パソコンは定期的な掃除が必須!クリーニング方法や清掃グッズ・道具、注意点を解説

日常的に使っているパソコン、しっかりと掃除をしていますか?
「特に汚れていないから」という理由で、掃除をしないままそのまま使い続けていませんか?

パソコンを清潔な状態に保つことで、より快適に使用することができます。
しかし、パソコンは精密機械。
手順を間違えて掃除してしまうと、動作不良を起こしてしまう原因となります。

今回は、初心者でも簡単に行うことのできるパソコンの掃除の効果や手順、必要グッズ、注意点などを解説します。

パソコンの各トラブルと掃除する目的・効果

パソコンは使い続けるうちに、目に見えるところも、ぱっと見ではわからないパソコン内部も汚れが溜まっていきます。
定期的にパソコンや周辺機器を掃除することで、これらの汚れを落とし、パソコンを快適に使用することができます。

デスクトップ・ノートパソコンに限らず、使用中のパソコン内部には常に熱が発生しています。
パソコン内部で発生した熱により各部品の温度が上がってしまうと、性能の低下に繋がります。
そのため、パソコンには外部の空気を取り込み内部を通り抜けるように空気循環を行う仕組みが備わっています。
しかしながら、外部から空気を取り込む際にほこりやちりも一生に取り込んでしまうことで、パソコン内部にほこりがたまり、パソコンが汚れてしまうのです。

その他、パソコンに関する下記トラブルを防ぐためにも、定期的に掃除することをおすすめします。

熱暴走

パソコンは、長時間電源を付けたままにしていたり、使い続けているとパソコンが熱を持ちやすくなります。
特にデータのやり取りをする際などは、大量の電子機器が回り、熱を発生させます。
特にノートパソコンは、デスクトップに比べてパーツ同士が接近しているため摩擦熱が発生しやすくなり熱がこもってしまいます。

熱に弱いパソコンは、汚れがたまり空気循環をうまく行えなくなったり、室内の温度が暑く上手くパソコン内部が冷却できないことで、高音が原因の誤作動「熱暴走」を引き起こすことがあります。
熱を持つことで起動が遅くなり、異音がする、動作が遅くなるなど様々な不具合が起きます。

掃除を行うことで熱暴走を防ぐことができ、パソコンの動作もスムーズになります。

パソコンの熱対策は?熱暴走の原因・症状と熱を逃がす方法を解説

reikyaku

ノートパソコンの冷却方法とは?熱いときに冷やす理由や注意点まとめ

帯電

帯電とはパソコンの中に電気が溜まることをいいます。
電子機器であるパソコンは、使用していると必ず帯電し、動作が鈍くなります。
さらに掃除をせずパソコン内部に汚れが溜まると、通常よりも帯電しやすい環境となってしまうのです。

帯電をせずに使い続けると様々な誤作動を引き起こし、熱暴走の原因にもなります。
そのため、一度電源を切りパソコンをリフレッシュさせてあげることが大切です。
定期的に放電をすることで、パソコンの動作を快適に行うことができます。

異音

異音がしたら、掃除をする合図かもしれません。

パソコン内部にほこりがたまって作動が上手くいかない場合は、パソコンを起動した場合に異音がしたり、熱暴走でパソコンの電源が落ちてしまうことがあります。

パソコンから異音が発生!種類や原因、効果的な対処法をわかりやすく解説

トラッキング現象

コンセントの挿し口とコンセントの間にほこりがたまり、挿したときの発火することをトラッキング現象といいます。
トラッキング現象は、パソコンやパソコン周辺機器の故障を招くだけでなく、火災などにもつながります。

長時間コンセントにつなげっぱなしにしていることで、気付かないうちにほこりがたまっていることもあります。
定期的にパソコン周りを確認して、こまめに掃除を行うことでトラッキング現象を防ぐことができます。

パソコン掃除の事前準備と確認事項

パソコンの掃除を行う前に必ず気を付けたいのが、電源を切ることです。
電源を切らずに行うことで、感電の恐れがあるため必ず電源は切りましょう。
また、データは必ず保存しておきましょう。

事前準備しておくべきパソコン掃除に必要な道具は、以下の通りです。

  • プラスドライバー

ケースを開けるとき、ボード類を外す時などに必要になります。
特殊な部品でなくても問題ありません。
通常家庭にあるようなプラスドライバーを用意してください。

  • マイナスドライバー

PCケースの爪止めにしている箇所などの、留め具を外すときに必要となります。
こちらも、家庭にあるような通常のマイナスドライバーを用意してください。

  • ニッパー

パソコン内部のケーブルタイなどを外すときに必要となってきます。

  • ピンセット

細部に詰まってしまったほこりを取るときなどに必要なものです。

市販のものだと金属製のものが多いですが、金属製のものは静電気が発生しやすいため、竹串で応用したりプラスチック製のピンセットを利用するといいでしょう。

  • エアーダスター

エアーダスターとは、ノズルから気体を出してほこりなどを吹き飛ばすお掃除グッズです。
場所によって使い分けると、より便利です。

ナカバヤシ ノンフロンエアダスター 逆さ使用OK トリガータイプ 40838

  • 静電気防止リストバンド

パソコンは比較的静電気が発生しやすいため、静電気防止リストバンドなどを腕に巻いて掃除するようにしましょう。

サンワサプライ 静電気防止リストバンド コードレスタイプ TK-SE11

  • 掃除機

大きなほこりを吸い取る際に必要な掃除機を用意しましょう。
一般家庭にあるようなものでいいでしょう。

  • クリーニングブラシ

キーボードやディスプレイの掃除に用いることができます。

エレコム クリーナー ブラシ 傷のつかないやわらかタイプ ホワイト KBR-012WH

パソコン掃除の手順

パソコン掃除は以下のような手順で行います。

  1. キーボードの掃除
  2. マウス・トラックパッドの掃除
  3. パソコン画面(液晶ディスプレイ)の掃除
  4. パソコンの外側の掃除
  5. パソコン内部の掃除

それぞれ説明します。

キーボードの掃除

キーボードは溝が深く、細かいほこりが溜まりやすいため、先端の細いブラシやエアーダスターでホコリを払いましょう。

また、キーボードの外側だけでなくしっかりと細部まで汚れを落としたい場合は、キーを一つ一つ外し、中性洗剤を薄めた柔らかい布などで綺麗に拭きあげましょう。
掃除後にキーボードの位置がわからなくならないように、あらかじめ写真を撮っておくことをおすすめします。

マウス・トラックパッドの掃除

手で触れることの多いマウスやトラックパッドは、エアーダスターなどを使って細かいほこりを吹き飛ばしましょう。
外側は、柔らかい布やタオルなどにOAクリーナーや薄めた中性洗剤を馴染ませ、全体を優しく拭きましょう。

手で触ることの多い部分で汚れやすいため、こまめに掃除を行ってあげるとより綺麗に保てます。

パソコン画面(液晶ディスプレイ)の掃除

液晶ディスプレイは、とてもデリケートです。
ディスプレイのほこりを先に取らずに掃除を行うことで傷付けてしまう可能性があるため、必ず先にクリーニングブラシなどを使いほこりを取り除きましょう。
クリーニングブラシには、帯電防止のタイプのものがおすすめです。
このタイプを使用するとほこりが再付着しにくくなるため掃除が楽になります。

パソコンの外側の掃除

パソコンの外側の見える部分のほこりは、掃除機で吸い取ります。
このとき、掃除機のパーツでパソコンを傷つけないように慎重に行ってください。

掃除機である程度ほこりを吸い取ったら、ディスプレイの掃除と同様に、中性洗剤薄めたものを染み込ませた柔らかいタオルなどで優しく拭きあげましょう。

パソコン内部の掃除

ここまではパソコンの外側の掃除について解説しました。
外側を清潔に保つことも必要ですが、パソコン内部の汚れは様々な動作不良を起こす原因となります。
内部のほこりは、エアダスターやピンセットなどを使い細かく取り除きましょう。

デスクトップ型のパソコンは、大体の機種がケースを開けて中を掃除できるものも多いため、ケースを開けて内部の掃除を行います。
内部の掃除を行う際は、基板に触れないよう注意しましょう。
また静電気が発生しやすいため、細部のほこりを払う際にブラシを使用する場合など、静電気が発生しないように注意を払ってください。先ほど紹介した静電気防止リストバンドなどのグッズを使用するとよいでしょう。

パソコン掃除のポイント

  • パソコン内部は非常にデリケートであるため、自分では難しそうだと思ったら、パソコン修理業者などに依頼するとよいでしょう。
    無理に続けると触ってはいけない部分を触ってしまったり、パーツを壊してしまう恐れがあります。
  • 掃除中はほこりが舞いやすく、舞ったほこりが再度付着してしまう恐れがあるため、充分に換気を行いながら掃除しましょう。
  • 可燃性のエアダスターを使う時は、火が付くものが傍にないか安全を確認して使用しましょう。
  • パソコンの掃除頻度を低くするには、比較的手入れしやすい周辺機器の掃除をこまめに行い、パソコンを使用する部屋を綺麗に保ちましょう。

まとめ

今回は、パソコンの掃除方法について解説しました。

定期的な掃除やメンテナンスを行っても、パソコンの不具合が続く場合や、内部の掃除に自信がない場合はパソコンのプロに相談しましょう。
例えばパソコン修理業者のひとつである日本PCサービスのドクター・ホームネットでは、パソコンのトラブルや不調を専門知識を持ったスタッフが解決してくれます。

自分での判断などが難しい場合は、ドクター・ホームネットへ依頼してみては?

パソコンは定期的なメンテナンスが必要!方法まとめ

パソコン博士からのおすすめ

「パソコン博士の知恵袋」がオススメするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。
持込修理・出張修理、宅配修理すべての修理方法に対応、即日対応全国修理対応もしていることから、高い評価に値するパソコン修理業者です。
料金体系も分かりやすく事前見積もりも徹底しており、ユーザーが安心して利用できる要素がすべてそろっています。パソコンが起動しない(動作が重い)Wiondowsアップデート関連のトラブルインターネットトラブルデータが消えたなど自分で直せないパソコントラブルをすぐに解決してくれます。

※お住まいの地域によっては、持込・出張修理ができない場合がございます。その際は宅配修理をご利用いただけます。

ドクター・ホームネット

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。