本サイトにはプロモーションが含まれます。

Windowsのエラーコードには何がある?主要なコードをグルーピングして一覧で解説

かない@パソコン博士

Windowsにはエラーコードが設定されています。

Windowsを利用していると、何かしらの理由でエラーコードが表示される場合があります。

エラーコードはWindowsに発生したトラブルを教えてくれるので、解決に向けた重要なヒントです。

ただ、大半の人はエラーコードだけ見ても何が起きているのか理解できないでしょう。

今回はエラーコードの内容やエラーコードが表示される原因について解説します。

Windowsのエラーコード一覧

Windowsのエラーコードは数多くあり、それらをすべて理解することは現実的ではありません。

今回はWindowsのエラーコードをグルーピングして一覧形式でコードと内容を紹介します。

システム関連エラー

システム関連のエラーコードは以下のとおりです。

0x0000001EKMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED未処理の例外が発生した
0x0000003BSYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONシステムサービスの実行中に問題が発生した
0x0000007BINACCESSIBLE_BOOT_DEVICE起動デバイスへのアクセスができない
0x0000007ESYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLEDシステムスレッドで例外が発生した
0x000000C2BAD_POOL_CALLER不正なメモリアドレスを参照した
0x000000F4CRITICAL_OBJECT_TERMINATION重要なオブジェクトが終了した
0xC000021ASTATUS_SYSTEM_PROCESS_TERMINATEDシステムプロセスが終了した

デバイス関連エラー

デバイスの通信などに関するエラーコードは以下のとおりです。

0x0000000AIRQL_NOT_LESS_OR_EQUALデバイスドライバーによる誤った割り込みが発生した
0x00000044MULTIPLE_IRP_COMPLETE_REQUESTS複数のデバイスドライバーが同時に要求を完了した
0x000000CEDRIVER_UNLOADED_WITHOUT_CANCELLING_PENDING_OPERATIONSペンディング中の操作がキャンセルされずにドライバーがアンロードされた
0x000000D1DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALデバイスドライバーによる誤った割り込みが発生した
0x000000EATHREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVERデバイスドライバーが応答しなくなった
0x000000F7DRIVER_OVERRAN_STACK_BUFFERスタックバッファーのオーバーランが発生した

プログラム関連エラー

プログラムのインストールや実行に関するエラーコードは以下のとおりです。

0x00000005INVALID_PROCESS_ATTACH_ATTEMPTプログラムのアタッチが無効になっている
0x0000001AMEMORY_MANAGEMENTメモリの割り当てに問題が発生した
0x0000001BPFN_SHARE_COUNTページフレームの共有カウントが正しくない
0x00000024NTFS_FILE_SYSTEMNTFSファイルシステムで問題が発生した
0x00000050PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREAページングされていない領域でのページフォールトが発生した
0x00000077KERNEL_STACK_INPAGE_ERRORカーネルスタックへのページング中に問題が発生した
0x0000009FDRIVER_POWER_STATE_FAILUREデバイスドライバーでエラーが発生した
0x000000C5DRIVER_CORRUPTED_EXPOOLドライバーが破損している
0x000000E2MANUALLY_INITIATED_CRASHユーザーによって手動でクラッシュが引き起こされた

ネットワーク関連エラー

ネットワーク通信などに関するエラーコードには以下があります。

0x00000027RDR_FILE_SYSTEMリダイレクトされたドライブで問題が発生した
0x0000007FUNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAPカーネルモードで予期しないトラップが発生した
0x000000D3DRIVER_PORTION_MUST_BE_NONPAGEDドライバーの一部がページングされた領域に存在する
0x000000EATHREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVERデバイスドライバーが応答しなくなった
0x00000109CRITICAL_STRUCTURE_CORRUPTIONシステムの重要な構造が破損した
0x0000010EVIDEO_MEMORY_MANAGEMENT_INTERNALビデオメモリの管理に問題が発生した
0x00000133DPC_WATCHDOG_VIOLATIONデバイスドライバーが応答しなくなった

Windowsのエラーコードが表示されるタイミング

Windowsでエラーコードが表示されるタイミングは多岐に渡ります。

どのようなタイミングでエラーコードが表示されるのかは以下のとおりです。

アプリケーションのクラッシュ

アプリケーションに何かしらの問題があり、クラッシュしてしまうとエラーコードが表示される場合があります。

異常な処理を実装しているなど、アプリケーション側に問題があるケースです。

ただ、多くのアプリケーションはリリース前にテストしています。

そのため、突発的なトラブルによる、クラッシュかもしれません。

負荷の高まりによるフリーズ

Windows本体の負荷が高まると、さまざまな問題が発生します。

この問題が原因となり、エラーコードが表示されているかもしれません。

例えば、メモリーの限界を迎え、エラーコードが表示されるケースが考えられます。

Windowsはいくつもの部品から構成されているため、負荷が高まる場所は簡単には特定できません。

パソコン全体で負荷が高まると起こる現象だと捉えても良いでしょう。]

ハードウェアのトラブル

パソコンに搭載されているハードウェアのトラブルかもしれません。

CPUやメモリ、ストレージなどに問題が発生するとエラーコードが表示される可能性があります。

Windowsにはいくつものハードウェアが搭載されているため、これらに起因する現象です。

何度も同じエラーコードが表示される場合は、故障を疑ってみましょう。

権限不足

Windowsには権限と呼ばれる考え方があり、操作できる範囲が制限されています。

アプリケーションなどを実行する際に権限が不足していると、エラーメッセージが表示されるかもしれません。

権限不足に起因するエラーメッセージは、適切な権限付与によって解決できます。

ソフトウェアインストールの失敗

何かしらの理由でWindowsソフトウェアのインストールに失敗すると、エラーメッセージが表示されます。

特にソフトウェアの制御でメッセージを表示するようにしていると、そのまま表示されるはずです。

この場合のメッセージは、基本的に上記で解説した内容に起因します。

そのため、ソフトウェアだけではなく、複数の観点から原因になる要素がないか評価してみましょう。

Windowsのエラーコードが表示された際の対処法

dynabookの電源が入らないときの注意点

Windowsの画面にエラーコードが表示されても「どうすれば良いのか」と困る人が多いでしょう。

続いては、何かしらの理由でエラーコードが表示された場合、どのような対応を取れば良いのか解説します。

パソコンを再起動する

Windowsのエラーは突発的に発生するものが多くあります。

そのため、まずは再起動して状況が改善しないか確認してみましょう。

突発的なトラブルは再起動によって解決できることが多く、エラーコードも表示されずに済むかもしれません。

ただ、すべてのトラブルが再起動で解決できるわけではなく、同じエラーコードが頻発することがあります。

この場合は突発的なトラブルではなく、恒常的なトラブルの発生を疑ってみましょう。

再起動前にはデータを保存しなければなりません。

エラーコードについて検索する

上記で解説したように再起動で解決しないならば、エラーコードを調べるしかありません。

代表的なエラーコードについては上記で紹介したため、該当するか確認してみましょう。

エラーコードの内容が判明すれば、それを踏まえて対処ができるようになります。

なお、エラーの根本的な原因によって対応の仕方が異なります。

必要に応じて細かく調査して、対応するようにしてみましょう。

かない@パソコン博士

エラーコードについての情報は多いためすぐに見つかるはずです。

エラーコードが何度も表示されるならパソコン修理業者へ

自分で何かしら対処してもエラーコードが表示されるならば、Windowsの故障が疑われます。

特にエラーコードの内容がハードウェアに関するものならば、物理的に故障しているのかもしれません。

このような故障については、Windowsを再起動して改善させることが不可能です。

パーツの交換などが必要となるため、パソコン修理業者で状態を診断してもらいましょう。

状況に応じて修理してもらうことで、エラーコードが表示されなくなります。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の PCホスピタル(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

PCホスピタル大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。PCホスピタル東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

PCホスピタル
PCホスピタル

まとめ

Windowsのエラーコードについて解説しました。

何かしらトラブルが起きるとエラーコードが表示されるため、内容を確認して対応しましょう。

ただ、ハードウェアの故障など自力での解決が難しいトラブルもあります。

トラブルが改善せずエラーコードが表示されるならば、パソコン修理業者に相談してみましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手の PCホスピタル(年間サポート実績14万件突破、年間有料サポート利用率No.1)をおすすめしています。

事前見積もりを徹底し、大切なデータを保護(復元も可能)した上でログインができないWindows・Macのロゴから進めない英文字が表示されるなどの起動トラブルを迅速に解決してくれます。

PCホスピタル東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があるので、即日修理が可能です。

PCホスピタル
PCホスピタル
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。