パソコンのモニターが一瞬暗くなる原因とは?対処法を解説【Windows10版】

パソコンのモニターに不具合が発生すると、作業が思うようにはかどらずストレスを感じる人も少なくありません。
長時間トラブルが続くようであればパソコンを修理に出すことも考えますが、一瞬だけ不具合が発生する場合は対処に困るものです。

今回はパソコンのモニターが一瞬暗くなる原因や確認事項、対処法について解説します。

パソコンのモニターが一瞬暗くなる原因

パソコンのモニターが一瞬暗くなる現象の発生は、主に以下の原因が考えられます。

  • ケーブルの不具合
  • 周辺機器の影響
  • パソコンの帯電
  • バッテリの電力不足
  • デバイスドライバの不具合
  • Windows Updateの影響
  • 人感センサーの影響
  • 自動輝度調整機能の設定
  • リフレッシュレート機能の設定
パソコンのモニターが一瞬暗くなる原因-1

ケーブルの不具合

モニターに接続しているケーブル類の不具合が原因かもしれません。
ケーブルが断線を起こしていたり接触不良を起こしていると、モニターが一瞬暗くなる現象が発生する場合があります。
また、ケーブルが抜けかけていたり、きちんと挿し込まれていない状態だと、モニターへの出力に問題が起きます。

周辺機器の影響

パソコンやモニターに接続している周辺機器が影響し、モニターが一瞬暗くなる現象が起きていることも考えられます。
モニターに接続している周辺機器が増えると消費電力が上がり、動作が不安定になる場合があるからです。
また、パソコンに接続した周辺機器との相性の問題で、モニターの表示にトラブルを起こしている可能性があります。

パソコンの帯電

パソコン本体に電気が溜まる現象を「帯電」といいますが、パソコンが帯電することで、モニターが一瞬暗くなるなどさまざまなトラブルを引き起こします。
パソコンは電子機器の集まりのため、普段どおりに使用していても必ず帯電は発生します。
モニターが一瞬暗くなる現象が発生した場合は、帯電を疑ったほうが良いかもしれません。

パソコンの帯電とは?電気がたまる・発生する原因や対処法を分かりやすく解説!

バッテリの電力不足

ノートパソコンに限りますが、バッテリの電池残量が減っていると、モニターが一瞬暗くなることがあります。
また、バッテリパックが正常に取り付けられていないなどのトラブルが起きている場合も、モニターが正常に表示されないことがあります。

パソコンのモニターが一瞬暗くなる原因-2

デバイスドライバの不具合

モニターが一瞬暗くなる原因として、デバイスドライバが正常に機能していないことが考えられます。
モニターはパソコンの中で周辺機器の位置づけとなるため、デバイスドライバと呼ばれるソフトウェアを介し、情報をパソコンに伝えています。
ドライバを更新せず古いままだったり、デバイスドライバに不具合が発生していると、正しく情報が伝えられないため、 モニターが正常に表示されない場合があります。

Windows Updateの影響

Windows Updateは、Windowsへの新しい機能追加や不具合のある機能の修正を目的として、定期的に実行される更新です。
しかし、Windowsの新しい更新プログラムが保留中になっていると、アップデートが実行されず、モニターが一瞬暗くなることがあります。

また、Windows Updateを実行している間やWindows Updateに不具合が発生している場合も、モニターの表示に異常が起きることがあるようです。

Windows Updateができない?アップデート(更新)が失敗する原因と対処法とは

人感センサーの影響

人感センサーが搭載されているパソコンの場合、センサーが反応して自動的にモニターが暗くなったり明るくなったりします。
人感センサーを指やモノで覆ったり、「周囲に人間がいなくなった」とセンサーが感知すると、モニターの明るさを調整します。
そのため、センサーの感度によっては画面の前にいるのに、モニターが一瞬暗くなる場合があります。

自動輝度調整機能の設定

Windows10にはモニター周辺の明るさを判別し、自動的にモニターの輝度を調整する機能が搭載されています。
画面の環境や周りの照明の状態に応じて、自動的に明るさを調整してくれる便利な機能ですが、自分の好みに合わせて明るさを調整・固定することができないため、場合によってはモニターが一瞬暗くなったように見えるようです。

リフレッシュレート機能の設定

パソコンのリフレッシュレートの設定が適正でない場合、モニターが一瞬暗くなる現象が発生する場合もあります。

リフレッシュレートとは、1秒間に何回画面が書き換わっているかを計る値のことで、例えば1秒間に60回更新した場合は60Hzと表します。
リフレッシュレートの値が高いほどモニターの映像が滑らかに表示されますが、モニターの性能に適した設定をしていないと、画面表示にトラブルを引き起こします。

パソコンの画面が暗い!その原因と対処法について解説【Windows10版】

パソコンが黒い画面のまま起動しない!原因と対処法を分かりやすく解説【Windows10版】

モニターが一瞬暗くなった際の対処前の確認ポイント

パソコンのモニターが一瞬暗くなる現象が発生した場合、対処を行う前にまずは以下のポイントをチェックしてみてください。

  • ケーブルを確認する(デスクトップパソコン)
  • バッテリを確認する(ノートパソコン)
モニターが一瞬暗くなった際の対処前の確認ポイント-1

ケーブルを確認する(デスクトップパソコン)

デスクトップパソコンの場合は、まずモニターに接続しているケーブル類が正常に挿し込まれているか確認しましょう。

接続が緩んでいたり、ケーブルがねじれていないかを確認し、異常がある場合は正常に接続しなおします。
異常がない場合でも、挿しなおすことによって問題が改善される場合もあるため、一度ケーブルを取り外し、接続しなおしてみましょう。

また、見た目には異常がないように見えても、ケーブル内でねじれや断線などが生じていることも考えられます。
ケーブルを挿しなおしても問題が改善されない場合は、代替ケーブルに交換して接続してみてください。
接続端子やパソコンのプラグに付着している汚れや埃が原因でトラブルが発生することもあるため、キレイに拭いて接続しましょう。

モニターが一瞬暗くなった際の対処前の確認ポイント-2

バッテリを確認する(ノートパソコン)

ノートパソコンの場合、バッテリの残量が少なくなっていることが疑われます。
パソコンを一旦終了させ、ACアダプタを接続して起動しなおすか、もしくはバッテリを充電して起動し直してみましょう。

また、バッテリパックが取り外せる機種の場合、バッテリパックが正しく取り付けられていない可能性もあります。
一度バッテリパックを取り外し、正しく装着して問題が改善されるか確認してみましょう。
※バッテリパックの取り外し方は、各メーカーごとの公式サイトまたはマニュアルを参照ください。

▼バッテリパックの位置の一例

モニターが一瞬暗くなった際の対処前の確認ポイント-3
引用:富士通

パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法

モニターが一瞬暗くなる場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • 周辺機器をすべて取り外す
  • パソコンを放電する
  • デバイスドライバを更新する
  • Windows Updateを実行する
  • 人感センサーの設定を変更する
  • 自動輝度調整機能を変更する
  • リフレッシュレート設定を変更する
パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-1

周辺機器をすべて取り外す

接続している周辺機器の影響により、モニターが一瞬暗くなる現象が発生しているのかもしれません。
ドライバが更新されていない、互換性はあるけれど相性が悪いなど、さまざまな理由が考えられます。

  1. 電源が切断されている状態でマウスやキーボード、外付けドライブなどの周辺機器をすべて取り外します。
  2. 電源を入れ、正常に動作すれば完了です。

パソコンを放電する

長時間パソコンを使用していると、パソコン内部に電気がたまり、誤作動を起こしてトラブルを引き起こすことがあります。

  1. 電源が切れた状態でACアダプタと電源ケーブル、バッテリーなど、すべての接続をパソコンから取り外します。
  2. 5分以上放置して、再度ケーブルやバッテリーなどを取り付けます。
  3. パソコンを起動し、正常に表示されるようになれば完了です。

デバイスドライバを更新する

デバイスドライバに不具合があると、モニターが一瞬暗くなることがあります。
デバイスドライバがWindows10に対応していないとトラブルを引き起こすこともあるため、最新のバージョンに更新しましょう。

  1. Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「デバイスマネージャー」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-2
  2. 「デバイスマネージャー」画面が表示されたら、一覧の中から目的のデバイスを選択し、ダブルクリックします。 パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-3
  3. デバイスドライバ一覧が表示されたら目的のドライバを右クリックし、一覧の中から「ドライバーの更新」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-4
  4. 「ドライバーの更新」画面が表示されたら、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-5
  5. 検索画面が表示されるので、インストールが完了するまで待ちます。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-6
  6. 「ドライバーが正常に更新されました」と表示されたら、「閉じる」をクリックして完了です。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-7

※最新のドライバが見つからない場合、「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」と表示されます。

Windows Updateを実行する

Windows Updateを行うと自動的に更新プログラムがインストールされて、パソコンが最新の状態になり、問題が改善される場合もあります。

  1. Windowsロゴをクリックし、歯車のようなマークの設定アイコンをクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-8
  2. 「設定」画面が表示されたら、「更新とセキュリティ」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-9
  3. 「更新とセキュリティ」の「Windows Update」画面が表示されたら、「更新プログラムのチェック」をクリックすることで、自動的に更新プログラムがインストールされます。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-10

※Windows Updateを行った場合、再起動が必要になることもあります。
事前に必要なデータを保存し、すべてのアプリケーションを終了させておきましょう。

人感センサーの設定を変更する

人感センサー機能が搭載されている場合、設定を無効に切り替えることで、モニターが一瞬暗くなる現象が改善されるかもしれません。
使用しているメーカーの設定アプリなどを利用し、設定を変更しましょう。
※人感センサー機能の設定方法については、各メーカーごとの公式サイトまたはマニュアルなどで確認ください。

自動輝度調整機能を変更する

パソコンによっては、「自動輝度調整」機能が搭載されていることがあります。
モニターが一瞬暗くなる場合は、以下の手順で「自動輝度調整」機能をオフにしてみてください。

  1. Windowsロゴをクリックし、設定アイコンをクリックします。
  2. Windowsの設定画面が表示されたら、左上の「システム」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-11
  3. 「システム」画面が表示されたら、左側のシステムメニュー一覧から「電源とスリーブ」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-12
  4. 関連設定の「電源の追加設定」をクリックし、「電源オプション」の設定画面を開きます。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-13
  5. お気に入りのプランの「バランス(推奨)」内の「プラン設定の変更」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-14
  6. プラン設定の編集画面の「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-15
  7. 電源オプション画面が表示されたら下にスクロールし、「ディスプレイ」の「+」ボタンを開きます。
    「自動輝度調整を有効にする」をオフにし、適用をクリックすれば完了です。
    パソコンのモニターが一瞬暗くなる場合の対処法-16

リフレッシュレート設定を変更する

設定しているリフレッシュレートの値を下げることで、問題が改善される場合もあります。

  1. Windowsロゴをクリックし、設定アイコンをクリックします。
  2. Windowsの設定画面が表示されたら、左上の「システム」をクリックします。
  3. 「システム」画面が表示されたら、左側のメニューから「ディスプレイ」を選択し、「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。
  4. 「ディスプレイの詳細設定」画面が表示されたら、「ディスプレイの情報」欄の「ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します」をクリックします。
  5. プロパティ画面が表示されたら「モニター」タブをクリックし、「モニターの設定」欄の「画面のリフレッシュレート」から任意の値をクリックして「OK」をクリックすれば完了です。
    ※パソコンの機種によっては、画面のリフレッシュレートの値が固定されている場合もあります。

まとめ

モニターが一瞬暗くなる場合の対処法などについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

パソコンのモニターが一瞬暗くなったりチラつく場合は、上記で紹介した対処法で解決できる場合もあります。
しかし、問題が改善されない場合はパソコンパーツやモニター自体に不具合が起きていることも考えられるため、一度パソコン修理業者に診断してもらったほうが良いでしょう。

パソコン博士からのおすすめ

「パソコン博士の知恵袋」がオススメするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。
持込修理・出張修理、宅配修理すべての修理方法に対応、即日対応全国修理対応もしていることから、高い評価に値するパソコン修理業者です。
料金体系も分かりやすく事前見積もりも徹底しており、ユーザーが安心して利用できる要素がすべてそろっています。パソコンが起動しない(動作が重い)Windowsアップデート関連のトラブルインターネットトラブルデータが消えたなど自分で直せないパソコントラブルをすぐに解決してくれます。

※お住まいの地域によっては、持込・出張修理ができない場合がございます。その際は宅配修理をご利用いただけます。

ドクター・ホームネット

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。