Windows 11をダウングレードする3つの方法を解説

かない@パソコン博士

2021年10月5日に正式リリースされたWindows 11にアップグレードしたものの「かえって使いにくくなってしまった」「不具合が起きてしまった」などの理由から、ダウングレードを検討している方も多いと思います。

今回は、Windows 11からWindows 10に戻す方法とダウングレード時の注意点を解説します。

すでに報告されている不具合について知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

この記事がおすすめな方
  • Windows 11をWindows 10に戻したい
  • Windows 11で不具合が起きた
  • ダウングレードできない場合はどうすればいいのか知りたい

Windows 11からWindows 10に戻す際の注意点

Windows 11からWindows 10に戻す際の注意点

Windows 11をWindows 10にダウングレードする場合は、以下3つの点に注意しましょう。

Windows 11からWindows 10に戻す際の注意点
  1. データのバックアップをとる
  2. Windows 10のサインインパスワードを事前に確認する
  3. アップグレードから10日以上経過している場合は手順がやや複雑に

➀データのバックアップをとる

Windows 11をダウングレードする際は、事前に外付けハードディスクやUSBメモリなどにデータをバックアップしましょう。

ダウングレード中にトラブルが起きると、パソコン内のデータが消えてしまう可能性があります。

アップグレードから10日以上経っている場合は注意!

10日以上経っている場合は、ダウングレードするためにクリーンインストールが必要となります。クリーンインストールをおこなうとデータやアプリ、設定などが削除されてしまうため、必ずバックアップをおこないましょう。

➁Windows 10のサインインパスワードを事前に確認する

Windows10を使用していた際にパスワードを使ってサインインしていた場合は、そのパスワードを確認しておきましょう。

Windows 11をダウングレードすると、過去に使用していたWindows 10へのサインインが求められるため、パスワードを忘れているとログインできなくなってしまいます

③アップグレードから10日以上経過している場合は手順がやや複雑に

Windows 11にアップグレードしてから10日以内の場合は、比較的簡単にダウングレードできますが、10日以上経過している場合はクリーンインストールが必要となり、手順が複雑になります。

クリーンインストールをおこなうにはUSBメモリやDVDなどのメディアを用意し、インストールメディアを作成しなければなりません。

かない@パソコン博士

アップグレードから10日以上経過している場合は、作業時間を確保してからおこないましょう。

Windows 11からWindows 10にダウングレードする3つの方法

Windows 11からWindows 10にダウングレードする方法

Windows 11からWindows 10にダウングレードする、具体的な方法について解説します。

Windows 11にアップグレードしてから10日以内であれば「回復画面からダウングレードする方法」を利用できますが、10日以上経過している場合は「インストールメディアを使用する方法」となります。

ご自身の状況にあった方法をお試しください。

Windows 11からWindows 10にダウングレードする方法
  1. 回復画面からダウングレードする方法
  2. インストールメディアを使用する方法
  3. 新しく購入したパソコンのダウングレードは可能?

方法➀ 回復画面からダウングレードする

Windows 11にアップグレードしてから10日以内で、回復画面からダウングレードする方法は以下の通りです。

デスクトップ画面の下にある「スタート(Windowsのロゴ)」を右クリック
表示された画面にて「設定」をクリック
設定画面が表示されたら「システム」を選択し、右のメニューにある「回復」をクリック
表示された「復元」をクリック

※「復元」がクリックできない状態になっている場合は、何らかの原因で回復画面からのダウングレードができません。「インストールメディアを使用する方法」をお試しください。

「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」という画面が表示されたら、該当する理由にチェックを入れ、「次へ」をクリック
「アップデートをチェックしますか?」という画面が表示されたら、右下にある「おこなわない」を選択

※「アップデートの確認」を選択しWindowsを最新の状態にすることで、Windows 11で起きていたトラブルが解消する可能性があります。

「知っておくべきこと」という画面が表示されたら、内容を確認し「次へ」をクリック
「ロックアウトされないようにご注意ください」という画面にて「次へ」をクリック
かない@パソコン博士

ここで必ず、以前利用していたWindows10のサインインパスワードを確認しましょう。

「Windows11をお試しいただきありがとうございます」という画面が表示され、ダウングレードして問題なければ「Windows 10に復元する」を選択

以上で、自動的にWindowsの復元・再起動が実行され、Windows10の状態に戻るため、問題なく動作するかを確認しましょう。

方法② インストールメディアを使用する方法

Windows 11にアップグレードしてから10日以上経過している場合は、以下の手順に沿ってクリーンインストールをおこないましょう。

データやアプリなどのバックアップをおこなう

※インストールメディアを使用する場合はOSのクリーンインストールをおこなうため、データや設定などが削除されてしまいます。

メディアをインストールするためのUSBメモリやDVDなどをパソコンに接続する(空き容量8GB以上が必要)
Microsoftの公式サイトにて「ツールを今すぐダウンロード」をクリックし、インストールメディア作成ツールをダウンロードする
かない@パソコン博士

すでにインストールメディアを用意できている場合は、「STEP9」以降の手順をご確認ください。

「MediaCreationTool21H2」というプログラムがダウンロードされたら実行する
「適用される通知とライセンス条項」画面が表示されたら「同意する」をクリック
「適用される通知とライセンス条項」画面
「実行する操作を選んでください」という画面が表示されたら、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択し「次へ」をクリック
「実行する操作を選んでください」画面
「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面にて「次へ」クリック
「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面
「使用するメディアを選んでください」画面が表示されたら、ご自身が用意しているメディアを選択し「次へ」をクリック

※USBフラッシュドライブを選択する場合、USBメモリにあるデータは削除されるため注意が必要です。

インストールメディアが作成されたら、メディアを接続したままパソコンを再起動する
再起動すると「Windowsのインストール」画面が表示されるので、画面の指示に沿ってWindows 10をインストールする

方法③ 新しく購入したパソコンのダウングレードは可能?

最近では、ビックカメラやケーズデンキなどの販売店で、Windows 11搭載モデルのパソコンも販売されています。

かない@パソコン博士

新しくパソコンを買ったものの、Windows 11搭載モデルだと知らずに購入してしまい「Windows 10に戻したい」と思う方も多いのではないでしょうか?

購入したパソコンのモデルやダウングレード権の有無によっては、Windows 11からWindows 10にダウングレードすることは可能です。

ダウングレード権が付与されていないパソコンなどの場合は、新しくWindows 10を購入してインストールするか、メーカーにダウングレード可否を問い合わせる必要があります。

Windows 11がダウングレードできない場合の対処法

Windows 11がダウングレードできない場合の対処法

ダウングレードの作業中にトラブルが発生した場合や、手順が複雑でWindows10戻せない場合などは、パソコン修理業者に相談しましょう。

ドクター・ホームネット」などのパソコン修理業者なら、パソコンに関するさまざまなトラブルだけではなく、「Windows 11からWindows 10に戻したい」というお悩みにも対応しています。

安全かつ確実にダウングレードしたいなら、パソコン修理の専門家である業者に依頼しましょう。

トラブルを自力で解決しようとすると故障リスクも!

Windows 11のダウングレードなど、OSに関わるトラブルは、自力で対応すると「起動しなくなった」「データが消えてしまった」などの問題に発展する恐れもあります。

ドクター・ホームネット 評判・口コミ

まとめ

Windows 11へアップグレードしてから10日以内であれば、回復画面から簡単にダウングレードできます。

しかし、10日以上経過している場合はインストールメディアを使って、OSのクリーンインストールをおこなわなければなりません。

クリーンインストールの手順はやや複雑となるため、不安がある方はパソコン修理業者に依頼するとよいでしょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネットをおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。