Dellパソコンでブルースクリーンが発生した際の対処法を徹底解説

かない@パソコン博士

幅広いシーンで愛用されているDellパソコンですが、ほかのパソコン同様ブルースクリーントラブルに遭遇することがあります。

今回はDellパソコンでブルースクリーンが発生した場合の、原因の調べ方から有効な対処法まで解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • Dellパソコンでブルースクリーンが頻発している
  • Dellパソコンでブルースクリーンが発生した際の原因の調べ方を知りたい
  • Dellパソコンでブルースクリーンが発生した際の対処法が知りたい

ブルースクリーンが発生した際の原因の調べ方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bluescreen_image-1024x378.jpg
【引用】Dell ブルースクリーンのエラーコードやログを確認する方法

ブルースクリーンのエラー画面には「デバイスに問題が発生したため再起動が必要です」のような文言のほかに「停止コード」と「失敗した内容」の記載があります。

これらをMicrosoftのホームページやブラウザで検索することがブルースクリーンエラーの内容を確認する基本的な手段ですが、Dellパソコンの場合は「Support Assist」を利用することで原因の特定や修正作業の実行が可能です。

まずはブルースクリーンが発生した際のSupport Assistの使い方について解説します。

かない@パソコン博士

Support Assistを使わずにブルースクリーンエラーのログを確認する方法については、以下の記事をご確認ください。

SupportAssistでエラーログを確認する方法

Support Assistを利用することで、ブルースクリーンエラーの内容を後から確認できるだけでなくあわせて修正作業を実行することまで可能です。

▼SupportAssistでエラーログを確認する方法

スタート(Windowsマーク)をクリックし、「Support Assist」と検索してSupport Assistを開きます。
Support Assistが開いたら、「履歴」タブをクリックします。
アクティビティの詳細にある「ブルースクリーンエラー」を確認します。

画面右の「履歴ビューの選択」から「BSOD」を選択すると簡単に見つけられます。

バグチェックコードの右に記載されているコード(0x000000EFなど)を確認し、ブラウザなどで検索して対処します。
Support Assistで修正作業をおこなう方法は?

「トラブルシューティング」タブから、「PCが反応しなくなった、または予期せずに再起動しました(ブルースクリーンエラーの可能性)」に進むと修正作業がおこなえます。

発生しやすいブルースクリーンのエラーコード一覧

発生しやすいブルースクリーンのエラーコード一覧

Dellパソコンで発生するブルースクリーンエラーには、以下のようなものがあげられます。

エラーコード概要・考えられる原因
0x0000003B
(SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION)
アプリやドライバーの互換性の問題、OSのアップデートによる不具合
0x0000009F
(DRIVER_POWER_STATE_FAILURE)
デバイスドライバーの不具合、ドライバーの電源設定の問題
0x00000133
(DPC_WATCHDOG_VIOLATION)
デバイスドライバーの不具合や不適合
0x00000116
(VIDEO_TDR_FAILURE)
グラフィックドライバーの不具合や破損
0x00000050
(PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA)
ハードディスクやメモリ、マザーボードなどの物理故障
0x0000007E
(SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED)
デバイスドライバーの破損や互換性などの問題
0x0000000A
(IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)
システムファイルの破損、デバイスドライバーの不具合、CPUの過熱
0x00000113
(VIDEO_DXGKRNL_FATAL_ERROR)
グラフィックドライバーの破損や互換性等の問題
0x0000001E
(KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED)
ドライバーの破損や互換性などの問題、システムファイルの破損
0x00000018
(REFERENCE BY POINTER)
ドライバーの不具合、システムファイルの破損
【参考】Microsoft バグ チェック コード リファレンス
Dell Dell製PCのブルー スクリーン エラー(STOPエラー)コードをトラブルシューティングする方法
かない@パソコン博士

Windowsで発生する主なブルースクリーンエラーコードの内容や個別の対処法について詳しく知りたい方は、以下の記事をご確認ください。

今回はDellパソコンでブルースクリーンが発生した場合の、汎用的な対処法について解説します。

【対処法1】ハードリセットを実行する

Dellパソコンで軽度のエラーが発生した場合には、以下の手順でハードリセットを実行することが有効です。

パソコンの電源を切ります。
ノートパソコンの場合はACアダプターとバッテリーを、デスクトップパソコンの場合は電源コードを取り外します。
USBメモリやプリンター、SDカード、Webカメラなどの外付けデバイスをすべて取り外します。
電源ボタンを15~20秒間長押しします。
ACアダプターや電源コードを接続し、パソコンの電源を入れます。

【対処法2】セーフモードで起動する

ハードリセットでも改善が難しい場合は、セーフモードで起動することで一旦起動できる可能性があります。

セーフモードは起動に必要な最低限の構成でWindowsを起動するモードであり、ブルースクリーンを引き起こしているデバイスやシステムを回避して起動できる可能性があるためです。

セーフモードは以下の手順で実行できます。

電源ボタンを10秒程度長押しして、パソコンを強制終了します。
「自動修復」画面が表示されるまで、強制終了と再起動を繰り返します。
「自動修復」画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックします。
トラブルシューティング画面にて「詳細オプション」または「高度なオプション」をクリックします。
「スタートアップ設定」を選択し、画面右下にある「再起動」をクリックします。
再起動後に「スタートアップ設定」画面が表示されたら、キーボードで「F5」キーまたは「5」キーを入力します。

インターネット環境なしで起動する場合は、「F4」キーまたは「4」キーを入力します。

【対処法3】ハードウェア診断を実行する

Dellパソコンのハードウェア異常が考えられる場合は、以下2つの方法で診断をおこなえます。

Dellパソコンでハードウェア診断を実行する2つの方法
  • 内蔵のハードウェア診断を実行する方法
  • オンライン診断ツールを実行する方法
かない@パソコン博士

ブルースクリーンエラーがハードウェアに起因する可能性がある場合は実行してみましょう。

内蔵のハードウェア診断を実行する方法

パソコンの電源を入れます。
Dellのロゴ画面で「F12」キーを連打し、「One-time Boot Menu」を表示させます。
矢印キーを用いて「Diagnostics(診断)」を選択し、「Enter」キーを押すと診断が開始されます。

オンライン診断ツールを実行する方法

Dellの公式サポートサイトにアクセスします。
手動選択または自動検出で、使用中の製品を識別します。
「診断」タブをクリックします。
「クイックテスト」または「フルテスト」をクリックすると、診断が開始されます。

【対処法4】システムファイルの診断・修復をおこなう

ハードウェアではなくシステムファイルに問題がある場合は、コマンドを使用してシステムファイルの診断や修復をおこなうことで解決する可能性があります。

システムファイルの診断をおこなうコマンドには「SFCコマンド」と「DISMコマンド」という2つのコマンドが存在し、それぞれコマンドプロンプトに以下のコマンドを入力することで実行できます。

SFCコマンドの場合
  • sfc/scannow
DISMコマンドの場合
  • DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
  • DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
    (より高度なスキャン)
  • DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
    (より高度なスキャン+自動修復)
コマンドプロンプトの起動方法は?

コマンドプロンプトは、スタート(Windowsマーク)をクリックしてから「cmd」と検索すると出てきます。
上記のコマンドを使用する際は「管理者として実行」を選択しましょう。

【対処法5】ドライバーやBIOSを最新の状態にする

ドライバーやBIOSが古いことでブルースクリーンエラーが発生している場合は、Dellのホームページから提供されているアップデートを適用することで解決する可能性があります。

BIOSやビデオドライバーなど主要なドライバーはDellの公式サポートページから提供されているため、最新の状態となっているかどうか今一度確認してみましょう。

【対処法6】Support Assistをアンインストールする

ブルースクリーンのログ確認や修正がおこなえる非常に優秀なSupport Assistですが、Support Assist自体が原因となってブルースクリーンを引き起こしてしまう場合もあります。

DellパソコンのユーザーであればDellの公式サポートページからいつでも再ダウンロードできるため、一度アンインストールしてみると良いでしょう。

【対処法7】Dellパソコンを初期化する

これまでの方法でも改善がない場合は、初期化を実行しなければならない可能性があります。

Dellパソコンの初期化方法については以下の記事で詳しく解説していますが、データ消去を伴う高度な作業のため十分注意しましょう

Dellパソコン ブルースクリーン:まとめ

今回はDellパソコンでブルースクリーンが発生した場合の、原因の調べ方から有効な対処法まで解説しました。

Support Assistやハードウェア診断などトラブル対策が手厚いDellパソコンですが、今回ご紹介した方法でも解決しない場合は注意が必要です。

特に再起動を繰り返す場合やブルースクリーンが頻発する場合は起動不良やデータ消失など深刻なトラブルが発生する可能性があるため、速やかにパソコン修理業者に相談・依頼することをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。