NECパソコンをシャットダウンする方法を基本から応用まで徹底解説!

かない@パソコン博士

プライベートからビジネスまで広い用途で使用されるNECパソコンですが、シャットダウンできない電源が切れないといったトラブルに遭遇したことはありませんか?

今回はNECパソコンをシャットダウンする方法について、通常のシャットダウン方法からシャットダウンできない場合の対処法、そしてシャットダウンに関するよくある疑問まで解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • NECパソコンのシャットダウン方法を知りたい
  • NECパソコンを完全にシャットダウンする方法を知りたい
  • NECパソコンがシャットダウンできない場合の対処法を知りたい

NECパソコンをシャットダウンする3つの方法

NECパソコンをシャットダウンする3つの方法

まずはNECパソコンをシャットダウンする基本的な方法から解説します。

誤った方法でシャットダウンしてしまうとデータ消失などのトラブルに発展する可能性があるため、まずは基本的な方法を押さえておきましょう。

NECパソコンの電源を切る方法としては、主に以下の3つがあげられます。

NECパソコンをシャットダウンする3つの方法
  • スタートメニューからシャットダウンする方法
  • サインアウトしてからシャットダウンする方法
  • ショートカットを使用してシャットダウンする方法
かない@パソコン博士

なお今回は広く使用されているWindows10の場合を例に方法を解説しますが、各OSのシャットダウン方法については以下の記事をご覧ください。

スタートメニューからシャットダウンする方法

最も一般的な方法である、スタートメニューからのシャットダウン方法は以下のとおりです。

▼スタートメニューからシャットダウンする方法

「スタート」(Windowsマーク)をクリックします。
「電源」をクリックして、「シャットダウン」をクリックします。

サインアウトしてからシャットダウンする方法

一度サインアウトしてログイン画面からシャットダウンする方法は、以下のとおりです。

▼サインアウトしてからシャットダウンする方法

「Windows + X」キーを押します。
「シャットダウンまたはサインアウト」をクリックして、「サインアウト」をクリックします。
ログイン画面が表示されるため、画面をクリックするか「Enter」キーを押します。
画面右下の電源マークをクリックし、「シャットダウン」をクリックします。

ショートカットを使用してシャットダウンする方法

マウス操作だけでなく、ショートカットを使用してキーボードのみでシャットダウンする方法もあります。

電源を切るためのキーボードショートカットには、以下の2つがあります。

ショートカットを使用してシャットダウンする2つの方法
  • 「Alt + F4」キーでシャットダウンする方法
  • 「Ctrl + Alt + Del」キーでシャットダウンする方法
かない@パソコン博士

ショートカットを使用してシャットダウンする方法は、フリーズなどの理由でマウス操作が効かない際に有効です。

「Alt + F4」キーでシャットダウンする方法

「Alt + F4」キーでシャットダウンする方法は、以下のとおりです。

▼「Alt + F4」キーでシャットダウンする方法

「Alt + F4」キーを押します。
「Windowsのシャットダウン」ウインドウが表示されたら、選択肢から「シャットダウン」を選択します。
「OK」をクリックします。

「Ctrl + Alt + Del」キーでシャットダウンする方法

「Ctrl + Alt + Del」キーでシャットダウンする方法は、以下のとおりです。

▼「Ctrl + Alt + Del」キーでシャットダウンする方法

「Ctrl + Alt + Del」キーを押します。
画面右下の電源マークをクリックし、「シャットダウン」をクリックします。

NECパソコンがシャットダウンできない場合の3つの対処法

NECパソコンがシャットダウンできない場合の3つの対処法

先ほどお話した方法でNECパソコンがシャットダウンできない場合は、以下3つの対処法を試してみましょう。

NECパソコンがシャットダウンできない場合の3つの対処法
  • 完全シャットダウンをおこなう
  • 電源ボタンから強制的にシャットダウンする
  • パソコン修理業者に相談・依頼する

完全シャットダウンをおこなう

Windows8以降のNECパソコンであれば、完全シャットダウンをおこなうことでシャットダウンができない問題を解決できる可能性があります。

完全シャットダウンとはシステム情報保持やデバイスへの通電をおこなわない状態で完全にパソコンの電源を切ることで、通常のシャットダウンとは以下のような違いがあります。

完全シャットダウン
通常のシャットダウン
  • システム情報や操作状況を保持しない
  • 周辺デバイスも含めて完全に電源を切る
  • 完全に電源を切るため、不具合を解消できる可能性がある
  • 一部のシステム情報や操作状況を保持
  • 周辺デバイスには通電されている
  • 情報保持により、不具合が解消されない可能性がある

Windows10で完全シャットダウンをおこなう方法は、以下のとおりです。

完全シャットダウンで電源を切る方法

「スタート」(Windowsマーク)をクリックします。
「電源」をクリックします。
「Shift」キーを押しながら「シャットダウン」をクリックします。

電源ボタンから強制的にシャットダウンする

フリーズで操作が全く効かないなどの理由でシャットダウンができない場合は、電源ボタンを長押しすることで強制的に電源を切れます

通常の方法でシャットダウンできない場合は何かしら問題が起きている可能性があるため、さらに周辺機器の取り外し放電作業をおこなっておくと良いでしょう。

具体的な方法は以下のとおりです。

▼電源ボタンから強制的にシャットダウンする方法

電源が切れるまで電源ボタンを長押しし、パソコンの電源を切ります。
ACアダプター、電源コード、バッテリー(ノートパソコンの場合)を取り外します。
ディスプレイやLANケーブルなどのケーブル、周辺機器をすべて取り外します。
コンセントから電源プラグを抜きます。
数分放置します。
②で取り外した電源コードなどを接続します。
②で取り外した周辺機器を接続します。
④で抜いた電源プラグをコンセントに差し込みます。
パソコンの電源を入れます。
かない@パソコン博士

ただし、電源ボタン長押しによる強制終了はデータ消失のトラブルリスクがあるため注意が必要です。

詳しくは後ほど「電源ボタンで切ってしまったけど大丈夫?」で解説しますが、使用する際はリスクについてしっかりと理解したうえでおこないましょう。

パソコン修理業者に相談・依頼する

時間に余裕がある場合は、パソコン修理業者に一度相談することをおすすめします。

電源ボタン長押しによる強制終了にはリスクがあり、一時的に解決したとしても根本的な解決には至らない場合があるからです。

不安な場合は一度ドクター・ホームネットなどのプロの修理業者に相談・依頼すると良いでしょう。

ドクター・ホームネット

NECパソコンのシャットダウンに関するよくある疑問

NECパソコンのシャットダウンに関するよくある疑問

最後にNECパソコンのシャットダウンに関するよくある疑問として、以下の2点について回答・解説します。

NECパソコンのシャットダウンに関するよくある疑問
  • 電源ボタンで切ってしまったけど大丈夫?
  • シャットダウンが終わらない場合は?

電源ボタンで切ってしまったけど大丈夫?

シャットダウンができない場合の対処法としてご紹介した「電源ボタン長押しによる強制終了」ですが、基本的にパソコンには良くないことを知っておきましょう。

作業中のデータが保存されずに消えてしまうリスクがあるほか、ハードディスクにもダメージを与えてしまう可能性があるためです。

最悪の場合データ消失起動トラブルにもつながる場合があるため、頻繁にはおこなわず不安な場合はパソコン修理業者などに相談するようにしましょう。

シャットダウンが終わらない場合は?

「シャットダウンしています」の表示が出続けたり電源ランプがつき続けたりしていて、シャットダウンが終わらない場合があります。

これらの症状は終了処理をおこなっているWindows Updateなどが働いていることで起こることが多いため、基本的にはしばらく待ってみるようにしましょう。

ただし周辺機器やウイルスが影響している場合もあるため、その場合は周辺機器の取り外しやウイルススキャンといった対処が必要となります。

かない@パソコン博士

シャットダウンができない問題については別の記事で解説しています。

原因や対処法など詳しく解説しているため、ぜひあわせてご覧ください。

NECパソコンのシャットダウン方法:まとめ

今回はNECパソコンをシャットダウンする方法について、通常のシャットダウン方法からシャットダウンできない場合の対処法、そしてシャットダウンに関するよくある疑問まで解説しました。

スタートメニューからシャットダウンする通常の方法だけでなく、ショートカットや完全シャットダウンなどさまざまなシャットダウン方法があります。

どうしてもシャットダウンできない場合は電源ボタンを長押しして強制終了する方法もありますが、データ消失や起動トラブルといったリスクがある点には注意が必要です。

シャットダウンできないなどトラブルが続いている場合は、一度パソコン修理業者に相談することをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。