「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

グラフィックボードの交換・修理におすすめなパソコン修理業者比較3選

マザーボードの交換・修理におすすめなパソコン修理業者比較3選
かない@パソコン博士

ディスプレイに映像や画像を映すための部品、グラフィックボード(ビデオカード)。画像や映像の解像度(綺麗に映す)を高める部品で、ゲームや動画をパソコンで見たい方にはおすすめの部品です。

ノートパソコンの場合、CPUやマザーボードに直接グラフィックボードが搭載されている(オンボードグラフィック)ため、追加で取り付ける必要はありません。しかし、グラフィックボード(ビデオカード)の経年劣化や寿命により、画面にノイズ画面の色がおかしくなることがあります。

今回はグラフィックボード(ビデオカード)の交換や増設におすすめのパソコン修理業者をご紹介します。

本記事はこんな方におすすめ
  • 普段、パソコンでゲームや映画を見ている方
  • グラフィックボードの増設を考えている方
  • グラフィックボードの破損・故障で交換が必要な方
  • 画面にノイズや画面の色がおかしい症状が出た方

グラフィックボードとは

グラフィックボードとは、ディスプレイに画像や映像を映し出すパーツです。

CPUやマザーボードにグラフィックボードが組み込まれている場合は、オンボードグラフィックと呼ばれています。

かない@パソコン博士

グラフィックボードには、GPUやメモリ、冷却ファンが備わっています。

中でも、GPUはグラフィックボードに組み込まれている中心的なパーツで、画像描写には欠かせない機能を有します。

GPUとは

GPU(Graphics Processing Unit(グラフィックス・プロセッシング・ユニット))とは、画像描写をおこなうためのプロセッサです。

高画質のゲームや動画をサクサク動かす

パソコンに綺麗な動画や画像を映し出すためには、独立したグラフィックボードが必要です。

グラフィックボード・GPUが故障したときの症状

かない@パソコン博士

グラフィックボードの故障は、GPUの不具合が原因になりやすいといわれています。GPUの不具合は故障前の前兆完全に故障したときの症状に特徴があります。

GPUは、故障前の前兆と故障した際の症状で、GPUの異常を疑いましょう。

故障前の前兆
故障した場合の症状
  • 画面にノイズが出る
  • 3Dグラフィックが描かれない
  • 画面の色がおかしい
  • ブロックノイズが出る
  • 画面が乱れ、表示内容がわからない
  • ノイズが広範囲に広がる
  • 一瞬画面が真っ暗になる
  • キーボード・マウスが誤動作する

一般的なノートパソコンは、GPUがCPUやマザーボードに組み込まれていることが多く、GPUの不具合はCPUやマザーボード、グラフィックボードの故障として取り扱われます。

不具合の判定方法(グラフィックボート・GPUどっち?)

かない@パソコン博士

GPUはグラフィックボードに組み込まれているCPUに内蔵されているため、どちらが故障の原因かを特定することは困難です。

GPUの不具合を確認するには、以下の4つの方法があります。

GPUの不具合の確認方法
  • グラフィックボードを取り外し、オンボードGPUから出力する
  • グラフィックボードを取り外し、別のグラフィックボードをつける
  • デバイスマネージャーをチェックする
  • OSを再インストールして、初期状態にする

(独立した)グラフィックボードを取り外して、オンボードGPUから出力する方法があります。正常に画像が表示された場合、独室下グラフィックボード内のGPUの不具合が疑われます。

同様に別のグラフィックボードを取り付けた場合、症状が改善した場合、グラフィックボードのGPUの不具合が発生しています。

かない@パソコン博士

GPUに不具合がある場合、グラフィックボード自体を交換することが一般的です。

デバイスマネージャーを使って、GPUのエラーを調べることも可能です。

▼デバイスマネージャーによる確認方法

コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム → デバイスマネージャーに進む
「ディスプレイアダプター」から使用中のGPUを選択し、右クリックで「プロパティ」を表示
「全般」タブの「デバイスの状態」をチェックk
「問題が発生しましたのでこのデバイスは停止しました」とメッセージが出た場合、GPUに不具合が起きています。

上記の方法で確認できない場合、HDD(ハードディスク)を初期化した上でOSを再インストールします。改善した場合、ソフトウェアの不具合の可能性が高いと判断できます。

かない@パソコン博士

パソコンの初期化はソフトウェアや保存データもすべて抹消されるため、最後の手段となります。その前にパソコン修理業者に相談しましょう。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット

半田割れとは

かない@パソコン博士

GPUのトラブルで、最も多い半田割れという症状があります。

半田割れとは、金属を電気的に接続させるための合金を取り付けている半田ボールが割れる、変形することにより、接触不良が発生して、さまざまなトラブルが発生する原因です。

半田割れは、パソコン内の熱や温度の変化(温度差の激しい場所での使用)、振動、経年劣化によって、発生します。

半田割れを解消するためには、グラフィックボードを取り外します。

半田割れが起きている半田ボールを温めることで隙間を埋める、高熱で加熱して溶かす、新たに半田ボールを取り付ける方法があります。

グラフィックボードに触れるため、注意が必要

半田割れの改善は、ヒートガンを使用する高度な技術が必要です。自分で修理する場合、グラフィックボード本体が破損する恐れがあります。

グラフィックボードの交換におすすめなパソコン修理業者3選

グラフィックボードやGPUの不具合を解消するためには、最低限、パソコンの分解・組み立てができる知識が必要です。

最新のグラフィックボードの価格は10万円以上するため、安易に自分で修理するとグラフィックボード本体を破損し、さらなる不具合を誘発する可能性があります。

かない@パソコン博士

GPUチップ・グラフィックボードの交換は必ずパソコン修理業者に依頼しましょう。

また、グラフィックボードは高価な内部機器に分類されます。「費用が安い」という観点だけ選ばないようにしましょう

「パソコン博士の知恵袋」では、グラフィックボードの交換・修理を依頼するには、3つのパソコン修理業者をおすすめしています。

かない@パソコン博士

各パソコン修理サービスについて、特徴や強みを解説します!

ドクター・ホームネット

【パソコン修理】ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット

ドクター・ホームネットパソコン修理年間14万件以上の実績訪問サポートシェアNo,1を誇るパソコン修理業者大手です。

事前見積もりの徹底データ保護を前提としたパソコン修理サービスに定評があります。

持込修理・訪問修理・宅配修理・預かり修理のすべてのサービスに対応しており、グラフィックボードを含むHDD/SDD/液晶パネル/マザーボードの修理・交換が可能です。

ドクター・ホームネットはHDD・SSD、マザーボードなど起動しない・電源がつかないなどの内蔵機器トラブルに強いパソコン修理業者です。

ドクター・ホームネットの強み
  • データを消さずに修理するがモットー(データ保護)
  • 事前見積もりの徹底
  • 訪問サポートシェアNo.1、年間14万件の高い実績
  • 最短即日・年中無休で対応(全国300拠点)

ドクター・ホームネットは基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が合計の金額となります。

かない@パソコン博士

ドクター・ホームネットでは、グラフィックボードの交換は「マザーボードの交換」修理の費用でおこなっています。

【参考】100度を越えるグラフィックボードを交換修理│ドクター・ホームネット

作業内容交換費用(税込)
グラフィックボード交換
グラフィックボードの交換し、必要なドライバーのインストール
※部品代は別途見積
※マザーボード交換として扱われます。
16,500円
グラフィックボード交換の料金例

したがって、グラフィックボードの交換費用は合計23,100円(税込)~となります。

基本料金(3,300円)環境・トラブル診断料金(3,300円)作業料金(16,500円)23,100円(税込)
※データバックアップ込みの料金です
※持込修理の場合
※部品破損の有無によっては、料金が前後することがあります
※詳細の見積もりは店舗に直接お問い合わせください

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット
ドクター・ホームネット

ドスパラ

ドスパラ
[PR]ドスパラ

ドスパラはBTOパソコンや最新パーツを販売している、有名なパソコン販売会社です。BTOパソコンや自作パソコンに特化した修理に強ため、最新のグラフィックボードやHDD・SSDの交換・修理にも好評があります。

かない@パソコン博士

処理速度の高いBTOパソコン保証対象外となった古いパソコンの修理にも対応してくれます。最新のグラフィックボードの種類も豊富で、お持ちのパソコンやお客さんのご要望に応じたパーツを提供してくれます。

ドスパラの強み
  • BTOパソコンや自作パソコンに強い
  • 最新かつ豊富な種類から適切なグラフィックボードを提案してくれる
  • Windows 11など最新OSのアップグレードも可能

ドスパラでは、作業料金+パーツ料金ですが、状況によっては預かり診断料金7,260円が必要です。

作業内容 交換費用 (税込)
グラフィックボードの交換4,500円
グラフィックボード交換の料金例

したがって、グラフィックボードの交換費用は合計11,760円(税込)~となります。

作業料金(4,500円)預かり診断料金(7,260円)11,760円(税込)
※データバックアップは別料金です
※預かり修理の場合
※別途、交換用グラフィックボードの費用が必要です
※詳細の見積もりは店舗に直接お問い合わせください

【ドスパラ編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコンドック24

パソコンドック24
[PR]パソコンドック24

パソコンドック24は全国75店舗を展開するパソコン修理専門店で、自宅にあるパソコンのトラブルから、企業内のネットワーク構築まで幅広いジャンルの業務をおこなっている会社です。

Mac修理やサポート対象外のパソコン修理を得意としています。

かない@パソコン博士

パソコンドック24は、原則店舗内修理のため、最短即日修理が可能です。

パソコンドック24 の強み
  • 全国75店舗を展開するパソコン修理専門店
  • Mac・サポート対象外修理を得意としている
  • 修理費用がリーズナブル

パソコンドック24では基本的な技術料(診断料・分解・修理料金・交換パーツ料金)+特殊内容料金(特殊技術料金・エクスプレスサービス料金)が必要です。

作業内容 交換費用 (税込)
グラフィックボード交換6,600円~
グラフィックボード交換の料金例

パソコンドック24のグラフィックボード交換はマザーボード交換と同じ料金となると思われます。

したがって、グラフィックボードの交換費用は合計8,700円(税込)~となります。

基本的な技術料(2,200円+6,500円)=8,700円(税込)
※データバックアップは別料金です
※預かり修理の場合
※別途、交換用グラフィックボードの費用が必要です

※詳細の見積もりは店舗に直接お問い合わせください

パソコンドック24 評判

データ保護がモットーのドクター・ホームネットがおすすめ

「パソコン博士の知恵袋」では、グラフィックボードの交換・修理を依頼する、おすすめのパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

ドクター・ホームネットでは、事前見積もりを徹底しており、”データ保護を前提として修理をおこなう”ことをモットーにしています。

ドクター・ホームネットは、他にご紹介したパソコン修理サービスよりも費用は高めですが、安全・安心のパソコン修理が担保されています。

データを消さずに確実にグラフィックボード交換・修理をおこないたい方にはおすすめです。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット

グラフィックボード交換・修理業者比較3選:まとめ

かない@パソコン博士

グラフィックボードの交換・修理は自分でおこなうことは非常に難しいといえます。

グラフィックボードの破損や経年劣化は「パソコンの電源が入らない」など致命的なパソコントラブルにつながりやすいため、早期の対応が必要です。

パソコンの分解・組み立ての知識や経験がない場合は、ご紹介したグラフィックボードの交換・修理に最適なパソコン修理業者3つから選んで、依頼しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。

パソコンが重い・遅い、反応が悪い、フリーズするなど内蔵機器に起因するパソコントラブルを解決してくれます。

ドクター・ホームネットでは、事前見積もりを徹底し、データ保護を前提に内部機器の交換・修理をしてくれます。HDD・SSD(ハードディスク)の交換・取り外し、システムのクリーンアップ、ウイルス駆除・対策の設定をおこなってくれます。東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があるので、即日修理が可能です。

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。