Chromebookでキーボードが反応しないのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説

かない@パソコン博士

Chromebookを利用しているとキーボードが反応しなくなる場合があります。

これにはいくつかの原因があり、状況によって自力で解決できる場合とそうではない場合があります。

今回はChromebookでキーボードが反応しない原因となその時の対処法についてご説明します。

Chromebookでキーボードが反応しない原因

Chromebookのキーボードが反応しない原因は大きく以下が考えられます。

キーボードの誤動作

キーボードの誤動作や不具合によって反応していない可能性があります。

まず、何かしらの理由でキーボードが正常に動作していないかもしれません。

パソコンは突発的なトラブルが起こることがあるため、Chromebookにトラブルが起こり誤動作している可能性があります。

また、そもそもキーボードに問題が起きているかもしれません。

例えば、キーボードが壊れていたりほこりが詰まっていて反応しないことが考えられます。

キーボードやその設定が万全の状態でなければ、キーボードは正常に動作しないため、反応しない時は不具合が起きてないか確認しましょう。

Chromebookの不具合

根本的にChromebookでトラブルが起きていることが原因の場合があります。

キーボードが反応しないだけではなく、いくつもの動作不良が起きるかもしれません

根本的に動作不良が疑われる場合はOSやハードウェアを確認しなければなりません。

システム的に問題が生じていることもあれば、ハードウェアが故障している場合もあります。

Chromebookのキーボードが反応しないときに試したい7つの対処法

Chromebookのキーボードが反応しないならば、以下7つの対処法を試してください。

キーボードの掃除

かない@パソコン博士

キーボードの接触不良が考えられるため、まずは掃除をしてみましょう。

ホコリなどが詰まっていると、キーボードが反応しない可能性があります。

掃除することで状況が改善するかもしれません。

ただ、Chromebookのキーボードが分解が難しくなっています。

掃除する際は掃除機などを利用して、キーボードの隙間に挟まっているホコリなどを吸い取るようにしましょう。

なお、キーボードを分解してしまうと元に戻せない可能性があるため、自信がない場合は掃除機などでの掃除に留めるべきです。

パソコンは定期的な掃除が必須!クリーニング方法や清掃グッズ・道具、注意点を解説

ログインユーザの切り替え

ログインしているユーザーだけでキーボードが反応しないことがあります。

そのため、ログインユーザーを切り替えて、キーボードが反応するか試してみましょう。

ユーザーの切り替えによって反応するならば、キーボードではなくユーザー固有の問題だと考えられます。

逆にユーザーを切り替えてもキーボードが反応しないならば、キーボード自体に不具合があると考えられます。

Chromebookの再起動

かない@パソコン博士

一時的にトラブルが起きている可能性があるため、Chromebookを再起動してみましょう。

少しのトラブルであれば再起動で解決できるため、再起動して状況を確認すべきです。

再起動しても状況が改善しないならば、Chromebookが故障している可能性があります。

何度も再起動せず、修理を依頼するようにしましょう。

Chromebookのハードウェアリセット

Chromebookに問題が起きているならば、ハードウェアリセットで解決する可能性があります。

これは接続されているハードウェアを再読み込みする作業です。

ハードウェアは常時読み込まれているイメージがあるかもしれませんが、何かしらの理由で読み込まれなくなる可能性があります。

これによってキーボードが認識されていないならば、再読み込みさせることで利用できるようになるはずです。

ファンクションキーの無効化

ファンクションキーが有効化されていることで、キーボードがうまく反応していない可能性があります。

本来は文字を入力するキーでも、ファンクションキーが有効化されていると、別の機能が動く仕組みです。

ファンクションキーはキーボードを誤って操作することで有効化されてしまう可能性があります。

気づかないうちに有効化されていることで、キーボードの動作が変化してしまい、キーボードがおかしくなったと感じているのかもしれません。

GoogleChromeのリセット

Webブラウザーの入力に関係してキーボードが反応しないならば、GoogleChromeのリセットを試しましょう。

Chromebookはアプリケーションのような仕組みが搭載されていて、このアプリケーションで上手く入力できない場合があります。

かない@パソコン博士

これはGoogleChrome独自の問題である可能性が高く、リセットによって解決できるかもしれません。

Chromebookのパワーウォッシュ

キーボードがまったく反応しないならば、重大な問題が起きているかもしれません。

この場合は再起動では解決できず、パワーウォッシュも検討すべきです。

ただ、パワーウォッシュはいわゆる初期化であり、Chromebookの情報が失われてしまいます。

キーボードが反応しない場合の最終手段だと捉えておきましょう。

Chromebookの入力が不安定なら故障を疑う

Chromebookの入力が不安定な背景には故障が考えられるため、必要に応じてこちらも疑ってみるべきです。

キーボード関連が故障している

キーボード関連が故障していることで正常に反応しないことが考えられます。

すべてのキーが反応しない状況も一部だけが反応しない状況も考えられるため、テキストエディターで入力を試してみましょう。

キーボードが反応しない場合は、特定のキーだけが故障しているケースが多々あります。

かない@パソコン博士

キーボードが故障している場合は、取り替えなどの修理対応をしなければなりません。パワーウォッシュなどで解決できる内容ではないため、修理を検討しましょう。

マザーボードやストレージが故障している

Chromebookのマザーボードやストレージなどのパーツが故障している可能性があります。

重要なパーツが故障してしまうと、キーボードが故障していなくとも反応しなくなってしまいます。

これらのパーツが故障していると、キーボードだけではなくパソコン全体の挙動が不安定となります。

パソコンから異音が発生したり異常に発熱するようなことがあれば、これでの故障がトラブルの原因かもしれません。

マザーボードの交換・修理におすすめなパソコン修理業者比較3選

怪しい場合はサポートや修理業者へ連絡する

かない@パソコン博士

上記でご説明したような故障が疑われる場合は、サポートやパソコン修理業者に連絡しましょう。

自分でキーボードを修理することは難しいため、プロに依頼して対応してもらうべきです。

特にキーボードが故障しているとは限らず、パソコンの内部的な問題が発生しているかもしれません。

このような原因を自分たちで突き止めることは難しく、プロに確認してもらい、解決方法について説明してもらうようにしましょう。

まとめ

Chromebookのキーボードが反応しない理由は、一時的な誤動作や故障が考えられます。

誤動作ならば掃除や再起動などで解決できる可能性がありますが、キーボードなどが故障しているとすぐには解決できません。

また、故障については自分で修理することは難しく、プロに依頼して適切に対応してもらうべきです。

ご説明した対処法で解決しないならば故障を疑い、不具合が発見されたならば修理してもらうようにしましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。