ブルースクリーンの解決法は?パソコン修理業者のお役立ち情報を比較してみた結果・・・

Windowsに何らかの異常が発生した際、パソコンの画面が突然真っ青になってしまう現象を「ブルースクリーン」と呼びます。
ブルースクリーンが発生すると、インターネットで解消方法を検索する人も多いと思われますが、一体どのサイトの情報が本当に役立つか分からないものです。
そこで今回は、パソコン修理業者が掲載しているブルースクリーンのお役立ち情報について、調査&考察してみました。

ブルースクリーンの基礎知識

各業者のお役立ち情報を紹介する前に、まずはブルースクリーンの現象や発生原因について、簡単に説明します。

ブルースクリーンとは

ブルースクリーン(Blue Screen of Death)とは、パソコンのハードウェアやソフトウェアに深刻なトラブルが発生したときに表示される青い背景色のエラー画面のことで、略して「BSoD」とも呼ばれています。
「STOPエラー」や「ブルーバック」などと呼ばれることもありますが、「ブルースクリーン」含め、すべてエラー画面全体を指す通称です。

ブルースクリーンになると、青い背景に白い文字でエラーコードが表示され、キーボードやマウスなどのデバイスが一切操作できなくなります。
ブルースクリーンが発生する条件は定まっておらず、突発的に発生する場合がほとんどです。
原因はパーツの故障やシステムエラーなど多岐にわたります。

Windows7までは動作が安定しており、あまりブルースクリーンが発生することはありませんでしたが、Windows10以降頻発するようになりました。

ブルースクリーンが発生する原因

ブルースクリーンはさまざまな要素が複雑に絡み合って発生していることから、原因を一つに特定することがとても困難です。
その中でも考えられる主な原因は、次のとおりです。

  • 一時的なトラブル

ユーザーの操作やパソコンのトラブルなどで、一時的にブルースクリーンが表示されているかもしれません。
ディスクやメモリカードを抜き差ししたり、放電したりすることでトラブルが解決する場合もあります。

  • Windowsトラブル

Windowsのシステムファイルにトラブルが発生していることが考えられます。
Windows Updateやプログラムのインストール後にブルースクリーンが表れる場合、Windowsトラブルが原因かもしれません。

  • BIOSの設定トラブル

BIOSの設定を変更したりアップデートに失敗すると、ブルースクリーンが発生するケースが多いようです。
BIOSの設定を変更すると新たなドライバが必要になりますが、プログラムが存在しないとWindowsがエラーを起こし、ブルースクリーンが表示される場合もあります。

  • ハードウェアのトラブル

パソコン内部のパーツや基盤となるマザーボードに問題があると、ブルースクリーンが発生することもあります。
メモリの不具合やハードディスクの破損などのトラブルが、原因となっているようです。

  • ウイルス感染

パソコンがウイルスに感染すると正常に動作しなくなり、問題を引き起こします。
迷惑メールの添付ファイルを開けてしまったり、ウイルスが仕掛けられたホームページを閲覧するなど、さまざまなきっかけでウイルスに感染します。

  • ソフトウェアとの相性

インストールしたソフトウェアとWindowsとの相性、または互換性などの問題でブルースクリーンが発生しているのかもしれません。
特定のソフトウェアをインストールしてブルースクリーンが表れるようになった場合、そのソフトウェアが原因と考えられます。

【Windows10版】ブルースクリーンのエラーコードが示す意味とは?それぞれの内容を分かりやすく解説!

【Windows10版】ブルースクリーンが頻発する原因とは!?初心者でもできる対処法を解説!

【Windows10版】ブルースクリーンでパソコン再起動を繰り返す原因と対処法は?

パソコン修理業者が発信しているブルースクリーンのお役立ち情報

パソコンのトラブルについて掲載しているパソコン修理業者は多いですが、その中でもブルースクリーンに特定して検索し、お役立ち情報を発信している以下の業者をピックアップしました。

  • ドクター・ホームネット
  • パソコンドック24
  • パソコン修理24
  • ドスパラ
  • パソコン工房

詳しい内容については、以下に説明します。

ドクター・ホームネット

年間15万件ものサポート実績を誇るドクター・ホームネットは「最短即日」で駆けつけ、「データは消さず」に修理、「事前見積もり」で安心して利用できるパソコン修理業者です。
パソコン初心者の方でも安心して利用できるよう、難しい専門用語は使用せず分かりやすく丁寧に説明してくれます。
出張修理も質の高い接客が行える正社員が訪問し、しっかりとサポートを行うので安心です。
公式サイトでは修理メニューやサービスの特徴の紹介だけでなく、パソコン修理に役立つお役立ち情報のコラムが掲載されています。

検索で上位にヒットしたのはドクター・ホームネット!

インターネットで「ブルースクリーン」を検索した結果、パソコン修理業者で上位にヒットしたのがドクター・ホームネットでした。

該当のWebサイトをチェックしたところ、「ブルースクリーンはなぜ起こる?エラーコードはメモが必要?原因と対処法」という、ブルースクリーンが起きる原因と対処法のコラムが掲載されていました。

ブルースクリーンが発生する3つの原因と対処法、エラーコードの種類について解説しており、パソコン初心者でも分かるよう、丁寧・簡潔に説明されている内容でした。

ドクター・ホームネットのブルースクリーンのお役立ち情報

ほかにもブルースクリーンのお役立ち情報について、ドクター・ホームネットで紹介されていないか調査したところ、公式サイトの「パソコン修理のお役立ち情報」内に「ブルースクリーン関連情報」を発見しました。
現象やエラーコードによるブルースクリーン情報が並んでおり、自分のパソコンの状態に照らし合わせた記事を探すことが可能です。

例えば、「Windowsアップデート後からブルースクリーンが発生」の投稿を開くと、お客様からお預かりしたパソコンの修理の流れが細かく説明されていました。
ブルースクリーンが発生した原因やブルースクリーンへの対処などが記載されており、パソコンを修理に出した場合、どのような工程で作業が行われるかユーザー側も把握できます。


参考:ドクター・ホームネット

ほかのブルースクリーンのお役立ち情報もチェックしたところ、やはり同じように原因や修理方法などを分かりやすく記載されていました。
ドクター・ホームネットでは、ブルースクリーン以外の修理実績も数多く掲載されているため、パソコンの症状に合わせて活用できそうです。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコンドック24

パソコンドック24では原則として店舗内で修理を行っているため、最短で即日店内修理が可能です。
古いパソコンの修理も受け付けており、サポート対象外の機種でも修理をしてもらえます。
また、パソコンドック24はMacの修理を得意としており、ハードディスクやメモリの交換、電源ユニットやロジックボードの修理など、豊富なMacの修理メニューを用意しています。

パソコンドック24のブルースクリーンのお役立ち情報

パソコンドック24のブルースクリーンのお役立ち情報を検索したところ、公式サイトの「パソコン修理事例」内にブルースクリーンに関連する修理事例一覧が表示されました。
パソコンの型番やブルースクリーンの現象、エラーコードによる情報が並んでおり、自分のパソコンの状態に照らし合わせた記事を探すことが可能です。


参考:パソコンドック24

一番最初の投稿をチェックすると、パソコンの修理方法について画像つきで丁寧に説明されていました。


参考:パソコンドック24

たくさんのブルースクリーンの修理事例が投稿されていましたが、あまり詳しい解説がなかったり、画像がなかったりと、記事によって内容にムラがあるように思えます。
また、投稿している記事の日付がランダムなため、最新の記事を探すだけでひと苦労でした。

【パソコンドック24編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコン修理24

パソコンの修理はもちろん、スマホやタブレットの修理専門窓口を設けているのがパソコン修理24です。
宅配や出張修理も対応していますが、基本的に持込修理を主力サービスとしています。
全店持込修理対応が可能で、パソコンのトラブル相談はもちろん、診断や見積もりも無料で実施しています。
店舗窓口だけでなく電話相談窓口も設けているため、全国から相談や修理申込ができるのが特徴です。

パソコン修理24のブルースクリーンのお役立ち情報

パソコン修理24のブルースクリーンのお役立ち情報を検索すると、公式サイトの「修理事例ブログ」内に、ブルースクリーンに関連する修理事例一覧が表示されます。
パソコンの型番や対応した店舗、症状などが並んでおり、投稿内容が短い記事については一覧で確認できます。


参考:パソコン修理スマホドック24

最初の投稿をチェックすると、不具合状況や修理対応方法などが画像つきで説明されていました。


参考:パソコン修理スマホドック24

修理事例として掲載されていたので投稿数も少なく、お役立ち情報というよりは修理記録といった感じでしょうか。
自分のパソコンにブルースクリーンが発生したときに、同じ現象を探して対処するのは難しいように思えます。

【パソコン修理24/スマホドック24編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

ドスパラ

ドスパラはCPUやメモリ、ハードディスクなどのPCパーツをはじめ、自由にカスタマイズできるBTOパソコンやタブレットなど、豊富なデジタルデバイスを販売しているパソコン専門店です。
新製品だけでなく中古パソコンやPCパーツ、スマートフォンやタブレットなどの中古デジタル機器の販売や買取も実施しています。
パソコンの修理も行っており、Web上で「パソコンなんでも相談所」というサイトを設け、受付対応を行っています。

ドスパラのブルースクリーンのお役立ち情報

ドスパラのお役立ち情報を検索すると、「パソコンが突然落ちるときの対処方法」と「修理事例紹介」がいくつかヒットします。
「パソコンが突然落ちるときの対処方法」を開くと、パソコンが突然落ちる場合の原因と対処法のひとつとして、ブルースクリーンのお役立ち情報がありました。


参考:ドスパラ

また、修理事例紹介を開いたところ、ブルースクリーンが発生する現象の修理事例が1件紹介されており、ブルースクリーンの予備知識などについても記載されていました。
しかし修理事例の内容については、ブルースクリーンの発生原因と修理方法が文章で紹介されていただけです。


参考:ドスパラ

ブルースクリーン以外の修理事例も数多く紹介されていましたが、キーワードやカテゴリ検索などもないことから、ほかのブルースクリーンの事例を探せませんでした。
お役立ち情報を集めたコンテンツが「パソコン辞典」として用意されていましたが、カテゴリがパソコン・ゲーミングPCというようにパソコンで分類されていたため、ユーザーが必要な記事を探すのは難しいように思えました。

【ドスパラ編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

パソコン工房

パソコン工房はパソコンや周辺機器販売、パソコンのトラブル対応やサポート、中古買取などパソコンの販売や修理などを総合的に行っているパソコン修理販売専門の大手チェーン店です。
基本的には店頭での持込修理を受け付けていますが、出張修理とWebから申し込める宅配修理も用意しています。
店舗の持込修理では、500円でパソコンのトラブルを診断してくれる「ワンコイン診断」サービスを実施しています。

パソコン工房のブルースクリーンのお役立ち情報

パソコン工房のお役立ち情報を検索すると、修理事例などは見当たらず、一番最初にヒットした「よくあるお問い合わせ」の中にブルースクリーンの情報が掲載されていました。


参考:パソコン工房 GOOD WIll 総合サポートサイト

下にスクロールすると、ブルースクリーンの対処法があります。


参考:パソコン工房 GOOD WIll 総合サポートサイト

対処法ページを確認すると、ハッキリとした対処方法は記載されておらず、修理メニューの紹介をしているだけでした。
パソコン工房の公式サイトにはパソコンの修理事例やお役立ち情報などのコンテンツは用意されていませんでしたが、代わりにハードウェアからソフトウェアまでのお役立ち情報を掲載している「パソコン工房NEXMAG(ネクスマグ)」サイトを運営しています。


参考:パソコン工房NEXMAG(ネクスマグ)

サイト内の記事を検索できますが、残念ながら「ブルースクリーン」ではヒットしませんでした。
ブルースクリーン以外の情報であれば、お役立ち情報を探せるかもしれません。

【パソコン工房編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

ブルースクリーンのお役立ち情報を比較した結果

各パソコン修理業者のブルースクリーンのお役立ち情報を調査した結果、ドクター・ホームネットがもっとも細かくジャンル分けされており、困ったときに当てはまる情報を探しやすいと感じました。
実際に修理を依頼されたパソコンをもとに、修理の流れを解説しているため、自分のパソコンを修理に出したとき、どのような作業が行われるかが分かります。
ブルースクリーンが発生して改善しない場合、ドクター・ホームネットのお役立ち情報をチェックすると、ヒントが見つかるかもしれません。

お役立ち情報を実践するうえの注意点

使用機種や使用年数、インストールしているソフトウェアや接続しているデバイスなど、パソコンの使用環境はユーザーによって異なります。
そのため、ブルースクリーンが発生する原因はパソコンの状況や利用環境などにより、大きく変わってきます。
たとえまったく同じような状況のお役立ち情報を探せたとしても、必ずその方法で問題が解消できるとはいえません。
お役立ち情報はあくまで修理に出す前の対処法のひとつと捉えて、利用するようにしましょう。

まとめ

各パソコン修理業者のブルースクリーンのお役立ち情報を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。
お役立ち情報でパソコンの問題が改善される場合も多いですが、実際に試してみてもブルースクリーンが発生する場合は、パソコン修理業者の診断が必要です。

ブルースクリーンのお役立ち情報が数多く掲載されていたドクター・ホームネットであれば、どのような症状でも迅速に対応することが可能であると思われるため、一度ドクター・ホームネットに相談してみることをおすすめします。

【ドクター・ホームネット編】料金や口コミは?気になるパソコン修理業者を徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

パソコン博士。株式会社ケイ・ブリッジ パソコン修理担当。5歳の時に買い与えられたファミコンに興味を持ち、小学校では分解・組み立てて遊んでいた。中学校ではコンピューター部にも所属し、自分でテレビゲームを作ることに成功。大学では情報系学部に所属、研究室グループで開発された分析ソフトは経産相(当時通産省)での利用が決定。Googleが主催するビジネスコンテストの世界大会出場、大阪経済戦略局のIotプログラム選出、組み込み系デバイスの開発チーム参加、企業向けのパソコン講座講師を務めている。