テレワークに必要な環境とは?テレワークに欠かせない周辺機器と併せて解説!

会社がテレワークを導入し、新たに在宅勤務やサテライトオフィス勤務を始める人も多いようです。

テレワークは会社の作業と違い、テレワークを行う先で必要となるアイテムをすべてそろえておく必要があります。
そこで今回は、テレワークに必要な環境と周辺機器について、解説します。

テレワークとは

テレワークとはICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所にとらわれない働き方のことです。

テレワークとは

働く場所により、以下の3つの方法に働き方が分けられます。

  • 在宅勤務
  • モバイルワーク
  • サテライトオフィス

※テレワークの詳しい内容については、以下の記事をご覧ください。

在宅勤務初心者必見!テレワークやリモートデスクトップの基礎知識を分かりやすく解説!

テレワークに必要な環境

テレワークは作業を行う場所によって、必要となるアイテムが異なってきますが、最低限以下の2点は事前にそろえておく必要があります。

  • パソコン
  • インターネット回線

パソコン

テレワークで会社とやりとりを行う場合、パソコンは不可欠です。

また、個人事業主として働いている場合でも、職種によってはパソコンは欠かせないアイテムとなります。

仕事で利用するパソコンとなるため、ある程度スペックの高い動作が安定しているパソコンが必要です。

スペックが低すぎたり古いモデルだと、操作中にフリーズすることも多く、作業効率を落としてしまいます。

資料や動画などをダウンロードする機会が多い場合や、複数のアプリを起動して利用することが多い場合は、なるべくスペックの高いパソコンを用意しましょう。

パソコン

パソコンがフリーズした場合の対処方法【タスクマネージャー編】

インターネット回線

テレワークを行ううえで、インターネット接続は欠かせません。

仕事の調べものをする会社のサーバーにアクセスするクラウドサービスを利用するなど、あらゆる場面でインターネットは活用されます。

自宅に固定回線を引いたり、または無線回線のモバイルWi-Fiなどを契約することでインターネットが利用できるようになります。

テレワークでは、メールやビデオツールなどで社内外の人とやりとりを行うことも多いため、安定したネット環境が求められます。

インターネット回線のイメージ
引用:NEC

在宅ワーク(在宅勤務)に必要なインターネット環境とは?固定回線・無線回線を解説【初心者向け】

テレワークに必要な周辺機器

テレワークでは、パソコンとインターネット回線以外にも周辺機器をそろえておく必要があります。

テレワークの働き方によって必要な周辺機器は変わるため、自分の働き方に合わせた周辺機器をそろえましょう。

テレワークに必要な周辺機器
テレワークで必要になる周辺機器一覧
  • Webカメラ
  • マイク・スピーカー
  • ヘッドセット
  • テンキーボード
  • USBハブ
  • ドッキングステーション
  • プリンター
  • 外付けハードディスク
  • ポータブルストレージ
  • 無線LANルーター
  • モバイルWi-Fiルーター
  • Wi-Fi中継機
各テレワークにおすすめの周辺機器早見表
テレワークにおすすめ周辺機器早見表

Webカメラ

導入におすすめのテレワーク

会社や取引先とWeb上で会議や打ち合わせを行う場合、Webカメラは必須アイテムです。

最近のパソコンにはWebカメラが内蔵されている機種が多いですが、解像度が低い場合も多いため、キレイな画質を求める場合は別途用意したほうが良いでしょう。

また、内蔵Webカメラは角度が調整できないため、映したくないものがある場合もWebカメラを用意しておいたほうが何かと役立ちます。

Web会議中に音声や映像が切断!オンラインMTGのトラブルを解消する方法とは?

マイク・スピーカー

導入におすすめのテレワーク

Web会議を行ううえで、マイクやスピーカーも欠かせません。

新しいパソコンであれば、標準でマイクとスピーカーが内蔵されていますが、感度が低いため、雑音を拾ってしまうことも少なくありません。

クリアな音声でノイズを抑えたい場合は、外付けのマイクとスピーカーを用意しておいたほうが良いでしょう。

パソコンのマイクが使えない・認識しない!原因と対処法をわかりやすく解説

ヘッドセット

導入におすすめのテレワーク

ヘッドホンにマイクが搭載されている周辺機器を、ヘッドセットと呼びます。

Web会議や打ち合わせを行う場合、マイクやスピーカーが搭載されていないパソコンには、ヘッドセットは必要不可欠です。

また、外出先で通話を行う場合もヘッドセットは欠かせません。

自宅であればパソコンに搭載されているマイクやスピーカーでも事足りますが、周りの音を拾いたくない場合や、周りの音で相手の声が聞き取りにくい場合などにヘッドセットは役立ちます。

ヘッドセットは有線かワイヤレスを選択できますが、無線接続では通信状態によって音声が途切れる場合もあるため、テレワークで利用する場合は有線を選んだほうが賢明でしょう。

テンキーボード

導入におすすめのテレワーク

データ入力や数値入力が多い場合は、テンキーを用意しておくと作業を効率化できます。

デスクトップパソコンにはキーボード右部にテンキーが配列されていますが、ノートパソコンはキーボード上部に配列されているため、連続入力には向いていません。

テンキーも有線タイプと無線タイプが販売されていますが、データ遅延を避けたい場合は有線タイプを選択したほうが良いでしょう。

USBハブ

導入におすすめのテレワーク

USBポートを増設する周辺機器を、USBハブといいます。

ノートパソコンの場合、もともとのUSBポート数が少ないため、すぐに空きがなくなります。

テレワークでは周辺機器に接続する機会も多いため、USBハブは用意しておきたいアイテムのひとつです。

USBハブには、専用のACアダプタから電力供給を受けられる電源付きのセルフパワー方式と、パソコンに挿し込んだUSBポートから電力供給を受けられるバスパワー方式があります。

外付けハードディスクや光学ドライブなど、USBハブに接続する周辺機器の消費電力が大きい場合は、セルフパワー方式のUSBハブを選ぶと良いでしょう。

ドッキングステーション

導入におすすめのテレワーク

ノートパソコンはUSBポート同様、周辺機器を接続するためのインターフェースの数が少なく、種類も限られているため、拡張用の周辺機器を接続する際に不便に感じます。

ドッキングステーションはLANポートやHDMIポート、USBポートやSDカードスロットなど、さまざまなインターフェースが搭載された周辺機器です。

充電機能が搭載されたドッキングステーションもあり、パソコンを充電しながらほかの周辺機器を同時に利用できます。

接続する周辺機器の端子がUSBで統一されていない場合は、ドッキングステーションを活用しましょう。

プリンター

導入におすすめのテレワーク

自宅で在宅勤務する場合は、プリンターを使用する機会が増えることも考えられます。

テレワークでは書類を電子化して送受信することが多いですが、申請や提出が必要な書類はプリンターが必要になります。

また、プリンターにはスキャナ機能が搭載されており、画像をスキャンする必要がある場合に役立ちます。

テレワークをしているにも関わらず、プリンターやスキャナがないからと出社する人も多いため、テレワークを始める前にそろえておきたい周辺機器のひとつです。

搭載されている機能が多いほど価格も高額になりますが、印刷とコピー機能のみであれば低コストで購入できます。

テレワークでFAXやスキャナも利用する場合は、複合型のプリンターを選択すると良いでしょう。

外付けハードディスク

導入におすすめのテレワーク

会社であれば、大きな容量のデータはサーバーに保存することも可能ですが、テレワークでは自分のパソコンに保存する場合も少なくありません。

しかし、パソコンは精密機器のため、いつどのような障害が発生するか分かりません。

パソコンに障害が発生すると、操作中に突然パソコンの電源が落ちたり、パソコンが突然起動しなくなるなど、さまざまなトラブルを引き起す可能性があります。

作業中のデータはもちろん、保存しているデータが消失することもあるため、パソコンを利用する場合はデータを外部にバックアップする必要があります。

テレワークでパソコンを利用する場合は大切なデータを扱うことも多く、また、ノートパソコンの場合はもともとストレージ容量が足りないため、バックアップ用の外付けハードディスクは用意しておいたほうが良いでしょう。

ポータブルストレージ

導入におすすめのテレワーク

モバイルワークやサテライトオフィス勤務を行う場合、大容量のストレージが手元にあると何かと心強いものです。

会社のデータを持ち運ぶ際やデータをバックアップするなど、テレワークのさまざまなシーンでポータブルストレージは役立ちます。

ポータブルストレージには、ハードディスクやUSBメモリ、SSDなどの種類があります。

ポータブルストレージは手軽に持ち運ぶことができる反面、紛失や盗難に遭いやすいデメリットもあるため、テレワークで使用する場合は、指紋認証やハードウェア暗号化、パスワードロックなどの対策を行っている製品を選ぶようにしましょう。

無線LANルーター

導入におすすめのテレワーク

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)とは、Wi-Fiに対応している機器をインターネットに接続してくれる周辺機器で、電波の届く範囲であればどこでも好きな場所でインターネットを利用できます。

パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなWi-Fi対応端末を接続することができます。

在宅勤務でテレワークを行うためにインターネット回線を開通していても、無線LANルーターがなければ無線でインターネットに接続することができません。

回線事業者が設置する終端装置(ONU)にルーター機能が備わっていれば、新たにルーターを用意する必要はありませんが、ルーター機能が搭載されていない場合は、自分で用意する必要があります。

最新規格のルーターを設置すれば高速通信が可能になり、通信が途切れやすい・データ遅延が発生するなどのトラブルを回避できます。
※最新のWi-Fi規格は「Wi-Fi6」で、正式名称は「IEEE 802.11ax」です。

パソコンをWi-Fiでネットに繋げたい!接続方法と接続できない場合の対処法【Windows10版】

モバイルWi-Fiルーター

導入におすすめのテレワーク

「mobile(モバイル)」は携帯することを指しており、モバイルWi-Fiルーターを直訳すると「携帯型ルーター」を意味します。

モバイルWi-Fiルーターはインターネット接続と無線LANの通信機能を持ち合わせた小型通信機器で、パソコンなどのWi-Fi対応機器に接続することでインターネットを利用できます。

インターネット環境の整っていない外出先に持ち運び、好きな場所で自由にインターネットを利用できます。

外出先でインターネットを利用することの多い、モバイルワークやサテライトオフィス勤務で欠かせない周辺機器のひとつです。

モバイルWi-Fiルーターは、ルーターと無線LANアクセスポイントの機能を持ち合わせており、複数台の無線LAN機器を接続することが可能です。

Wi-Fiを自宅に導入する方法・繋ぎ方とは?設置済のWi-Fiが接続できない場合の対処法も解説!

Wi-Fi中継機

導入におすすめのテレワーク

Wi-Fiルーターを設置していても、パソコンを使用する部屋まで電波が届かなかったり、電波が弱くて遅延する場合があります。

Wi-Fiルーターは設置環境に左右されやすく、金属やコンクリート、断熱材などが入った壁などは電波を通しにくいため、通信速度を減衰退させてしまいます。

テレワークでWi-Fi環境に不満がある場合、問題を改善してくれる周辺機器がWi-Fi中継機です。

Wi-Fi中継機は電波を強化してくれる周辺機器で、親機となる既存のルーターに接続するだけで、2階や3階など電波の届きにくい場所に電波を中継してくれます。

Wi-Fiルーターから離れるとインターネットが途切れる、2階に行くと繋がりにくいなどの現象が表れる場合は、Wi-Fi中継機を導入することで問題が改善されます。

BUFFALO Wi-Fiエリア拡大のイメージ
引用:BUFFALO

パソコンがWi-Fiに繋がらない!原因と対処法、詳しい手順を解説(画像付き)

テレワークに必要な環境:まとめ

かない@パソコン博士

テレワークで必要な周辺機器を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

最近の周辺機器は設定も簡単になっており、接続するだけで利用できる機器も少なくありません。

しかし、接続している周辺機器が多くなると、インターネットにつながらない・パソコンの動作が不安定になるなどのトラブルを発生することもあります。

設定を修正しても問題が改善されない場合は、パソコン修理業者に相談してみることをおすすめします。

パソコン博士がおすすめするパソコン修理業者はドクター・ホームネットです。

電話での対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)によって、最適な修理方法(持込修理宅配修理訪問修理)を提案してくれます。必要であれば、即日対応もしてくれます。

大切なデータを保護(復元も可能)した上で、「起動しない」「ブルースクリーンが表示される」などの難しい修理もすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡などにも店舗があるので、すぐに個人・法人いずれもすぐの対応が可能です。

ドクター・ホームネット
[PR]ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。