Wi-Fi 6とは?従来のWi-Fiとの違いや特徴、おすすめの無線LANルーターを解説!

かない@パソコン博士

自宅に限らず飲食店や駅などの公共施設、会社や学校などさまざまな場所で利用されているWi-Fi(ワイファイ)。

パソコンやスマートフォン、タブレット端末でインターネットを利用する際はもちろん、近年ではIoT化に伴い家電にもWi-Fiが利用されています。

現代の生活に欠かせないWi-Fiですが、2019年から「Wi-Fi 6」がスタートしており対応機器も数々登場しています。

今回はWi-Fi 6について、

  • Wi-Fi 6とは何か
  • Wi-Fi 6の特徴
  • Wi-Fi 6対応のおすすめ無線LANルーター

を中心に、Wi-Fiとセットでよく聞くIEEEとの違いや従来のWi-Fiとの違いも含め解説します。

Wi-Fi 6とは

Wi-Fi6とは

Wi-Fi 6とは、第6世代にあたる最新のWi-Fi規格の名称の1つです。

Wi-Fi 6について理解するために、以下の3つのポイントを解説します。

Wi-Fi 6とは
  • Wi-Fiとは
  • Wi-Fi 6は最新のWi-Fi規格
  • Wi-FiとIEEEの違い

Wi-Fiとは

Wi-Fi 6について理解するために、まずWi-Fiとは何かについておさらいしておきましょう。

Wi-Fiとは、無線LANの規格であるIEEEの名称を指します。

今でこそ当たり前となっている無線LANですが、当初は機器によって相互接続できないといった問題がありました。

そのためIEEE(米国電気電子学会)によって「IEEE 802.11」という無線LANの標準規格が定められましたが、1997年の制定以降登場する新たな規格も「IEEE 802.11a」や「IEEE 802.11ac」など分かりづらいものでした。

そこで無線LANの普及を目的とした団体であるWi-Fi Allianceによって、それぞれの規格に与えられた名称が「Wi-Fi」です。

つまり、IEEEとWi-Fiはいずれも無線LANの規格を表すものであるものの、IEEEは正式な標準規格の名称、Wi-FiはIEEEのブランド名となります。

Wi-Fiを自宅に導入する方法・繋ぎ方とは?設置済のWi-Fiが接続できない場合の対処法も解説!

Wi-Fi 6は最新のWi-Fi規格

Wi-Fi 6は、第6世代にあたる最新のWi-Fi規格の名称です。

初の無線LAN標準規格である「IEEE 802.11」が定められたのは1997年以降ですが、それ以降最新の「IEEE 802.11ax」まで計6つの規格が定められています。

これに対し第4世代の「IEEE 802.11n」以降、分かりやすくナンバリングがされた形でWi-Fiの名称です。

今回のWi-Fi 6は、第6世代の規格である「IEEE 802.11ax」に対応したWi-Fiの名称です。

世代規格名(IEEE)ブランド名(Wi-Fi)
第6世代
(2019年)
IEEE 802.11axWi-Fi 6
第5世代
(2013年)
IEEE 802.11acWi-Fi 5
第4世代
(2009年)

IEEE 802.11n
Wi-Fi 4
第3世代
(2003年)
IEEE 802.11g
第2世代
(1999年)
IEEE 802.11a
IEEE 802.11b
第1世代
(1997年)
IEEE 802.11

Wi-Fi 6の特徴 従来のWi-Fiとの違い

Wi-Fi6の特徴 従来のWi-Fiとの違い

最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6は、「高速」「安定」「省エネ」という3つの優れた特徴を持っています

今までのWi-Fiと比較してWi-Fi 6の性能をまとめると以下のようになります。

規格名(IEEE)ブランド名(Wi-Fi)最大通信速度周波数帯
IEEE 802.11axWi-Fi 69.6Gbps2.4GHz
5GHz
IEEE 802.11acWi-Fi 56.9Gbps5GHz
IEEE 802.11nWi-Fi 4600Mbps2.4GHz
5GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11a54Mbps5GHz
Wi-Fi 6の特徴
  • 高速
  • 安定
  • 省エネ

2.4GHzと5GHzの違いについて

2.4GHzは床や壁などの障害物に強く、隣室や別の階などの離れた場所に電波を届けやすいというメリットがあります。

一方で家電製品や電子機器などのさまざまな機器で利用されている帯域のため、機器間での干渉により速度低下を起こしたり不安定になりやすいというデメリットがあります。

5GHzは逆に利用している機器が少ないため干渉による影響を受けづらいというメリットがありますが、障害物に弱く離れた場所との通信になると電波が弱くなるというデメリットがあります。

また古いWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があるという点もデメリットとしてあげられます。

高速

Wi-Fi 6の特徴は、まず高速であるがという点です。

最大通信速度が9.6GbpsとWi-Fi5と比べて約1.4倍高速であるだけでなく、周波数帯も2.4GHzと5GHzの双方を利用できます。

このようにWi-Fi 6は、今後一般的になっていくことが予想される4Kや8K映像の配信などにも対応し得る次世代の高速通信を可能にします

安定

Wi-Fi 6は高速なだけでなく、安定した通信が行えることも特徴としてあげられます。

Wi-Fi 6には「OFDMA(直交周波数分割多元接続)」と呼ばれる技術が採用されており、同時接続の端末数が増えた際にも順番待ちが発生しにくく効率的な通信が行えるようになっています。

また「MU-MIMO(マルチユーザーMIMO)」と呼ばれる技術も通信の高速化と安定供給に貢献しており、Wi-Fi 6では端末の最大同時接続数がWi-Fi5の4台に対して8台です。

IoT家電などにより家庭においても複数の製品・機器に安定的な通信が求められるようになっている現代ですが、Wi-Fi 6では上記のような技術により複数の端末が同時に接続している状態でも安定的な高速通信を実現します

省エネ

高速通信と安定性を兼ね備えた高性能なWi-Fi 6ですが、省エネである点も特徴です。

Wi-Fi 6には「TWT(Target Wake Time)」と呼ばれる技術が採用されており、無線子機となるスマートフォンやタブレットなどのバッテリー消費を抑えられます。

データ通信のタイミングを調整することで信号受信を必要としない子機端末の通信機能をスリープ状態にし、消費電力を抑えてバッテリーを長持ちさせます。

このようにWi-Fi 6は子機端末のバッテリーを節約することができ、またこれは帯域幅の節約にも繋がります

Wi-Fi 6対応のおすすめ無線LANルーター

最後にWi-Fi 6対応無線LANルーターについて、ハイエンドモデルとエントリーモデルを1機器ずつご紹介します。

Wi-Fi 6対応のおすすめ無線LANルーター
  • ハイエンドモデル:【BUFFALO】WXR-6000AX12S
  • エントリーモデル:【ASUS】RT-AX55
テレワーク・在宅勤務にオススメのWiFiルーター&ポケットWi-Fi

テレワーク・在宅勤務にオススメのWi-Fiルーター&ポケットWi-Fi5選!

ハイエンドモデル:【BUFFALO】WXR-6000AX12S

Wi-Fi 6対応無線LANルーターのおすすめハイエンドモデルはBUFFALOのWXR-6000AX12Sです。

市場価格約3万7,000円(税込)
最大通信速度(無線)5GHz:4,803Mbps
2.4GHz:1,147Mbps
アンテナ数外部アンテナ4本
本体サイズ(幅×高さ×奥行)300×195×75mm
重量約1,580g

無線の最大通信速度が4,803Mbpsと高速であるほか、有線に関しても10Gbps対応のWAN/LANポートにより高速インターネットに対応しています。

また独自のアンテナ設計と「8×8 ビームフォーミング」技術の採用により安定的な通信も可能です。

WXR-6000AX12SはWi-Fi 6の高速通信と安定性を最大限発揮できる機器であるといえます。

エントリーモデル:【ASUS】RT-AX55

Wi-Fi 6対応無線LANルーターのおすすめエントリーモデルはASUSのRT-AX55です。

【ASUS】RT-AX55
【引用】ASUS RT-AX55
市場価格約9,000円(税込)
最大通信速度(無線)5GHz:1,201Mbps
2.4GHz:574Mbps
アンテナ数外部アンテナ4本
本体サイズ(幅×高さ×奥行)230x56x134mm
重量約374g

最大通信速度は1,201MbpsとWXR-6000AX12Sと比べれば劣りますが、特筆すべきは1万円を切った価格帯でWi-Fi 6を構築できます。

5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応しているなど必要な機能は抑えているほか、ブラックとホワイトの2色が用意されていたり薄型軽量だったりと置き場所を選ばないことも特徴です。

RT-AX55は手軽にWi-Fi 6環境を構築できる機器といえます。

ハイエンドモデルは必要?

ハイエンドモデルは、複数台機器に接続しての高速通信を求めるなら必要といえます。

ただしWi-Fi 6は下位互換性により従来のWi-Fi5対応機などのWi-Fi 6非対応機器とも接続自体はできるほか、Wi-Fi 6対応スマートフォンの多くも最大通信速度は依然として1,201Mbpsに留まっています。

そのため、Wi-Fi 6の強みを最大限に生かした体験のためには各機器を揃える必要があるため、今すぐにハイエンドモデルを導入する必要もないといえるでしょう。

Wi-Fi 6:まとめ

今回はWi-Fi 6について、その特徴やおすすめの無線LANルーターを解説しました。

「高速」「安定」「省エネ」という優れた特徴を持っているWi-Fi 6ですが、機器の選定や設置に関してお悩みの場合はパソコン修理業者に相談してみましょう。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【引用】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。