マウスコンピューターパソコンを修理するときの依頼方法や口コミ解説

マウスコンピューターパソコンを修理するときの依頼方法や口コミ解説
かない@パソコン博士

マウスコンピューターパソコンを使っていると、何らかの不具合から故障することがあります。

「マウスコンピューターパソコンを修理する方法を知りたい」
「マウスコンピューターパソコンの口コミを知りたい」

当記事は、このような悩みを持つ方に向けて書いています。
マウスコンピューターパソコンを使っていると、何らかの問題から本体が故障してしまうことがあります。

パソコンの故障が考えられるときは、公式サポートサービスの利用が最適です。
当記事では、マウスコンピューターパソコンを修理するときの依頼方法や口コミについて解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • マウスコンピューターパソコンの修理を依頼する方法を知りたい
  • マウスコンピューターパソコンの修理に関する口コミを知りたい

マウスコンピューターパソコンの公式サポートについて

かない@パソコン博士

マウスコンピューターにはサポートセンターが用意されており、パソコンの故障診断や修理にも対応しています。

公式サポートであれば製品に関する詳細を理解しているので、安心して修理を任せられます
マウスのアフターサポートセンターでは、パソコンのトラブルや困りごとは24時間365日サポート、72時間以内で修理可能です。

配送修理や持ち込み修理、出張修理などを選べるので、普段忙しい方でも手軽に依頼できます。
パソコンによっては専門の修理業者に依頼する必要がありますが、マウスコンピューターパソコンの修理は公式サポートに任せるようにしましょう。

マウスコンピューターパソコンの修理料金

マウスコンピューターパソコンの修理に関する料金
かない@パソコン博士

マウスコンピューターパソコンの修理を公式サポートから依頼する場合、製品のサポート状況によって料金はかわります。

マウスコンピューターのすべてのパソコンには、購入から1年間の無償保証期間が付属しています。
無償保証期間内であれば、基本的にパソコンの修理費用は発生しません。

しかし保証期間外の場合、パソコンの修理範囲によって料金が発生します。
そのためマウスコンピューターパソコンを修理に出すときは、製品の保証期間を事前にチェックしておきましょう。

パソコンの保証期間がわからないときは、マウスの公式サポートページにログインするか「お問合せ」から相談することをおすすめします。

パソコン修理業者12社比較

マウスコンピューターパソコンへの依頼方法

マウスコンピューターパソコンの修理に関する依頼方法

マウスコンピューターパソコンを修理するときは、以下のような修理方法があります。

マウスコンピューターパソコンの修理に関する依頼方法

配送修理

配送修理は、自宅からマウスコンピューターのサービスセンターにパソコンを送って修理してもらうサービスです。
無償保証期間中に利用できる「センドバック修理」と初期不良期間中に利用できる「ピックアップ修理」の2つを用意しています。

マウスコンピューター公式サポートページから、修理対象のシリアルNo.入力して「修理受付」ページから申し込みができます。
配送をするときは、パソコン本体と製品保証書、付属品を梱包して宅配業者に渡しましょう。

修理完了後、宅配業者から自宅や指定場所まで修理品を送ってもらえます。
パソコンの梱包方法については、マウスコンピューターのパソコン梱包に関する案内ページをご覧ください。

宅配修理比較

持ち込み修理

持ち込み修理は、マウスコンピューターもしくは株式会社ユニットコムの日本全国の直営店舗にパソコンを持ち込んで修理してもらうサービスです。
その場でパソコンの診断と修理をおこなってくれるため、不具合の状況を確認しながらスピーディに修理できます。

一部修理店では新型コロナウイルス感染予防から持ち込み修理を中止しているので、マウスコンピューターの持ち込み修理サービスページを事前にチェックしておきましょう。

パソコンの持ち込み修理の流れは?おすすめ業者5つを比較!

出張修理

出張修理は、プロの技術者が自宅へ訪問して修理をおこなってくれるサービスです。
パソコンを購入時に「オンサイト修理」を選択されている方が利用できます。

マウスコンピューターのコールセンターから詳細を聞き、修理が必要な箇所を特定できれば日時を決定して出張修理をしてもらいます。
後日技術者が指定日時に自宅へ訪問し、パソコンの修理対応をおこないます。

パソコンを購入後にオンサイト修理を選択することはできないので、出張修理を考えている方は事前に契約内容を把握しておきましょう。

パソコン修理の出張サービスを徹底比較!申込の流れや業者の選び方は?

パーツ交換

パーツ交換は、マウスコンピューターのサポートからパーツを送ってもらい自分で修理するサービスです。
パソコンの故障しているパーツについてマウスコンピューターのコールセンターから詳細を聞き、パーツ発送をしてもらいます。

宅配業者にて、自宅もしくは指定場所にパーツを送ってもらえます。
故障個所の特定ができる方を対象としているため、パーツ交換をするときは詳細について説明が必要です。

発送できるパーツについては、以下の内容を参考にご覧ください。

【デスクトップパソコンの内部パーツ 】
・ハードディスクドライブ(HDD)
・ソリッドステートドライブ(SSD)
・光学ドライブ(Blu-Ray、DVD、CD)
・メモリ
【ノートパソコン/タブレットのパーツ 】
・ACアダプタ
・ACケーブル
・バッテリー(着脱可能なモデルのみ)

マウスコンピューターパソコンの修理に関する口コミ

マウスコンピューターパソコンの修理に関する口コミ

マウスコンピューターパソコンを修理に出すときは、実際に試した人の意見を知りたいのではないでしょうか。
こちらでは、マウスコンピューターパソコンの修理をした人の口コミについて紹介します。

良い口コミと悪い口コミに分けて紹介するので、ぜひ参考にご覧ください。

マウスコンピューターパソコンの良い口コミ

公式サポートが用意されており、修理対応が早くて助かりました。
メールサポートの質はあまり良くありませんでしたが、ほかの修理業者に比べるとスピーディに対応してくれたので嬉しかったです。
修理が終わったパソコンは厳重に梱包されていたので、安心して利用できました。

みん評

パソコンを購入してすぐにトラブルが発生しましたが、深夜でも柔軟に対応いただけて助かりました。
親切に対応いただき、問題点をすぐに解決できて良かったです。
アフターサポートも充実していたので、今後ともよろしくお願いします。

みん評

リカバリーディスクがうまく作動しなかったのでサポートデスクに連絡しましたが、親切に対応してくれて対応可能なCDを送っていただきました。
マウスコンピューターは数少ない国内メーカーなので、信頼性も高く安心です。

また問題が発生したときには問い合わせさせていただきます。

みん評

マウスコンピューターパソコンの悪い口コミ

サポート対応は早いですが、サポートセンターの意見を一方的に押し付けてくるので、こちら側の意見はあまり聞いてくれませんでした。
メールでやり取りすると担当者が毎回変わるので、引き継ぎもマトモにされず何度も同じことを聞いてきます。
サポートは充実しているようですが、あまり誠意は感じられませんでした。

みん評

会社利用で10台程購入しましたが、強制再起動が発生しやすいのでコールセンターに連絡しました。
BIASの更新が必要とのことで更新しましたが、状況はまったく解決されませんでした。
結局修理に出し、返却されましたが未だに強制再起動をします。
購入したてのデスクトップPCの電源が入らない問題もあったので、メーカーに確認したところ「配送の段階で抜けた」とのことです。
きっと出荷前の最終確認などせずに送り出しているからこんなことになるのでしょう。

みん評

HDMI関連で問題があったため、サポートに電話。
一度修理した結果、HDMIケーブルに問題があるとの返答。
仕方がなく、もう一本異なるケーブルを購入しても同じ問題が発生。
もう一度電話をしてみたところ、モニターが悪い、そのHDMIが問題などといわれ解決しませんでした。
確かにコスパはいいかもしれないけど、サポートが酷すぎる。

みん評

マウスコンピューターパソコンの修理前にチェックすべき症状・事例

マウスコンピューターパソコンの修理前にチェックすべき症状・事例

マウスコンピューターパソコンを修理に出すときは、事前に発生している症状や事例を理解しておくことが大切です。
よく見られがちな症状や事例として、以下の7点について解説します。

電源が入らない・起動しない

パソコンの電源が入らないときは、電力が正しく供給されているかをチェックしましょう。
パソコンは電源コードをコンセントに接続することで電力が供給されるため、正しく接続されていなければ電源が入りません。

パソコンに電源コードを接続して電力が供給されているとLEDが点灯するので、接続状況を確認することが大切です。
もし接続されていても電力が供給されないときは、電源コードを取り外して再接続しましょう。

画面が表示されない

パソコンの電源が入っていても、画面が表示されないこともあります。
ほかのモニターを使って表示される場合は再起動して改善されることもありますが、状態によっては液晶パネルが破損している恐れがあります。

液晶パネルが破損している場合は本体パーツの修理が必要なので、自分で直すことは難しいです。
デスクトップパソコンなら起動に不要な周辺機器を取り外し、ノートパソコンならバッテリーを取り外して改善を見込めるか試してみましょう。

再起動が勝手にはじまる

パソコンを起動すると、ブルースクリーンが表示されて再起動の実行を求められることがあります。
ブルースクリーンが表示される場合、本体に何らかのシステムエラーが発生している可能性が高いです。

ブルースクリーンの問題を解決するためには、画面に表示されたエラーコードから原因を調査する必要があります。
Windowsアップデートやシステムアップデートをおこなえる場合は、最新の状態にして改善されるかを試してみましょう。

音が出ない

パソコンで音楽鑑賞や動画視聴をしようとすると、音が出ない問題に悩まされることもあります。
本体から音が出ないときは、音量設定が最小もしくはミュートになっていることがあります。

別の機器をパソコンに接続しても音が出ないときは、デバイスマネージャーから手動でサウンドドライブをインストールしましょう。
復元作業をおこなってシステムを工場出荷時の状態に戻すと、音が出ない問題が改善される可能性が高いです。

復元作業をおこなうときは、データのバックアップをとっておくようにしましょう。

インターネットにつながらない

パソコンがインターネットに接続されず、作業をはじめられないこともあるでしょう。
インターネット接続は主に「無線」と「有線」の2種類があり、それぞれ接続環境を見直すことで改善されます。

無線接続をする場合は、無線LANのネットワークをパソコン上で探せば接続できます。
有線接続の場合は、LANケーブルとパソコンを接続することでインターネットを利用可能です。

それでもインターネットに接続できないときは、マウスコンピューターの公式サポートにあるトラブルシューティングを参考にご覧ください。

Windows OSが起動しない

Windowsが起動しないときは、本体のマザーボードやメモリ、HDDなどの故障が原因と考えられます。
電源ボタンを押してロゴが表示される場合は、内部プログラム「BIOS」のSATA接続モードを確認することで改善する可能性があります。

しかしWindowsそのものが起動しない場合、重大な損傷が発生している可能性が高いです。
パソコンは精密機器なので、衝撃や水没などの物理障害に弱いです。

どうしてもWindowsが起動しないときは通電を中止し、マウスコンピューターの公式サポートから修理を依頼しましょう。

CDやDVDが読み込まれない

パソコンがCDやDVDを読み込まないときは、内部プログラム「BIOS」で光学ドライブが認識されていないことが原因です。
こちらは本体内部のマザーボードや光学ドライブの故障が考えられるため、修理に依頼する必要があります。

デバイスマネージャーからシステムの復元をすることで改善されることもあるので、一度試してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、マウスコンピューターパソコンを修理するときの依頼方法や口コミについて解説しました。
マウスコンピューターは公式サポートが用意されているので、スピーディに修理をしてもらえます。

また配送修理や持ち込み修理、出張修理などを選べるため、自分の好きな修理依頼を利用できます。
マウスコンピューターは修理サービスが充実しているので、ぜひ公式サポートから修理依頼について相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、利用率No.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。