MacBookの液晶修理方法や費用相場を解説

かない@パソコン博士

「MacBookの液晶が割れてしまった」「液晶に不具合を感じる」といった症状が出ており、修理を検討されている方も多いと思います。

本記事では、MacBookの液晶を修理する方法や修理時の注意点、液晶が不具合を起こす原因などを解説します。

MacBookの液晶修理にかかる料金の相場も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

MacBookの液晶が不具合を起こす原因

MacBookの液晶が不具合を起こす原因

MacBookの液晶が不具合を起こす原因は、主に以下の2つです。

MacBookの液晶が不具合を起こす原因
  • 外部からの圧力や衝撃
  • 液晶やケーブルの経年劣化

それぞれの原因とあわせて、不具合を起こさないための対策も解説します。

外部からの圧力や衝撃

MacBookを含め、液晶パネルは精密機械であり衝撃に弱いため、外部からの圧力や衝撃が加わると、不具合を引き起こす可能性があります。

特に、MacBookに重い物を落としたり、持ち運び中のバッグの中で圧力がかかってしまうと、割れ・破損の原因となります。

また、MacBookを閉じる際に液晶とキーボードの間に物を挟んでしまうことも、不具合のきっかけとなるでしょう。

そのため、MacBookの液晶の不具合を未然に防ぐためには、扱い方や持ち運び方に注意する必要があります。

液晶やケーブルの経年劣化

MacBookに衝撃が加わらなくても、液晶やケーブルが劣化すると不具合を引き起こす場合があります。

液晶パネルや内部のケーブルは消耗品であり、長年使用すると摩耗してしまい、断線などのトラブルの原因となります。

MacBookを購入してから長期間が経過しており、「画面がちらつく・暗くなる」「急に映らなくなった」などの症状が出ているなら、経年劣化による故障が疑われます。

経年劣化による故障を防ぐには、普段MacBookを使用する際に画面をゆっくり閉じたり、高温にならない場所で使用したり、などの対策が有効です。

MacBookの液晶割れ・不具合を修理する方法

MacBookの液晶割れ・不具合を修理する方法

MacBookの液晶の不具合を修理する方法は、主に以下の4つです。

MacBookの液晶割れ・不具合を修理する方法
  • Apple Store
  • Apple正規サービスプロバイダ
  • パソコン修理業者
  • 自分で液晶を交換

Apple Store

近くに店舗がある場合には、Apple Storeに直接持ち込んで修理する方法があります。

Apple Storeの店舗は、東京都や神奈川県、福岡県、愛知県、京都府、大阪府などに存在します。

ただし、Apple Storeで修理を依頼する場合は、事前に来店予約を行う必要があるため注意しましょう。

また、来店時にはApple IDとパスワードが必要となるため、事前に確認しておきましょう。

Apple Storeに預けて修理する場合は、5〜7営業日ほどで修理が完了します。

Apple正規サービスプロバイダ

Apple Storeへの持ち込みが難しい場合は、Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼することも可能です。

Apple正規サービスプロバイダとは、Apple以外の企業が運営しているものの、Appleから公認されており、Apple Storeとほぼ同じレベルのサポートが受けられる業者のことです。

代表的なApple正規サービスプロバイダとしては、「ビックカメラ」や「カメラのキタムラ」などが挙げられます

店舗によって、修理方法や修理期間、来店予約の有無が異なるため、事前に確認しましょう。

パソコン修理業者

店舗への持ち込みが難しく、スピーディーにMacBookを修理したいなら、パソコン修理業者に依頼するのがおすすめです。

ドクター・ホームネットなどのパソコン修理業者なら、持ち込みでの修理はもちろん宅配や訪問での修理にも対応しており、ご自身の都合に合わせて依頼できます

パソコン修理業者によっては、即日修理が可能な場合もあるため、早く修理したい方にもおすすめです。

また、MacBookを正規の修理に出す場合はデータを初期化されてしまう可能性がありますが、パソコン修理業者はデータを保護しながら修理してくれるため安心です。

自分で液晶を交換・修理もできる

MacBookの液晶修理を格安で行いたいなら、自分で液晶を交換して修理することも可能です。

ただし、液晶を交換するにはMacBookを分解する必要があり、専門知識がない状態で分解すると内部の部品を破損させてしまう恐れがあります。

内部の部品を破損させると、MacBookが起動しなくなったり、データが消えてしまったりなどのトラブルにつながります

また、交換するための液晶パネルを自分で調達する手間もかかります。

分解することにより、メーカーのサポートを受けられなくなる可能性もあるため、安全に修理したいならパソコン修理業者などに相談しましょう。

かない@パソコン博士

MacBookの液晶修理4選の特徴をまとめてみました!

Apple Store
Apple正規サービスプロバイダ
  • 事前に来店予約が必要
  • 約5~7営業日で完了
  • Apple社公認
  • 修理方法や修理期間が異なる
パソコン修理業者
自分で修理
  • 修理サービスが豊富
  • 即日修理が可能
  • データ保護修理可
  • 費用を抑えられる
  • トラブルに注意が必要
  • 部品調達が手間

MacBookの液晶修理にかかる料金の相場

MacBookの液晶修理にかかる料金の相場

MacBookの液晶修理方法を選ぶための参考として、修理方法ごとの料金相場を紹介します。

修理方法修理費用の目安(税込)
Apple Store・Apple正規サービスプロバイダ15,000円~45,000円
パソコン修理業者10,000円~40,000円
自前での修理5,000円~20,000円
Macbookの液晶修理費用相場

Appleの正規修理とパソコン修理業者には、料金面では大きな差はありませんが、パソコン修理業者はデータ保護や短期間での修理にも対応している点が魅力です。

また、自前で修理する場合は液晶の部品代のみでよいため、大きく費用を抑えられます。

ただし、故障の悪化やデータ消失などのリスクがある点には注意が必要です。

かない@パソコン博士

安全かつスピーディーに修理したい場合は、パソコン修理業者に依頼する方法がおすすめです。

MacBookの液晶を修理する際の注意点

MacBookの液晶を修理する際の注意点

業者に依頼する場合も自前で対応する場合も、MacBookの液晶を修理する際にはいくつか注意すべきことがあります。

液晶を修理する際は、以下3つの点に注意しましょう。

MacBookの液晶を修理する際の注意点
  • 保証の期間と内容を確認する
  • データのバックアップを行う
  • MacBookの分解・液晶交換は慎重に行う

保証の期間と内容を確認する

Apple Storeや正規サービスプロバイダに修理を依頼する場合は、保証の有無や期間を確認しましょう。

AppleCare+などのサポートに加入している場合は、故障状況によっては無料で修理してもらえる可能性があります

ただ、損傷が激しい場合などには保証の対象外となってしまい、別途修理料金が必要となるケースもあるため保証内容も確認しておきましょう。

データのバックアップを行う

MacBookの液晶を修理する際は、事前にデータのバックアップを行っておきましょう。

パソコン修理業者に依頼する場合はデータを保護しながら修理してくれますが、正規サービスや自前で修理する場合はデータが消えてしまう可能性があります

データのバックアップには、外付けハードディスクやクラウドストレージなどが利用できます。

Macのデータをバックアップする方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

MacBookの分解・液晶交換は慎重に行う

自分でMacBookの液晶を修理する際は、故障の悪化を防ぐために慎重に作業しましょう。

分解中に静電気が発生したり、他の部品を傷つけたりするとMacBookが起動しなくなる可能性があります。

液晶パネルを交換する際も、無理な力を加えたり落下させたりすると、交換用の液晶が割れてしまいます。

また、内部パーツを破損させるとMacBookの買い替えが必要となるケースもあるため、注意が必要です。

MacBook液晶修理:まとめ

MacBookの液晶が不具合を起こす原因は、外部からの圧力や経年劣化などさまざまです。

液晶を修理するには、Apple Storeや正規サービスプロバイダに依頼する方法、パソコン修理業者に依頼する方法、自分で修理する方法があります。

MacBookのデータを消さず、安全に修理したい場合はパソコン修理業者に依頼しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネットをおすすめしています。Macのトラブル(起動しない、起動しても正常に動作しない、周辺機器と接続できない、ホームネットワークを構築したい、Windowsとの連携やネットワークトラブル)を解決してくれます。

ドクター・ホームネット事前見積もりを徹底し、Macの修理やトラブル解決、サポートをおこなっています。訪問サポートは電話1本ですぐに駆けつけてくれます。東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。