強制終了の影響とは?電源ボタン長押しで強制シャットダウンするとパソコンは壊れる?起動しない?

パソコンを使用している際にキー操作を受け付けなくなりフリーズしてしまった際、強制終了する人も多いのではないでしょうか。
しかし、強制終了するとパソコンが壊れるともいわれており、あまり推奨される方法ではありません。

今回はパソコンの強制終了の方法や注意点などについて解説します。

パソコンの強制終了とは?

通常パソコンを終了する場合、スタートボタンから電源メニューのシャットダウンを選択し実行します。
システムが使用中のアプリやサービスを順次終了させ、安全な状態になってから電源を遮断する仕組みです。

一方、電源ボタンを長押ししてシャットダウンする強制終了は、使用中のアプリやサービスはそのままの状態で強制的に電源を遮断します。
正常終了していないと次回の起動に時間がかかるだけでなく、電源が遮断されたタイミングでハードディスクにアクセスを行っていた場合、ディスクに大きなダメージを与えかねません。

ダメージを受けたハードディスクはファイルが破損してしまい、データの読み取りができなくなる恐れもあります。
また、破損したファイルがWindows10のシステムファイルであった場合、パソコンが起動しないなどのトラブルを発生させてしまいます。
必ずファイルが壊れるわけではありませんが、パソコンの強制終了が高いリスクを背負うことは理解しておきましょう。

どのような場合にパソコンの強制終了が必要?

パソコン操作がまったくできなくなると、強制終了しなくてはなりません。
実際にどのようなときに強制終了が必要となるのか、以下に紹介します。

  • パソコンのフリーズ
  • Windows Updateの更新
  • ドライバの不具合

詳しい内容については、以下のとおりです。

パソコンのフリーズ

強制終了を行う原因として、もっとも多く挙げられるのがパソコンのフリーズではないでしょうか。
パソコンがフリーズすると、キーボードやマウスなど一切の操作を受け付けなくなり、アプリの終了はおろか、シャットダウンさえも行うことができません。
しばらく待ってみるのもひとつの対処法ですが、それでも解消しない場合は強制終了させるほかありません。

パソコンがフリーズして電源が切れない!動かない原因と対処法を解説

パソコンでフリーズが頻発する原因とは?対処法や強制終了の手順まとめ

パソコンの画面が真っ暗なままフリーズ!確認方法と原因・対処法まとめ

Windows Updateの更新

Windows Updateは更新プログラムをダウンロードして適用されますが、それまでのWindows Updateやパソコンの状況により、適用作業に時間がかかることもあります。
ダウンロード中や更新プログラムの適用中は進行度がパーセンテージで表示されますが、その状況のままフリーズする場合もあるようです。
時間が経過すると解決する場合もありますが、数時間、数日など、時間の目安がないため、ある程度のタイミングで強制終了を選択しなくてはなりません。

また、Windows Updateで提供される更新プログラムは、絶対に不具合がないというわけではありません。
Windows Updateは機能追加の更新プログラムもありますが、多くはWindowsの不具合を解消するために配布されています。
そのため、大きな問題のため緊急リリースされた更新プログラム自体に、不具合がある場合もあります。
実際に過去のWindows Updateで更新プログラムに不具合があり、強制終了をしなければ終了しないというケースもありました。

Windows Updateができない?アップデート(更新)が失敗する原因と対処法とは

Windows Updateとは?設定方法や更新プログラムのスケジュール変更など解説

ドライバの不具合

パソコンにさまざまな周辺機器を接続し、使用している人も多いことでしょう。
接続している周辺機器のドライバに不具合があると、周辺機器との間の信号を正しく制御できず動作が不安定になり、通常の操作が困難になる場合もあります。
このような現象は不具合を解消できる最新のドライバが提供されていれば、ドライバの更新を行うことで問題は解決します。
しかし、フリーズしている状態だと更新することができないため、一度強制終了させて再度起動し、ドライバの更新を行わなくてはなりません。

強制終了がパソコンに与える影響

強制終了を行うと、パソコンに次のような影響を与えるとされています。

  • ハードディスクの破損
  • システムファイルの破損

詳しい内容については、以下のとおりです。

ハードディスクの破損

ハードディスクにアクセスしている最中に強制終了を行った場合、ハードディスクのヘッドが磁気ディスクに接触し、物理的なダメージを受けてしまう可能性があります。
特にブート(起動)関連の情報が書き込まれた領域がダメージを受けてしまうと、パソコンの起動に大きな影響を与えることもあります。

システムファイルの破損

強制終了は実行中のアプリやサービスを終了させる間もなく電源を遮断するため、状況によってはシステムファイルに影響を与えることが考えられます。
システムファイルが破損すると起動できなかったり、特定の処理を行ったときにブルースクリーンになる、フリーズするなどのトラブルを引き起こします。
ただし、ファイルが破損した場合でもバックアップがあれば、データの復元やリカバリなどで対処することが可能です。

パソコン強制終了の方法

パソコンへの高いリスクを考えると強制終了は実行すべきではありませんが、正常にシャットダウンができない場合の最終手段として、強制終了を実行せざるを得ない時があります。
強制終了すると、作成中のデータは最終保存したときの状態までしか復元できません。
マウスやキーボードが動作するなら、可能な限りアプリケーションを終了させて強制終了するようにしましょう。

マウスもキーボードも操作できない場合

パソコンもデバイスもすべて動作しない場合は、強制的に電源を落とします。
強制終了は、電源ボタンを押し続けることで実行できます。
電源を切った後は、しばらく時間をおいて電源を入れるようにしてください。

キーボードが操作できる場合

マウスが動作しなくてもキーボード操作が可能な場合、以下の手順のどちらかで強制終了が行えます。

メニューから終了する

  1. 「Windowsロゴ」キーと「X」キーを同時に押すとメニューが表示されるので、キーボードの矢印キーを押して、「シャットダウンまたはサインアウト」を選択します。
  2. 「Enter」キーを押すと一覧が表示されるので、「シャットダウン」または「再起動」を選択して「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを押せば完了です。

ショートカットキーで終了する

ショートカットキーは、以下のいずれかの方法で強制終了することができます。

■「Alt」キー+「F4」キー

「Alt」キーを押しながら「F4」キーを押すと、「Windowsのシャットダウン」が表示されるので、ボックスの中から「シャットダウン」または「再起動」をクリックして「OK」をクリックすれば完了です。

■「Ctrl」キー+「Alt」キー+「Delete」キー

  1. 「Ctrl」キーと「Alt」キー、「Delete」キーを同時に押します。
  2. ブルーバックの画面が表示されたら、「Tab」キーで右下の電源マークを選択し、「Enter」キーを押します。
  3. 「シャットダウン」または「再起動」を選択して「Enter」キーを押せば完了です。

パソコンの強制終了が実行できない場合

上の項の方法で強制終了が実行できなかった場合は、以下の方法を試してみてください。
ただし、データを消失するだけでなく、パソコンにも大きなダメージを与えてしまうので、頻繁に行わないようにしましょう。

  • コンセントを抜く
  • シャットダウンホールを押す(ノートパソコンのみ)

コンセントを抜く

パソコンから強制終了できないのであれば、電源供給を停止させることで実行します。
ACアダプタや電源ケーブルをコンセントから抜くと、強制終了できます。

シャットダウンホールを押す(ノートパソコンのみ)

ノートパソコンのモデルによっては、裏面にシャットダウンホールが搭載されている場合があります。
※タブレットタイプは電源ボタンの横に配置されていることもあります。
電源ボタンを長押ししても強制終了できない場合、シャットダウンホールにクリップを伸ばしたような先の細いもので押すと、強制終了できます。

引用:東芝 dynabook

強制終了後にパソコンが起動しない場合

強制終了を実行したあとに起動しなくなった場合は、以下の対処法を試してください。

  • 周辺機器を取り外す
  • パソコンを放電する

詳しい内容については、以下のとおりです。

周辺機器を取り外す

接続している周辺機器の影響により、パソコンにトラブルが起きているかもしれません。

  1. パソコンに接続されているマウスやキーボード、外付けドライブなどの周辺機器をすべて取り外します。
  2. 電源を入れ、正常に起動するか確認します。

パソコンを放電する

  1. CDやDVD、USBメモリなどの媒体をセットしている場合、すべて取り出します。
  2. 電源が切れた状態でACアダプタと電源ケーブル、バッテリーや周辺機器など、すべての接続をパソコンから取り外します。
  3. 5分以上放置して、再度ケーブルやバッテリーなどを取り付けます。
  4. パソコンを起動し、問題が改善されているか確認します。

パソコンの強制終了が何度も必要な場合

強制終了の頻度が増えてきた場合、パソコンが寿命を迎えている可能性もあります。
パソコンは精密な電子部品で構成されており、購入から何年も経過していると、耐用年数を超えていることが考えられます。
すべてのパーツが壊れるわけではありませんが、パーツごとで寿命も異なるため、何度も強制終了が必要になった場合は、パソコンを修理に出してパーツを交換することも考えたほうが良いでしょう。

まとめ

強制終了はパソコンが壊れるリスクが高いため、なるべく実行しない環境を作ることが大切です。
強制終了の実行が必要な場合は使用中のファイルをすべて閉じるなど、パソコンへの負荷が少なく済むようにしましょう。
強制終了後もパソコンの動作が不安定な場合は、もしかしてパソコンに不具合が生じているかもしれません。
大きなトラブルへと発展する前に、パソコン修理業者へ相談してみましょう。
ドクター・ホームネットはデータのバックアップを行ってくれる修理業者のため、パソコンにもしものことが起きた場合も安心して任せられる業者です。
サポート専用ダイヤルを設けていますので、気軽に電話相談してみてください。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。