「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

Windows 11が遅い?症状パターンと対処法、チェック項目を解説!

かない@パソコン博士

Windows11へのアップグレードをおこなったものの、動作が遅くなってしまったという報告が確認されています。

基本的にはスペック不足やアプリケーションとWindows11との整合性の問題で引き起こされる症状ですが、放置してしまうと快適性を損なうだけでなくアプリケーションの動作不良などに発展する可能性があるため注意が必要です。

今回はWindows11が遅い症状について、症状パターンから対処法、チェックすべき項目まで解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • Windows 11が遅い場合の症状パターンや原因を知りたい
  • Windows 11が遅い場合の対処法を知りたい
  • Windows 11が遅い場合のチェック箇所を知りたい

Windows11が遅い場合の症状パターン

Windows11が遅い場合の症状パターン

Windows11の動作が遅い・重い場合の症状パターンとしては、主に以下の3つが考えられます。

Windows11が遅い場合の症状パターン
  • 起動が遅い
  • エクスプローラーが遅い
  • アプリケーションが遅い

起動が遅い

Windows11になってから起動が遅くなってしまった場合は、以下のようにアップグレードによって設定が一部変更されてしまった可能性が考えられます。

Windows11になってから起動が遅い場合に考えられる原因
  • スタートアップアプリが変更された
  • 高速スタートアップが無効になった

スタートアップアプリはタスクマネージャーから、高速スタートアップはコントロールパネルの電源オプションから設定が可能です。

それぞれアップグレード前と同様の設定となっているかどうか確認しましょう。

かない@パソコン博士

起動が遅いだけでなく起動しなくなってしまった場合は、ドクター・ホームネットなどのパソコン修理業者に相談することをおすすめします。

エクスプローラーが遅い

Windows11へのアップグレード後、以下のようにファイルエクスプローラーが遅くなったという症状も確認されています。

ファイルエクスプローラーが遅い場合の症状例
  • エクスプローラーの内容物を表示する速度が遅い
  • エクスプローラー内でのファイル移動に時間がかかる
  • ファイル名変更時に遅くなる

Microsoftによって既知の問題として認識されているものについてはアップデートで解決しているものもありますが、レジストリ操作をおこなわなければ解決しないケースもあります。

かない@パソコン博士

レジストリ操作については十分な知識のもとでおこなわなければ起動不具合などのリスクがあるため、手順などは割愛します。

アプリケーションが遅い

Windows11へのアップグレード後、特定のアプリ動作が遅くなる場合があります。

Windows11に対応していないアプリの場合は動作不良を起こす可能性があるため、まずはアプリの提供元に対応状況を確認するようにしましょう。

【対処法1】SSD導入やメモリ増設を検討する

かない@パソコン博士

ここからはWindows 11が遅い場合の対処法について解説します。

ドライブやメモリなどのスペック不足によりWindows11が遅くなってしまっていると考えられる場合は、ハードウェアのアップグレードが有効であると考えられます。

SSD導入HDD・メモリ増設などをおこない、スペックに余裕を持たせましょう。

SSDやHDDへのアクセス不具合は解決済み

Windows11にはかつてSSDやHDDへのアクセスに関する不具合がありましたが、2022年1月に配布された「KB5008353」によって修正済みです。

安心してSSDやHDDの導入・増設をおこないましょう。

HDDからSSDへの交換方法とは?交換のタイミングや注意点も解説

【対処法2】Windows Updateをおこなう

【対処法1】SSD導入やメモリ増設を検討する」でも少し触れたように、リリースして間もないWindows11はまだまだ「問題の発見→アップデートで解消」という対応がとられています。

アップデートをおこなわなければ解消しない問題もあるため、Windows UpdateをおこないWindows11を最新の状態に保つようにしましょう。

Windows11では、以下の方法でWindows Updateをおこなえます。

「スタート」(Windowsマーク)をクリックします。
「設定」(歯車マーク)をクリックします。
「設定」ウインドウで左の一覧から「Windows Update」を選択します。
未完了の更新プログラムがある場合は、画面の指示に従って更新作業をおこないます。
かない@パソコン博士

「再起動が必要です」「更新プログラムが一時停止しています」と表示される場合は、[今すぐ再起動する]や[更新の再開]をクリックしてアップデートを完了させましょう。

早く解決したい場合は『手動更新』を

Windows11にはWindows Updateの自動更新機能が備わっていますが、重要な修正などは基本的に自動更新のスケジュールよりも前に手動更新できるようにリリースされます

問題を早く解消したい場合は、自動更新を待たずに手動更新をおこなうことをおすすめします。

【対処法3】ドライバーをアップデートする

最新のOSであるWindows11を使用する際は、Windows UpdateでOSを最新の状態に保つだけでなく各デバイスのドライバーもアップデートしましょう

Windows11に対応できるようにドライバーをアップデートしなければ、Windows11とデバイス両方の動作に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

Windows11でドライバーをアップデートする方法は以下のとおりです。

「スタート」(Windowsマーク)を右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
アップデートしたいデバイスドライバーを右クリックし、「ドライバーの更新」を選択します。
「どのような方法でドライバーソフトウェアを検索しますか?」という画面が表示されたら、「ドライバーを自動的に検索」を選択します。
しばらく待って「ドライバーソフトウェアが正常に更新されました」という画面が表示されたら、[閉じる]をクリックします。
最後にパソコンを再起動します。

【対処法4】Windows10へのダウングレードを検討する

どうしてもWindows11の動作が遅く快適性が損なわれる場合は、Windows10へのダウングレードも検討しましょう。

Windows11へのアップグレード後10日以内であれば、以下の方法でWindows10へのダウングレードが可能です。

Windows 11からWindows 10にダウングレードする方法
  • 回復画面からダウングレードする
  • インストールメディアを使用してダウングレードする
かない@パソコン博士

具体的なダウングレード方法については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

Windows11が遅い場合のチェック項目

Windows11が遅い場合のチェック項目

Windows11が遅い場合は、以下の3つをチェックしましょう。

Windows11が遅い場合のチェック項目
  • Windows11の要求スペックを満たしているか
  • アプリケーションはWindows11に対応しているか
  • 原因はWindows11へのアップグレードによるものか

Windows11の要求スペックを満たしているか

Windows11は要求スペックがそこそこ高いOSバージョンのため、スペック不足により快適に動作させられていない可能性があります。

以下のシステム要件を参考に、快適に動作させるだけのスペックがあるかどうか確認しましょう。

対象必要な最小要件
プロセッサ1ギガヘルツ (GHz) 以上で 2コア以上の64ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ4GB
ストレージ64GB以上
システムファームウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMトラステッドプラットフォームモジュール (TPM)バージョン 2.0
グラフィックスカードDirectX 12 以上(WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
【参考】Microsoft
かない@パソコン博士

システム要件については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

アプリケーションはWindows11に対応しているか

特定のアプリケーション動作が遅い場合は、アプリ側がWindows11に対応していない可能性があります。

アプリのアップデートをおこなう、または提供元に確認するなどして対応しましょう。

原因はWindows11へのアップグレードによるものか

パソコン動作が遅くなる症状の原因は多岐にわたるため、Windows11へのアップグレードが直接的な原因ではない可能性もあります

例えばパソコンが以下のような状態の場合、Windows11に限らずWindows10など現在主流のほかのOSバージョンにおいても動作遅延が引き起こされる可能性があります。

Windowsを遅くする要因
  • 不要な(スタートアップ/バックグラウンド)アプリが多い
  • ドライブ内に不要なデータが多い
  • 電源プランやパフォーマンスオプションなど設定が適切でない

…など

Windows10など以前のOSバージョンの動作遅延への対処法もまだまだ有効な可能性があるため、以下の記事などを参考に設定やデータの見直しをおこないましょう。

Windows 11が遅い:まとめ

今回はWindows11が遅い症状について、症状パターンから対処法、チェックすべき項目まで解説しました。

Windows11の動作が遅い症状に対しては、スペックの底上げやアプリケーション・設定の見直しなどほかのOSバージョンにも共通するような対処法が有効です。

ただし中にはWindows11固有の問題も存在するほか原因の特定が難しいこともあるため、動作が遅いと感じた場合はパソコン修理業者へ相談・依頼することをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。