Mac初期化の方法とは?初期化のタイミングや事前準備・注意点も解説

Mac初期化の方法とは?初期化のタイミングや事前準備・注意点も解説
かない@パソコン博士

「Macが重い」、「調子が悪い」と感じる場合は、Macを初期化することで解決する可能性があります。

本記事では、Macの初期化手順や必要な準備、注意すべき点などを解説します。

Macを初期化するべきタイミングも解説しますので、「初期化しようか悩んでいる」という方も、ぜひご覧ください。

どんなときにMacを初期化するべき?

初期化とは、Macを初期状態(新規購入時の状態)に戻すことです。

本体をリセットすることになるため、Mac内に保存したデータは削除されてしまいますが、場合によってはMacの動作が早くなる可能性もあります

以下の状況に当てはまるなら、Macの初期化がおすすめです。

Macを初期化すべきタイミング
  • Macを手放す
  • Macの動作速度が遅いと感じる
  • ウイルスに感染してしまった
どんなときにMacを初期化するべき?

Macを手放す

売却や廃棄など、Macを手放す際には必ず初期化を行う必要があります。

Macにデータが残っているまま売却すると、売却先や新しい購入者にログイン情報や個人情報、業務で使用したデータなどが流出してしまう可能性があるからです。

単純な削除操作やフォーマットを行っただけでは、ディスク内にデータが残っているため復旧ソフトを使うことでデータを取り出せてしまいます。

個人情報や会社の内部情報の漏えいを防ぐためにも、Macを手放す際は初期化を行いましょう。

パソコンの初期化(リカバリ)とは?購入時の状態に戻す方法やメリットなどを解説!

パソコンの初期化(リカバリ)とは?購入時の状態に戻す方法やメリットなどを解説!

Macの動作速度が遅いと感じる

Macの動作速度が遅いと感じているなら、初期化をすることで動作が早くなる可能性があります

Macが重くなる主な原因は、使い続けることによる不要なデータの蓄積や、ディスクの空き容量が少なくなることが挙げられます。

初期化では不要なデータを削除できるため、空き容量が増え動作の高速化に繋がります。

Macのブル―スクリーン

Macが重い!原因や対処方法を画像付きで解説

ウイルスに感染してしまった

Macがウイルスに感染してしまった場合、対処方法として初期化もひとつの手段です。

ほとんどの場合、ウイルスはMac本体ではなくOSやユーザープロファイルに感染しているため、初期化をすることでウイルスも除去できます

Macを使用していて以下の症状が見られる場合は、ウイルス感染を疑いましょう。

ウイルス感染が疑われる症状
  • Macが勝手に動く
  • Macの動作が極端に遅い
  • 操作していないにもかかわらずポップアップが表示される
  • 見知らぬアプリが勝手に起動する
  • インストールした覚えのないアプリがある

初期化をしてもMacの異常が解消されない場合は、パソコン修理業者に依頼しましょう。

ウイルス感染後の対応方法とは?パソコントラブル現象や感染経路も解説!

Macを初期化する手順

Macを初期化するためにはインターネットに接続する必要がありますので、接続状況を確認してから作業を行ってください。

Macをインターネットや電源に接続したら、以下の手順に沿って初期化を進めましょう。

Macを初期化する手順
  1. メニューバー(リンゴマーク)から「再起動」を選択し再起動を行う
  2. 「地球」もしくは「リンゴ」のアイコンが表示されるまで「Command+R」を押し続ける
  3. OSのユーティリティ画面が表示されたら「ディスクユーティリティ」を選択
  4. 「続ける」をクリック
  5. 初期化したいディスクを選択し、画面上部の「消去」をクリック
  6. フォーマットのポップアップが表示されたら「Mac OS拡張フォーマット」もしくは「APFS」を選択する
  7. 名前を入力し「消去」をクリック
  8. 消去が完了したらメニューバーの「ディスクユーティリティ」から「ディスクユーティリティを終了」を選択

Macのデータを消去したら、最後にOSの再インストールをしなければなりません

OSのユーティリティ画面から「OSを再インストール」を選択し、インストールを行ってください。

Macを初期化する手順

Macを手放す際にやっておくべき準備

Mac売却したり処分したりする場合には、初期化する前に以下の準備を行いましょう。

Macを手放す際にやっておくべき準備
  • iTunesやiCloud、iMessageからのサインアウト
  • Bluetoothのペアリング解除
  • データのバックアップ

ログインしているアプリからはサインアウト・認証解除を行い、各種アカウントのログイン情報も必ずひかえておいてください

またBluetoothデバイスの誤作動を防ぐため、ペアリングを解除することも重要です。

準備やMacの初期化が完了したら、パソコンの買取業者や修理業者、Appleなどに依頼して売却・廃棄を行いましょう。

Macを手放す際にやっておくべき準備

Macを初期化する際の注意点

Macの初期化に失敗すると、「起動しない」「処理が終わらない」といったトラブルが発生する可能性があるため、初期化の際は以下5つのポイントに注意しましょう。

  • データのバックアップを取る
  • 電源に繋いで初期化を行う
  • インターネットに接続しておく
  • 各種アカウントのログイン情報をひかえておく
  • ウイルスソフトを再インストールする
Macを初期化する際の注意点

データのバックアップを取る

Macを初期化すると、保存しているデータがすべて削除されてしまうため、必要なデータは必ずバックアップを取りましょう

外付けハードディスクやUSBメモリにデータを移動するのが一般的ですが、「Googleドライブ」や「Dropbox」などのクラウドストレージを使うこともできます。

パソコンのバックアップをクラウドに保存する方法は?クラウドの意味や種類も解説!

電源に繋いで初期化を行う

Macの初期化には時間がかかるため、電源に繋いで初期化しましょう。

初期化やOSのインストール中にバッテリーが切れてしまうと、ソフトウェアやディスク内のデータが破損する可能性があります。

データが破損すると、初期化後にMacが起動しなくなる場合があるため、必ず電源に接続して作業を行ってください。

インターネットに接続しておく

Macの初期化ではOSの再インストールも行うため、インターネットに接続しておく必要があります。

OSのダウンロード中にインターネットが切断されると「インストールが終わらない」といったトラブルの原因となります。

そのため初期化をする際は、安定したインターネット環境のもとで作業を行いましょう。

macOSのアップデートが終わらない!原因と対処方法3つを解説

macOSのアップデートが終わらない!原因と対処方法3つを解説

各種アカウントのログイン情報をひかえておく

初期化を行うと、ブラウザのキャッシュやアプリの設定ファイルも削除されるため、事前に各種アカウントのログイン情報をひかえておきましょう。

普段、アプリやWebサービスを利用する際に自動ログインを行っている方は、特に注意が必要です。

ウイルスソフトを再インストールする

Macを初期化をすると、初期化前に使用していたソフトやアプリも削除されるため、ウイルスソフトを再インストールする必要があります

脆弱性を放置するとウイルス感染のリスクがあるため、忘れずに行いましょう。

【2021年最新版】ウイルス対策ソフト5選を徹底比較!価格・機能のほか、選び方や必要性を併せて解説

Macの初期化ができない・失敗した場合の対処方法

Macの初期化作業でトラブルが発生したら、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン修理業者は「初期化をしたらMacが起動しなくなった」「動作が重い」などの、幅広いトラブルに対応しています。

また業者によっては、持ち込み修理のほかに宅配修理や出張修理サービスを行っている場合もあるため、Macを店舗まで持ち運ぶ手間がかかりません。

無理に自分で解決しようとすると、ディスクに負担をかけてしまいデータが消失してしまう可能性があるため、注意しましょう。

Macに故障が発生している場合は、解決を試みることで症状が悪化する可能性もありますので、早い段階でパソコン修理業者に依頼することをおすすめします。

Macの初期化:まとめ

Macを売却・廃棄する場合は、個人情報やデータの流出を防ぐため、初期化をする必要があります。

初期化をすることでMacの動作が早くなる可能性もあるため、「動作が重い」と悩んでいる方はぜひお試しください。

ただし初期化に失敗してしまうと、データが消えてしまったり、Macが起動しなくなったりといったトラブルも発生します。

自分で初期化するのが不安な方や、初期化でトラブルが発生してしまった方は、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれもすぐの対応が可能です。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。