハードディスクになんらかの不具合がある場合、異音が発生します。

以下で紹介する音が鳴る場合は、故障の可能性を疑いましょう。

ガリガリ・チリチリ

「ガリガリガリ」「チリチリチリ」といった音は、パソコンの中にあるケーブルがCDファンやケースファンと接触することにより発生する音です。

そのまま放置しておくと、ケーブルが断線する恐れがあるため早急に対処が必要です。

ブオーン

「ブオーン」という音がファンから聞こえた場合は、ファンが故障して回転数が上昇している可能性が考えられます。

パソコンの中にホコリやチリがたまると冷却機能が低下し、その結果ファンの回転数が上昇して異音が発生します。

そのまま放置しておくと、電源が急に落ちたり画面がフリーズする可能性があります。

ギュイーン・ブーン・キュルキュル・カラカラ

パソコンの内部から「ギュイーン」「ブーン」「キュルキュル」「カラカラ」といった音が聞こえる場合、ハードディスクが故障している可能性が高いです。

この場合はハードディスクがうまく読み出せなくなっている可能性があります。

ハードディスクの不具合をそのままにしておくと、保存したデータが毀損する恐れがあります。

無音

通常パソコンから発生するはずの音が何も聞こえない場合も注意が必要です。

パソコン内のいずれかのパーツが故障しているか、部品の電源コネクタが外れている可能性が考えられます。

パソコンから異音が発生したときの対処法

パソコンから異音が出た場合、その原因を突き止めることは簡単ではありません。

しかし、以下で紹介する方法を対処すれば異音がなくなるケースもあります。

ここでは、修理業者に出す前に自分でできるおすすめの対処法を紹介します。

周辺機器を掃除する

パソコンの電源を落とし、パソコンに差し込んでいるケーブルをすべて抜きます。

本体の熱を冷ましながら、パソコンやディスプレイ、キーボードなどの周辺機器を掃除しましょう。

デフラグを行う

ファイルの作成や保存を繰り返し行いデータがパソコン内に蓄積することで、異音が発生していることががあります。

この場合は「デフラグ」というデータを最適化する処理を行うことで、正常な状態へ戻すことができます。

デフラグのやり方はパソコンのOSやバージョンなどによって異なるため、自分が使用しているOSを確認した上で作業にあたりましょう。

動作の重いパソコンを最適化!初心者でも簡単にできるメンテナンス方法を解説!

2019年11月21日

ファンを掃除する

パソコン内部にあるファンにホコリやゴミが溜まっている場合、異音が発生することが多いです。

パソコンの電源を落としてケーブルをすべて抜き、パソコンのパーツを外してファンをチェックしてください。

ファンに付着しているホコリは清潔なハケを使って丁寧に取り除きましょう。

パソコンは定期的な掃除が必須!クリーニング方法や清掃グッズ・道具、注意点を解説

2019年10月31日

ハードディスクをチェックする

ハードディスクからなんらかの異音が聞こえる場合は、ハードディスクの容量が不足しているケースや、ハードディスク自体が故障しているケースが考えられます。

内部にあるデータが消失する恐れがあるため、すぐにデータのバックアップを取り、その後の対応を含め専門の修理業者に相談すると良いでしょう。

CD・DVDドライブを確認する

CDやDVDを読み取っている最中に異音が鳴る場合は、いったん読み取りが終わるまで待ちましょう。

読み取りが完了して異音がなくなれば、パソコンが故障している可能性は低いでしょう。

うまく読み取りができない場合や、トレイが開かずCD・DVDを取り出せない場合は、いずれかの箇所が故障している可能性があります。

その場合は、無理やりこじ開けようとせず、専門の修理業者に相談することをおすすめします。

パソコンから異音が発生したときにやってはいけないこと

パソコンの異音を直そうと自分で対処したばかりに、パソコンの状態をさらに悪化させてしまうケースも少なくありません。

ここでは、異音が発生した場合にやってはいけないことについてまとめました。

パソコン内部を掃除する

自分でパソコンを解体し内部を掃除することは避けましょう。

パソコン内部には精密機器がいくつも搭載されており、内部の掃除には専用の道具が必要です。

安易に自分でやるとさらに状態が悪化する恐れがあります。

パソコン内部の掃除は、専門的な知識を持ち経験豊富な業者に依頼をしましょう

ハードディスクを分解する

異音の原因を探るために、パソコンやハードディスクを分解することは控えましょう。

専門知識がない状態で安易にハードディスクに触れると、さらなる故障の原因になります。

ハードディスクの点検は専門の業者に任せましょう。

パソコンを叩く

精密な機器に不具合を生じさせる恐れがあるため、パソコンを叩くことは厳禁です。

電源のオンオフを繰り返す

電源のオンオフを何度も繰り返したり、再起動を必要以上に行うと過度に通電が起こって、別の不具合が発生する可能性が高まります。

パソコンから異音が生じないようにするための対策

パソコンから異音が生じる原因はさまざまですが、普段の心がけにより不具合を軽減することは可能です。

ここでは、異音が生じないように心がけることをいくつかご紹介します。

電源をつけっぱなしにしない

パソコンは精密機器であるため、電源をつけっぱなしにすることで余計な負荷がかかり、異音が発生しやすくなります。

使わない時はできる限り電源を切って、パソコンにあまり負荷をかけないようにしましょう。

パソコンケースに入れる

満員電車で圧迫された時や、リュックにつめていて歩く時の揺れなど、些細な衝撃でパソコンに負荷がかかることで不具合の原因につながります。

持ち運びの際は、できるだけ衝撃を防止するため、パソコン専用のケースに入れることをおすすめします。

パソコンの異音に困ったら業者への相談がおすすめ!

パソコンから異音が発生した場合、すぐに故障と断定せず、異音の種類を確認しましょう。
今回の記事を参考に、まずはご自身でできる対処方法を試されてみてください。

ただしパソコンの異音は判別が難しいため、ご自身での対処が不安な場合は、専門の修理業者へ相談することをおすすめします。

すぐに修理を依頼したい場合は、ドクター・ホームネットがおすすめです。
即日対応が可能な業者なので、急ぎの場合は電話や問い合わせフォームから相談してみてください。


【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

2019年11月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。