HDD(ハードディスク)のデータ復旧方法を解説!注意点やパソコン修理業者も紹介

かない@パソコン博士

「HDD(ハードディスク)のデータが消えてしまった」「誤ってデータを削除してしまった」という場合でも、正しい方法をとればデータを復旧できる可能性があります。

本記事では、HDDのデータを復旧する方法や注意点などを解説します。

データ復旧におすすめのソフトや、パソコン修理業者も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

HDD(ハードディスク)のデータが消えた場合にやってはいけないこと

HDDのデータが突然消えてしまった場合、「なんとかしなくては」という焦りから、さまざまな対処法を試みる方も多いでしょう。

しかし誤った方法をとってしまうと、かえってデータの救出が難しくなってしまいます。

データ復旧率を下げないためにも、データが消えてしまった場合は以下の3つは行わないようにしましょう。

  • データの更新や上書き
  • パソコンの初期化
  • 強制終了や再起動

データの更新や上書き

データやフォルダなどを誤って削除してしまった場合は、パソコン内のデータを更新・上書きしてはいけません。

HDD内のデータを更新するほど、データを救出できる可能性が下がってしまうからです。

データを上書きするつもりはなくても、パソコンを使い続けるとHDD内のさまざまなデータが更新されていきます。

そのため、データの消失が発覚したらパソコンはシャットダウンし、使用しないことをおすすめします。

データの消失後すぐであれば、復旧できる可能性が高いので落ち着いて対処しましょう。

パソコンの初期化

パソコンの初期化は、別名:リカバリーとも呼ばれているため、データを復旧できると思い初期化を試みる方もいますが、パソコンの初期化やOSの再インストールは、復旧できるはずだったデータを上書きしてしまうため復旧が困難になります。

初期化(リカバリー)は、パソコンを工場出荷時の状態に戻す操作であり、データを回復させる操作ではないため注意しましょう。

ただし、誤って初期化をしてしまった場合でも、専門の業者に依頼すれば初期化する前のデータを復旧できる可能性があります。

パソコンの初期化(リカバリ)とは?購入時の状態に戻す方法やメリットなどを解説!

強制終了や再起動

強制終了や再起動を繰り返すと、データ復旧が難しくなるだけではなく、他のデータが消えてしまう可能性があります。

強制終了を行うとHDDの書き込み動作を途中で止めてしまうため、データの消失につながるのです。

また、パソコンの再起動はHDDに負担をかけるため、データの救出ができなくなってしまう可能性があります。データ消失後には、強制終了や再起動といった操作は必要最小限にとどめるようにしましょう。

HDD(ハードディスク)のデータを復旧する方法

HDDのデータが消えてしまった場合の対処法は、以下の2つです。

データ復旧の方法
  • 自力でデータ復旧を行う(復旧ソフトを使用)
  • パソコン修理業者に依頼する

データ消失の原因が軽度の論理障害であれば自力で復旧できる可能性もありますが、重度の論理障害や物理障害の場合は業者でないと復旧が難しいです。

それぞれの方法を、詳しく解説します。

自力でデータ復旧を行う

論理障害とは、HDD内のデータに破損や不具合が発生している状態を指します。

軽度の論理障害であれば、自力でのデータ復旧も可能です。

論理障害の例(軽度)
  • 誤った操作によりデータを削除・フォーマットしてしまった
  • パソコンの初期化をしてしまった
  • 自動更新によりデータが上書きされてしまった

データを救出するためには専用ソフトを使用するため、ソフトの指示に従って復旧作業を行います。

業者にデータ復旧を依頼する必要がないため、手間がかからない点がメリットです。

しかし、復旧手順を誤ってしまうとデータが完全に消去されてしまったり、HDDの故障が悪化したりするため注意が必要です。

重要度の高いデータを確実に救出したい場合、パソコン修理業者に依頼しましょう。

パソコン修理業者に依頼する

以下の症状・原因の場合は、物理障害や重度の論理障害である可能性が高いため、必ずパソコン修理業者に依頼しましょう。

物理障害・論理障害(重度)の例
  • パソコンに飲み物をこぼした、HDDが水没した
  • HDDを落とした、異音がする
  • HDDを認識しない、アクセスできない
  • 「フォーマットが必要です」というメッセージが表示される

物理障害とは、水没や落下によりHDDのパーツそのものに故障がある状態を指します。

物理障害の場合、HDDを分解して内部のパーツを交換しなければならないケースも多いため、個人での復旧作業が難しいです。

パソコン修理業者への依頼は、手間やコストがかかるものの、自力で行うよりも復旧できる可能性が高いです。

「データ復旧専門の業者の選び方が知りたい」という方は、以下の記事を参考にしてください。

パソコンのデータ復旧業者の失敗しない選び方

外付けHDDのデータ復旧は可能?

パソコンと同じく、外付けHDDのデータ復旧も可能です。

「久しぶりに接続したらデータが消えていた」「持ち運び中に落としてしまった」といった場合でも、データを救出できる可能性は十分にあります。

諦めずにパソコン修理業者に相談してみてください。

HDD(ハードディスク)のデータを復旧できるおすすめソフト

「誤ってデータを消してしまった」「自分でデータを復旧したい」という方に向けて、おすすめのデータ復旧ソフトを紹介します。

ファイナルデータ11

ファイナルデータ11は、データ復元ソフトの市場において、20年連続でトップシェアを誇るデータ復旧ソフトです。

データ復旧の初心者から専門家まで、幅広いユーザーから人気を集めています。

パソコン初心者でも使いやすい設計となっており、画面の案内に従って操作するだけで、誤って削除したデータの復旧が可能です。

対応OSWindows Vista/XP/7/8/8.1/10
価格パッケージ版:10,180円(税込)
ダウンロード版:6,000円(税込)

EaseUS Data Recovery Wizard Free

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、データ復旧97.3%を誇るソフトです。

画像や動画、ドキュメントなどのデータ復旧が可能で、以下のデータにも対応しています。

  • ゴミ箱から削除したデータ
  • 完全に削除したデータやフォルダ
  • 外付けデバイス(SDカード・USBメモリなど)のデータ

有料版が提供されていますが、無料版も用意されています。

無料版では最大で2GBまでのデータが復旧できますので、「まずは手軽にデータを救出したい」という人におすすめです。

対応OSWindows 10/8.1/8/7/XP
価格Free版:無料
Pro版:9,790円(税込)

HDD(ハードディスク)のデータ復旧に強いパソコン修理業者3選

大切なデータを確実に救出したいなら、パソコン修理業者への依頼がおすすめです。

HDDからのデータ復旧に強いパソコン修理業者を3つ紹介します。

パソコン工房

パソコン工房は、最短15分で完了するワンコイン診断を行っているパソコン修理業者です。

当日の持ち込み診断も可能なため、「すぐにHDDの状態が知りたい」という方向けでもあります。

店舗への持込修理だけではなく、インターネットから申込みを行う「Webピックアップサポート」を利用すれば、宅配修理でのデータ復旧も可能です。

料金・費用データ復旧:22,000円(税込)~
OSの復旧:13,200円(税込)~
パソコン工房 評判

ドクター・ホームネット

ドクター・ホームネットは、年間16万件以上のサポート実績を誇り、データ復旧が可能なパソコン修理業者です。

データ復旧を依頼する方法は、店舗への持ち込みと郵送、訪問の3つに対応しているためプライベートの都合に合わせて依頼することができます。

「すぐに復旧してほしいけど持ち込みはできない」という場合でも、訪問対応であれば最短即日のデータ復旧が可能です。

日本マーケティングリサーチ機構が実施した、2020年4月期のブランドイメージ調査では顧客満足度No.1を獲得しているため「安心してデータ復旧を依頼したい」という方におすすめできます。

料金・費用22,000円(税込)~
ドクター・ホームネット 評判・口コミ

パソコンドック24

パソコンドック24は、全国に74もの店舗を展開しているパソコン修理業者です。

北海道や関東、中部から九州まで幅広い地域に店舗があるため、持ち込みでのデータ復旧を検討している方におすすめできます。

店舗にはパソコン整備士の資格を持ったスタッフが在籍しているため、安心して任せられるでしょう。

料金・費用8,800円~52,800円(税込)
パソコンドック24 評判

パソコン修理業者に依頼する際の料金相場

かない@パソコン博士

最後に、ここまで紹介したパソコン修理業者の費用を表にまとめました。

パソコン修理業者料金
パソコン工房データ復旧:22,000円(税込)~
OSの復旧:13,200円(税込)~
ドクター・ホームネット22,000円(税込)~
パソコンドック248,800円~52,800円(税込)
データ復旧の料金相場
パソコン修理業者12社比較

HDD(ハードディスク)のデータ復旧:まとめ

HDDのデータが消えてしまった場合は、復旧の成功率を下げないためにもデータの上書きやパソコンの使用はできるだけ控えましょう。

消えてしまったデータは自力で復旧することもできますが、「HDDを認識しない」「HDDから変な音が聞こえる」といった障害が発生している場合、パソコン修理業者でないとデータ救出は難しいです。

データの復旧作業は、回数を重ねるごとにHDDに負担をかけてしまい症状が悪化しますので、早い段階でパソコン修理業者に依頼することをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネットをおすすめしています。思い出の写真や動画ファイル、仕事のファイルなど大切なデータを迅速に復旧してくれます。

ドクター・ホームネット事前見積もりを徹底しています。データ復旧では論理障害、物理障害それぞれ難易度にわけてしっかりと解決してくれます。東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれも対応が可能です。

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。