Windows11にアップデートできない?チェック項目と対処法を解説!

かない@パソコン博士

Windows11へのアップデート・アップグレードは無償でおこなうことができますが、使用しているパソコンの環境によっては正常に完了できない場合があります。

Windows11へのアップデートに関しても、ほかのパソコントラブルと同じく原因を特定して適切な対処をおこなうことが重要です。

今回はWindows11にアップデートできない場合について、チェックすべき項目から対処法、さらに本来アップデートできないPCをWindows11にする方法まで解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • Windows11にアップデートできず困っている
  • Windows11にアップデートできない場合の対処法を知りたい
  • スペックを満たさないパソコンをアップデートする方法を知りたい

Windows11にアップデートできない場合のチェック項目

Windows11にアップデートできない場合のチェック項目

Windows11へのアップデートが正常に完了しない場合、まずは以下の項目をチェックしましょう。

Windows11にアップデートできない場合のチェック項目
  • Windows11の要求スペックを満たしているか
  • SSDやHDDに十分な空き容量があるか
  • Windowsは最新の状態になっているか
  • エラーコードは表示されていないか

Windows11の要求スペックを満たしているか

デザインやセキュリティをはじめさまざまな機能強化がおこなわれたWindows11の要求スペックはそこそこ高く、お使いのパソコンが要求スペックを満たしていない可能性があります。

まずは以下のシステム要件を参考に、お使いのパソコンがWindows11を導入できるかどうかを確認しましょう。

対象必要な最小要件
プロセッサ1ギガヘルツ (GHz) 以上で 2コア以上の64ビット互換プロセッサ
または System on a Chip (SoC)
メモリ4GB
ストレージ64GB以上
システムファームウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMトラステッドプラットフォームモジュール (TPM)バージョン 2.0
グラフィックスカードDirectX 12 以上(WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
【参考】Microsoft
かない@パソコン博士

特にプロセッサやTPMの要件については、5年程度前のパソコンでは満たさない可能性があります。

要求スペックや現在使用しているパソコンのアップグレード可否確認方法については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

SSDやHDDに十分な空き容量があるか

使用環境にもよりますが、Windows11へのアップデートをおこなうためにはCドライブに30GB程度の空き容量が必要です。

SSDやHDDに十分な空き容量がない場合は、以下のような方法によってアップデートに必要な領域を確保しましょう。

SSDやHDDの空き容量を増やす方法
  • 不要なファイルやアプリを削除する
  • ディスククリーンアップをおこなう
  • デフラグをおこなう
  • 外付けHDDを導入する
かない@パソコン博士

ドライブの空き容量を増やす方法については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

Windowsは最新の状態になっているか

Windows11へのアップデートをおこなう場合は、事前に重要な更新プログラムをすべてインストールしておくことがMicrosoftにより推奨されています。
【参考】Microsoft Windows のアップグレードとインストールに関するエラーのヘルプ

Windows10にはWindows Updateの自動更新機能が搭載されているため基本的に更新プログラムに関する問題はないはずですが、以下の方法で必要な更新プログラムがないかどうかチェックしましょう。

Windowsロゴをクリックし、設定をクリックします。
Windows Updateの設定方法-1
「設定」画面が表示されたら、「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windows Updateの設定方法-2
「更新とセキュリティ」の「Windows Update」画面が表示されたら、「更新プログラムのチェック」をクリックすることで、自動的に更新プログラムがインストールされます。
Windows Updateの設定方法-3
かない@パソコン博士

なお必要な更新プログラムがインストールされていない場合は、「エラー: この更新プログラムはお使いのコンピューターには適用できません。」と表示される場合があります。

エラーコードは表示されていないか

Windows11へのアップデートが正常におこなわれない場合、英数字の文字列でエラーコードが表示される場合があります。

エラーコードが出ていれば原因が特定できたり有効な対処法が判明したりするため、以下のようなコードが出ていないかチェックしましょう。

Windows11にアップデートできない場合のエラーコード例
かない@パソコン博士

「管理者モードでWindows11のインストールを実行する」「Windows11非対応のアプリを削除する」など対処法はエラーコードにより異なります

エラーコードが確認できた場合は、表示されたコードを検索して個別に対処法を確認しましょう。

【対処法1】不要な外部デバイスを取り外す

かない@パソコン博士

続けてWindows11にアップデートできない場合の対処法について解説します。

Windows11へのアップデートが失敗する場合は、外部デバイスが干渉している可能性があります。

マウスやキーボードなど必要なデバイスのみ接続し、以下のような外部デバイスは全て外してから改めてアップデートを試みましょう

取り外しておくべき外部デバイスの例
  • プリンター
  • スピーカー
  • ヘッドボン
  • USBメモリ
  • 外付けハードディスク

【対処法2】古いアプリケーション・不要なアプリケーションを削除する

最新OSであるWindows11に対応できていないアプリケーションはまだまだ多く、特に古いアプリケーションなどはWindows11のアップデートを妨げてしまう可能性があります。

この機会に古いアプリケーションや不要なアプリケーションは削除し、必要最低限の構成で改めてアップデートを試みましょう

かない@パソコン博士

アプリのアンインストール方法やアンインストールできない場合の対処法については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

【対処法3】セキュリティソフトを削除する

セキュリティソフトはパソコンを使用するうえで必要不可欠なソフトウェアですが、アップデート時にはセキュリティソフトを一時的に無効化・削除する必要がある場合があります。

Windows11へのアップデート中は標準のWindows Defenderのみを使用し、アップデート後に普段使用しているセキュリティソフトを再インストールして使用しましょう。

【対処法4】さまざまな方法でアップデートをおこなう

Windows11へのアップデートでは、主に以下3つの方法が用意されています。

Windows11へのアップデートをおこなう3つの方法
  • インストールアシスタントを利用する方法
  • Windows Updateからアップデートする方法
  • インストールメディアを利用する方法

1つの方法でアップデートが正常におこなわれない場合は、別の方法でも試してみましょう。

かない@パソコン博士

それぞれの具体的な方法については以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

【対処法5】Windows11対応のパソコンに買い替える

どうしてもWindows11へのアップデートがおこなえない場合は、Windows11に対応しているパソコンへ買い替えることも検討しましょう。

比較的新しいパソコンであればWindows11へのアップデートがおこなえるほか、Windows11搭載済みのパソコンも既に各メーカーから多数提供されています。

Windows11の要求スペックを満たしているか」で触れたように要求スペックを満たさないパソコンは5年以上前のパソコンである可能性が高いため、OSの世代交代に伴いパソコン自体を買い替えてしまっても良いでしょう。

本来アップデートできないPCをWindows11にする方法

本来アップデートできないPCをWindows11にする方法

先ほどパソコンの買い替えも対処法の1つとしてご紹介しましたが、「要求スペックを満たしていないものの現在使用しているパソコンでWindows11を導入したい!」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

結論からいうと、要求スペックを満たしていないパソコンであってもWindows11にアップデートできる可能性はあります

具体的な方法は以下のとおりです。

実行する際は自己責任で!

下記方法の提供元はMicrosoftであるため信頼度は間違いありませんが、Microsoftでは要件を満たさないパソコンへのWindows11への導入は推奨されていません

おこなう内容や想定されるリスクについて、しっかりと理解してから実行するようにしましょう。

MicrosoftのホームページからWindows11のインストールメディアをダウンロードします。
レジストリエディタから「HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ Setup \ MoSetup」を開きます。
右クリックから「新規作成」>「DWORD(32ビット)値」を選択します。
名前に「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を、値に「1」を入力して[OK]をクリックします。
①で作成したインストールメディアからWindows11のインストールをおこないます。

Windows11にアップデートできない:まとめ

今回はWindows11にアップデートできない場合について、チェックすべき項目から対処法、本来アップデートできないPCをWindows11にする方法まで解説しました。

不要なアプリケーションの削除や空き容量の確保など簡単な対処で解決できる場合もありますが、セキュリティソフトの一時削除やレジストリの編集などをおこなう際にはある程度の知識が必要です。

誤った方法で高度な作業をおこなってしまうとデータ破損や起動不良などを引き起こしてしまう可能性もあるため、Windows11へのアップデートが上手くいかない場合はパソコン修理業者へ相談・依頼することをおすすめします。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。