パソコンのキーボードが打てない!入力できない原因と対処法をわかりやすく解説

パソコンでキーボードを入力している最中に、キーボードが突然反応しなくなったり、入力したキーとは異なる文字が表れると、もしかしてパソコンが故障した?と思いますよね。
パソコンの不具合を疑う人も多いですが、実際はキーボードに問題がある場合も少なくありません。

今回は、パソコンのキーボードが打てない現象が表れる原因と、その対処法について解説します。

パソコンのキーボードが打てない・入力できない原因

パソコンのキーボードが打てない場合、キーボードとパソコンのどちらかに問題があると思われます。
考えられる主な原因は、以下のとおりです。

  • キーボードの不具合
  • USBポート・端子の不具合
  • ケーブルの接触不良
  • 入力システムの不具合
  • デバイスドライバの不具合
  • キーボードの電池切れ
  • Windowsの設定
  • ウイルス感染

詳しい内容について、以下に説明します。

キーボードの不具合

キーボードに不具合があると、文字入力ができなくなります。
まったく入力できないこともあれば、特定の文字だけが入力できない場合もあります。

最近は防水タイプのキーボードが増えているものの、キーボードに飲み物をこぼしてトラブルが発生するケースも少なくありません。
また、キーボードが物理的ダメージによって破損している場合も、入力できなくなります。

USBポート・端子の不具合

USB接続をしているキーボードの場合、USBポート側に不具合があると、入力できなかったり、誤動作することがあります。
キーボード側のUSB端子、パソコン側のUSBポートのどちらに異常が発生しているか、確認が必要です。

ケーブルの接触不良

キーボードを有線接続している場合、キーボードとパソコンが正しく接続されていても、そのケーブルが接触不良を起こしていると、キー操作がスムーズにいかない場合があります。
ケーブルが完全に断線していると、キーボードをまったく打てない状態になります。

入力システムの不具合

キーボードは、入力したキーの文字がそのままパソコンに送られるのではなく、押されたキーのコードが送信される仕組みです。
パソコン側では日本語入力システムと呼ばれるプログラムを介して、日本語で表示されるようになっています。
Windows10ではMicrosoftのIMEが使用されていますが、このIMEが日本語のものでなければ、入力したキーと異なる文字が入力されます。

デバイスドライバの不具合

パソコンとキーボードの接続はケーブルだけでなく、デバイスドライバと呼ばれるプログラムが制御を行っています。
このデバイスドライバに問題がある場合、キーボードは正常に動作しなくなります。

キーボードの電池切れ

ケーブル接続のキーボードでは不要ですが、ワイヤレスタイプは電池が必要です。
ワイヤレスキーボードの電池が切れると、当然キー入力ができなくなります。
また、電池が切れかかっていると、誤動作することもあります。

Windowsの設定

Windowsの設定がキーボードに問題を起こしている場合もあります。
マウスキーやフィルターキー、固定キーなどの設定を有効にしていると、一部のキーが入力できなかったり、長押ししないと入力できないなどの現象が表れます。

ウイルス感染

パソコンがウイルスに感染すると、キーボードにもさまざまな現象が表れます。
キー操作を受け付けない、キー操作をしていないのに勝手に文字が入力されるなどのトラブルが発生します。
ウイルス感染が疑われる場合、早急に駆除が必要です。

パソコンのキーボード入力がおかしい?原因と初心者でも簡単にできる対処法を解説!

かな入力が解除できない・直らない!ローマ字入力へのキーボード切り替え方法を解説!

パソコンのキーボードが打てない・入力できない場合の対処法

キーボード入力にトラブルが起きた場合は、自宅でできる対処法を試し、改善されるか試してみましょう。
まずは以下に紹介する対処法を試してみてください。

  • ケーブルを差し替える
  • NumLockを切り替える
  • 入力システムを切り替える
  • マウスキー機能を無効にする
  • フィルターキー機能を無効にする
  • デバイスドライバを更新する
  • 違うアプリケーションでチェックする

詳しい内容は、以下のとおりです。

ケーブルを差し替える

有線キーボードは、USBケーブルを使用してパソコンへ接続します。
パソコン側のUSBポートに問題がある場合、違うポートにケーブルを差し替えてみると、正常にキーボードが使用できる場合があります。
あるいは、パソコンにUSBハブを使用している場合は、パソコンのUSBポートに直接接続してみましょう。

また、ケーブルそのものに問題が生じていることもあります。
ケーブルが断線や接触不良を起こしていると、キーボードを認識しなくなり、文字が打てない現象が表れます。
接続しているケーブルを新しいものと交換し、正常に動作するか確認してみましょう。

NumLockを切り替える

キーボードには、文字入力以外の特殊なキーも用意されています。
右側のテンキーだけ打てない場合は、「NumLock」キーを切り替えることで、正常な入力に戻ります。
キーボードの「NumLock」キーを押せば、オンオフが切り替わります。

※パソコンの機種によって、左下の [Fn] キーを押しながら [NumLock] キーを押さなければ切り替わらないケースもあります。

入力システムを切り替える

Windows10に標準搭載されている日本語入力システムは「Microsoft IME」ですが、別の日本語入力システムをインストールした場合、追加した入力システムに不具合が発生していると、キーボードが打てない場合もあります。

  1. タスクバーの通知領域に表示されている言語バーアイコンの「J」をクリックすると、入力システムの一覧が表示します。
  2. 現在選択している日本語入力システム以外のものを選択し、パソコンを再起動させます。

通常どおりキーボードが入力できるのであれば、以前利用していた日本語入力システムに問題があったと考えられます。

マウスキー機能を無効にする

一部のキーのみ打てない場合、マウスキー機能が有効になっていることが考えられます。

  1. Windowsロゴをクリックし、設定をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら、「簡単操作」をクリックます。
  3. 左の一覧から「マウス」をクリックします。
  4. 「マウス」画面が表示されたら、「テンキーを使用するためにマウス キー機能をオンにして、マウスポインターを移動する」をオフにすれば完了です。

フィルターキー機能を無効にする

キーを長押ししないと打てない場合、フィルター機能を無効にすることで改善される場合もあります。

  1. Windowsロゴをクリックし、設定をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら、「簡単操作」をクリックます。
  3. 左の一覧から「キーボード」をクリックします。
  4. 「キーボード」画面が表示されたら、「フィルター機能の使用」欄の「速いキーボード操作または繰り返しのキーボード操作を無視して、キーボードの入力の間隔を変更する」をオフにすれば、完了です。

デバイスドライバを更新する

キーボードのドライバのバージョンが古かったり、ドライバが破損していると、キーボード入力に不具合を起こすことがあります。

  1. Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「デバイスマネージャー」をクリックします。
  2. デバイスマネージャー画面が表示されたら、「キーボード」横の「>」をクリックすると、ドライバの一覧が表示されます。
  3. 更新するドライバを右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。
  4. 「ドライバーの更新」画面が表示されたら、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。
  5. メッセージが表示されるので、そのまましばらく待ちます。
  6. 「ドライバーが正常に更新されました」と表示されたら、「閉じる」をクリックすれば終了です。

違うアプリケーションでチェックする

キーボードが打てないのは、使用しているアプリケーションに問題があるのかもしれません。
メモ帳やワードなど、ほかのアプリケーションを起動し、正しく入力できるかどうか確認してみましょう。

ワイヤレスキーボードが打てない・入力できない場合の対処法

ワイヤレスキーボードは、有線キーボードに比べると接続状態が安定しない場合が多く、キーボードを打てない現象が発生することもあります。
ワイヤレスキーボードを使用している場合は、無線ならではの問題点と対処法があります。以下の項目も試してみてください。

  • 電池を交換する
  • レシーバーの接続を確認する
  • レシーバーとキーボードの距離を近づける
  • 他の無線機器と距離をおく

詳しい対処法については、以下のとおりです。

電池を交換する

ワイヤレスキーボードのトラブルの中で、もっとも多いのが電池切れではないでしょうか。

ワイヤレスキーボードの場合、動作するための電池が必要です。
しばらくワイヤレスキーボードを使用していないと、気付かない間に電池切れになっていることも多いため、久しぶりに使用する場合は電池残量を確認するか、もしくは電池交換してから利用するようにしてください。

ワイヤレスキーボードのランプの点滅は、電池切れの警告を意味するため、電池交換の目安にすると良いでしょう。

レシーバーの接続を確認する

ワイヤレスキーボードとパソコンを接続するには、パソコン側にレシーバーと呼ばれる通信機器を挿入する必要があります。
レシーバーとの接続設定が正しくなければ、キー入力ができなくなるため、接続の設定を確認してみましょう。

レシーバーとキーボードの距離を近づける

ワイヤレスキーボードの場合、通信可能な距離があり、利用環境によってメーカーの公表値よりも下がることがあります。
レシーバーと距離を近づけることで、外部の影響を受けにくくなり、正常にキーボードを打てるようになります。

他の無線機器と距離をおく

同じ場所で多くの無線機器を使用している場合、それぞれの電波が干渉して正常な操作ができなくなります。
それぞれの機器の距離を離すことで影響を受けにくくなり、改善されることもあるようです。

まとめ

キーボードは、パソコンと接続して入力を受け付けるために、さまざまな制御を介しています。
いろいろな対処法がありますが、今回ご紹介した方法を試してもうまくいかない場合は、もしかするとハードウェアに大きなトラブルを抱えているのかもしれません。
放置するとパソコンがまったく起動しなくなる可能性もあるため、早めにパソコン修理業者へ相談するようにしましょう。

すぐに修理を依頼したい場合は、ドクター・ホームネットがおすすめです。
即日対応が可能な業者なので、急ぎの場合は電話や問い合わせフォームから相談してみてください。



【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。