「PCがフリーズ」から電子マネー要求被害発生中 ⇒

DellのPCが画面真っ暗になった時の対処法

かない@パソコン博士

Dellのパソコンを使っていて「急に画面が真っ暗になった」「カーソルは動くけど画面が先に進まない」というトラブルにお悩みの方も多いと思います。

突然画面が真っ暗になった場合でも、正しい対処をおこなうことで解決できる可能性があります。

今回は、Dellのパソコンが起動しない場合の症状や確認すべきこと、対処法を解説します。

本記事はこんな方におすすめ
  • Dellのパソコンを使っていたら、画面が真っ暗になった
  • 画面は真っ暗だがカーソルは動く
  • パソコンの画面が突然消える
  • Dellパソコンの画面が真っ暗になったときの対処法が知りたい

Dellのパソコンが起動しない場合の症状

Dellのパソコンが起動しない場合の症状

Dellのパソコンが起動しない場合、以下の症状があるため、ご自身に当てはまるものがないかをご確認ください。

Dellのパソコンが起動しない場合の症状
  • 画面が真っ暗でロゴも表示されていない
  • 突然パソコンの画面が消える
  • 画面は真っ暗だがカーソルは動く
  • Windows 11へのアップグレード後に画面が真っ暗になった

画面が真っ暗でロゴも表示されていない

起動しないトラブルでよくあるのが「電源ボタンを押しても画面が真っ暗でロゴも表示されていない」という症状です。

かない@パソコン博士

通常、電源ボタンを押した後の数秒後~数分後にはDellのロゴやWindowsのロゴが表示されますが、以下の原因により表示されないことがあります

画面が真っ暗でロゴも表示されない原因
  • バッテリーが充電されていない
  • 電源ボタンの故障
  • 液晶パネルの故障
  • マザーボードの故障
  • メモリや内蔵ハードディスクの故障
  • OSやシステムファイルの故障

ノートパソコンの場合は充電不足という原因も考えられるため、まずは充電を試してみましょう。

パーツ故障によるトラブルは専門の業者にご相談を

電源ボタンや液晶パネル、マザーボードなどのパーツが故障している場合は、パソコンの分解と部品交換作業が必要となります。個人での対応が難しいため、ドクター・ホームネットなどの業者に相談しましょう。

突然パソコンの画面が消える

正常に起動はできるものの、使用中に突然Dellパソコンの画面が消えてしまい、真っ暗になることもあります。

突然画面が消える場合の具体的な症状
  • Dellパソコンの画面が数分おきに消える
  • 突然画面が真っ暗になるものの、バックライトはついている
かない@パソコン博士

デスクトップパソコンの場合は、モニターケーブルがしっかりと接続されているかを確認してみましょう。

「画面が突然消える」という症状は、Dellパソコンの初期不良として現れる場合もあります

そのため購入してから日が浅いのであれば、Dellのサポートや購入した店舗に連絡してみましょう。

画面は真っ暗だがカーソルは動く

Dellパソコンを起動した後や使用中に、画面が真っ暗になっているもののカーソルだけは動くケースもあります

かない@パソコン博士

考えられる原因には以下のようなものがあり、主にソフトウェアトラブルである場合が多いです。

画面が真っ暗でカーソルは動く場合の原因
  • パソコンの起動や処理に時間がかかっている
  • OSやシステムファイルの故障
  • OSのアップデート中
  • パソコンの帯電

起動に時間がかかっていることも考えられるため、カーソルのみが表示されている場合は少し放置してみることをおすすめします。

しばらく放置しても改善しない場合は、再起動をすることで解決できることもあります。

Windows 11へのアップグレード後に画面が真っ暗になった

2021年10月にWindows 11がリリースされましたが、Windows 11にアップグレードしたことにより画面が真っ暗になることもあります

かない@パソコン博士

実際に以下のようなトラブルも報告されているため、このような症状が出ている場合はアップグレードによる故障も疑いましょう。

Windows 11アップグレード後によくあるトラブル
  • アップグレード後、画面にカーソルのみになり起動しない
  • パソコンは立ち上がるものの、画面が真っ暗になる
  • 風景の画面が出た後にパスワードを入力すると、画面が真っ暗になる

Dellのパソコンが画面真っ暗な場合に確認すべきこと

Dellのパソコンが画面真っ暗な場合に確認すべきこと

Dellのパソコンが画面真っ暗になった場合、故障ではなくパソコンの状態に問題があることも考えられます

画面が真っ暗になったら、まずは以下の2点を確認しましょう。

スリープモードになっていないか

かない@パソコン博士

画面が真っ暗なときに意外と多いのが、「スリープモードのままだった」という事例です。スリープ状態になっていないかを確認しましょう。

基本的に、Dellのパソコンではマウスやキーボードを動かすことで、スリープモードを解除できます。

キーボードやマウス操作で解除できない場合は、電源ボタンを押すことで解除される場合があります。

電源ランプの状態

電源ランプの状態によって、現在パソコンがどのような状態であるかを確認できるため、簡易的な診断をおこなえます。

かない@パソコン博士

電源ランプの点灯パターンはDellのモデルにより異なりますが、今回は「Dell OptiPlexシリーズ」を例に挙げて紹介します。

ランプの状態概要
消灯電源がオフの状態
オレンジ点滅電源投入時の初期状態、もしくはエラーが起こっている状態
オレンジ点灯電源装置が正常な状態
白点滅電力供給が少ない状態
白点灯通常の電源状態
【参考】Dell OptiPlex診断インジケータのリファレンスガイド

電源ランプが白点灯の場合は、パソコンが正常に起動できていることが考えられるため、液晶パネルやモニターの故障を疑いましょう

白点滅となっている場合は、十分に充電してから再度起動することで解決できる可能性があります。

Dellパソコンの画面が真っ暗になった際の対処法

Dellパソコンの画面が真っ暗になった際の対処法
かない@パソコン博士

Dellパソコンの再起動やスリープ解除などをおこなっても「画面が真っ暗」という場合は、以下の対処法もお試しください。

Dellパソコンの画面が真っ暗になった際の対処法
  • パソコンを外部モニターに接続する
  • セーフモードで起動する
  • ハードリセットをおこなう
  • 放電する
  • パソコン修理業者に相談する

パソコンを外部モニターに接続する

かない@パソコン博士

電源ランプが白点灯の場合や、画面が突然真っ暗になる場合は、液晶パネルが故障している可能性があります。

そのため、外部のモニターに接続してトラブルが解決するかを確認してみましょう。

ノートパソコンの液晶パネルが故障している場合、部品交換が必要です。

セーフモードで起動する

「画面は真っ暗だがカーソルは動く」「バックライトはついている」場合は、セーフモードで起動することで解決できる可能性があります。

かない@パソコン博士

以下の手順をおこない、セーフモードでの起動をお試しください。

電源ボタンを長押しし、パソコンの電源を切る
パソコンの電源を入れる
パソコンが起動したら、電源ボタンを長押しし再度電源を切る

※①~③を3回ほど繰り返すと、「回復」画面が表示されます

回復画面が表示されたら、「詳しい修復オプションを表示する」または「詳細オプション」を選択する
画面が変わったら、「トラブルシューティング」を選択する
トラブルシューティングの画面にて「詳細オプション」をクリックする
「スタートアップ設定」をクリックし、「再起動」を選択する
パソコンが再起動したら、キーボードの「4」または「F4」を押して、セーフモードで起動する

※ネットワークに接続したい場合は、「5」または「F5」を押しましょう。

ハードリセットをおこなう

かない@パソコン博士

Dellによると「ハードリセットをおこなうことで多くの問題が修正される」とされているため、ハードリセットもお試しください。

ハードリセットの手順は、以下の通りです。

パソコンの電源を切る
ノートパソコンの場合はACアダプタ-とバッテリー、デスクトップパソコンの場合は電源コードを取り外す

※バッテリーは着脱可能な場合のみ取り外しましょう

USBメモリやプリンター、SDカード、Webカメラなどの外付けデバイスをすべて取り外す
電源ボタンを長押し(15~20秒間)する
ACアダプターや電源コードを接続し、パソコンの電源を入れる

放電する

かない@パソコン博士

「画面は真っ暗だがカーソルは動く」「黒い画面でカーソルが点滅している」など、帯電が疑われる場合は、放電もお試しください。

以下の手順をおこない放電することで、「電源は入るけど起動しない」「画面やロゴが表示されない」といった問題を解決できる場合があります

パソコンの電源を切る
ACアダプターとバッテリーを取り外す
数分間放置した後に、ACアダプターとバッテリーを取り付ける
パソコンの電源を入れる

パソコン修理業者に相談する

今回紹介した対処法を試してもトラブルが解決しない場合は、パソコン修理業者に相談しましょう。

さまざまな方法をおこなっても改善しないのであれば、パソコンの内部パーツやシステムファイルなどが故障している可能性があります。

かない@パソコン博士

パソコンが故障しているとき、無理に自力で解決しようとすると以下のようなトラブルに発展する可能性があります

自力で解決した場合に起こりうるトラブル
  • OS・システムファイルの破損により、パソコンのデータがすべて消えてしまう
  • 内部パーツの故障が悪化し、電源が入らなくなる

このようなトラブルを避けるためには、データ保護に対応しているドクター・ホームネットなどの専門業者に依頼すべきです。

ドクター・ホームネット なら、Windows 11にアップグレードした際のトラブルにも対応しています。

ドクター・ホームネット

まとめ

「Dellのパソコンを使っていたら画面が真っ暗になった」「画面は真っ暗だがカーソルは動く」などのトラブルが発生したら、セーフモードでの起動やハードリセットなどを試してみましょう。

内部パーツやシステムファイルの故障が疑われる場合は、症状悪化やデータ消失などのリスクを避けるために、パソコン修理業者に相談しましょう。

パソコン博士の知恵袋はパソコン修理業者大手(上場企業)の ドクター・ホームネット(年間サポート実績14万件突破、サポートシェアNo.1)をおすすめしています。 電話対応も丁寧で、お住まいの地域(全国対応)に応じたパソコン修理サービスを提案してくれます。

ドクター・ホームネット大切なデータを保護(復元も可能)した上でパソコン修理をおこなってくれます。「再起動を繰り返す」「シャットダウンできない」「電源が入らない」などのPCトラブルもすぐに行ってくれます。ドクター・ホームネット東京大阪名古屋福岡など大都市以外の地方都市にも店舗があり、即日対応可能です

ドクター・ホームネット
【PR】ドクター・ホームネット
パソコン修理業者診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かない@パソコン博士
パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。