Windows 11アップデートでどんな不具合が起きる?ダウングレード可否や起動しない・ブルースクリーン等などの対処法を解説

かない@パソコン博士

OSやアプリなどのアップデート時には、トラブルや不具合がつきものです。

本記事では、Windows10の公開時に発生した不具合を紹介するとともに、2021年10月5日(火)に提供が開始されるWindows 11へのアップデート時に想定される不具合について解説します。

アップデートができない場合や不具合時の対処法Windows 11へのアップデートに必要な要件についても解説するため、ぜひご覧ください。

2021年9月6日時点の最新情報をお届けします。Microsoft社の公式サイトから得た情報を中心に反映しておりますが、更新タイミングに内容のズレが生じる可能性がございます。ご了承ください。

情報が更新され次第、都度内容を追加・変更いたします。

Windows 11へのアップデートに必要な要件

Windows11へのアップデートに必要な要件

Windows 11にアップデートするためには、Microsoftが定めているシステム要件を満たす必要があります。

システム要件を満たしていないとアップデートはできず、仮にできたとしても不具合の原因となるため、まずはご自身のパソコンが以下の要件を満たしているかを確認しましょう。

対象必要な最小要件
プロセッサ1ギガヘルツ (GHz) 以上で 2コア以上の64ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ4GB
ストレージ64GB以上
システムファーウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMトラステッドプラットフォームモジュール (TPM)バージョン 2.0
グラフィックスカードDirectX 12 以上(WDDM 2.x ドライバー) に対応
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
インターネット接続Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です
【参考】Microsoft

上記の要件を満たしていれば、Windows 10からWindows 11への無償アップデートが可能です。

Windows 11の概要については、以下の記事で詳しく解説しています。

Windows 11 が登場!新機能や無償アップグレードの情報を解説【2021年最新】

Windows 11 アップデートが可能な機種15選

2021年10月5日にWindows 11 にアップデートが可能なパソコン機種が発表されています。

Windows 11 アップデート可能な15機種
  • Acer Swift 5
  • Acer Swift X
  • Asus Zenbook Flip 13 OLED
  • Asus Zenbook 14
  • Alienware X15
  • Alienware X17
  • Dell XPS 13
  • HP Spectre x360 14
  • HP Envy x360 15
  • Lenovo Yoga 7
  • Lenovo Yoga Slim 7i Pro
  • Samsung Galaxy Book Pro
  • Samsung Galaxy Book Pro 360
  • Surface Pro 7
  • Surface Laptop 4

【参考】Windows 11 available on October 5

Windows 10の公開時に発生した不具合

Windows10の公開時に発生した不具合

参考までに、過去Windows 10へのアップデート時に多かった不具合を紹介します。

Windows10の公開時に発生した不具合の一例
  • OSが起動しない
  • 再起動を繰り返して起動できない
  • 画面の表示がおかしい
  • ソフトが正常に動作しない
  • 一部の周辺機器やアプリが動作しなくなった
  • 画面にエラーが表示される
  • セーフモードでの起動ができない
  • インターネットに接続できない
  • アップデートが終わらない
  • アップデート前のOSに戻したら起動しなくなった

Windows10の公開時には、さまざまな不具合が報告されているため、Windows 11へのアップデートにおいても、何らかの不具合が発生する可能性があります。

また、Windows 11では画面デザインの変更や機能追加・廃止などが行われるため、これまで行っていた操作の実行手順が変わることも考えられます。

Windows 11へのアップデートで想定される不具合

Windows11へのアップデートで想定される不具合

Windows10の公開時にはさまざまな不具合が報告されていましたが、その中でもWindows 11へのアップデート時に想定される不具合を4つ紹介します。

Windows 11へのアップデートで想定される不具合
  • パソコンが起動しない
  • ブルースクリーンが出る
  • OS・アプリの動作が不安定
  • Windows10で使用していた機能が使えない

パソコンが起動しない

Windows 11へのアップデートが正常に行われないと、OSファイルが破損してしまい、パソコンが起動しなくなる可能性があります。

起動しない場合の主な症状は、以下の通りです。

パソコンが起動しない場合の具体的な症状
  • 電源ランプがつかない
  • 黒い画面から進まない
  • 再起動を繰り返す
  • パソコン内部のファンは回転しているが起動しない
  • インテル版MacでWindows 11が使えなくなる可能性がある

アップデート中に電源が切れてしまうと、OSファイル破損の原因となるため、ノートパソコンをWindows 11にアップデートする場合は、必ずACアダプタを接続しておきましょう。

Windows10の情報ではありますが、以下の記事にパソコンのアップデート後に起動しなくなる原因と対処法をまとめているため、参考にしてください。

パソコンの再起動が終わらない原因は?すぐできる対処法をわかりやすく解説

パソコンの再起動が終わらない・再起動できない時の【対処方法15選】:Windows10版

ブルースクリーンが出る

Windows 11へのアップデート後に、パソコン自体は起動するもののブルースクリーンが出てしまい、そこから進まなくなることも考えられます。

ブルースクリーンが出る原因として考えられることは、OSやシステムファイルの破損、内蔵HDDの故障などです。

場合によっては、Windows 11へのアップデートではなく、パソコンに接続している周辺機器が原因であるケースもあります。
そのためブルースクリーンが出た場合は、まずは接続している周辺機器をすべて取り外し、再度起動を試みましょう。

ブルースクリーンの原因や対処法については、以下の記事にて詳しく解説しています。

【Windows10版】ブルースクリーンが頻発する原因とは!?初心者でもできる対処法を解説!

ブルースクリーンが頻発する時の対処方法7選と原因別対処方法を解説!エラーコード一覧付き【Windows10対応】

OS・アプリの動作が不安定

Windows 11のOSや機能に不具合があると、OS・アプリの動作が不安定となることも考えられます。

ただしアプリの動作が不安定なのは、Windows 11のOSではなく、使用しているパソコンのスペックに問題がある可能性もあります。

Windows 11には、インストールに必要なシステム要件だけではなく、アプリや機能固有の要件も存在します。

例えば、Windows 11の新機能である「Auto HDR(ゲームグラフィック強化機能)」を使用するためには、HDRモニターが必要です。

また、チャットやオンライン会議ができる「Microsoft Teams」を使用するためには、パソコンにカメラやマイクなどが搭載されている必要があります。

そのほかにも機能ごとに必要な要件があるため、動作が不安定であったり使用できないアプリがある場合は、Microsoftの公式サイトもあわせて確認しましょう。

Windows 10で使用していた機能が使えない

Windows 11では一部の機能が削除・廃止されるため、Windows10で使用していた機能が使えなくなる可能性があります。

タイムラインやタブレットモードなどの機能は、Windows 11では削除されてしまうため注意が必要です。

また、Internet Explorerが無効となるため、普段ブラウザとしてInternet Explorerを利用している方は、ほかブラウザの利用を検討する必要があるでしょう。

インテル版MacでWindows 11が使えなくなる可能性がある

Windows 11のアップグレードには、TPM2.xが要件に含まれており、Macのマザーボードがサポートされていません。そのため、現時点(2021年8月26日時点)では、Windows 11のハードウェア要件を満たせないため、全インテルMacでの利用ができなくなる可能性があります。

一方で、macOS向けの仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 17 for Mac」(米Parallelsを使用すれば、macOS Montereyをサポートした上でWindows 11への最適化が可能とされています。

事前にWindows 11の不具合を確認する方法

Windows 11 はベータ版をすでに公開しており、Windows Insider Program(Microsoft公式)に参加することで、Windows 11のアップグレードのシステム要件を満たしていれば、事前にWindows 11を体感でき、どんな不具合が発生するか、確認することができます。

Windows 11を体感できる3つのチャネル
  1. Windows Dev チャネル(開発者向け)
  2. Windows ベータ チャネル
  3. Windows リリース プレビュー チャネル(品質更新プログラムと主な機能)

Windows Insider Programへの参加への登録には、Microsoft アカウントが必要です。Microsoft アカウントでログインし、登録時に「プログラム契約の条件とプライバシー ステートメント」に同意して送信することで、参加できます。

Windows Insider Programは開発者やパソコンにかなり詳しい人向けです。

想定外の不具合が発生しやすく、正常に作動しないことによるファイルの破損が発生しやすくなります。また、ダウンロードに多くの時間を要し、帯域を占領してしまうため、インターネット速度に悪影響をもたらします。

さらにWindows Insider Programに一度参加すると、事実上やめることができず、Windows 10に戻すには再インストールが必要になります。

ファイルのバックアップや再インストール後に初期化されるプライバシー設定や使用しているアプリの再設定も行わなければなりません。

Windows Insider Programに参加する場合、完全に自己責任で行ってください

Windows 11へのアップデートができない場合の対処法

Windows11へのアップデートができない場合の対処法

Windows 11をインストールするためには必要な要件を満たしていなければならないため、パソコンによってはアップデートに失敗する可能性があります

Windows 11へのアップデートができない場合には、以下4つの対処法をお試しください。

  • HDD・SSDの交換
  • メモリの増設
  • パソコンの買い替え
  • 引き続きWindows10を使用する

HDD・SSDの交換

Windows 11へのアップデートに失敗してしまう場合は、HDDやSSDが故障している可能性があるため、内蔵HDDやSSDの交換も検討しましょう。

また、Windows 11をインストールするためには64GB以上のストレージが必要となるため、空き容量が不足していないかも確認しておく必要があります

空き容量が不足している場合は、外付けHDDやクラウドストレージなどにデータをバックアップし、容量を確保しましょう。

HDD(ハードディスク )にトラブル発生!原因や症状別対処方法を解説

メモリの増設

Windows 11をインストールするためには4GB以上のメモリが必要となるため、メモリ容量が不足している場合は、増設・交換を行う必要があります。

メモリの増設・交換は自分で行うこともできますが、正しく行わないと「パソコンが起動しない」「青い画面が表示される」などの不具合の原因となります

そのためメモリを交換する際は、専門知識をもったパソコン修理業者に依頼することをおすすめします。

メモリ増設・交換後に起動しない?原因と対処方法、交換時の注意点も解説

パソコンの買い替え

内蔵HDDやメモリなど、Windows 11に必要なさまざま要件を満たせていない場合は、新しくパソコンを買い替える方法もあります。

Microsoftの公式サイトによると、2021年の後半からWindows 11を搭載したパソコンが発売予定とされています。

またAmazonやビックカメラ、ヨドバシカメラなどの販売店にて、Windows 11に対応しているパソコンを購入することも可能です。

引き続きWindows10を使用する

Windows 11へのアップデートができず、HDD交換やパソコン修理業者に依頼するコストをかけたくない場合は、引き続きWindows10を使用するという選択肢もあります。

Windows 11のリリース後も、Windows10のサポートは2025年10月14日まで続くため、そのまま使い続けることも可能です。

Windows 11をWindows10に戻すことは可能?

Windows11をWindows10に戻すことは可能?

Windows 11へのアップデート後に不具合が発生した場合は、Windows10に戻すことが可能です。

Microsoftの公式サイトによると、Windows 11にアップデートしてから10日間以内であれば、データを保持したままWindows 10に戻せるとされています。

ただし、10日経ったあとにWindows10へ戻したい場合は、データをバックアップした上でOSのクリーンインストールを行う必要があるため注意が必要です。

さらにアップデート前のOSに戻そうとすると、エラーが発生してしまい正常に起動できなくなる可能性もあります

アップデート・ダウングレード時に不具合が発生した場合は、ドクター・ホームネットなどのパソコン修理業者に相談しましょう。

Windows 11で予想される不具合:まとめ

Windows10の公開時に発生した不具合を踏まえると、Windows 11へのアップデート時にもさまざまな不具合が発生することが考えられます。

Windows 11へのアップデートが正常にできない場合は、まずはご自身のパソコンが必要な要件を満たしているかを確認しましょう。

要件を満たしているもののアップデートできない場合は、パソコンが故障している可能性もあるため、その場合はパソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。