Surface(サーフェイス)の初期化(リセット)・復元方法を解説!

かない@パソコン博士

Surfaceを使っていて「起動や動作が遅い」「ウイルスに感染したかも」と感じる場合は、初期化により解決する可能性があります。

今回は、Surfaceを初期化する方法注意点初期化をおこなうべきタイミング初期化ができない場合の対処法などを解説します。

この記事がおすすめな人
  • Surfaceを初期化したい
  • Surfaceの初期化がうまくいかない
  • Surfaceに不具合を感じる

Surfaceを初期化する方法

Surfaceを初期化する方法

Surfaceを初期化する方法は、大きく分けて以下の3つです。

  • 回復画面から初期化する方法
  • サインイン画面から初期化する方法
  • USB回復ドライブを使用する方法

方法①回復画面から初期化する方法

かない@パソコン博士

Surfaceを問題なく起動できてサインインもできる場合には、この方法がおすすめです。

画面左下にある「スタート(Windowsのロゴ)」を右クリックする
表示された一覧から「設定」を選択する
設定画面にて「更新とセキュリティ」をクリックする
左側のメニューから「回復」を選択する
画面が切り替わったら「このPCを初期状態に戻す」の下にある「開始する」をクリックする
「個人用ファイルを保持する」または「すべて削除する」のどちらかを選択し、初期化を実行する
「個人用ファイルを保持する」と「すべて削除する」はどっちを選ぶべき?

「個人用ファイルを保持する」場合は、Surfaceにあらかじめインストールされていたアプリや個人用ファイルが保持されるため、発生しているトラブルを解決する際に選ぶとよいでしょう。

一方で「すべて削除する」場合は、個人用ファイルはもちろん自分でインストールしたアプリやドライバ、設定などが消えてしまうためSurfaceを売却・廃棄する際におすすめです。

方法②サインイン画面から初期化する方法

かない@パソコン博士

Surfaceにサインインできない」といった場合は、以下の手順で初期化をおこないましょう。

サインイン画面にて、キーボードの「Windows」+「L」キーを押す
キーボードの「Shift」を押しながら画面にある「電源」ボタンをクリックし、表示されたメニューにて、「再起動」をクリックする
再起動が実行されたら「オプションを選択してください」画面にて「トラブルシューティング」をクリックする
画面が切り替わったら「このPCを初期状態に戻す」を選択する
「ドライブから回復する」画面にて「ファイルの削除のみ行う」または「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択する

初期化後もSurfaceを使い続ける場合は、「ファイルの削除のみ行う」を選ぶとよいでしょう。

方法③USB回復ドライブを使用する方法

Surfaceを正常に起動できない場合には、USB回復ドライブを使用する方法が有効です。

USB回復ドライブを使用する方法
  • USB回復ドライブの作り方
  • 回復ドライブで初期化する手順

USB回復ドライブの作り方

まずは以下の手順をおこない、初期化するために必要なUSB回復ドライブを作成しましょう。

かない@パソコン博士

ただし、回復ドライブを作成するには正常に起動するパソコンを別途用意する必要があります。

16GB以上の空き容量があるUSBメモリを用意する

「Surface 2」「Surface RT」の場合は8GB以上でも問題ありません。

Microsoftの公式サイトにアクセスし、サイトの案内に沿って回復イメージをダウンロードする
SurfaceまたはパソコンにUSBメモリを接続する
タスクバーの検索窓に「回復ドライブ」と入力し、「回復ドライブを作成する」をクリックする
ポップアップが表示されたら「はい」を選択する
回復ドライブの作成画面が表示されたら「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」のチェックを外す
「次へ」をクリックし、回復ドライブを作成するUSBメモリを選択し「次へ」をクリックする
かない@パソコン博士

回復ドライブを作成すると、USBメモリ内にあるデータはすべて削除されてしまうため注意が必要です。

「作成」を選択して「完了」をクリックする
Microsoftの公式サイトからダウンロードした回復イメージのzipファイルを解凍(展開)する
解凍後のフォルダにあるファイルをすべて選択し、USBメモリにコピーし置き換える

回復ドライブで初期化する手順

回復ドライブを作成できたら、以下の手順で初期化をおこないましょう。

Surfaceの電源が切れていることを確認し、USBメモリ(回復ドライブ)を接続する
Surface本体の「音量ダウン」ボタンと「電源」ボタンを長押しする
画面にSurfaceもしくはMicrosoftのロゴが表示されたら、ボタンを離す
キーボードレイアウトや言語の設定をおこなう
「オプションを選択」画面にて「トラブルシューティング」をクリック
画面が切り替わったら「自分のファイルだけを削除する」または「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択する
「回復」をクリックする
かない@パソコン博士

以上で初期化が実行されるため、完了したらトラブルなどが解消されているかをご確認ください。

Surfaceを初期化すべきパソコントラブルは?

Surfaceを初期化すべきなのはどんな場合?

「Surfaceを初期化しようか悩んでいる」という方も多いと思いますが、主に以下のような場合に初期化が有効です。

Surfaceを初期化すべきなのはどんな場合?
  • Surfaceを売却する場合
  • ログインパスワードを忘れた場合
  • 故障・ウイルス感染が疑われる場合

Surfaceを売却する場合

Surfaceを売却または廃棄する場合は、必ず初期化をおこないましょう。

初期化をしないと、Surfaceを入手した第三者に個人情報や機密データが漏えいしてしまいます。

かない@パソコン博士

情報漏えいにより、さまざまなトラブルにつながる可能性もあるため、全データを削除する初期化をおこなうことが重要です。

ログインパスワードを忘れた場合

Surfaceのサインインパスワードを忘れてしまった」という場合は、初期化によって解決することも可能です。

初期化をすることでSurface内のデータは消えてしまいますが、工場出荷時の状態に戻るためパスワードもリセットされます。

かない@パソコン博士

ただ、パスワードを忘れた場合は「個人ファイルを保持する」初期化ができないため、データが必要な場合はバックアップをおこないましょう。

故障・ウイルス感染が疑われる場合

Surfaceを初期化し、すべてのデータを削除することでウイルスファイルも駆除できるため、ウイルス感染の疑いがある場合にも有効です。

以下のような症状が出ている場合はウイルスに感染している可能性があるため、初期化を検討してみましょう。

ウイルス感染が疑われる症状
  • Surfaceの動作が急に遅くなった
  • 正常に起動できない、または起動が遅い
  • 見覚えのないアプリがインストールされている
  • 画面に大量のポップアップやメッセージが表示される
  • 見慣れないアプリやWebブラウザが勝手に表示される
かない@パソコン博士

ウイルス感染以外の「動作が重い・不安定」というトラブルも、初期化によって解消される場合があります。

Surfaceを初期化する際の注意点

Surfaceを初期化する際の注意点

Surfaceを初期化することで、一部または全データが削除されてしまうため、以下の点に注意しましょう。

  • データをバックアップする
  • Officeソフトを利用している場合は再インストールが必要

データをバックアップする

Surfaceの初期化後も使い続けたい場合は、必ずデータのバックアップをおこないましょう。

パスワードを忘れてしまった場合を除き、初期化時には「個人用ファイルを保持する」方法と「すべてのデータを削除する」方法の2つから選べます。

かない@パソコン博士

特に、すべてのデータを削除する場合にはバックアップが必須だといえるでしょう。

データをバックアップする際には、外付けハードディスクやUSBメモリ、クラウドストレージサービスなどが利用できます

Officeソフトを利用している場合は再インストールが必要

基本的に、Surfaceを初期化した場合はOfficeソフトも消えてしまうため、再インストールが必要となります。

かない@パソコン博士

再インストールさえおこなえば使えるようになるため、「初期化したらOfficeが消えた」と慌てないようにしましょう

ただし、保存していたExcelやWordなどのデータは消えてしまう可能性が高いため、必要な場合は事前にバックアップしましょう。

Surfaceが初期化できない・進まない場合の対処法

Surfaceが初期化できない・進まない場合の対処法

「Surfaceの初期化が正常にできない」「進まない」といった場合には、以下の対処をおこないましょう。

  • USB回復ドライブを作り直す
  • パソコン修理業者に相談する

USB回復ドライブを作り直す

初期化のために作成したUSB回復ドライブに問題があると、初期化が正常に進まない可能性があります。

かない@パソコン博士

初期化がうまくいかない場合は、再度Microsoftの公式サイトから回復イメージのファイルをダウンロードし、イチから作り直してみましょう

新しくUSB回復ドライブを作っても初期化が進まない場合は、USBメモリが故障している可能性もあるため買い替えも検討しましょう。

パソコン修理業者に相談する

正常に初期化できない場合初期化をしてもSurfaceの不具合が解消されない場合は、パソコン修理業者に相談しましょう。

初期化時に問題が発生する場合、Surface内部のパーツやシステムファイルなどが故障・破損している可能性があります。

かない@パソコン博士

問題を放置すると「起動しなくなった」などのトラブルにつながる恐れもあるため、早めにドクター・ホームネットなどの業者に依頼しましょう。

また、パソコン修理業者によってはSurfaceの処分・リサイクルにも対応しているため、「Surfaceを初期化して処分したい」という場合にもおすすめです。

まとめ

Surfaceを売却する際やログインパスワードを忘れた場合、故障・ウイルス感染が疑われる場合には初期化が有効です。

ただ、初期化の方法によってはすべてのデータが消えてしまうため、データが必要な場合は必ずバックアップをおこないましょう。

「Surfaceの初期化ができない」「初期化したものの不具合が解消されない」という場合は、パソコン修理業者に相談することをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。