パソコンでインターネットが遅い原因とは?対処法や手順まとめ

パソコンでインターネットを閲覧している際に、通信速度が遅いと動画の動きがカクカクしたり、画面にノイズが表示されることがあります。
本来の通信速度を得るためには、遅くなっている原因を解消しなくてはなりません。

この記事では、インターネットの速度が遅くなってしまう原因や対処法について、解説します。

パソコンのインターネット回線速度が遅い原因

インターネット回線の速度が遅くなってしまう原因はさまざまですが、次のような要因で起きることが考えられます。

  • 契約している回線プラン
  • インターネット回線の混雑
  • ルーターのトラブル
  • ケーブルのトラブル
  • 回線事業者やプロバイダの通信障害
  • セキュリティソフトの問題
  • ブラウザの問題
  • パソコンのトラブル

詳しい内容は、以下のとおりです。

契約している回線プラン

インターネット回線には、さまざまなプランが用意されています。
最近では光回線などの速度の速い通信が一般的ですが、契約の種類によっては速度の遅い回線もあります。
インターネットの契約では最大速度が明記されていますが、その速度での通信が保証されているわけではないため注意が必要です。

また、集合住宅向けのプランに加入していると、複数のコンピュータで同時に利用することが多いため、速度が低下する原因になります。

さらに、光回線ではなく、比較的速度がそれほど早くないADSL回線を利用している場合は、インターネットが遅く感じることもあります。
ADSL回線は接続されるNTTの基地局からの距離が遠くなるほど、速度は低下します。

インターネット回線の混雑

光回線などのブロードバンド回線の場合、最低速度の保証はありません。
そのため、利用者が多くなるとその分だけ通信速度が遅くなってしまいます。
通信回線は道路と同じで、利用者が多くなると渋滞が発生してしまい、インターネット回線も遅くなります。
混雑による速度低下は、特に利用者の多い時間帯によく発生します。

ルーターのトラブル

複数の端末をインターネットに接続するには、パソコンとインターネットの回線の間にルーターを接続しなくてはなりません。
ルーターにトラブルが発生している場合、通信が不安定になり、速度が低下してしまうことがあります。

ルーターにトラブルがある場合は、本体にあるLEDのランプにより警告が行われます。
通常は緑色に点灯しているランプが、赤色や橙色で点灯・点滅しているとインターネットが遅くなったり、繋がらなくなることがあります。

通信速度に対応していない

有線ではなく、無線LANの場合は規格によって最大通信速度が決まっています。
そのため、高速のインターネット回線を契約していても、無線LANの最大速度が低いと、無線LANの最大速度までしか出すことができません。
たとえば、ダウンロード速度が最大で1Gbps(1000Mbps)のインターネット回線を契約していても、無線LANの対応が100Mbpsまでだった場合、本来のインターネット回線の速度が出ることはなく、無線LANの最大である100Mbpsしか速度を出せません。
古い無線LANは最大通信速度が遅いものが多く、インターネットが遅い原因となっています。

ケーブルのトラブル

有線LANの場合、ルーターとパソコンをLANケーブルで接続します。
そのLANケーブルにトラブルがあると、インターネットが遅くなってしまうこともあります。

ケーブルの劣化や断線

LANケーブルはそれほど頑丈ではないため、折り曲げたり衝撃を受けるといった外部からの圧力によって、断線する可能性があります。
またLANケーブルは極端な低温や高温にも弱く、環境によって劣化が進んでしまいます。
直射日光やカビなども劣化の原因となり、ケーブルの状態が悪化し通信速度に影響が出ます。

LANケーブルの規格が対応していない

LANケーブルにも規格があり、規格によって通信速度が異なります。
インターネットの回線がいくら高速でも、その速度に対応した規格のLANケーブルでなければ、LANケーブルの対応可能な速度までしか出ないため、結果として速度が遅くなります。

回線事業者やプロバイダの通信障害

回線事業者やプロバイダがメンテナンスをしていたり、外部から故意的に負荷を与えるDoS攻撃を受けたりと、何らかの通信障害を起こした場合、通信速度が遅くなることがあります。
契約している回線事業者やプロバイダが障害情報を事前に通知する場合がほとんどで、公式サイトでも障害情報を公開しています。
通信障害が起きて通信速度が低下している場合、ユーザー側では何も対処できず、障害が解消されるまで待つことしかできません。

セキュリティソフトの問題

インターネットを安全に利用するには、セキュリティソフトの導入が必須です。
セキュリティソフトはインターネットの監視も行うため、それが原因で速度の低下につながる場合もあります。
セキュリティソフト側で監視している項目が多くなればなるほど、回線速度が落ちる傾向にあります。

ブラウザの問題

ブラウザが問題を起こし、インターネットの速度が遅くなっていることも考えられます。

キャッシュが溜まっている

ブラウザでの読み込みを高速化するためにキャッシュが保存されますが、キャッシュはブラウザを使用するたびに溜まっていきます。
キャッシュが溜まりすぎてしまうと、開いたことのあるページは問題ありませんが、新しいページを開く際に時間がかかります。

ブラウザが最新のものでない

ブラウザは不具合の修正や新しい機能の追加、読み込み速度の改善など、常に改良されています。
ブラウザのバージョンが古いと機能も古いため、最新のブラウザと比べると速度が遅い場合があります。

パソコンのトラブル

パソコンがトラブルを起こした場合、インターネットが遅くなることもあるようです。

ウイルス感染

パソコンがウイルスに感染した場合、インターネットを利用してさまざまなアクセスを行うことがあります。
ウイルスの活動がインターネット回線を圧迫してしまうことが原因で遅くなる場合もあります。

複数のプログラムの実行

パソコン上で複数のプログラムを実行している場合、CPUやメモリを占有してしまいます。
ブラウザを使用しているときにCPUやメモリが占有されていると、ブラウザの動作が遅くなり、インターネットが遅いと感じる原因となります。

インターネットが遅い場合の対処法

インターネットが遅い場合、以下の対処を行うことで改善されることがあります。

  • パソコンを再起動する
  • CPU使用率の高いアプリケーションを停止する
  • ブラウザを変更する
  • ブラウザを最新のバージョンに更新する
  • ブラウザのキャッシュをクリアする
  • ルーターやケーブルを変更する
  • ルーターや回線終端装置(ONU)をリセットする
  • 高速な回線プランへ切り替える

詳しい内容は、次のとおりです。

パソコンを再起動する

パソコンの動作を遅くしている原因の一つが、メモリ不足です。
パソコンを再起動することで、使用しているメモリを一度クリアできます。
パソコン全体が軽くなり、ブラウザの動作も軽くなります。

  1. windowsロゴキーをクリックし、電源マークを右クリックします。
  2. 一覧の中から再起動をクリックすれば終了です。

CPU使用率の高いアプリケーションを停止する

CPUが複数のアプリケーションで占有されていると、ブラウザの動作が遅くなってしまいます。
CPU使用率の高いアプリケーションを終了させると、インターネットの速度が改善されることがあります。

  1. Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「タスクマネージャー」をクリックします。
    ※タスクバーの何も表示していない部分を右クリックしても、一覧の中から「タスクマネージャー」を選択できます。
  2. タスクマネージャーが表示されたら「プロセス」タブをクリックし、「CPU」をクリックすると使用率が高い順に並び変わります。
    CPU使用率の高いタスクを選択し、右下の「タスクの終了」をクリックすれば完了です。

ブラウザを変更する

インターネットを利用するためのブラウザは、Google ChromeやFirefox、Internet Explorer、Safariなど、さまざまな種類が提供されています。
ブラウザによって起動速度や閲覧速度も異なるため、ブラウザを変更することで問題が改善される場合もあります。

ブラウザを最新のバージョンに更新する

ブラウザは定期的に新しいバージョンが提供されているため、ブラウザを最新のバージョンに更新することも一つの方法です。
劇的に速度が変わるわけではありませんが、新しいバージョンのブラウザは読み込みや表示にかかる速度が改善されていることが多いので、定期的に更新することをおすすめします。

ブラウザのキャッシュをクリアする

新しいページを開く際に、キャッシュの内容を確認してダウンロードの判断を行うため、キャッシュが少ないと新しいページの表示は早くなります。
ブラウザによってキャッシュのクリア方法は異なりますが、ここでは「Google Chrome」を例に手順を紹介します。

  1. 「Google Chrome」を起動し、右上部の設定ボタンをクリックします。
  2. 一覧の中から「その他のツール」を選択し、「閲覧履歴を消去」をクリックします。
  3. 「閲覧履歴データの削除」画面が表示されたら、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、「データ削除」をクリックすれば終了です。

ルーターやケーブルを変更する

ルーターやケーブルには規格があり、最大速度が決まっています。
ルーターやケーブルが最大速度の通信を行っているにも関わらず遅く感じる場合は、高速通信の規格に変更することでインターネットの通信速度が速くなります。

ルーターや回線終端装置(ONU)をリセットする

パソコンを長時間使用するとルーターやONUが高温になり、インターネットの通信速度が遅くなることもあります。
ルーターやONUを触ってみて熱いと感じた場合、一度電源を切ってみましょう。
10秒ほど待ってから電源を入れ直してみると、インターネットが速くなることがあります。

高速な回線プランへ切り替える

回線プランにより通信速度が限界となっている場合は、機器で対処しても、それ以上通信速度は速くなりません。
現在の回線プランを高速通信のプランに変更すると、インターネットの通信速度は速くなります。

まとめ

インターネットの速度が遅いと感じた場合、まずはこちらで紹介した方法で対処を行ってみてください。
上記の対処方法でも改善されないのであれば、ほかのことが原因でインターネットが遅くなっているかもしれません。
パソコン内部がトラブルを起こしていることも考えられるため、パソコンの修理を専門で行っているプロの業者に相談してみてはいかがでしょう。

修理業者のドクター・ホームネットは、電話やメールで相談を受け付けており、自宅まで出張修理を行ってくれるため、まずは気軽に電話相談してみてください。

パソコン修理の出張サービスを徹底比較!申込の流れや業者の選び方は?

2019年10月11日

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

2019年11月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。