「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

Surfaceを強制終了して起動しないトラブルを解決

Surfaceを強制終了するにはさまざまな方法があり、モデルによっても方法が異なるため「強制終了のやり方がわからない」とお悩みの方も多いでしょう。

かない@パソコン博士

Surfaceを強制終了することで「正常に起動しない」などのトラブルを解決できる場合があります。

今回は、Surfaceの強制終了が有効な症状やトラブル、Surfaceを強制終了する方法、強制終了してもトラブルが解消しない場合の対処法などを解説します。

本記事はこんな方におすすめ
  • Surfaceを強制終了する方法が知りたい
  • Surfaceに起きているトラブルを解決したい
  • 強制終了しても問題が解決しない場合の対処法を知りたい

Surfaceの強制終了が有効な症状・トラブル

Surfaceの強制終了が有効な症状・トラブル
かない@パソコン博士

Surfaceを強制終了することで、以下のPCトラブルを解決できる可能性があるため、当てはまるものがないかをご確認ください

Surfaceの強制終了が有効な症状・トラブル
  • 画面が暗いまま
  • 白い点がくるくるして起動しない
  • ロゴが表示されたままで起動しない
  • Windows更新後の再起動が終わらない
  • 再起動を繰り返す・ループする

画面が暗いまま

「電源ボタンを押したのに画面が真っ暗」「Surfaceの画面がつかない」などの症状が出ている場合は、強制終了により解決できる可能性があります。

かない@パソコン博士

Surfaceの画面が暗いままな場合に考えられる原因は、以下の通りです。

Surfaceの画面が暗いままになる原因
  • 電力不足
  • OSやシステムファイルなどの破損
  • 電源ボタンや液晶パネルなど、パーツの故障

起動に必要な電力が不足している可能性もあるため、電源ボタンを押してもSurface本体や内部のファンが動いていないようなら、まずは充電もお試しください

また、液晶パネルが故障していると電源を入れてもSurfaceの画面が暗いままとなってしまうため、外部モニターに接続して画面がつくかを確認することも有効です。

かない@パソコン博士

充電や外部モニターの接続を試しても解決しないなら、一部的なトラブルである可能性があるため、強制終了をお試しください。

白い点がくるくるして起動しない

Surfaceの電源を入れた後、画面の中央付近やロゴの下で白い点がくるくるして、起動できない場合があります

かない@パソコン博士

白い点がくるくるしている場合は、ソフトウェアやOSファイルなどに一時的な問題が発生している可能性が高いです。

ただ、WindowsがOSの更新処理をおこなっている可能性もあるため、まずは30分~1時間ほど時間をおいてみましょう。

時間が経っても処理が終わらないのであれば、強制終了もお試しください。

ロゴが表示されたままで起動しない

「白い点がくるくるして起動しない」に似た症状として多いのが、「画面にロゴが表示されたままで起動しない」という症状です。

場合によっては「ロゴが点滅している」「ロゴが一瞬だけ表示される」という症状が現れるケースもあります。

かない@パソコン博士

ロゴに関するトラブルが起こっている場合は、Surfaceの起動プロセスに問題が発生しているかもしれません。1度強制終了することで、正常に起動できる可能性があります。

Windows更新後の再起動が終わらない

WindowsのOSを更新した後の再起動が終わらない場合は、更新プログラムのインストールなどで問題が発生している可能性があります。

かない@パソコン博士

ただ、更新に時間がかかっていることも考えられるため、まずは少し時間をおいてみることをおすすめします。

時間が経っても処理が終わらない場合は、強制終了をおこないましょう。

「再起動が終わらない」トラブルはWindows 11が関係している?

Windows 11ではさまざまなトラブルが報告されています。Windows 11へのアップグレード時にトラブルが起きたなら、ドクター・ホームネットなどの専門業者に相談しましょう。

再起動を繰り返す・ループする

Surfaceを起動、もしくはシャットダウンした後に、再起動を繰り返しループしてしまうこともあります。

かない@パソコン博士

再起動を繰り返す場合に考えられる原因は、ハードウェアのトラブルやOSの破損などさまざまです。

再起動を繰り返してしまうようであれば、強制終了や再起動などをおこなうことで解決できる可能性があります。

なお、Surfaceが正常に起動できない場合の対処法は以下の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【モデル別】Surfaceを強制終了する方法

【モデル別】Surfaceを強制終了する方法
かない@パソコン博士

Surfaceを強制終了するには、主に「電源ボタンのみを使う方法」と「ツーボタンを使う方法」の2つがあります。

Surfaceのモデルによっておこなうべき方法が異なるため、それぞれの手順と、適しているモデルを解説します。

強制終了は何度もおこなわないように注意

強制終了をするとSurfaceに負担がかかります。何度もおこなうとデータ消失システムファイル故障などのトラブルにつながるため、試行回数はできる限り最小限に抑えましょう

電源ボタンのみを使う方法

電源ボタンのみを使う方法は、下記のモデルに対して有効です。

「電源ボタンのみを使う方法」が有効なモデル
  • Surface Pro(第 5 世代、6、7、7+、8、X)
  • Surface Pro X (Wi-Fi)
  • Surface Laptop (第 1 世代、2、3、4、Go、Studio、SE)
  • Surface Book 2、3
  • Surface Go(すべてのモデル)、Surface Go 2(すべてのモデル)、Surface Go 3
  • Surface Studio(第 1 世代、2)
かない@パソコン博士

上記のモデルに該当する場合は、以下の手順で強制終了をおこないましょう。

Surfaceがシャットダウン・再起動するまで電源ボタンを長押し(20秒ほど)
画面にWindowsのロゴが表示されたら、電源ボタンを離す

ツーボタンを使う方法

下記のモデルに当てはまる方は、「電源ボタン」と「音量アップボタン」の2つを使った強制終了をおこないましょう。

「ツーボタンを使う方法」が有効なモデル
  • Surface Pro 2、3、4
  • Surface Book
  • Surface 2、3
  • Surface RT
かない@パソコン博士

ツーボタンによる強制終了の手順は、以下の通りです。

電源ボタンを30秒ほど長押しした後に、電源ボタンを離す
同時に電源ボタンと音量アップボタンを押し、画面が消えるまで押し続ける(15秒ほど)

※画面にロゴが表示されても、最低でも15秒は押し続けましょう

画面がオフになったら両方のボタンを離す

完全シャットダウンの手順

通常の強制終了・シャットダウンでトラブルが解決しない場合は、完全シャットダウンをおこなうことで解消される可能性があります

かない@パソコン博士

通常のシャットダウンは一部のシステム情報や操作状況を保持しますが、完全シャットダウンはそれらを保持せず、接続している周辺機器なども含め完全に電源を切ります

Surfaceを完全にシャットダウンする手順は、以下の通りです。

画面左下にある「Windowsのロゴ」ボタンをクリック
電源のアイコンをクリック
メニューが表示されたら「Shift」キーを押しながら「シャットダウン」をクリック

完全シャットダウンした後は、起動に少し時間かかる場合があるため注意しましょう。

Surfaceが強制終了できない場合の対処法

強制終了や完全シャットダウンなどができない場合は、Surfaceに接続している周辺機器に問題があることが考えられます。

かない@パソコン博士

まずは接続している周辺機器を取り外し、強制終了をお試しください。

周辺機器を外しても強制終了ができず、画面の操作も行えない場合は、Surfaceを初期化することで解決できる可能性があります

初期化の方法は以下の記事で解説していますが、初期化をするとデータが消えてしまうため注意しましょう。

強制終了してもSurfaceのトラブルが解消しない場合は?

【パソコン修理】ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット

強制終了してもSurfaceのトラブルが解消しない場合は、ドクター・ホームネットなどのパソコン修理業者に相談しましょう。

かない@パソコン博士

自力で解決したいからといって何度も強制終了すると、「Surfaceのデータがすべて消えた」「まったく起動しなくなった」などのトラブルにつながる可能性があります。

また、強制終了をおこなってもトラブルが解決しないのであれば、OSやシステムファイル、内部パーツなどの故障も考えられます。

ドクター・ホームネットなどのパソコン修理業者なら、データを保護しながらトラブルに合った対応をおこなってくれます。

電話での無料相談もできるため、Surfaceのトラブルを解決したいなら、まずは気軽に相談してみましょう。

ドクター・ホームネット 評判・口コミ

まとめ

「画面が暗い・フリーズした」「ロゴが表示されたままで起動しない」などの症状が出ている場合は、Surfaceを強制終了することで解決できる可能性があります。

ただし、強制終了を何度もおこなうとSurfaceのデータがすべて消えたり正常に起動しなくなったりする恐れもあります。

データを消さずにSurfaceのトラブルを解決したいなら、まずは無料でパソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。