「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

Surfaceのキーボードが反応しない時の対処法12選【外付け対応】

かない@パソコン博士

SurfaceやSurface Laptopなどを使っていて、突然「キーボードが反応がしない!」と困ったことはありませんか?

キーボードの故障により反応しなくなることもありますが、一時的な不具合の場合は自分で直すことも可能です。

今回は、Surfaceのキーボードが反応しない場合の症状や原因、対処法12選を紹介します。

本記事はこんな方におすすめ
  • Surfaceのキーボードが反応しない・認識されない
  • キーボードが反応しない場合の対処法が知りたい
  • 自力で解決できない場合の対処法が知りたい

Surfaceのキーボードが反応しない場合の症状・原因

Surfaceのキーボードが反応しない場合の症状・原因

まずは、Surfaceのキーボードが反応しない場合の症状や原因を紹介しますので、ご自身に当てはまるものがないかをご確認ください。

外付けのキーボードが反応しない

かない@パソコン博士

USB接続Bluetooth接続など、外付けのキーボードを使っていると急に反応しなくなることがあります。

外付けのキーボードが反応しない場合に考えられる原因は、以下の通りです。

外付けのキーボードが反応しない
  • 接続状況に問題が生じている
  • キーボードが故障している
  • デバイスドライバに不具合が生じている

Surfaceやキーボードの一時的な不具合により症状が出ている場合は、簡単な対処法で解決できる可能性があります。

一部のキーだけ反応しない

キーボードは動くものの、一部のキーだけ反応しないケースもあります。

特定のキーのみが反応しない場合は、デバイスドライバの不具合やキーボードの故障・内部汚れの蓄積などの原因が考えられます。

かない@パソコン博士

特に、長期間にわたってキーボードを使用しているのであれば、キーの下にホコリやゴミが溜まっている可能性があります

「キーボード内部に汚れが溜まっているかも…」という場合はどうする?

キーボードを裏返し、キーが下にある状態で軽く振ると、内部に溜まったホコリやゴミが出てくる場合があります。

キーボードで文字が打てない

Surfaceのキーボードで「文字がまったく打てない」「入力したい文字が打てない(大文字やカタカナになってしまう)」といった症状が出ることもあります。

考えられる原因は、キーボードの接触不良や故障、ドライバの不具合などです。

かない@パソコン博士

ただし、「入力したい文字が打てない(大文字やカタカナになってしまう)」といった症状の場合は、キーボードのロックがかかっている可能性があります

入力のロックは以下のキーを押すことで解除できるため、お試しください。

入力ロックを解除するキー
  • 小文字が入力できない場合:「Shift + CapsLock」キー
  • 入力した文字がカタカナになってしまう場合:「無変換」キー(スペースキーの横)
  • テンキーで数字が入力できない場合:「NumLock」キー

Surfaceのキーボードが反応しないときの対処法12選

Surfaceのキーボードが反応しないときの対処法13選

Surfaceのキーボードが反応しないときには、以下の方法をお試しください。

Surfaceのキーボードが反応しないときの対処法
  • キーボードの接続を確認する
  • タブレットモードをオフにする
  • Bluetoothのペアリング設定を確認する
  • デバイスドライバを再インストールする
  • トラブルシューティングをおこなう
  • Surfaceを再起動する
  • キーボードを再起動する
  • 高速スタートアップ機能を無効にする
  • Windows Updateを実施する
  • Surfaceを強制終了する
  • キーボードを買い替える
  • Surfaceを初期化する

キーボードの接続を確認する

キーボードの接触不良により反応しないケースが多いため、まずは接続状況を確認しましょう。

USB接続の場合はコネクタにしっかりと接続されているかを確認し、念のためコードの抜き差しもおこなうことをおすすめします。

かない@パソコン博士

接続状況を確認しても症状が解消しない場合は、タイプカバーなどの接続端子に汚れが付いていないかもチェックしましょう。

タブレットモードをオフにする

Windows 10を搭載したSurfaceには、タッチパネルでの操作を可能にする「タブレットモード」という機能が用意されている場合があります。

かない@パソコン博士

直感的な操作が可能となるため便利な機能ではありますが、キーボード入力操作やタッチ操作を交互におこなうと、動作が不安定になることがあります

タブレットモードを使用している場合は、以下の手順でオフにしてみましょう。

画面の右下にある「アクションセンター」をクリック(時刻・日付の右側)
表示されたメニューにある「タブレットモード」をクリックし、オン・オフを切り替える

Bluetoothのペアリング設定を確認する

Bluetoothで接続するタイプのキーボードを使っている場合は、正しく接続・ペアリングできていない可能性があります。

以下の手順をおこない、Bluetoothキーボードがペアリングされているかを確認しましょう。

画面の左下にある「Windowsのロゴ」をクリック
「設定(歯車のアイコン)」をクリック
設定画面の一覧にて「デバイス」を選択
Bluetoothがオンになっており、「マウス、キーボード、ペン」のエリアに接続中のキーボードが表示されていること確認
キーボードが表示されていない場合は?

画面上部にある「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」から、追加の設定をおこないましょう。

デバイスドライバを再インストールする

「外付けのキーボードが反応しない」「一部のキーだけ反応しない」など、デバイスドライバの不具合が疑われる場合は、ドライバの再インストールをおこないましょう。

画面左下にある「Windowsのロゴ」を右クリック
表示されたメニューから「デバイスマネージャー」を選択
デバイスマネージャーの画面にて、キーボードの左に表示されている「>」をクリック
該当するキーボード名を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択
ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリック
ドライバのアンインストールが完了したらSurfaceを再起動
かない@パソコン博士

Surfaceを再起動すると、アンインストールしたデバイスドライバが自動で再度インストールされます。正常にキーボードが動作するかを確認しましょう。

トラブルシューティングをおこなう

接続状況の確認やデバイスドライバの再インストールで解決しない場合は、以下の手順でトラブルシューティングもお試しください

画面左下にある「Windowsのロゴ」をクリック
「設定(歯車のアイコン)」をクリック
設定画面の一覧にて「更新とセキュリティ」を選択
左メニューにある「トラブルシューティング」をクリック
「追加のトラブルシューティングツール」をクリック
一覧が表示されたら「キーボード」を選択し「トラブルシューティングツールの実行」をクリック

Surfaceを再起動する

Surfaceのソフトウェアに一時的な問題が発生しているために、キーボードが反応しない場合もあります。

かない@パソコン博士

通常の方法でSurfaceを再起動することで、不具合が解消する可能性もあるため、再起動もお試しください。

キーボードを再起動する

Surface本体やデバイスドライバに問題がなくても、キーボード本体に問題が生じていると反応しなくなるケースもあります。

かない@パソコン博士

キーボードの不具合が疑われる場合は、以下の手順でキーボードの再起動をおこないましょう。

画面左下にある「Windowsのロゴ」を右クリック
表示されたメニューから「デバイスマネージャー」を選択
デバイスマネージャーの画面にで、キーボードの左に表示されている「>」をクリック
該当するキーボード名を右クリックし、「デバイスを無効にする」を選択

※キーボードの種類やSurfaceのモデルによっては、「デバイスを無効にする」が表示されない場合もあります

再度キーボード名を右クリックし、「デバイスを有効にする」を選択

高速スタートアップ機能を無効にする

Windowsには、Surfaceの起動時間を短縮するための「高速スタートアップ機能」が備わっています。

有効にすることで起動時間の高速化を図れますが、場合によってはこの機能が不具合の原因となることもあります。

かない@パソコン博士

高速スタートアップ機能が有効になっている場合は、以下の記事を参考に無効化してみましょう。

Windows Updateを実施する

WindowsのOSファイルに不具合が生じていると、キーボードの動作が不安定になることがあります

以下の手順で、Windows Updateを試みましょう。

画面左下にある「Windowsのロゴ」をクリック
「設定(歯車のアイコン)」をクリック
設定画面の一覧にて「更新とセキュリティ」を選択
左メニューにある「Windows Update」を選択
利用可能なアップデートが表示されている場合、画面の案内に従いアップデートをおこなう

Surfaceを強制終了する

ここまで紹介した方法を試してもキーボードが反応しない場合は、Surfaceを強制終了することで解決できる可能性があります。

かない@パソコン博士

ただし、強制終了を何度もおこなうとSurfaceに負担をかけてしまい「データが消えた」「起動しなくなった」などのトラブルにつながる恐れもあるため注意しましょう。

Surfaceを強制終了する方法はモデルによって異なりモデル別の方法は以下の記事で解説しています。

キーボードを買い替える

キーボードなどのデバイスは基本的に消耗品であるため、長期間にわたって使用しているなどの場合は故障している可能性があります。

かない@パソコン博士

キーボード本体の故障が疑われるのであれば、買い替えも検討しましょう。

Surfaceを初期化する

デバイスドライバの再インストールやSurfaceの再起動、トラブルシューティングなどをおこなっても解決しない場合は、Surfaceの初期化(リセット)も有効です。

かない@パソコン博士

ただ、初期化するとSurfaceのデータや設定が消えてしまうので、バックアップなどの準備をおこなう必要があります。

Surfaceを初期化する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

自力で解決できない場合はパソコン修理業者にご相談を

【パソコン修理】ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット

今回紹介した方法を試してもキーボードが反応しないのであれば、Surfaceの本体やシステムファイルなどが故障している可能性があります。

かない@パソコン博士

Surfaceが故障している状態で何度も対処法を試すと、トラブルが悪化し「起動しなくなった」「データがすべて消えた」などの問題につながる恐れもあります。

また、故障が悪化したりデータが消えたりすると、さらに修理費用が高額になってしまう可能性もあります。

そのため、より安全にキーボードのトラブルを解決したいなら、データ保護に対応しているドクター・ホームネットなどの専門業者に相談しましょう。

まとめ

Surfaceのキーボードが反応しなくなる症状や原因はさまざまです。

簡単な対処法で解決できる場合もありますが、トラブルが解消しないのであればSurfaceが故障している可能性があります。

Surfaceの故障が疑われる場合は、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。