【Windows10版】ブルースクリーンでパソコン再起動を繰り返す原因と対処法は?

パソコンのディスプレイが突然真っ青になり、何も操作できなくなる現象を、ブルースクリーンやブルーバックなどと呼びます。
症状がひどくなるとブルースクリーンが何度も発生し、再起動を繰り返すことになるため、早急な対処が必要です。
この記事では、ブルースクリーンが再起動を繰り返してしまう原因と、その対処法について解説します。

【Windows10版】ブルースクリーンが頻発する原因とは!?初心者でもできる対処法を解説!

ブルースクリーンで再起動を繰り返すのはなぜ?

ブルースクリーンが表示され、何度も再起動を繰り返す場合に考えられる主な原因としては、以下のとおりです。

  • 一時的なトラブル
  • Windowsトラブル
  • BIOSの設定トラブル
  • ハードウェアのトラブル
  • ウイルス感染
  • ソフトウェアとの相性

※ブルースクリーンが起こる原因については、下記関連記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

【Windows10版】ブルースクリーンのエラーコードが示す意味とは?それぞれの内容を分かりやすく解説!

ブルースクリーンが何度も再起動する原因を探るには、発生したタイミングを見逃さないことです。
特定の作業をしているタイミングや新たなデバイスなどを接続したタイミングなど、ブルースクリーンが起きる直前に何を行っていたか把握しておくことで、解決策が導きやすくなります。
また、ブルースクリーンが発生した際のエラーコードを記録しておくことも大切です。

パソコンのエラーコードから原因を探ろう

ブルースクリーンが発生した場合、最下部にエラーコードが表示されます。
それぞれのエラーコードには、ブルースクリーンを発生させた原因が紐づけられており、対処法などについてMicrosoftのサポートサイトで確認することができます。
ブルースクリーンが表れた際は、再起動する前にエラーコードを控えるようにしてください。

【Windows10版】ブルースクリーンのエラーコードが示す意味とは?それぞれの内容を分かりやすく解説!

エラーコードを控えれなかった場合

ブルースクリーン発生後、パソコンがすぐに再起動してしまうため、エラーコードを見逃すことがあります。
その場合は、システムのイベントログを確認することで、エラーコードを探し当てることが可能です。
以下の手順を参考に、エラーコードを確認してください。

  1. Windowロゴを右クリックし、一覧の中から「イベントビューアー」をクリックします。
  2. 「イベントビューアー」画面が表示されたら、左側の一覧から「Windowsログ」をダブルクリックし、一覧の中から「システム」をクリックします。
  3. システムのイベント数が表示されたら、右側の一覧から「現在のログをフィルター」をクリックします。
  4. フィルター画面が表示されたら、「イベントソース」横の矢印をクリックし、下にスクロールさせ、「Bug Check」にチェックを入れます。
  5. 「OK」をクリックします。
  6. 元の画面に戻るので、イベントを選択すると下部に発生したイベント内容が表示されます。
  7. イベント内容の「詳細」タブをクリックすると、エラーコードが確認できます。

ブルースクリーンで再起動を繰り返すときの対処法

ブルースクリーンが表れて再起動を繰り返す場合、その頻度の多さで対処法は異なってきます。

再起動の頻度が少ない場合

再起動が一時的なものである場合や、時間をあけて再起動する場合は、まず以下の対処法を試してみてください。

  • プログラムをアンインストールする
  • 周辺機器の接続を確認する
  • 高速スタートアップを無効にする
  • 常駐アプリを停止する
  • ウイルススキャンを実行する
  • デバイスドライバを更新する
  • Windows Updateを更新する

上記の対処法を実行し、症状が改善されるか確認しましょう。
詳しい対処方法については下記の関連記事をご参照ください。

【Windows10版】ブルースクリーンが頻発する原因とは!?初心者でもできる対処法を解説!

再起動の頻度が多い場合

上の項で紹介した対処法を行ってみて、それでも解決しない場合、より症状が深刻だと考えられます。
その場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • セーフモードで起動する
  • システムを復元する
  • BIOSを初期化する
  • Windowsを再インストール(リカバリ)する

セーフモードで起動する

セーフモードとは、Windows10を必要最低限のデバイスドライバやファイルのみで起動するモードです。
再起動を繰り返す原因を特定するため、セーフモードで正常に動作するか確認します。

  1. Windowロゴをクリックし、設定をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 「更新とセキュリティ」画面が表示されたら、左側の一覧から「回復」をクリックし、右側の「PCの起動をカスタマイズする」欄の「今すぐ再起動」をクリックします。
  4. しばらくして「オプションの選択」画面が表示されたら、「トラブルシューティング」をクリックします。
  5. 「トラブルシューティング」画面が表示されたら、「詳細オプション」をクリックします。
  6. 「詳細オプション」画面が表示されたら、「スタートアップ設定」をクリックします。
    ※パソコンによっては、「詳細オプション」画面内に「スタートアップ設定」が表示されないこともあります。
    その場合、「その他修復オプションを表示」をクリックすると「スタートアップ設定」が表示されます。
  7. 「スタートアップ設定」画面が表示されたら、右下の「再起動」をクリックします。
  8. メーカーロゴが表示し、次の画面が表示されるまで、しばらく待ちます。
  9. 「スタートアップ設定」画面が表示されたら、キーボードの「4」または「F4」キーを押します。
  10. サイン画面が表示されたら、パスワードを入力し、サインインします。
  11. デスクトップ画面で左下部のWindowsロゴマークの上に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動しています。

システムを復元する

システムの復元を行うことで、以前の復元ポイントで正常に動作していたかどうかが確認できます。

  1. Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「システム」をクリックします。
  2. システム画面が表示されたら、右側の「システム情報」をクリックします。
    ※パソコンによっては、画面の下部に表示されていることもあります。
  3. システム画面が表示されたら、左側の「システムの詳細設定」をクリックします。
  4. 「システムのプロパティ」画面が表示されたら、「システムの保護」タブをクリックし、「システムの復元」をクリックします。
  5. システムの復元画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。
    ※一度でも復元を行ったことがある場合、「システムファイルと設定の復元」が「システムファイルと設定を復元します。」と表示され、下部に「別の復元ポイントを選択する」と表示されますので、チェックを入れて「次へ」をクリックします。
  6. 一覧の中から復元ポイントを選択し、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。
  7. 「スケジュールされたチェックポイント」が表示されます。
    「削除されるプログラムとドライバー」と「復元が見込まれるプログラムとドライバー」に問題がなければ、「閉じる」をクリックします。
  8. 復元ポイント選択画面に戻ったら、「次へ」をクリックします。
  9. 「復元ポイントの確認」画面が表示されたら、「完了」をクリックします。
  10. メッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。
  11. 以下のメッセージが表示されるので、そのまましばらく待ちます。
  12. 復元が終了すると、パソコンが自動的に再起動します。
    再起動後メッセージが表示されたら、日付と時刻を確認し、「閉じる」をクリックすれば完了です。

BIOSを初期化する

BIOSの設定や更新が影響し、問題が発生していることも考えられます。
BIOSの設定を初期状態に戻すことで、問題が解決する場合もあります。

※BIOSとは「Basic Input/Output System」の略語で、パソコンの電源を入れて最初に動くプログラムのことです。
マザーボードのROMやフラッシュメモリなどの不揮発性メモリに搭載されており、パソコンに接続されたキーボードやマウス、CPUやハードディスクなど、ハードウェアの制御と管理を行います。
パソコンの電源を入れるとBIOSが先に読み込まれ、その後にOSがハードディスクから読み込まれます。

  1. パソコンの電源を切り、キーボードの「F2」キーの位置を確認して、電源を入れます。
  2. 電源を入れ、メーカーロゴが表示されたら、キーボードの「F2」キーを数回押します。
    ※BIOS画面が表れない場合は、電源を入れてすぐに「F2」キーを数回押してみてください。
    ※ここでは「F2」キーで紹介していますが、メーカーによってBIOS画面を出す設定は異なります。各メーカーのサイトで方法を確認してください。
  3. BIOS画面が表示されたら、「F9」キーを押します。

    引用:NEC LAVIE 公式サイト
  4. 「Load Optimized Defaults?(デフォルト値をロードしますか?)」と表示されたら、矢印キーで「Yes」を選択して「Enter」キーを押した後、「F10」キーを押します。
    ※BIOS画面によって、英語で表記される場合があります。
  5. 「Save configuration and reset?(設定の変更を保存して終了しますか?)」と表示されたら、矢印キーで「Yes」を選択し、「Enter」キーを押せば完了です。

Windowsを再インストール(リカバリ)する

ここまで対処してもブルースクリーンが再起動を繰り返す場合は、パソコンをリカバリ(初期化)することで問題が解決することもあります。
ハードディスク内のリカバリ用のデータ、またはリカバリディスクを使用してパソコンを初期状態に戻します。
詳しい手順については、下記関連記事をご参照ください。

パソコンの初期化(リカバリ)とは?購入時の状態に戻す方法やメリットなどを解説!

まとめ

一度ブルースクリーンが発生した場合、すぐに対処しないと頻発することも多く、再起動を繰り返すなどのトラブルに見舞われます。
症状が進んでしまった場合、個人では対処が難しいことも多いため、パソコン修理業者に相談することをおすすめします。

パソコン博士からのおすすめ

「パソコン博士の知恵袋」がオススメするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。
持込修理・出張修理、宅配修理すべての修理方法に対応、即日対応全国修理対応もしていることから、高い評価に値するパソコン修理業者です。
料金体系も分かりやすく事前見積もりも徹底しており、ユーザーが安心して利用できる要素がすべてそろっています。パソコンが起動しない(動作が重い)Wiondowsアップデート関連のトラブルインターネットトラブルデータが消えたなど自分で直せないパソコントラブルをすぐに解決してくれます。

※お住まいの地域によっては、持込・出張修理ができない場合がございます。その際は宅配修理をご利用いただけます。

ドクター・ホームネット

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。