キーボードで変換できない!パソコンに一体何が?原因と対処法まとめ

かない@パソコン博士

パソコン使用の際に欠かせないキーボードですが、今まで通りに変換できなくなってしまった経験はありませんか?

全く変換できない、漢字変換できないなどさまざまなケースがありますが、設定の見直しや修復で解決する場合もあります。

今回はキーボードで正しく変換できない・誤変換されるトラブルについて、対処法と原因を解説します。

本記事は2022年9月27日時点の最新情報を掲載しております。

本記事はこんな方におすすめです
  • キーボードの変換ができず(変換がおかしく)困っている
  • キーボードで変換できない場合の対処法を知りたい
  • キーボードで変換できない場合の原因を知りたい

キーボードで変換できない場合の対処法

キーボードで変換できない場合の対処法-1

キーボードの変換がおかしい、変換ができない場合は、以下の対処法が有効です。

キーボードの状態を確認する

キーボードそのものが不具合を起こしている場合、正常な動作をしないことがあります。

キーボードが壊れているか確認するために、まずは以下の対処法を試してみましょう。

キーボード不良が疑われる場合の対処法
  • キーボードのケーブルが断線、または接触不良を起こしていないか確認する
  • キーボードのケーブルを外し、もう一度接続する
  • パソコンに接続しているすべての周辺機器を取り外し、パソコンを再起動する
監修者 薮内

デスクトップパソコンの場合の対処方法です。ノートパソコンの場合は別の対処方法を試しましょう。

キーボードを交換する

交換可能なキーボードがあれば、接続して変換を試してみましょう。

使用しているキーボードに問題がある場合、他のキーボードであれば正常に動作させることが可能です。

かない@パソコン博士

キーボードの交換は、「キーボードとパソコンのどちらに問題があるのか」を判断するためにも有効です。

デバイスドライバを更新する

ドライバのバージョンが古かったり破損していると、キーボード入力に不具合を起こすことがあります。

以下の手順で、デバイスドライバを更新しましょう。

Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「デバイスマネージャー」をクリックします。
デバイスドライバを更新する-1
デバイスマネージャー画面が表示されたら、「キーボード」横の「>」をクリックすると、ドライバの一覧が表示されます。
デバイスドライバを更新する-2
更新するドライバを右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。
デバイスドライバを更新する-3
「ドライバーの更新」画面が表示されたら、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。
デバイスドライバを更新する-4
メッセージが表示されるので、そのまましばらく待ちます。
デバイスドライバを更新する-5
「ドライバーが正常に更新されました」と表示されたら、「閉じる」をクリックすれば終了です。
デバイスドライバを更新する-6

入力モードを切り替える

IMEの入力モードが「ひらがな」もしくは「カタカナ」になっていない場合は、漢字変換ができません。

IMEの入力モードを確認し、入力モードを切り替えることで漢字変換が可能になります。

入力モードを切り替える

変換モードを切り替える

IMEの変換モードが「無変換」になっている場合は、変換ができません。

IMEを確認し、変換モードを「一般」に切り替えることで変換が可能になります。

かない@パソコン博士

変換モードの切り替えは、「入力した文字が変換されずにそのまま確定される」「スペースを押して変換できない」場合に有効です。

変換モードを切り替える

IMEの設定を規定値に戻す

気付かないままショートカットキーを押してしまい、IMEの設定が変更されてしまう場合があります。

IMEの設定を初期化することで、問題を改善できるか確認しましょう。

タスクバーの通知領域のIMEアイコンを右クリックし、メニューの中から「プロパティ」をクリックします。
IMEの設定を規定値に戻す-1
「Microsoft IMEの設定」画面が表示されたら、「詳細設定」をクリックします。
IMEの設定を規定値に戻す-2
「その他」タブをクリックし、「プロパティの設定を規定値に戻す」をクリックします。
IMEの設定を規定値に戻す-3
メッセージが表示されたら、「はい」をクリックすれば完了です。
IMEの設定を規定値に戻す-4

IMEの学習履歴を削除する

IMEが学習記録を使用して変換をおこなっている場合、学習記録に不具合が発生すると正しく変換できなくなります

学習履歴を削除して問題が改善されるか試してみましょう。

タスクバーの通知領域のIMEアイコンを右クリックし、メニューの中から「プロパティ」をクリックします。
IMEの学習履歴を削除する-1
「Microsoft IMEの詳細設定」画面が表示されたら、「詳細設定」をクリックします。
IMEの学習履歴を削除する-2
「辞書/学習」タブをクリックし、「学習設定」欄の「学習情報の消去」をクリックします。
IMEの学習履歴を削除する-3
メッセージが表示されたら、「はい」をクリックすれば完了です。
IMEの学習履歴を削除する-4
かない@パソコン博士

上記の方法で問題が解決した場合は、「学習設定」欄から「学習する」のチェックを外しましょう。

以前のバージョンのIMEを使用する

これまでご紹介したようなIMEの設定変更でも改善が難しい場合は、以前のバージョンのIMEを使用することで解決する可能性があります。

かない@パソコン博士

以前のバージョンのIME使用は、スペースキーを押しても2回しか変換できない場合にも有効です。

Windowsロゴをクリックし、設定(歯車のマーク)をクリックします。
「時刻と言語」をクリックします。
以前のバージョンのIMEを使用する-2
「言語」タブから、「日本語」をクリックして「オプション」をクリックします。
以前のバージョンのIMEを使用する-3
「Microsoft IME」をクリックして「オプション」をクリックします。
以前のバージョンのIMEを使用する-4
「全般」をクリックします。
以前のバージョンのIMEを使用する-5
「互換性」にある「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにします。
以前のバージョンのIMEを使用する-6

ユーザー辞書を修復する

IMEでは変換の学習記録やユーザー辞書を使用していますが、ユーザー辞書に不具合があるとキーボードの変換が正しくおこなわれない場合があります。

この場合、ユーザー辞書を修復することで元通りに変換できるようになる可能性があります。

タスクバーの通知領域のIMEアイコンを右クリックし、メニューの中から「プロパティ」をクリックします。
ユーザー辞書を修復する-1
「Microsoft IMEの詳細設定」画面が表示されたら、「詳細設定」をクリックします。
ユーザー辞書を修復する-2
「辞書/学習」タブをクリックし、「辞書の修復」欄の「修復」ボタンをクリックします。
ユーザー辞書を修復する-3
メッセージが表示されたら、「はい」をクリックすれば完了です。
ユーザー辞書を修復する-4

予測入力機能を無効にする

IMEにはキー入力補助を目的とした予測入力機能が搭載されていますが、予測入力機能に不具合が発生していると正しく変換されない場合があります。

予測入力機能を無効にして、改善されるか確認しましょう。

かない@パソコン博士

予測入力機能を無効化は、予測変換がおかしい場合に有効です。

タスクバーの通知領域のIMEアイコンを右クリックし、メニューの中から「プロパティ」をクリックします。
予測入力機能を無効にする-1
「Microsoft IMEの設定」画面が表示されたら、「詳細設定」をクリックします。
予測入力機能を無効にする-2
「予測入力」タブをクリックし、「予測入力を使用する」のチェックを外して「OK」をクリックすれば完了です。
予測入力機能を無効にする-3

不要なIMEを削除する

Windowsでは複数のIMEが利用できますが、不要なIMEがあることで変換に不具合が発生している可能性があります。

以下の手順で不要なIMEを削除し、問題が解決するか確認しましょう。

Windowsロゴをクリックし、設定をクリックします。
不要なIMEを削除する-1
設定画面が表示されたら、「時刻と言語」をクリックします。
不要なIMEを削除する-2
「日付と時刻」画面が表示されたら、左のメニューから「言語」をクリックします。
不要なIMEを削除する-3
「言語」画面が表示されたら、「優先する言語」の「日本語」をクリックします。
不要なIMEを削除する-4
「オプション」をクリックします。
不要なIMEを削除する-6
「言語のオプション」画面が表示されたら、「キーボード」を確認します。
キーボードで変換できない場合の対処法-16
「Microsoft IME」以外の項目が追加されていたら、クリックしてメニューを展開し、「削除」をクリックすれば完了です。

違うアプリケーションでチェックする

使用しているアプリケーションの問題によって、キーボード入力が正しくできない場合もあります。

メモ帳やワードなどほかのアプリケーションを起動し、正しく入力できるかどうか確認してみましょう。

かない@パソコン博士

ほかのアプリケーションで入力できる場合は、使用していたアプリケーションの設定やドライバなどに問題があると考えられます。

パソコンを再起動する

キーボード入力にトラブルが発生している場合、パソコンを再起動することで問題が改善されることがあります。

キーボードをはじめとするすべての周辺機器を取り外し、パソコンを再起動してみてください。

Windowsロゴをクリックし、電源マークを右クリックします。
一覧の中から再起動をクリックすれば終了です。
パソコンを再起動する-2
監修者 薮内

物理的な故障の場合は強制終了・再起動では改善しないので、何度も電源のオン・オフを繰り返さないようにしましょう。

キーボードで変換できない・誤変換される原因

キーボードで変換できない・誤変換される原因

キーボードで入力中に漢字変換ができない、誤変換される場合に考えられる主な原因は、以下の4つです。

変換モードの設定

Windows10では、Microsoft IMEを使用して漢字変換を行います。

漢字変換ではWindows10に搭載されているさまざまな辞書を使用しますが、その辞書が切り替わっていたらそれまでと同じような変換ができなくなります

かない@パソコン博士

まったく変換ができない場合、キーボード操作のミスで変換モードが「無変換」になっていることも考えられます。

IMEの不具合

パソコンの漢字変換は、IMEを介してひらがなから漢字に変換されます。

このため、IMEに不具合が発生したり設定が変更されたりすると漢字変換ができなくなります

アプリケーションの不具合

かない@パソコン博士

文字入力を行っているアプリケーションは、入力可能な箇所で制御を行っています。

たとえば入力欄が数値入力専用になっている場合、数値しか入力できず漢字の入力はできなくなります。

入力モードが半角に切り替わっている場合も、漢字入力はできません。

また特定のアプリケーションで漢字変換ができない場合、そのアプリケーションに不具合が発生している可能性も考えられるでしょう。

デバイスドライバの不具合

キーボードはパソコンの中で周辺機器の位置づけとなり、デバイスドライバと呼ばれるソフトウェアを介し、入力した情報がパソコンに伝えられています。

デバイスドライバに不具合が発生していると正しく情報が伝えられないため、 思い通りの変換をできないことがあります。

キーボードで変換できない:まとめ

今回はキーボードで正しく変換できない・誤変換されるトラブルについて、対処法と原因を解説しました。

今回紹介した対処法をおこなっても改善されない場合は、パソコンやキーボードそのものに問題があることも考えられます。

パソコン本体が故障している場合トラブルが深刻化することも考えられるため、早めにパソコン修理業者で原因を診断してもらうことをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
監修者情報

薮内貴之

ITシステムコンサルタント。システムの導入のみならず、社内情シスの体制づくりや社内システムの運用サポートを経験。パソコンの手配やトラブル対応(ハードウェア含む)まで従事。

【保有資格】
応用情報技術者、プロジェクトマネージャー、ITサービスマネージャー、AWS Certified Solutions Architect – Associate

パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。